3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争WW3・核戦争米国の犯罪・CIA・ネオコン

リチャード・ブラック大佐 米国は世界を核戦争に導いている
Col. Richard Black: U.S. Leading World to Nuclear War

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

エグゼクティブ・インテリジェンス・レビューのマイク・ビリントンが、リチャード・ブラック大佐(退役軍人)にインタビューしました。

Mike Billington

こんにちは、こちらはエグゼクティブ・インテリジェンス・レビューとシラー研究所のマイク・ビリントンと申します。今日は、リチャード・ブラック大佐、リチャード・ブラック上院議員をお招きしています。彼は、海兵隊と陸軍で31年間勤務した後、1998年から2006年までバージニア州代議員会 2012年から2020年までバージニア州上院議員として活躍されました。また、ブラック大佐には、自ら軍務について述べてもらうことにします。

では、ブラック大佐、ようこそ。ウクライナで行われているアメリカ、イギリス、NATOの対ロシア代理戦争と、ロシアに対して直接行われている経済戦争で、これにはロシア、特にプーチン大統領を悪者にするための情報戦争が付随しています。

繰り返されるテーマの一つは、ロシア軍が民間人に対する無慈悲な殺害作戦と住宅地の破壊を行っているというもので、しばしばシリアにおけるロシア軍の作戦に言及し、シリア、特にアレッポに対して同じことを行ったと主張するものです。これらは、彼らの戦争犯罪や人道に対する罪の例であるとされています。

*

あなたは長年、国際的に代表的なスポークスマンで、シリアで起こったこと、シリア戦争についての嘘を暴いてきました。そこでまずお聞きしたいのですが、ロシアはどのように、そしてなぜシリアに軍事的に関与したのでしょうか。

また、米国やNATOがシリアへの軍事介入を正当化するとされていることと、どのように対比されるのでしょうか?

Richard Black

まず、私が愛国主義者であることをリスナーの皆さんにお伝えしましょう:私は自ら志願して海兵隊に入り、ベトナムに行きました。私は海兵隊に志願し、ベトナム戦争で最も血生臭い作戦に参加しました。そして私はヘリコプターのパイロットとして、269回の戦闘任務をこなしました。

私の機体は4回の任務で地上からの攻撃を受けています。その後、第一海兵師団で地上戦を行い、70回の戦闘パトロールのうち、包囲された海兵隊の前哨基地を攻撃して救出しようとしたときに、無線手と私が負傷し、ともに戦死しました。

*

ですから、私はとても親米的です。実は私はNATOの一員で、ソ連の攻撃から守るために、ドイツで死ぬ覚悟もできていました。

しかし、ロシアは全くソ連ではありません。メディアが明らかにしないので、人々はそれを理解していません。しかし、ロシアは共産主義国家ではありません。ソ連は共産主義国家でした。

*

さて、私が主張を見ていて、特に苛立ったのは、私のシリアでの経験です。私はアレッポに行ったことがあります。アレッポ市はシリア最大の都市で、少なくとも戦争が始まる前はそうでした。そして、とてつもない戦いがあったのです。「シリア戦争のスターリングラード」と呼ぶ人もいますが、これは悪い比較ではありません。

2012年から2016年まで続いた、ひどく苦しい戦いでした。市街地での戦闘では、戦っているどの部隊も建物の破壊を余儀なくされます。建物は大規模に吹き飛ばされます。そしてこれは、市街戦があるときはいつでも起こることです。だから私は、戦闘がまだ進行中のアレッポの街を歩いたことがあります。土嚢の隙間から敵の支配地域を見渡し、吹き飛ばされた戦車の上に立ち、このようなことを経験したことがあります。

*

私が知っていること、そしてアレッポについてお話しできることは、ロシアがシリアでの戦闘に関与することに極めて消極的だったということです。戦争は2011年に始まりました。米国が中央情報局の工作員を上陸させ、アルカイダやその他のテロリスト集団と調整を始めたからです。

そして私たちは、戦争が正式に始まる前から、アルカイダの揺るぎない支持者だったのです。今日もアルカイダを支援しています。彼らはイドリブ州に集結しています。CIAはティンバー・シカモア作戦という極秘作戦で彼らに物資を提供しました。

対戦車兵器や対空ミサイルをすべて提供したのです。アルカイダは常に私たちの代理勢力でした。彼らはISISとともに米国の任務を遂行し、実に多くの関連組織とともに、ある種の互換性を持っています。自由シリア軍の兵士は、ISISからアルカイダ、そして自由シリア軍へと、かなり流動的に移動しています。そして、私たちはこの戦争を始めたのです。

*

しかし、米国は戦争に従事するために代理人を利用するという戦略的な方針を持っています。そして、私たちの目的はシリアの合法的な政府を転覆させることであり、そのために、あらゆるテロリストの中でも最も下劣な代理人兵士を採用したのです。それとよく似たことが今、ウクライナで起きています。

*

しかし、アレッポに話を戻すと、シリア軍はヒズボラとともに非常に効果的でした。イランが組織した部隊もありましたが、それはほとんどシリアのショーで、シリアの将軍たちが指揮をとっていました。彼らは、非常に残忍で、致命的な、この厳しい市街戦を戦ってきたのです。

ロシアが戦闘に参加する前の4年間、彼らはこの戦いを続けてきました。4年後、アレッポの街は甚大な被害を受けました。その時、シリアの正規政府の招きで、ロシアが参戦したのです。しかし、多くのメディアの報道とは異なり、彼らは地上軍として参戦したわけではありません。 小規模な地上部隊は持っていました。憲兵隊、砲兵隊、特殊作戦部隊、そしてかなりの人数のアドバイザーなどです。しかし、重要な地上軍ではありませんでした。

一方、空軍はシリア空軍を補完する重要かつ非常に効果的な戦力でした。しかし、アレッポの戦いに参加し、航空戦力が非常に効果的だったのは、本当に最後の1年だけでした。このときまでに、シリア軍はテロ部隊をかなり消耗させていました。ロシアの支援によってバランスが崩れ、アレッポはシリア戦争全体の大勝利となったのです。

*

しかし、アレッポで起こった大規模な破壊をロシアのせいにするのは奇妙なことです。つまり、これは西側諸国にとって非常に効果的なプロパガンダの一部であり、ロシアを悪者扱いし、実体のない主張をしているに過ぎないのです。しかし、人々はこうしたことの歴史を覚えていません。ですから、違うのです。ロシアは、アレッポの街の大規模な破壊に対して、いかなる点においても責任を負っていないのです。

Mike Billington

シリアにおける米国と連合軍に対して、ロシアがとった戦法はどのように対比されるのでしょうか?

Richard Black

まず第一に、アメリカの関与、アメリカの対シリア戦争は侵略戦争です。私たちは極秘のCIA特別活動センター(CIAのジェームズ・ボンドのようなもので、マキャベリストのようなものです)を派遣しました。彼らを送り込み、シリアで戦争を始めたのです。CIAを送り込み、アルカイダと連携させるまで、戦争は存在しなかったのです。だから戦争を始めたが、シリアには招かれませんでした。

*

実際、米国はシリアの2つの重要な部分を掌握しています。1つは非常に重要な部分で、ユーフラテス川がシリアの北部の約3分の1を切り離しています。米国はその部分に侵攻しました。米国はその部分に侵攻しました。私たちは実際に軍隊を駐留させましたが、標準的な国際戦争法に反して違法であり、単なる占領にすぎませんでした。

これは、当時国務長官だったジョン・ケリーが言及したことですが、彼はシリア軍がアルカイダやISISに対して驚異的な勝利を収めたことに苛立ちを覚えていました。彼は、プランBが何であるかは発表しませんでしたが、時間をかけて展開させました。

プランBは、アメリカによるシリア北部の占領でした。シリアの北部を占領することの重要性は、そこがシリア国民全員の穀倉地帯であることです。シリアには小麦が大量に余っており、戦争前のシリア国民は十分な食料を得ていました。私たちはその小麦を奪って、シリア国民に飢饉を引き起こそうとしたのです。

*

もうひとつは、石油と天然ガス田の大部分を押さえることができたことです。これらもユーフラテス川を越えた北側で産出されていました。同時に、シリアの冬の間、シリアの民間人を凍死させることができます。多くの場合、機械化部隊を持つテロリストの軍隊が攻撃し、都市を完全に破壊し、人々は瓦礫の中で生活していました。私たちはシリアの人々を飢えさせ、凍死させたかったのです。それがプランBでした。

*

さて、私たちはある時点で、なぜかシリア人が、あの忌々しいシリア人が、小さな小さな国なのに、なぜこの人たちは回復力があるのでしょう、と不満を抱くようになりました。世界の軍事力、産業力の3分の2を相手に戦っているのです。2,300万人の国民が10年以上もそれに耐え続けることができるでしょうか?

そこで私たちは、行動を起こさなければシリアを完全に失うと判断しました。そこでアメリカ議会は、シーザー制裁を課したのです。シーザー制裁は、これまでどの国にも課されたことのない最も残忍な制裁でした。第二次世界大戦中、シリアに対する制裁はそれほど厳しくありませんでした。

私たちはシリアと戦争していなかったのです。それなのに、私たちは国の周りに海上封鎖をしました。国際決済システムであるSWIFTを通じて通貨を切り下げ、薬を買えなくしたのです。ですから、この国と同じように乳がんにかかるシリアの女性がいたんです。

しかしその代わりに、乳がんが比較的治療できるようになったこの国で、医療物資を断ち切ったため、シリアの女性たちは乳がんで死ぬことになりました。なぜなら、SWIFTシステムを通じてドルを叩き売ったため、薬を手に入れることができなかったからです。

*

最後にやったことの1つで、それについては証拠が曖昧ですが、レバノンの港で謎の爆発がありました。レバノン人が何百人も亡くなりました。何千人もの負傷者が出て、レバノンの経済が破壊されました。そして最も重要なことは、レバノンの銀行システムを破壊したことです。

レバノンはシリアとの間に残された数少ない生命線の一つでした。あの爆発は偶発的なものではなかったと思います。中央情報局は、ベイルート港を破壊するための行動を実行した国を知っていたのではないでしょうか。

*

しかし、このマキャベリ的アプローチには、無制限の武力と暴力を行使します、ということが随所に見られます。同時に、世界のメディアを支配して、何が本当に起こっているのかの議論をすべて消し去りました。ですから、街で見かける男性や女性は、物事がうまくいっていると思うのです。すべては利他的な理由で行われていますが、そうではないのです。

Mike Billington

あなたは軍務の一部としてJAG将校を務め、一時期、ペンタゴンで陸軍の刑法部門の責任者を務めていましたね。そのような観点から、シーザーの制裁について、国際法および軍法の観点からどのようにお考えですか?

Richard Black

さて、私は国際法の専門家ではありませんでした。刑法の専門家だったのです。しかし、民間人に対する戦争遂行は、戦争法上、重大な意味を持つ犯罪であると言えるでしょう。

*

私たちはアルカイダと同盟を結び、ISISとも同盟を結びました。つまり、ISISとは非常に真剣に戦いましたが、同時に、シリア政府を攻撃するためにISISをしばしば起用しました。しかし、私たちは常にテロリストと一緒に行動してきました。彼らが中心だったのです。

イスラム教の極端なバージョン、つまりワッハーブ主義のもとでは、戦闘の際に強い右腕でつかむ女性を所有するという考え方がありました。これは7世紀までさかのぼります。そして、100カ国から集まったイスラムのテロリストの移動を促し、彼らはISIS、アルカイダ、自由シリア軍など、さまざまな組織に参加しました。そして、彼らが到着したときに知っていたことの1つは、夫たちを殺害する合法的な権利があるということです。しかも、その数は膨大です。

*

シリアの国中で、組織的なレイプのキャンペーンが行われたのです。そして、反乱軍のある地域では、実際に奴隷市場が生まれ、さまざまな女性の価格表が作られました。興味深いのは、小児性愛者が大勢いたため、最も高い値段がついたのは幼い子どもたちだったということです。

小児性愛者は小さな子供を所有したがりました。なぜなら、適用される法律のもとでは、これらの子供を何度もレイプすることが許されていたからです。殺された兵士の未亡人や殺された民間人の未亡人をレイプして、それを所有し、買って、自分たちの間で売ることができたのです。これが続いていたのです。

CIAがこの政策を作ったとは言いませんが、彼らはこの政策が広く行われていることを理解し、それを容認していました。決して批判はしませんでした。

*

あまりにひどいので、私はアサド大統領と話をしました。大統領は 2016年に私が訪問した際、多くの戦闘地域と首都にいたことを私に教えてくれました。そして、大統領に会ったのですが、当時、市民権に関する法律を変えるために、国会で法案を作成していたとのことでした。

彼らは、子供の国籍は父親に由来するというイスラム法にずっと従ってきました。しかし、シリアに流入したテロリストに妊娠させられたシリア人女性が何万人、何十万人といたため、法律を改正する必要がありました。彼らはシリアに留まることができるのです。後で調べたら、その法律は可決され、施行されました。

*

しかし、これはまったくもって残酷なことです。私たちがこのような戦争をするとき、残酷さと非人道的な行為に限界はなく、国民を苦しめ、政府を転覆させ、石油や資源を奪うために準備しているのです。

Mike Billington

明らかに、現政権による今日の対ロシア政策です。

Richard Black

はい、そうです。ロシアは、おそらく地球上のどの国よりも天然資源に恵まれています。穀物、石油、アルミニウム、肥料など、世界経済全体に関わる膨大なものを生産する主要国なのです。これを見て、「もしロシアそのものを解体することができれば、巨万の富を築くことができ、何十人もの兆長者が生まれるだろう」と言う人がいるのは間違いないでしょう。その魅力はありますね。確かに、外国の利害関係者がウクライナを占領し、その膨大な資源を奪うということは、すでに起きていますね。

*

しかし、私たちは、1991年のソビエト連邦の崩壊後すぐに、ロシアに向かう動きを開始しました。ソ連が解体し、ワルシャワ条約が解けたのです。そして不幸なことに、歴史の大きな悲劇のひとつは、NATOを解散させることができなかったことです。

NATOの唯一の目的は、ソビエト連邦から防衛することでした。ソ連はもはや存在しません。NATOはワルシャワ条約と互角に渡り合っていました。ワルシャワ条約は消滅し、もはや存在しません。NATOが存在し続ける目的はありませんでした。しかし、私たちはそれを保持し、敵がいなければ存在し得ない。ロシアは、西側の一員になろうと必死でした。

ソ連が崩壊して間もない頃、ロシア最大の企業であるガスプロムのトップと会ったことがありますが、彼は自分たちのメディアを西側諸国と同じように自由にするためにいかに苦労しているかを私に説明してくれました。そして、彼らは私たちの方がずっと自由でオープンだと感じていたのです。そして、ロシアの一部であるチェチェンで蜂起が起きたので、この問題が発生しました、と言いました。チェチェンの反政府勢力はロシアのテレビにビデオを送り、私たちはそれをロシアのテレビで放映しています。

*

私は、「冗談だろう?」と言いました。「敵のプロパガンダ映画を公開してるのか?」とね。彼は 「そうだ」。と言いました。彼は 「アメリカではそうなんだろう?」と言ったんです。「第二次世界大戦では、AP通信の責任者を戦時検閲の担当にして、非常に厳しくした」と言いました。

*

しかし、これは彼らがいかに苦労していたかを示す一例です。公式には無神論者の国だったのが、ヨーロッパで最もキリスト教化された主要国になったのです。国民がヨーロッパの主要国の中で最もキリスト教化されていただけでなく、政府自体も教会やキリスト教の信仰を非常に支持していました。

憲法を改正し、結婚とは一人の男性と一人の女性の結合であるとしました。中絶も厳しく制限されました。ロシアで不道徳な目的で少年を養子にする海外の養子縁組の習慣をやめました。つまり、全く異なる文化になったのです。

*

いずれにせよ、アメリカには帝国を拡大するという、長年にわたる戦略、政治的・軍事的戦略があります。私たちは中東でそれを行い、巨大な新植民地帝国を作ろうとしました。しかし、それはかなりほころびました。国民はそれを望まなかったのです。しかし、あと100年は続くかもしれません。いずれにせよ、私たちは、事実上ロシアとの国境まで東に移動しながら、同じようなことをしようとしているのです。

Mike Billington

ウクライナ戦争に対する米英の立場は、ここ数週間で、戦争を支持するだけでなく、何としても勝利するようになりました。これはオースティン国防長官らによって宣言されたことです。そして、キエフ政権に防衛だけでなく攻撃用の軍事兵器を大量に送り込んでいる。この政策の帰結として、あなたはどのようにお考えですか?

Richard Black

一つ言えることは、膨大な数の罪のないウクライナ人兵士が不必要に死ぬことになる、ということです。多くのロシア人兵士が不必要に死ぬことになるでしょう。彼らは子供たちです。子どもは戦争に行くものです。

私も子供の頃、戦争に行いました。自分の国が正しいか間違っているかは別として、彼らがやっていることはすべて正しいと思います。ウクライナ軍に銃殺されたロシアの少年たちの顔を見ると、ただただ胸が痛みます。同様に、戦場で虐殺されるウクライナの若者も見ています。

*

私たちは気にしません!米国とNATOは、ウクライナ人が何人死のうが気にしません一般市民も、女性も、子供も、兵士も。私たちは気にしません。サッカーの試合になりましたね。私たちは私たちのチームを持っています。彼らは彼らのチームを持っています。私たちは最大の得点を取りたいし、それを積み重ねたい。そして、自分たちが勝つためなら、何人の選手が競技場で不具になっても構わないのです。

*

今、私たちは大量の兵器を出荷しています。そのため、ミサイルを製造するレイセオンや、航空機やミサイルを製造するノースロップ・グラマンなど、これらすべての防衛産業は税金でとてつもなく肥大化しました。最終的に結果が変わるとは思えません。ロシアが勝つと思います。ウクライナは東側で非常に厄介な戦略的位置にあります。

しかし、この展開を見てみると、プーチン大統領は2021年12月に戦争への歩みを止めるために必死の努力をしました。彼はNATOとのテーブルの上に具体的な提案書を置いて、これから起こることを和らげるための平和的な提案をするまでになりました。なぜなら、この時点でウクライナはドンバスを攻撃するために軍隊を集結させていたからです。ですから、彼はこれを食い止めようとしていたのです。彼は戦争を望んでいなかったのです。NATOはそれをただ無視し、まともに取り合わず、真剣な交渉もしませんでした。

*

その時、プーチンは、ロシア軍を殺せる武器を持った武装したウクライナ人が文字通り国境にいることを知り、先制攻撃しなければならないと考えました。これは計画的な攻撃ではないことがおわかりいただけたと思います。ヒトラーのポーランド攻撃とは違います。

標準的な経験則では、攻撃するときは常に、3対1の優位に立ちます。戦車、大砲、飛行機、兵士など、相手側の3倍の数を集めなければならないのです。実際、ロシアが侵攻したとき、彼らは手持ちの武器と、急遽調達できた武器で臨みました。そして、ウクライナ軍に劣勢に立たされたのです。

ウクライナ軍は約25万人。ロシア軍はおそらく16万人。つまり、3倍の兵力ではなく、実際にはウクライナ軍より少ない兵力だったのです。しかし、ウクライナ軍がドンバスに大量の兵力を投入してきたため、迫り来る戦闘を先制して攻撃せざるを得なかったのです。

ドンバスはロシアに隣接しています。2014年にクーデターを起こし、ウクライナ政府を転覆させた革命的な政府に加わらなかったウクライナの一部です。彼らはウクライナの新しい革命的な政府の一部になることを拒否しました。それで、彼らは独立を宣言したのです。そしてウクライナはドンバスに対して攻撃するために、この巨大な軍隊を集結させたのです。そのため、ロシアはウクライナによる攻撃を先取りするために、突入せざるを得なくなりました。

ロシアは、ウクライナ人に過度の犠牲を出すことなく、この特別作戦を実施することを強く望んでいました。なぜなら、彼らはウクライナ人を、少なくともスラブ人の兄弟と考えており、良い関係を築きたいと考えていたからです。

しかし、有名な写真にロシアの戦車が写っていますが、40人ほどの市民が集まって道路を塞いだため、戦車が止まってしまったのです。ベトナムでは、もしアメリカの戦車に立ちはだかる大勢の人がいたとしたら、戦車は少しも速度を落とさなかったでしょう。クラクションも鳴らさず、何もせず、威嚇射撃もせず。クラクションも鳴らさず、威嚇射撃もせず、ただひたすら走り続ける。

私はアメリカ人を批判しているわけではありません。私はそこにいて、戦っていましたし、私自身、戦車をまっすぐ走らせていたかもしれません。

*

でも、私が言いたいのは、ロシア軍の交戦規則は非常に慎重だったということです。憎しみや反感を生みたくなかったのでしょう。ロシア軍は、電気系統、メディアシステム、水道設備、橋などを爆撃することはありませんでした。

ウクライナのインフラを良好な状態に保とうとしたのは、それを取り戻したかったからです。ウクライナのインフラを良好な状態に保とうとしたのです。しかし、うまくいきませんでした。ウクライナ人の抵抗は思いのほか大変でした。ウクライナの兵士たちは、偉大な、偉大な勇気、偉大なヒロイズムで戦いました。そして それで、今、ゲームはアップして、より深刻になっています。

*

しかし、見ていて驚くのは、ロシアが空中を支配していることです。彼らは列車システムを破壊していません。発電所も破壊していません。彼らは多くのものを破壊していません。ウクライナの首都キエフの中心部の建物も爆撃していませんし、国会が開かれる建物も爆撃していません。平和が達成されることを願いながら、これらのことについては信じられないほど控えめにしてきました。

*

しかし私は、平和か戦争かの決断にウクライナは関係ないと思っています。戦争が続くことを望む限り、私たちはウクライナ人を代理人としてその戦争を戦い、ウクライナ人が最後に死ぬまで戦い続けるでしょう。

Mike Billington

米国とロシアの間で直接戦争が勃発する可能性をどのように予測していますか?また、それはどのようなものでしょうか?

Richard Black

1914年の第一次世界大戦にさかのぼると、オーストリア・ハンガリー帝国の大公が暗殺されましたよね。彼とその妻が殺されたのです。この二人が殺された結果、すべての同盟関係、怒り、メディアのヒステリーがドミノ式に発生したのです。そして、それが終わる前に、1,400万人が殺されたのだと思います。本当の数字を知るのはいつも難しいのですが、いずれにせよ、その結果、何百万人という膨大な数の人々が亡くなったのです。

*

私たちは、このようなチキンゲームをすることのリスクを認識する必要があります。例えば、トルコのメディアは、マリウポリでは大規模な包囲が行われ、最終的にロシアが勝利したという記事を掲載しました。ロシア軍が占領していないのは、この巨大な製鉄所だけです。

そこには多くのウクライナ兵が立てこもっています。そして今、明らかになったのは、ウクライナ人とともに製鉄所に捕らわれています50人のフランス人上級士官がいるということです。フランス人兵士は地上で戦闘を指揮し、戦っています。フランスの選挙があったため、このことは極秘にされていたのです。

もしフランス国民が、あの製鉄所の中に大勢のフランス人将校が閉じ込められていて、おそらく死ぬだろうと知っていたら、選挙は逆の結果になっていたでしょう。マリーヌ・ルペンが勝っていたでしょう。ですから、ディープ・ステート全体にとって、フランス人将校がそこにいたことが明るみに出ないようにすることが非常に重要だったのです。

NATOの将校がアドバイザーとしてウクライナに駐在していることなどは知っています。リスクを冒すことになります。私の推測では、これは推測なので間違っているかもしれませんが、ロシアの黒海艦隊の旗艦であるモスクワは、対艦ミサイルの攻撃を受けた結果、沈没したのです。

私の推測では、このミサイルは、フランスが発射した可能性が高いと思います。間違っているかもしれませんが、このミサイルは非常に繊細で、私たちの船にとって非常に危険なものです。NATOの管理・運用のもとで維持されなければならないと思います。ですから、モスクワ号を実際に沈めたのは、おそらくNATO軍であると思います。

*

私はたまたま共和党員ですが、共和党の上院議員2人が、「ロシアに対して核兵器を使用する必要があるかもしれない」と発言しています。正気の沙汰とは思えません。熱核戦争が何を意味するのでしょうか、人々が議論を始めることが重要だと思います。

*

今、私たちは理解する必要があります。「ああ、私たちは大きくて、悪くて、こんなものを持っているのだ」と思っています。ロシアは核戦力では米国にほぼ匹敵します。ロシアは極超音速ミサイルを持っていますが、私たちはこれを持っていません。ロシアから発射されたミサイルは、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、デトロイト、ボルチモア、ワシントンDC、ニューヨークまで届きます。

たまたま私が住んでいるバージニア州は、もし核戦争になったらと考えると、ロシアは非常に大規模で効果的な原子力潜水艦の艦隊をアメリカ沿岸に展開していることに留意してください。核弾頭を搭載したミサイルを大量に保有しており、私たちが持つどんな防衛手段も回避することができます。

ですから、バージニア州だけを見ても、北バージニアは本質的にすべて消滅してしまうでしょう。ラウドン郡、プリンス・ウィリアム郡、フェアファックス郡、アーリントン、アレクサンドリアには、ほとんど人命が残っていないでしょう。ペンタゴンはアーリントン郡にあります。

ペンタゴンは単に溶けた砂の固まりと化すでしょう。そこには人命は存在しません。そして、その周囲何マイルも人命はないでしょう。ポトマック川を渡ったところにある首都にも、人命は残らないでしょう。国会議事堂は永遠に姿を消します。記念碑も、栄光の建造物も、何も残らないのです。

*

バージニア州の海岸に行くと、ノーフォーク海軍造船所とノーフォーク港があります。ここには、地球上で最も偉大な海軍の力が集積されています。ここには、空母や原子力潜水艦など、あらゆるものが停泊しています。何も残らないでしょう。海運業も何も残らないでしょう。

*

そして、これを続けることができます。ニューヨークの話ですが、おそらくニューヨーク・シティそのものが消滅するだけでなく、その後何百年もの間、ニューヨーク・シティに人が住むことは不可能になるでしょう。しかし、人間が生き生きと暮らす場所でなくなるだけでなく、おそらく半世紀は、いかなる文明も回復することはないでしょう。

*

私たちは、自分たちがしていることの重大さを理解する必要があります。ウクライナで何が起こるか、それがアメリカにとって生死の問題であるならば、それは一つのことでしょう。確かに、ソ連がキューバにミサイルを設置し、米国を標的にしたとき、それは危険を冒す価値がありました。

なぜなら、それはまさに私たちの国境にあり、私たちを脅かすものだったからです。ソ連がキューバにミサイルを設置し、米国を標的にしたとき、それは国境にあり、私たちを脅かすものでしたから、リスクを取ってでも戦う価値のある戦いでした。

ロシアは、まさにその鏡のような状況にあります。なぜなら、彼らにとって、ロシアの命は、NATOがウクライナにさらに進攻し、国境のすぐそばまで来るのを阻止できるかどうかにかかっているからです。彼らにとって、この戦争をしないわけにはいかない。この戦争に勝利しないわけにはいかないのです。

ですから、私は、アメリカ人にとって何の意味もない場所での戦争、つまりウクライナはアメリカ人にとって無意味であり、日常生活には何の影響もない戦争で、この絶え間ないエスカレーションをもてあそんでいると思うのです。それなのに、アメリカと西ヨーロッパのすべての人々の命を無駄に危険にさらす無謀なゲームをしているのです。まったくもって無駄なことだ。

Mike Billington

多くの旗艦クラスの将校は、あなたが今述べたような結果を、かなり身の毛もよだつような方法で理解しているのは確かです。イタリアやフランス、ドイツで、私たちは核戦争につながる道を進んでいると警告する将軍がいる一方で、なぜ旗本将校から、おそらく引退した将校から、今日あなたがここで述べているような声が出ないのでしょうか。

Richard Black

1990年代までさかのぼると、旗艦将校の質が著しく低下していることがわかります。私が現役でした94年には、非常に優秀な旗艦将校がいたのですが、非常に優秀な人たちでした。しかし、その後、クリントン大統領が就任し、さらにオバマ大統領が就任しました。

今はバイデンがいます。彼らは軍人に非常に厳しい政治的スクリーニングを適用しています。そして今、私たちは 「イエスマン 」を抱えているのです。彼らは米国とその国民のために献身している人たちではありません。彼らの主たる関心は、自分のキャリアと、退役後に他の軍人たちとネットワークを築くことにあります。

軍将校を戦争を推進するシンクタンクや、レイセオン、ノースロップ・グラマンなどの防衛関連企業に送り込み、役員に就任させることができる非常に強力なネットワークがあるのです。

ですから、「おい、やめろ」と言うために払う個人的な代償は相当なものです。「戦争はアメリカ国民の利益にならない」と言うために、かなりの個人的代償を払うことになります。

個人の資質がもっと高ければ、「個人的にどんな犠牲を払ってもいい」と言える勇気のある人たちがいるはずです。しかし、原則と愛国心、そしてこの国の人々への献身に導かれた個人であれば、上級職に就くことは非常に困難です。そういうわけにはいかないのです。そして、ある時点で、この木を揺すって、多くの人々を木から降ろしてくれる大統領が必要になります。彼らはアメリカにとって非常に危険な存在なのです。

Mike Billington

ヘルガ・ツェップ・ラルーシュとシラー研究所は、この地獄への転落、そして核によるホロコーストの可能性を止める唯一の方法は、新しいウェストファリアの和平です、という請願書を提出しています(4月9日に同じテーマで会議を開きました)。

この場合、新しい安全保障構造と新しい開発構造を確保するための国際会議であり、すべての国の開発の権利を確保するための会議です。そして、ウェストファリアの平和のように、すべての国が一緒に座り、自分たちの利益、つまり主権的利益を、他の国の主権的利益を含むものとして認識し、過去の犯罪をすべて許すものです。そうでなければ、世界を戦争するブロックに分割することになります。

ロシアや中国、その他すべての国々と一緒になって、人間の尊厳と発展と安全の権利に基づいた真の公正な世界を築くことができる、そしてそうしなければならないとアメリカ人に認識させるためには、なぜ、そして何が必要なのでしょうか?

Richard Black

残念ながら、ウェストファリア条約がそうであったように、それを推進するためには大きな痛みが必要でしょう。核戦争がそうさせるでしょうし、過去20年にわたる無制限の紙幣印刷の結果、前例のないほどの経済的大混乱が起これば、それをもたらす可能性はあります。しかし、現時点では、メディアは完全に検閲され、偏向しているので、アメリカ国民はそのようなことの必要性を認識していません。それは難しいでしょう。

*

ここで、興味深いことが起こりました。この国では、世界中がロシアに反対していると思うでしょう。そうではありません。実際、この戦争でロシアに傾いている世界の主要国があります。

中国に始まり、ブラジル、南アフリカ、サウジアラビアなど、さまざまな国があります。インドもそうです。インドはロシアに絶大な支持を寄せています。どういうわけか、私たちには非常に正当な理由があるという考え方がありますが、それが正当であるとは世界の大勢は思っていませんし、世界の大勢は戦争犯罪に関する最新のプロパガンダを受け入れません。戦争犯罪の議論の中で最も顕著なものでしょう。

*

ブチャとは何だったのでしょうか?ロシア軍から奪還したブチャの道路を走る車両のフィルムが撮影されています。100フィートおきに、両手を後ろで縛られた人がいて、彼は殺されたのです。ウクライナ軍がブチャを奪還しました4日後まで、そのことは発表されませんでした。

*

今となっては、私たちはほとんど何も知りませんでした。殺されたという証拠すらありませんでした。しかし、仮に殺されたとしても、どこで殺されたのかわかりません。彼らが誰なのかもわかりません。誰が殺したのかもわかりません。なぜ殺されたのかもわかりません。ロシア人が彼らを殺したという十分な動機を誰も提示することができませんでした。

ロシア軍はブチャを1ヶ月間拘束しました。殺すつもりなら、なぜその1ヶ月の間に殺さなかったのでしょうか?また、大勢を虐殺するのであれば、全員を一箇所に集めて、そこで銃殺するのではないのでしょうか?なぜ、1キロも離れた道端に分散しているのでしょうか?意味不明だ!

*

私たちが知っているのは、ブチャの市長が街が解放されたと喜んで発表しました4日後、ウクライナ軍が進駐し、ウクライナ軍の特別宣伝部隊がそこにいた4日後、突然、道路にこれらの死者がいた、ということです。ロシア軍がいたときにはいなかったのに、どうして?なぜロシア軍がいなくなった後に現れたのでしょうか?

もし私が普通の刑事事件として見ていて、犯罪捜査部やFBI、あるいは軍警察などと話をしていたら、「OK、まずウクライナ人を調べよう」と言うでしょう。私の推測では、犯罪を捜査するときは直感から始めるものですが、ウクライナ人が引っ越してきた後、この人たちを殺して、周りを見渡して、「よし、ロシア軍がここにいる間に誰がロシア軍に友好的だったのでしょうか?そいつらを処刑するんだ」、と。それが私の推測です。ロシア人が街を出るときに数人を殺した、という動機が見あたらないからです。

*

そして、誰もこのことに疑問を持ちません。なぜなら、企業メディアがあまりにも一枚岩だからです。ウクライナの病院の責任者の口から事実が判明しました。彼は、負傷したロシア兵捕虜、負傷者が運ばれてきたら、去勢するよう医師全員に厳命したことを自慢げに語っています。

これは病院経営者の口から認められた恐ろしい戦争犯罪ですが、ウクライナ政府は「ちょっと調べてみよう」と、たいしたことないように言っています。

これほど恐ろしい戦争犯罪は他にありません。ABCやMSNBC、CNN、FOXニュースなど どこで聞きました?ささやき声もない。しかし、その証拠は否定できないのです。別の映像では、捕虜の集合場所があり、ウクライナ軍が捕虜を処理のために中心地点に連れてくるのですが、これは7分ほどの映像で、ウクライナ兵は彼らを全員銃殺しただけでした。負傷したロシア兵が30人ほど地面に横たわっていて、中には明らかに傷で死んでいる者もいました。

何人かは頭にビニール袋を被せられていました。この兵士たちは、時には致命傷を負い、両手を背中で縛られ、頭にはビニール袋が被せられていて、呼吸が困難な状態で横たわっているのです。手を上げることができないので、呼吸ができるように袋をはずすこともできないのです。

ビデオの最後に、ウクライナ人がバンを運んできて、そこには負傷していない3人のロシア人捕虜がいました。3人が降りてきて、両手を後ろで縛られると、何の考えもためらいもなく、カメラの前で2人を銃殺し、彼らは倒れました。3人目はひざまづいて、「傷つけないでくれ」と懇願しました。そして銃殺しました!これは犯罪です。

ウクライナ政府はこれに反論していません。しかし、それが起こったことを知ることはないでしょう。今のところ、唯一証明されているのは。…..双方で戦争犯罪が起きていないとは言いません。私が見た中で、戦争犯罪のかなり反論の余地のない証拠は、ウクライナ側だけだったと言うことです。

*

よく、ロシアがこれを破壊しました、あれを破壊したと言われることがあります。イラクに侵攻したときの「衝撃と畏怖」の戦争に立ち返ってみると、私たちはイラクのほぼすべてを破壊しました。

軍事・民間の区別なく爆撃を行ったのです。連合軍は42日間に10万回の出撃を行いました。同じ期間に8000回しか出撃していないロシアと比較してみてください。アメリカの10万回の出撃に対して、ロシアはほぼ同じ期間で8000回しか出撃していません。

ロシアはより選択的である傾向があると思います。「衝撃と畏怖」の哲学は、人間の生命を維持し、都市を機能させるために必要なものをすべて破壊することです。水道、電気、暖房、石油、ガソリン、そして主要な橋をすべて破壊するのです。そして、すべてを破壊し続けるのです。

*

実に皮肉なことです。イラクは比較的小さな国です。ウクライナは巨大な国です。42日間で10万回の出撃、ほぼ同じ時間で8000回の出撃。イラクでやったことと、ウクライナでやったことの間には、暴力においてとてつもない違いがあります。ですから、事実を突き詰めて戦争の進め方を見たときに、単純に信頼性がありません。

Mike Billington

さて ブラック議員、ブラック大佐です。 すでに起こっている恐怖を表現されましたが、新たなウェストファリアの平和を引き起こす核戦争を待つことはできないと考えると、あなたが表現されたことはすでに十分に恐ろしいことだと思います。

そして、現在西側世界を覆っているハイパーインフレの崩壊と組み合わせれば、誰もが影響を受けます。ヨーロッパやアメリカの市民を動機づけるには、これを十分な恐怖と、暗黒時代への転落の認識として受け止めなければならないと考えています。

*

私たちは、これまで人類全体に対する自分たちの責任に目を向けようとしなかった人々が、今、目を覚まし、それを考えざるを得なくなっていることを発見しました。このことが、私たちがこの請願書で、アメリカ、ロシア、中国、インドなどを含むすべての国の国際会議を招集し、この恐怖を終わらせ、人類の真の平和と発展による平和の時代をもたらすよう求めた根拠となっているのです。

*

そして、この醜い真実の息を、それを聞くことを必要とする人々に与えてくれたことに感謝します。最後に何か思うところがあれば、ご挨拶をお願いします。

Richard Black

一つだけ付け加えると、シラー研究所が世界平和の実現に向けて行ってきました。多大な努力に感謝します。これは史上最も重要な努力の一つであり、私は確かにそのことに拍手を送ります。*

ロシアに目を向けると、ウクライナで戦闘に参加したロシア軍は、ほとんどの場合、戦闘を経験したことがありません。これは平時の軍隊です。ロシアは海外で戦争はしません。海外との重要な交戦はシリアだけです。

米国と比較すると、文字通り、ある兵士が30年の軍生活の後、今日引退するとしたら、米国が平和であった日に1日も勤務したことがないことになります。驚くべきことです。これに対し、ロシアの軍隊は例外を除き、国が平和であった時代もありました。

*

ですから、私たちは平和について、そして戦争の限界について考え始める必要があります。この考えは、どういうわけか、あなたから奪って、それが私たちを強化するというゼロサムゲームが必要だというものです。私たちは、平和によって誰もが得をし、繁栄することができる世界にいるのです。

しかし、私は、ハイパーインフレが、世界を震撼させ、私たちは将来に向けて新しいパラダイムを持たなければならないという認識に至らせる警鐘になるのではないかと懸念しており、その時点でウェストファリアの平和が可能になるのではないかと思っています。

このような機会を与えていただき、本当にありがとうございます。希望は常にあり、神の祝福を受けながら、未来には良いことがあると思います。

Mike Billington

そして、Schiller Institute、The LaRouche Organization、EIRからどうもありがとうございました。 これはとてつもないインパクトを与えるものなので、できるだけ早く掲載することにします。ありがとうございました。

Richard Black

ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました