ロバート・マローンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

COVID-19 ワクチンとインフォームド・コンセント -Robert Malone
身体の健康や医療行為について決定する基本的な権利

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

COVID-19 Vaccines and Informed Consent

rwmalonemd.substack.com/p/covid-19-vaccines-and-informed-consent

 

 

はじめに、このサブスタックはアリソン氏 (JD)によって書かれたものである。アリソン 氏は、 ワシントンポストに対する私の訴訟を読み 、ワシントンポストがいかに私を中傷したかに深く憤慨した。 そこで彼は、mRNA COVID-19ワクチンとインフォームド・コンセントに関する彼の研究・分析結果を私の弁護士に宛てて書き送ったほどである。その文献のレビューは非常に優れているので、ここで共有してもいいかどうか尋ねた。

この分析は長い-53ページもある。アリソン氏の分析であり、私ではなく、この記事中の分析および意見はアリソン氏個人のものである。

ここでは、トップレベルの分析(6ページ)のみを掲載した。残りの部分は、広範囲に渡って参照されており、下のボタンをクリックすることで見ることができる。

COVID-19 ワクチンとインフォームドコンセント

翻訳

https://alzhacker.com/covid-19-vaccines-and-informed-consent-by-john-allison-j-d/

John Allison, J.D.著 2022年7月18日更新

はじめに

ほとんどのアメリカ人は、自分自身の身体の健康や受ける医療行為について決定する基本的な権利を有していると長い間考えてきた。インフォームド・コンセントは、この基本的な権利を行使するための倫理的・法的原則です。インフォームドコンセントを行うためには、提案された治療のリスクとベネフィット、そして代替案について知らされる必要があります。

インフォームドコンセントの基本的権利は、緊急時使用許可(EUA)に従って米国で入手できるCOVID-19ワクチンに関して、特に重要です。連邦EUA法のもと、人々はこれらのワクチンの投与を受け入れるか拒否するかの権利、ワクチン接種を拒否した場合の結果(もしあれば)、ワクチンの代替品の利点とリスクについて知らされる権利を有します。EUAワクチンの製造者、およびそれを投与する人々や組織は、責任訴訟から免除されます。COVID-19ワクチンの接種後に深刻な副作用を被った人々は、金銭的・精神的苦痛に対する補償を、ワクチンメーカーや接種した人々から取り戻すことはできないでしょう。同様に、COVID-19ワクチンの接種後に死亡した人々の家族は、その損失に対する補償を回復することができません。

資格・経験

私は、ワシントン州およびコロンビア特別区の弁護士資格を持ち、民間法律事務所および企業内で幅広い経験を積んだ引退した弁護士です。弁護士業務の大半は、医学、毒物学、産業衛生、製品安全などの問題を含む事件の訴訟に専念していました。社内では、フォーチュン100社の法務部でアシスタント・ジェネラル・カウンセルを務め、製造物責任、環境および商業訴訟を全面的に担当しました。また、企業毒物学、疫学、製品責任など、同社の医療部門の弁護士も務めていました。

このメモランダムは、私が行った調査の結果とそれに基づく私の意見を述べたものです。このメモランダムは、法的な助言を与えることを意図したものではありません。この覚書で提起された問題について法的な助言を希望される方は、それぞれの法域で弁護士資格を有する弁護士にご相談ください。

ご意見をお聞かせください。

これまでの調査結果に基づき、現在米国で使用が許可・承認されているCOVID-19ワクチンについて、以下のように意見を述べました。

  1. COVID-19ワクチンの安全性と有効性に関する政府の誤情報、COVID-19ワクチンの死亡や重篤な副作用のリスクに関する信頼できる科学的・医学的情報の検閲、ワクチン接種の強制は、人々からワクチン接種に対するインフォームドコンセントを与える能力を奪っている。ワクチンの有効性の限界と、このメモに書かれている死亡や重篤な副作用のリスクが、ワクチン接種前に人々に開示されない限り、インフォームド・コンセントは得られていない。
  2. イベルメクチンやヒドロキシクロロキンなど、長年市販されている安全で効果的な薬剤が、COVID-19の早期治療に成功したことが、評判の良い医師によって証明されている。もし、入院が必要になる前に、それらの手頃な薬が米国でもっと広く使われるようになっていたら、おそらくCOVID-19で亡くなった何万人もの人々が今日も生きていたことだろう。
  3. 米国で使用が許可または承認されているCOVID-19ワクチンは、短期および長期の安全性と有効性を確立するための確立された基準を満たしていない。これらのワクチンに関する重大な安全性のシグナル(レッドフラッグ)は、FDAとCDCによって無視され、今も無視され続けている。ファイザー・バイオエヌテック、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン/ヤンセンCOVID-19ワクチンのEUA、ファイザーのComirnatyワクチンとモデルナのSpikevaxワクチンのFDAの承認は取り消されるべきである。これらのワクチンはすべて、直ちに市場から撤去されるべきである。
    • SARS-CoV-2は、COVID-19の原因となるコロナウイルスである。ウイルス表面にある特徴的なスパイクタンパク質によって、ウイルスは細胞に侵入し、感染を引き起こす。スパイクタンパク質は変異し、2021年半ばまでにウイルスの支配型となるデルタ型を生み出す。スパイクタンパク質の変異が続くと、オミクロン変異株が生まれ、2021年末にはウイルスの支配的な形態となった。現在、私たちはオミクロンの変異株を扱っている。
    • 2020年1月中旬、米国で初めてCOVID-19の確定症例が報告された。パンデミックは拡大した。COVID-19ワクチンは、2020年12月中旬にFDAがPfizer- BioNTechワクチンとモデルナワクチンの緊急使用認可をするまで入手できなかった。2021年2月、FDAはJohnson & Johnson/Janssenのワクチンに対して緊急使用認可を与えた。2021年初頭、これらのワクチンは米国で広く利用できるようになり、集団接種プログラムが開始された。2021年半ばまでに、さまざまな職種の労働者を含む数百万人のアメリカ人が完全に接種を受けた。
    • COVID-19ワクチンは、SARS-CoV-2ウイルスに対する免疫反応を引き起こすように設計されていないため、COVID-19に対する免疫を獲得することはできない。その代わり、このワクチンはオリジナルのウイルスの表面にあるスパイク・タンパク質に対する免疫反応を引き起こすように設計されている。
    • 多くの研究が、ワクチンはCOVID-19の感染や伝達を防げないことを示している。完全にワクチンを接種した人も感染する可能性があり、またSARS-CoV-2ウイルスを他のワクチン接種者やワクチン未接種者に伝播させる可能性がある。
    • CDCのウェブサイトのデータによると、米国では、ワクチンが普及する前の2020年に、COVID-19に起因する死亡者数は385,670人だった。ワクチンが広く普及し、大規模なワクチン接種キャンペーンが行われた2021年には、COVID-19に起因する死亡者数は463,210人で、20.1%の増加となっている。
    • デルタ型、後にオミクロン型がウイルスの主流となった時、各国の政府の調査によると、COVID-19の入院と死亡のほとんどは、完全にワクチンを接種した人の間で起こっていることがわかった。
    • オミクロン変異型がSARS-CoV-2の主流となった今、mRNAワクチン(ファイザーとモデルナ)の効果はわずか数ヶ月で大きく減退している。まだ査読を受けていないデンマークの研究によると、ワクチン接種後90日以上経過した人は、ワクチン未接種の人よりもオミクロンに感染する可能性が高いという。
    • COVID-19ワクチンには、スパイクタンパク質に対する免疫反応を引き起こすために、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質を体内に大量に生成させる遺伝子の指示が含まれている。しかし、残念なことに、スパイク・プロテインはそれ自体が細胞に対して毒性があることが判明した。例えば、血管の内側には内皮細胞があり、血液をスムーズに流している。スパイクタンパクによって内皮細胞が傷つけられると、微細な血栓ができる可能性が高くなる。この微小な血栓は肺に移動し、心臓に負担をかけて弱らせる深刻な進行性疾患である動脈性高血圧の発症リスクを高める。この症状に対する治療法は確立されていない。
    • ファイザーとモデルナが製造するmRNA COVID-19ワクチンでは、身体にスパイクタンパク質を生成させる遺伝子の指示は、脂質ナノ粒子に封入されている。ファイザーが行った実験動物の前臨床試験によると、脂質ナノ粒子とmRNAの遺伝的指示は血流に入り、脾臓、骨髄、肝臓、副腎などいくつかの臓器に蓄積し、卵巣に集中することが分かっている。そして、mRNAの遺伝的指令がたまたま到達した場所で、体がスパイクタンパク質の生産を開始する。
    • COVID-19ワクチンには、血液凝固障害、心臓緊急事態、心筋炎、ギラン・バレー症候群、自己免疫疾患、自然流産、神経系障害、女性不妊症など、多くの重篤な病状が報告されている。
    • また、COVID-19ワクチンは自然免疫系を阻害するため、ウイルス感染や癌にかかりやすくなる。このことは、COVID-19の有症状感染、入院、死亡のほとんどが、現在、完全なワクチン接種を受けた人々の間で起こっていることを説明しているのかもしれない。
    • スウェーデンで行われた最近の実験室研究によると、ファイザー・バオテック社のCOVID-19ワクチンは、ヒトの肝細胞に入り、数時間でDNAに逆転写されることが分かっている。その結果、COVID-19ワクチンがDNAに影響を与える可能性は否定できない。
    • mRNA COVID-19ワクチンにも問題のある成分が含まれている。ファイザーとモデルナの両ワクチンは、有効成分としてポリエチレングリコール (PEG)を含んでいる。PEGの安全性を評価する専門家委員会は、PEGベースの抗菌クリームで治療した火傷患者の一部が腎尿細管壊死を起こし、腎不全で死亡したことから、損傷した皮膚に塗る軟膏にPEGを使用しないよう勧告している。モデルナワクチンに使用されたPEGは、中国のSinopeg社が製造したPEG製品の記述と一致する。シノペグのウェブサイトによると、その製品は「研究用のみ」である。モデルナ社のワクチンには、SM-102という商品名で知られる脂質も含まれている。ファイザーのワクチンも商品名ALC-0315として知られる脂質を含んでいる。SM-102とALC-0315を製造しているCayman Chemical Companyのウェブサイトの安全性情報によれば、これらの製品はいずれも「研究用 – ヒトまたは動物用の診断または治療用ではない」となっている。しかし、mRNAのCOVID-19ワクチンでは、PEG、SM-102、ALC-0315が直接人々の体内に注入されている。
    • 長期的な臨床試験が行われていないため、ワクチンを接種した人が将来的に深刻な副作用に苦しむかどうかを知る術はない。ワクチンは、心臓血管疾患や自己免疫疾患の発症の可能性を高めるため、これは重大な懸念である。これらの疾患は、いずれも発症までに数ヶ月から数年かかる可能性がある。
    • 1990年、政府はCDCとFDAが共同運営するワクチン有害事象報告システム (VAERS)を設立した。これは、米国におけるワクチンの安全性に関して起こりうる問題を発見するための全国的な早期警告システムであることを目的としている。COVID-19ワクチンについてVAERSで報告された重篤な有害事象と死亡の数は、他のすべてのワクチンを合わせたVAERSで報告された重篤な有害事象と死亡の数の何倍にもなる。2022年7月1日現在、COVID-19ワクチンのいずれかの投与後に29,200人以上が死亡し、212,600人以上が重傷を負ったとVAERSで報告されている。しかし、CDCとFDAは、これらの深刻な安全性のシグナルを無視し続けている。
    • 一方、1976年に連邦政府は豚インフルエンザの集団予防接種を実施した。全米の人口の約25%が接種を受けた後、接種後の死亡者25名、ギラン・バレー症候群の発症者550名が報告されたため、政府は接種計画を打ち切った。
    • ジョンズ・ホプキンス・コロナウイルス・リソース・センターの死亡率分析によると、米国でCOVID-19の感染が確認された人のうち98.9%がこの病気から生還している。COVID-19による死亡のほとんどは、複数の併存疾患を持つ健康状態の悪い高齢者で発生している。
    • Society of Actuariesは、米国で団体定期保険を提供している生命保険会社20社(雇用者ベースの団体定期保険業界の約90%を占める)から保険金請求データを収集し、分析した。パンデミック期間(2020年4月1日から2021年9月30日)の全死因死亡率データを、ベースライン期間(2017年から2019)の全死因死亡率データと比較した。分析の結果、2021年の第3四半期(7月1日から9月30日)に全原因による死亡が劇的に急増することが明らかになった。その四半期に、全保険契約者の超過死亡率はベースラインを30%以上上回った。死亡の急増は、労働年齢層でさらに劇的であった。25歳から34歳の超過死亡率はベースラインより81%、35歳から44歳の超過死亡率はベースラインより117%、45歳から54歳の超過死亡率はベースラインより108%、55歳から64歳の超過死亡率はベースラインより70%であった。2021年第3四半期に全死因による死亡が、特に労働年齢層で劇的に増加したことは、COVID-19ワクチンが安全かつ有効であるという主張を根底から覆すものである。..。 下記PDFリンクに続

COVID-19 ワクチンとインフォームドコンセント

翻訳
COVID-19ワクチンとインフォームド・コンセント -ジョン・アリソン(J.D.)

皆さんも、アリソン氏のこの分析をもっと読むことをお勧めする。時間をかけて読む価値がある。

アリソンさん、この分析を紹介させていただいて、ありがとう。

ロバート

コメント

タイトルとURLをコピーしました