陰謀論

陰謀:理論と実践 陰謀の分類学に向けて エドワード・スノーデン
Conspiracy: Theory and Practice Toward a Taxonomy of Conspiracies

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目 次 

edwardsnowden.substack.com/p/conspiracy-pt1?s=r

Edward Snowden

2021年6月30日

I.

最大の陰謀は、理論ではなく、法律や政策、技術、金融を通じて表現される実践であり、公然かつ悪名高いものである。直感に反して、このような陰謀は公の場で、ささやかな誇りをもって発表されることがより多い。新聞で忠実に報道され、雑誌の表紙を飾り、スクリーンにはその進捗状況が映し出される。すべて規則正しく行われるので、我々はその方法の平凡さと野心の強欲さを関連づけることができない。

政権与党は選挙区の区割りを変更しようとしている。金利が変更された。我々の個人的なファイルを保存するための無料サービスが作られた。これらの陰謀はわれわれの生活を秩序づけ、また混乱させている。しかし、DCのピザ屋の地下にある小児性愛者の悪魔崇拝者についてのデジタル落書きと注目を争うことはできない。

要するに、これが我々の問題なのだ。最も真実らしい陰謀は、最も少ない反対で終わる

別の言い方をすれば、権謀術数や借金産業や大衆モニタリングといった真の陰謀を実現するための方法である陰謀論は、悪意ある虚偽の集合体である陰謀論によってほとんど影を潜めてしまい、確実で検証可能なものの存在に対する市民の信頼が損なわれてしまうのだ。

私はこれまで、陰謀論の実践と理論の両方について十分な経験をしてきた。米国国家安全保障局での仕事で、私は地球上の全人類の通信にアクセスし追跡することを目的とした極秘システムの構築に携わった。しかし、このシステムが引き起こしている損害に気づいた後、そしてその真の陰謀をマスコミに暴露するのを手伝った後、私は、ほとんど同じように注目を集めた陰謀が、明らかに誤りであることに気づかずにはいられなかった。私は、NSAに潜入して困らせるために送り込まれた選り抜きのCIA工作員であり、私の行動は入念な省庁間の確執の一部であると主張されたのである。いや、私の本当の主人はロシア人、中国人、あるいはもっと悪いのはフェイスブックだとも言われた。

Twitterで驚くほど多くの人が信じていることとは裏腹に、それはとても私とは思えない。

ネット上のさまざまな妄想にさらされ、ジャーナリストから自分の過去や家庭環境など、まったく個人的な、あるいは本件とは無関係のさまざまな事柄について尋問され、叫びたくなる瞬間があった。「お前たちは一体どうしたんだ?陰謀をたくらむだけならまだしも、世界中をくまなくモニタリングする装置をポケットに忍ばせているなんて。それをソースにしなければならないのか?」

陰謀論について語るのは、陰謀の実践について語るのを避けるためで、それはしばしば、あまりにも困難で、あまりにも脅威的で、あまりにも完全なものなのである。

II.

この投稿と今後の投稿で、真の陰謀と偽の陰謀の関係を検証し、我々の公私の生活における真実と偽の関係について難しい質問をすることによって、より広い範囲の陰謀思考に関わりたいと考えている。

つまり、陰謀を信じるということは、それが真実であろうと嘘であろうと、民衆の合意によってではなく、自らの利益のために行動するエリートによって運営されているシステムや部門を信じるということだ。このエリートをディープ・ステートと呼んだり、スワンプと呼んだり、イルミナティ、オプス・デイ、ユダヤ人と呼んだり、単に主要な銀行や連邦準備制度を呼んだりする。

陰謀を認識することは、それが真実であろうと嘘であろうと、物事が見かけとは違うだけでなく、体系化され、規制され、意図され、論理的でさえあることを受け入れることを意味する。陰謀を「計画」や「企て」としてではなく、無秩序なものを秩序づけるメカニズムとして扱うことによってのみ、陰謀が民主的市民性の基本的な徴候である「権利」と「自由」の概念をいかに根本的に置き換えたかを理解することができる。

今日の民主主義国家において、ますます多くの人々にとって重要なのは、どのような権利や自由が認められているかではなく、どのような信念が尊重されているか、つまり、市民として、また宗教・人種・民族共同体の一員としてのアイデンティティを支える歴史やストーリーは何かということだ。偽りの陰謀が持つこの置き換え機能、すなわち統一的あるいは多数派的な歴史を偏狭で党派的な物語に置き換えるやり方が、政治的激変の舞台を用意するのである。

特に悪質なのは、偽りの陰謀が信奉者に真実との関わりを断念させる点である。陰謀社会における市民権とは、提案された事実の陳述をその真実の価値について評価し、それに応じて受け入れたり拒絶したりすることを必要としない。それどころか、敵の源から来るすべての真実の価値を完全に拒絶し、別の場所から語られる別の筋書きに置き換えることを必要とするのである。

III.

敵の概念は陰謀論的思考の基本であり、陰謀論の様々な分類法そのものである。Reasonの編集者であり、『パラノイア合衆国』の著者であるジェシー・ウォーカー(Jesse Walker)。『A Conspiracy Theory』(2013)の著者であるジェシー・ウォーカーは、敵に基づく陰謀思考を次のように分類している。

「外敵」:あるアイデンティティ・コミュニティの外側から、そのコミュニティに対して陰謀を企てる行為者によって、あるいは行為者に基づいて行われる陰謀論に関係するもの。

「内なる敵」とは、あるアイデンティティ・コミュニティの内側から、そのコミュニティに対して陰謀を企てる行為者によって、あるいは行為者に基づいて行われた陰謀論に関するものである。

「上層部の敵」:権力者(政府、軍、情報機関など)の内部から事象を操作する行為者によって行われた、またはそれに基づく陰謀論に関するものである。

社会秩序を覆そうとする、歴史的に権利を奪われたコミュニティーの行為者によって、あるいはそれらに基づいて行われた陰謀論に関係する「下の敵」

「善意の陰謀」:人類の利益のために世界を支配しようとする地球外、超自然、宗教的勢力に関するもの(人類の不利益になるように働く、ウォーカーと同様の力を持つ向こう側の勢力は「上の敵」に分類されるかもしれない)。

陰謀分類法の他の形態は、ウィキペディアのリンクをクリックするだけで、すぐに見ることができる。マイケル・バークンによる、イベント陰謀論(例:偽旗)システム陰謀論(例:フリーメイソン)超陰謀論(例:陰謀)の3分類がある。また、ロスバードの「浅い」陰謀と「深い」陰謀の二元論(「浅い」陰謀は、不正の証拠を特定することから始まり、利益を得る側を非難することで終わり、「深い」陰謀は、不正を行う側を疑い、証拠書類-少なくとも「証拠書類」を探し出すことで続く)。

私はこれらの分類法のすべてに賞賛すべき点を見いだするが、注目すべきは、どの分類法も真実の価値について規定していないことだ。さらに、真の陰謀(例えば9/11のハイジャック犯)が偽の陰謀(例えば9/11は内部の犯行)を誘発し、偽の陰謀(例えばイラクに大量破壊兵器がある)が真の陰謀(例えばイラク侵攻)を誘発するという、陰謀のしばしば交代する、依存する性質を適切に扱えるとは思えない。

現存する分類法に対するもう一つの批判は、心理学や哲学の領域である因果関係を再評価することだ。陰謀論的思考の分類法の多くは、情報機関が偽情報を流す際に用いる論理に基づいている。偽りやフィクションを、民衆を無力に陥れ、新しい信念、さらには新しい政府に対して脆弱にする影響力や混乱のレバーとして扱っている。

しかし、このトップダウンのアプローチは、今日アメリカで主流となっている陰謀論が、情報機関の密室の中ではなく、オープンなインターネット上で民間人により、人々によって練り上げられたボトムアップのものであることを考慮していない。

要するに、陰謀論は無力感を植え付けるものではなく、無力感そのものの兆候であり症状なのだ。

このことは、陰謀をその内容や意図によってではなく、それを支持する原因となる欲望によって分類する、他の分類法へと我々を導いてくれる。特に、システム正当化の認識論的/実存的/社会的三段論法に注目しよう。陰謀を信じることは、その信念の根底にある欲求が、それ自体のために「真実」を手に入れたいというものであれば、「認識論的」とみなされる。陰謀 を信じることは、その信念の根底にある欲求が、他の人の支配下で安全や安心 を感じたいというなら「実存的」とみなされ、陰謀を信じることは、その信念の 根底にある欲求が、肯定的な自己イメージや共同体に属しているという感覚 を発達させるものなら「社会的」であるとみなされる。

外から、内から、上から、下から、向こうから…出来事、システム、超陰謀…浅くて深い発見…これらはすべて、新しいタイプのアイデンティティでもある新しいタイプの政治、現代生活のすべての側面に染み込んでいる政治とアイデンティティの合流を図ろうとするものである。結局のところ、私が思いつく唯一の真に誠実な陰謀論的分類法は、ある種の逆説である。陰謀論それ自体が分類法であり、民主主義が特に政党や部族に分類する方法であり、市民として明確で満足のいく物語を持たない人々が、自らの没個性、権利剥奪、権力の欠如、さらには意志の欠如を自ら説明できる類型であるという考え方である。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました