RFK Jrポッドキャスト | ダグラス・マクレガー大佐 ウクライナについて
ロバート・F・ケネディ Jr. ポッドキャスト 2023年5月6日

RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFKロシア・ウクライナ戦争

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Col Douglas Macgregor On Ukraine
RFK Jr Podcast

RFK Jr. 0:00

皆さん、こんにちは。今日は特別ゲストとして、ダグラス・マクレガー大佐をお迎えすることができ、大変嬉しく思います。1976年、正規軍に入隊。2004年にウェストポイントに入学し、バージニア軍事研究所で1年間学んだ後、退役しました。

マクレガー大佐は2020年のランクで引退し、大統領は、国防長官の上級顧問として機能するためにマクレガーを任命しました。彼はバージニア大学で比較政治学の修士号と国際関係の博士号を取得しています。マクレガーは、彼のリーダーシップと73イースティングの戦いの両方のために米国、ヨーロッパ、イスラエル、ロシア、中国、韓国の内部で広く知られています。

米軍の第二次世界大戦における最大の戦車戦、およびそのマクレガー大佐が指揮したタンクとユニット私は19戦車と

ダグラス・マクレガー 1:02

実際は1100人で、42台の戦車と42台のブラッドレー、8門の銃がありました。

RFK Jr. 1:08

真夜中の砂嵐の中だったと思います。

ダグラス・マクレガー 1:12

しかし、戦闘は3時間以上続き、1人が死亡し、6人が負傷し、ブラッドレーと歩兵戦闘車を失いました。

RFK Jr. 1:23

つまり、彼は戦争戦士なのです。彼は軍の変革に関するブレイクスルー本を書いています。そのうちの1冊は1997年に出版されました「breaking the balance」と「transformation under fire」、そして3冊のマクレガーが推奨する戦力の変革は、全兵装効果作戦を設計・統合し、イスラエル、ロシア、中国の戦力開発に大きな影響を与えています。

2010年、マクレガー大佐は、韓国とその防衛力設計の火の下の変換を韓国に旅行し、イスラエル国防軍でその軍事力の変換のための知的基盤としてチーフのアビブロビー中尉を選択した勤続28年マクレガーはウエストポイントの社会科学科で教え、最初の分隊第4騎兵を指揮し 2002年1月にコソボ航空作戦中に形の共同作業のディレクターとして勤務しました。

国防長官ドナルド・ラムズフェルドの強い要望で、米国CENTCOM司令官は、マクグレガー大佐の攻勢海域、バグダッドの構想に耳を傾け、計画は彼の考えによると、大部分が採用されましたが、彼は米軍によるイラクの占領を想定しませんでした。

彼は上院下院軍事委員会で専門家証人として証言し、防衛アナリストとしてフォックスニュース、BBC、スカイ、ノーズ、その他多くの番組に出演しています。それを読みたかったのですが、それは彼女のマクレガーのカリキュラムのほんの一部に過ぎません。

ヴィータです。彼は本当に、私が言ったように、米国の軍事戦略や世界の軍事戦略の知的指揮官であり、非常に影響力のある人です。そこで、マクレガー大佐に、特にウクライナ戦争について、あの戦争をどのように総括されるのか、お話しを伺いたいと思いました。また、米国の軍事戦略という点では?まず、地政学的な戦略と軍事的な戦略の両方を取ることになると思います。

ダグラス・マクレガー 3:30

そうですね、戦略というものが存在しなかったということを、前もって確認しておく必要があると思います。それが私たちの問題の一部です。何十年もの間、私たちにとって問題だったのです。

戦略とは通常、明確で曖昧さのない、達成可能な政治的軍事目標があり、それを達成する方法があることを意味します。そして、そのプロセスの最後には、最終的な状態を念頭に置いています。私たちは、効果的な戦略を練るのとは対照的に、物事につまずき、そして泥沼にはまる傾向があります。今、ウクライナはその良い例です。

ところで、この1分間で、あなたの真実の追求に感謝したいと思います。なぜなら、今日、ウクライナの話をするとき、私たちが何よりも突き詰めたいのは、「真実は何か」ということだからです。なぜなら、真実を発見することは非常に難しく、真実を聞いたことのあるアメリカ人はほとんどいないからです。

そして、それはアメリカ人だけではありません。アメリカ人だけでなく、欧米のほとんどの人がそうなのです。プーチン氏が大統領になったとき、NATO同盟の拡大に対する懸念を西側諸国の指導者に明確に伝えようと 2008年に行った一連の話し合いに遡る必要があるのです。

こうした話し合いにもかかわらず、NATOの国境を東に進め、ウクライナを含めることを気にしないと明言したのです。そして今、ロシアがすでにダドとの国境を持っていることを心に留めておいてください、それはエストニアにあるのです。サンクトペテルブルクの南にある小さな国境です。

しかし、ロシアはウクライナで何が起ころうと、自分たちの存亡に関わる問題だと考えています。そして2014年、私たちはクーデターを支援、あるいは演出、組織化し、モスクワやロシアに敵対する非常に過激な政権を誕生させた。その結果、プーチン氏とクレムリンの同僚たちは、アメリカ海軍がまもなくクリミアのセバストポリに停泊し、そこの海軍施設を占拠すると確信しました。

プーチンがクリミアの支配を急いだ理由のひとつは、黒海の覇権を米国とNATOに譲る用意がなかったからです。その後、ウクライナでは、ウクライナ人が国境内でロシア人である市民を攻撃するようになりました。そして、おそらく20~25%が、今日戦闘が起きているウクライナの地域に住んでいるロシア人です。この人たちは二級市民として扱われました。

ウクライナ人になれ、自分たちの遺産、言語、文化を捨てろと言われ、さもなければ過酷な扱いを受けることになりました。もちろん、彼らの多くは同時に、東ルハンの皮をかぶったドネツクの地方で、ロシア文化を保持したい、ウクライナ国内にとどまる、しかしウクライナ国内でロシア人として生き続けたい、という意思表示をしました。

これは新政権には受け入れられず、新政権は彼らを砲撃し始めました。そして、昨年2月22日に現在の戦争が勃発してから、この最初の危機が始まった2014年までの間に、その地域で14,000人が殺された。そして、欧州安全保障協力機構は、このすべてがロシアではなく、ウクライナの新政府によって始められたと明確に報告しています。

さて、時間が経つにつれ、この戦争を拡大させないために何らかの解決策を見出さなければならないことが非常に明白になってきました。それが、ミンスク協定が起草された理由の1つです。ミンスク協定は、ウクライナ東部のロシア人に法の下の平等な権利を与え、暴力と殺戮に終止符を打つという目標を念頭に置いて立案されたものです。しかし、残念ながら、これは実現しませんでした。

昨年12月のメルケル首相の発言、そして最近ではマクロン大統領の発言から、これらの協定が実際には詐欺であり、これらの協定は単にウクライナの時間稼ぎのために作られたものであり、一方で私たちはウクライナの軍隊、特に軍隊に何十億ドルも、非常に優れた最新装備と訓練を注ぎ込んでいたことが分かっています。

RFK Jr. 7:56

そして、私はあなたを中断し、はい、あなたは合意後のHoogeについて聴衆に説明することができます、署名者でした。

ダグラス・マクレガー 8:05

まあ、フランスとイギリスでしたね。イギリスとドイツとロシアだったと思います。そしてもちろん、私たちは本当の意味での署名者ではありませんでした。しかし、私たちは共同スポンサーであり、言ってみれば、それを支持していたのです。

RFK Jr. 8:17

そしてウクライナ政府は、そう、批准を拒否しました。ドンバスの市民によって投票されたのだと思います。

ダグラス・マクレガー 8:26

そう、つまり、この協定に盛り込まれたものはすべて、ロシアにとって受け入れ可能なものであり、ロシア人であるウクライナの市民にとっても受け入れ可能なものだったということです。残念ながら、何かを押し付ける意図は全くありませんでした、

RFK Jr. 8:38

中断させてください。あなたの思考回路を壊したくないので、理解してほしいのですが、主和音はその時点でロシアが何を望んでいたかを示しているので、確立することが重要なのです。つまり、30万人のウクライナ人が犠牲になったこの軍事演習を見れば、この終了時に彼らが取り戻すことができるかは、ほとんど想像できないでしょう。

ウクライナは、メキシコの裁判所との協定に署名するだけで、手に入れることができたものを取り戻すことになるのです。私の理解では、NATOはウクライナに進駐せず、ウクライナにあるミサイル発射台は撤去され、ウクライナ東部のロシア系民族は、その一部がウクライナ内の自治区となる、ということでしたね。つまり、私たちはウクライナの一部であり続けますが、国民の半分は何らかの権利を持つことになります。

ダグラス・マクレガー 9:42

そう、あなたはロシア人が喜んで受け入れたことについて話しているのです。それは事実上、多民族の多国籍国家であり、ヨーロッパでは新しい展開ではありません。ヨーロッパでは、何世紀にもわたり、このような国家が存在してきました。

オーストリア・ハンガリー・ユーゴスラビア・チェコスロバキア・帝政ロシアはすべて多国籍国家でした。つまり、ロシア側にはウクライナを解体する気などさらさらなく、無傷でいられることを喜んでいたのです。もちろん、これはクリミアには関係ありません。

というのも、彼らの立場からすると、かなりの正当性をもって、クリミアの人々の大半はロシア人であり、ロシアの一部であることを望んでいたからです。しかし、それ以上に重要なのは、1776年以来、ロシアの一部であったということです。

そして、友人のフルシチョフが酔った勢いで作り出した歴史の偶然が、第一次の手を変え品を変え、ウクライナの陣営に入れたのです。要するに、ワシントン、ロンドン、パリ、ベルリンの西側諸国は、ロシアに有利になるようなことは一切変えようとせず、彼らがウクライナに対して計画していたことも変えようとはしなかったということです。

そして21年12月、22年1月になると、ウクライナ東部で成長したこの部隊は実に手強く、よく訓練され、よく装備されていて、率直に言って、クリミア奪還を最終目標に、2つの分離独立した州を攻撃する態勢にあったことは、ロシアにとって極めて明白でした。

つまり、彼らの立場からすれば、これは戦争勃発を防ぐための先制攻撃だったのです。そして、「これはロシアがソビエト帝国を拡大・再建しようとする証拠です」と言う人たちには、あることを心に留めておいてもらいたい。私たちは、あることを心に留めておきたいと思います。

ロシアが侵攻したとき、ウクライナはテキサス州ほどの大きさでありながら、9万人の戦闘部隊で侵攻しました。もちろん、ウクライナ人はすでに存在し、戦う準備ができていたため、激しい抵抗をした。しかし、最も重要なのは、モスクワが、いったんこれが始まれば、西側諸国が本気になると考えていたことです。

そして、最終的に取り決めを交渉します。そして、プーチン氏とクレムリンの同僚たちが、誰も話をしたがらないことに気づくのに数カ月かかった。交渉はないでしょう。4月には、ボリス・ジョンソン首相がキエフに飛び、ゼレンスキーに「この人たちとは交渉するな、必要なものは何でも提供する、勝つまで付き合います」と言ったことが思い出されます。

もちろん、3月にはバイデン大統領も同じようなことを言っていました。だから彼らは、ある種の妥協、特にウクライナを中立にするような妥協をもたらすような動きを阻止したかったのです。そしてもちろん、中立は常に非常に魅力的なものでした。

オーストリアは1955年に中立になりました。アイゼンハワーは、ヨーロッパでより多くの国を中立にすることに不安を感じていました。しかし今、私たちは中立の国はないと主張しています。すべてはNATOのものでなければなりません。そして、それは私たちの条件に従って行われなければなりません。

これはロシアが受け入れることができるものです。そこでロシアは、戦争になった以上、防衛に乗り出し、軍備を増強して、私たちの条件でこの戦争を終わらせる準備をしなければならないと考えたのです。9月下旬から10月にかけて、ロシアは防衛に徹し、ウクライナ側はそれに対して無数の反撃に出るという構図が続いています。

ウクライナ側にとっては大惨事となり、ご指摘のように30万人以上の死者を出しています。これに対してロシア側は、主要メディアが言うのとは違って、おそらく3万人が死亡し、4,5万人以上が負傷しています。しかし、ウクライナ人の負傷者とロシア人の負傷者の差は非常に大きいです。

ロシア軍は迅速に人々を避難させ、負傷者のほとんどが任務に戻ったのに対し、ウクライナ人の負傷者は必要な医療措置がほとんど間に合わず、通常任務に戻ることはありません。だから、損失は取り返しがつかない。この時点で、米国を、できれば自国のために戦争に引きずり込もうとする、非常に絶望的な政権が誕生しています。

モスクワに対する馬鹿げた無人機攻撃は、誰かが「ウクライナ人にはまだ命がある、もう少し助けてあげればいいです」と言うことを期待してのことです。そして、地面が乾いたら、何百、何千というロシア軍が防御陣地から出てきて攻撃することを彼らは知っています。そして、それはおそらく5月末か6月初旬に起こるでしょう。

RFK Jr. 14:22

そして事実として、ロシアはこの戦争に負けることはないでしょう。なぜなら彼らにはそれができないからです。彼らにとっては存亡をかけた戦いではないのです。これは、もし私たちがカナダやメキシコをめぐって戦争をしていたら、この種の戦争は実存的なものだろうということです。

私たちは、私たちの国の最後の人間のすべてを彼らに投げつけるでしょう。その通りです。そして、これはウクライナの核心的戦略ではなく、米国の核心的戦略的利益でもなく、後回しにされるものなのです。私たちにとってはチャンスではありますが、私たちにとって中核的な戦略的位置づけではありません。

ダグラス・マクレガー 15:01

そうですね、もちろん、あなたの主張を強化するために、1963年にフルシチョフがケネディ大統領と対峙したときに、事実上そう結論づけたのですが。キューバ・ミサイル危機では、キューバはロシアにとって中核的な戦略的関心事ではなかったのです。

RFK Jr. 15:16

そのとおりです。その時点で、トルコはその点を拡大するために、トルコには木星とミサイルシステムがあり、秘密の取り決めがありました。父と叔父は、当時ブレナン大使と、非常に友好的で緊密な信頼関係にあったフルシチョフとの間で、キューバからミサイルシステムを撤去する限り、ロシアの秩序からミサイルシステムを撤去しない、という取り決めをしました。

つまり、この半球は私たちの関心領域であり、ロシアにも関心領域があるという認識があったのです。私の叔父であるケネディ大統領がいつも言っていたことですが、何らかの紛争を解決するには、敵の立場になって考え、敵が見ている世界観を理解する必要がある、と。

彼は亡くなる前の夏、アメリカン大学で非常に有名な講演を行いましたが、その中で、「ロシアが第二次世界大戦に勝利したことを理解しなければなりません。ロシアは国土の3分の1を失い、ロシア人の13人に1人がこの戦争で殺された。ロシアは東から3度侵略されています。国土に壊滅的な影響を及ぼした。私たちはこの国から侵略されたことがありません。そして、ウラジーミル・プーチンだけでなく、すべてのロシア人の感性は、ヨーロッパと海外からの脅威をかわいいと思っているのでしょうか?」

ダグラス・マクレガー 16:57

それはその通りだと思います。しかし、私たちが見落としてはならないもう一つの特徴があります。ケネディ大統領もフルシチョフ首相も、破滅的な戦争は避けたかった。どちらも核兵器の応酬や、世界的で絶望的な破壊に終わるような戦争は望んでいなかったのです。

それが欠落しているように思えます。現政権では、核兵器の応酬がどれほど壊滅的な被害をもたらすかに対する恐怖心が欠如しているように思われます。また、高強度の通常戦に対する理解もありません。北東アジアでは、私たちは今日、異なる世界に住んでいます。

あらゆる問題に対する軍事的解決策は、間違った解決策なのです。このことが、北東アジアにおけるワシントンの大きな問題なのです。戦争が敵にとってだけでなく、自分自身にとってもどれほど破壊的なものであるか、その認識が欠けているのです。

RFK Jr. 18:00

戦争に突入するたびに、プロパガンダキャンペーンの一環として、あなたのような人が戦争に疑問を持ち、あなたの愛国心が疑われるのです。あなたはウラジミール・プーチンに同調していると非難されているのです。そのような非難にどう反応するのですか?

ダグラス・マクレガー 18:20

まあ、あなたの言うとおりです。私たちは政権交代を目論む国や、実質的に退位させたい国を悪者扱いする傾向があります。イラクやアフガニスタンで起きたことを見ればわかります。リビアで起きたことを見ても、政権交代を急ぐという考え方は、まさに狂気の沙汰です。

そんなことはあり得ません。プーチン大統領とは何かということに関しては、私はその人物を知りません。私は彼のことを知りません。会ったこともありません。ロシア語は話せません。

実際、私は北フィラデルフィアの大勢のウクライナ人やポーランド人と一緒に育った。だから、彼らにはとても親しみがあります。それに、学校ではソ連やドイツの作戦や戦略も勉強しました。しかし、重要なのは、率直に言って、クレムリンに誰が座っているかは問題ではないということです。その人が戦争を望まない人である限り、です。

プーチンが西側諸国との戦争を望んでいないことは、非常に明白だと思います。彼はその準備ができていない……私たちと戦争することを望んでいないのです。彼が東ヨーロッパ、つまり第二次世界大戦の終わりに占領された国々を再征服したいと思っているという証拠はまったくありません。

そんなことをすれば、余計に面倒なことになります。経済的に損な提案です。彼はそんなことに興味はありません。私たちは、この問題を彼に押し付けてきたのです。東に圧力をかけているのは私たちだ。彼は西側には圧力をかけていません。しかし、それができなければ、自国の安全を確保するために、ウクライナで必要なことはすべてやるでしょう。

さて、私は、同盟国とともに介入すべきだと思います。前提条件なしで会談を行うことを提案すべきです。ロシア人が交渉の相手として認められるためには、国家の自殺をしなければならないなどという戯言は、まったくナンセンスです。敵としてではなく、対等な立場で接する必要があるのです。実際、私は今世紀初頭、連合国ヨーロッパ最高司令部にいたときにロシア人と仕事をしたし、90年代に現役だったときにもロシア人と交流がありました。

ロシア人は敵のように振舞うことはありませんでした。実際、イスラム教徒のテロに対処していたときには、後方に折れ曲がって私たちを支援してくれました。非常に重要な情報を提供してくれたし 2001年と2002年のアフガニスタンへの侵攻も彼らの協力なしにはあり得なかった。

ですから、ロシアとの関係が敵対的でなければならないという考え方は否定します。そうである必要はないと思いますし、仲良しこよしになれということでもありません。しかし、彼らの利益を理解する必要があります。これは、基本的にケネディ大統領の主張でした。

これはケネディ大統領の主張ですが、ケネディ大統領は彼らの利益を理解する必要があります。これは個人的なものではありません。これは感情的な戦いではありません。これは利害の問題なのです。そして、あなたの言うことはまったく正しい。私たちはこの地域に核心的な戦略的利益を有していません。しかし、紛争を終わらせるという点では関心があります。しかし、紛争を終わらせることには関心があります。

RFK Jr. 21:19

そして、この戦争で起きている、ロシアをどんどん中国に近づけるという地政学的な意味合いはどうなんでしょう、、、

ダグラス・マクレガー 21:28

中国とロシアは、私たちとは何の関係もない理由で、自然なパートナーになりました。ロシアには豊富な資源があり、食料、鉱物、木材、石炭、鉄など、中国が科学的な産業拡張のために必要とするあらゆるものが、ロシアにあると信じているからです。

同時に、ロシアは東洋の安全な国境を必要としています。ご指摘のように、ロシアは日本と戦争をしたことがあり、モンゴルの大軍に征服されたこともあります。中央アジアの平和を望み、国境の平和を望んでいるのです。また、一般に信じられていることとは異なり、私はこの地域にいたことがありますが、北に移動してシベリアに住むことを切望する何億人もの中国人はいないと言えます。

彼らにとって、それは魅力的なアイデアではありません。だから、どうにかしてお互いに戦争すべきだという考え方はナンセンスです。対立する理由はありません。彼らはビジネスをやりたがっているのです。ちなみに、日本と中国もほとんど和解しており、互いに戦争するつもりはありません。

彼らは、戦争がいかに相互破壊的であるかを理解しています。しかし、だからといって、二度と戦争をしないというわけではありません。しかし、私たちが将来直面するかもしれない問題は、東欧にある必要はないのです。北東アジアにある必要もありません。

RFK Jr. 22:52

バイデン大統領がロシアの政権交代が必要だと発言し、その後、国防長官であるロイド・オースティン2022が、ロシアの軍事力を低下させ、世界のどこでも戦えないように消耗させることが目的の1つ、任務目標であると発言したとき。あなたはどう思いますか?それは軍事的な目的だとお考えですか?

ダグラス・マクレガー 23:22

いや、つまり……まったくもって馬鹿げているんです。馬鹿げています。どうやってそんなことをするつもりなんです?ロシアは私たちにとって危険な存在でありそして、ロシアに危害を加えることで、その危険を何とか減らさなければなりません。

私は、ロシアが私たちにとって大きな危険であるという考えには賛同できません。彼らは私たちを侵略するつもりはありません。私たちを滅ぼそうとは思っていませんし、実際、私たちとビジネスをしたいと思っているのです。

私たちが理解しなければならないのは、ロイド・オースティンがその反対と表現したように、ロシアはこのプロセスの初期には非常に小さな常備プロ軍を持っていたということです。しかし、現在では100万人以上の軍隊を維持する計画で、すでに75万人以上が戦地に赴いています。

さらに、東部では15〜20万人の兵士が戦場にいる。東部には15〜20万人の兵力がいる。シベリアや国境沿いでは、1980年代以降に見られなかった規模のロシアの国軍力の回復を目の当たりにしていることになるのです。これが愚かな戦争の結果であり、私たちが望んでいると言ったこととは正反対です。

一方、わが国の軍隊は廃墟と化しています。ひどい状態です。間違った解決策、間違った構造、間違った理由のための間違った戦略のために、何十年も愚かな支出を無駄にしてきたのです。あなたのお父さんや叔父さんは、海軍に所属していたので規律や団結がどういうものかをある程度理解していたはずなのに、それを頭ごなしに否定してしまうような、有害な社会工学の話もしていません。

今いるのは、そんな考えもない人たちなのに、神のように振る舞い、破壊的なものに手を加えることにしたのです。だから、士気や規律に大きな問題があるのです。潜在的な敵対者を紛争に誘惑しようとするならば、こうしたことは望むべくもありません。

私たちはまだポーランドにおよそ3万4千の軍隊、ルーマニアにさらに1万5千、2万ほどの軍隊を擁しています。そして、私たちは、私が想像もつかないようなことをするために、私たちと一緒に参加する用意があることを世論に促し続けています。

幸いなことに、ポーランド軍参謀総長が最近発言し、ポーランド軍は東欧で戦う準備ができていない、自らを維持するための弾薬も持っていない、とはっきり言っています。だから、もっと冷静な考えを持った人たちが優勢になることを期待しています。しかし、今のところ、軍隊の歴史上最も優れたイエス、つまり、間断なく愚かさを繰り返す男たちがいるように思えます。そして、それは止めなければなりません。

RFK Jr. 25:56

最終的に、核戦争の可能性はどの程度なのでしょうか。そして、ロシア人の核兵器は、米軍や米軍の能力と比べてどうなのでしょうか?

ダグラス・マクレガー(ダグラス・マクレガー) 26:09

まあ、ロシアはおそらく私たちより1000個以上多くの弾頭を手元に置いているでしょう。発射台を追加する可能性もあります。しかし、率直に言って、私たちも1000個の発射台と武器を持っており、彼らも1000個を持っています。

私たちは、地球上の生命を消滅させるのに十分すぎるほどの核戦力を有しています。ですから、数の問題というより、考え方と行動の問題であり、考え方や意図の問題なのです。中国はずっと前に、先制不使用を宣言しました。彼らはただ、「攻撃されても核兵器は使わない。それが私たちの最終手段です。あなたが使わないのなら、私たちも使わない」。

ロシアも同じ立場だと思います。私は彼らのドクトリンをよく読みました。最近、ロシアは、もし私たちが核兵器を使う寸前だという証拠をつかんだら、私たちを攻撃することを検討すると言っています。しかし、それは彼らが期待したことではありません。

彼らが望んでいることでもありません。私たちこそ、態度を変えたのです。バイデン大統領がワルシャワで講演したとき、彼らは核ドクトリンを書き直しましたが、私たちは基本的に、あなたが私たちに対して核兵器を使用しないのであれば、私たちもあなたに対して核兵器を使用しないという同じ立場を採用していました。

しかし、現在はそれを改め、ハイエンドの通常戦力のみを対象とした特定の条件を検討する可能性があると述べています。もしそれが十分に脅威的だと判断すれば、核兵器を使うかもしれません。それは破滅的なことだと思います。核兵器はテーブルから外されるべきものだと思います。しかし、これがワシントンの新しい波なのです。彼らは戦略的曖昧さを良いことだと考えています。私は、それは破滅的なことだと思います。

ロバート・F・ケネディJr. 27:43

では、短距離や中距離、核ミサイルや対弾道ミサイルを制限する一連の条約から離れてしまったことについてはどうでしょうか。ロシアだけでなく、世界の他の国々にどのようなシグナルを送るのか、それについて少し話していただけますか?

ダグラス・マクレガー 28:02

まあ、それは軍備管理が成功する前提条件として、十分な強度と柔軟性、能力を備えた軍備を維持することで、まともな神経の持ち主であれば誰もそれに挑戦することはできないでしょう。私たちはそれを成し遂げたのです。しかし、当時の私たちの立場からすれば、潜在的に不安定な兵器システムを除去するために、脱退条約に署名しました。

私たちは、ペルシャ2号と呼ばれるものを感じています。視聴者の多くはご存じないと思いますが、ペルシャ2号は極超音速ミサイルでした。一度発射したら撃ち落とすことができません。これをドイツに置くと、ラッシュの兵器庫が高い危険にさらされることになり、結局ロシアがテーブルに着きました。あの条約を残したのは不幸なことだったと思います。現在では、他の分野でも曖昧な部分が少なくなっています。

RFK Jr. 28:59

私たちが2019年の時、その条約を残した、ということでしょうか?

ダグラス・マクレガー 29:02

はい、そうです。そして、それが失効しているべきではありません、私は私たちが保持すべきものだと思います。しかし、私たちは今、モスクワとの取引において不誠実であったと見られている時点にいる。私たちが署名することを厭わないロシア人が、何に署名するのだろうかと思います。つまり、これは大きな問題で、あなたの信用は失墜しているのです。

ロシア側は、私たちと腰を据えて何かを話す準備ができているとは思えません。だからこそ、非常に危険だと思うのです。もし何もなければ、私たちは一歩前に出て、核兵器の先制使用はしない、核兵器は使わない、と言うべきでしょう。それが、今日、東欧で絶対に必要なことです。

RFK Jr. 29:37

未来に対して楽観的な考えを持っていますか?未来はどのようなものだとお考えですか?

ダグラス・マクレガー 29:41

もし、あなたやあなたのような人が政治の舞台で、真実を要求したら?もし、あなたやあなたのような政治家が真実を求め、真実を表現するために戦うなら、私は楽観的です。なぜなら、脆弱な経済と腐敗した金融システムの両方が崩壊することを懸念しているからです。私が日常的に考えている危険は、米国債が海外で売られることです。

中国、日本、サウジアラビアなど、国債を所有しているどこかの国が国債を売却し始めると、経済が大混乱に陥ります。簡単な解決策はありません。私たちはすでに、銀行の経営破綻が頻度と数を増していくのを目の当たりにしていますが、それは決して消えることはありません。

最大の問題は自信です。銀行システムに対する信頼、あるいは政府に対する信頼の欠如があります。そして、それは海外にもあります。それを解決するのは簡単ではありません。しかし、私たちには新しい顔、新鮮なアプローチを持つ新しい人々が必要です。

だから、私たちを救う唯一の方法です。つまり、大統領のように米国の最高法執行責任者であるならば、法律を執行しなければならないのです。私たちはそれをやっていません。国境でも、都市でも、それを実現しなければならないのです。

今、あなたの最も重要な貢献は2つあると思います。まず第一に、あなたは長い間、この国の政治家でもほとんど取り組んだことのないことをやってのけました。そして、あなたは成功したのです。あなたは、真実を見つけ、それを明らかにすることができるというだけでなく、アメリカの人々の中に真実を求める気持ちがあることを証明したのです。COVID問題やワクチンであなたが真実を見つけたように、ウクライナの真実が必要なのです。

第二に、あなたは今、党派を超えて人々を団結させることについて話しています。今日、議会に座っている人々のほとんどが、同じ陰謀団の一員であることは、博士号を持っていなくてもわかることです。彼らは政党であり、その目的は、悲しいかな、あまりにも多くのお金です。

これを覆す必要があります。民主党にも共和党にも、大きな問題で互いに同意する人はたくさんいます。どんな小さな違いであれ、それを脇に置いて、この大きな問題を解決するために団結しなければなりません。そうでなければ、共和国を失うことになります。それが、あなたが送ってきたメッセージだと思います。だからこそ、あなたの人気は上昇し、これからも上昇し続けるのでしょう。

RFK Jr. 32:43

人々はどこであなたを見つけることができるのでしょうか?どこであなたをサポートできるのでしょう?

ダグラス・マクレガー 32:47

まあ、願わくば、路上で、近いうちにいつでも刑務所にいないことを祈りますよ。しかし、冗談ですよ。ダグラス・マクレガー大佐でググってください、スペルを間違えないように。何でも出てきますよ。YouTubeにもたくさんあります。

ちなみに、そのほとんどは、私のスピーチなどを繰り返し見せるもので、私のためのものではありません。しかし、ウェブサイトでは、私が書いたものをすべて見つけることができますし、あなたと私が話し合っていることはすべて、ここ数年の間に書かれたり話されたりしてきたことだとわかります。

だから、もう一度、あなたのしていることすべてに感謝したいと思います。立ち止まらないでください。

RFK Jr. 33:24

どうもありがとうございました。ダグラス・マクレガー、そしてあなたの愛国心、この国への愛、そしてあなたの勇気とビジョンに感謝します。

ダグラス・マクレガー 33:32

もちろんです。ありがとうございました。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました