ロシア・ウクライナ

GMO、農薬

国家安全保障に対する軍事的脅威のシステムにおけるハイブリッド戦争 教科書(部分翻訳)

Гибридная война в системе военных угроз национальной безопасности Terrorist warfare Extremism as the basis of terrorism 書籍詳細 本稿は、ハイブリッド戦争という
ロシア・ウクライナ

タッカー・カールソン:第75話 アメリカにおける検閲と選挙妨害の主役は国家安全保障国家である
「私が言っているのは軍事支配です」とマイク・ベンツは言う。「民主主義の逆転です」

一部の画像を以下の上記インタビューについての解説ツイートから転載しています。 タッカー・カールソン 0:00 米国の特徴は言論の自由。この国が実際に例外的なのは憲法修正第1条があるからです。 良心の自由があります。他人の考えが嫌いだからといって、ヘイトスピーチの例外はありません。
パレスチナ・イスラエル

『世界無秩序』 米国の覇権主義、代理戦争、テロリズムと人道的大惨事(2019)
The World Disorder US Hegemony, Proxy Wars, Terrorism and Humanitarian Catastrophes

The World Disorder US Hegemony, Proxy Wars, Terrorism and Humanitarian Catastrophes ルイス・アルベルト・モニーツ・バンデイラ 世界の混乱米国の覇権主義、代理戦争、テロリズムと人道的大惨事 世界の無
ロシア・ウクライナ

ウラジミール・プーチン:タッカー・カールソンとのインタビュー モスクワ・クレムリン(ロシア語からの翻訳)

注:ロシア行政局発表のロシア語版文字起こしをDeepL翻訳で翻訳。意味が通じるよう補正されており、微妙な言い回しなどは省略されているところがあります。全体的な翻訳の品質は初回の翻訳よりも高いです。 クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 行政 ロシア大統領 2024 タッカ
パレスチナ・イスラエル

RFK、イスラエルに関する自身の立場を擁護|Part Of The Problem 1088
RFK Defends His Position On Israel | Part Of The Problem 1088

RFK Defends His Position On Israel | Part Of The Problem 1088 デイヴ・スミスが最新の政治情報をお届けします!今回のPart Of The Problemでは、ロバート・F・ケネディ・Jr.が登場し、番組でのデーブの最近
ロシア・ウクライナ

多極世界の理論(2021)アレクサンドル・ドゥーギン
The Theory of a Multipolar World

The Theory of a Multipolar World AI要約 アレクサンドル・ドゥーギン著『多極化する世界論』は、従来の二極モデルや一極モデルから脱却し、複数の権力中心を特徴とする新たな世界情勢を取り上げている。ドゥギンは、単一の超大国の支配や2つの超大国間の二分法
パレスチナ・イスラエル

「大統領には私の声が聞こえている」
「私は神ではないから、間違っているかもしれない」

"The president can hear me." セルゲイ・カラガノフ 歴史科学博士、外交防衛政策会議議長会名誉会長 モスコフスキー・コムソモーレツ セルゲイ・カラガノフ=壮大なスキャンダル壮大なスキャンダルとセルゲイ・カラガノフはイコールです。外交・国防政策評議会議長会
ロシア・ウクライナ

第三次世界大戦を防ぐには
How to prevent World War III

Как не допустить Третьей мировой 26.09.2023 How to prevent World War III セルゲイ・カラガノフ 歴史科学博士、外交防衛政策会議議長会名誉会長 今年6月中旬、彼は『Profil』誌に「核兵器の使用は人類を地球規
ロシア・ウクライナ

厳しいが必要な決断:核兵器の使用は人類を地球規模の破局から救う可能性がある

2023/06/13 セルゲイ・カラガノフ 歴史科学博士、外交防衛政策会議議長会名誉会長 私が長い間温めてきた考えを、先ごろ開催された外交防衛政策評議会の 31年の歴史の中でも最も鮮明な総会の後に、少しお話しすることにしよう。 高まる脅威 わが国とその指導者は、難しい選択に直面し
パレスチナ・イスラエル

『エコノミック・ヒットマンの告白』 第3版
Confessions of an Economic Hit Man, 3rd Edition

Confessions of an Economic Hit Man, 3rd Edition, 3rd Edition 経済ヒットマンの告白第3版 ブックプロデューサー、テキストデザイナー: ハプンスタンス・タイプオラマ カバーデザインアダム・ジョンソン コピーエディター レイ
パレスチナ・イスラエル

ジョン・ミアシャイマー:イスラエル・パレスチナ、ロシア・ウクライナ、中国、NATO、そして第3次世界大戦|Lex Fridman Podcast #401
John Mearsheimer: Israel-Palestine, Russia-Ukraine, China, NATO, and WW3 | Lex Fridman Podcast #401

John Mearsheimer: Israel-Palestine, Russia-Ukraine, China, NATO, and WW3 | Lex Fridman  Podcast #401 イントロダクション レックス・フリードマン 0:00 シカゴ大学教授で、世界で
パレスチナ・イスラエル

なぜ米国はイスラエルを支持するのか?経済学者マイケル・ハドソンによる地政学的分析
米国がイスラエルを強く支持する理由を地政学的に分析:エコノミストのマイケル・ハドソンがジャーナリストのベン・ノートンと対談。

イスラエルが、世界で最も重要な地域のひとつにおける米国の地政学的パワーの延長であることを強調することは極めて重要である。 実際、ジョー・バイデン現米大統領が上院議員だった1986年当時、「イスラエルが存在しないなら、米国が発明するしかない」と発言したのは有名な話だ: 中東に目を向
パレスチナ・イスラエル

『ビッグ・イスラエル』(2016)
イスラエルのロビーはいかにアメリカを動かすか

Big Israel: How Israel’s Lobby Moves America ビッグ・イスラエル イスラエルのロビーはいかにアメリカを動かすか グラント・F・スミス 「アメリカとは何か、私は知っている。アメリカというのは、とても簡単に動かすことができるものだ」 ベンヤ
パレスチナ・イスラエル

『イスラエル・ロビーと米国の外交政策』(2007)
The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy

The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy ジョン・J・マースハイマー スティーブン・M・ウォルト著 目次 序文 はじめに 第1部 米国、イスラエル、そしてロビー活動 1. 偉大なる恩人 2. イスラエル戦略的資産か負債か? 3. 失われつつ
パレスチナ・イスラエル

ボビー・ケネディ、イスラエル、そして平和と外交の偽善
Bobby Kennedy, Israel, and the hypocrisy of Peace and Diplomacy

スコット・リッター 2023/10/25 2023年6月21日、ニューハンプシャーで平和と外交に関するスピーチを行うボビー・ケネディ ロバート・F・ケネディ・ジュニア(RFK Jr.、またはボビー)はビジョンを持つ男であり、多くの問題に関して従来の考えに挑戦する非主流派である。こ
パレスチナ・イスラエル

誰が世界を支配しているのか? ノーム・チョムスキー
WHO RULES THE WORLD?

WHO RULES THE WORLD? ノーム・チョムスキー 目次 はじめに 1. 知識人の責任、再論 2. 世界中で指名手配されているテロリストたち 3. 拷問メモと歴史的健忘症 4. 権力の見えざる手 5. アメリカの衰退: 原因と結果 6. アメリカは終わったのか? 7.
パレスチナ・イスラエル

アウシュヴィッツからガザまで:大量殺戮とジェノサイドの歴史
From Auschwitz to Gaza:Connecting the Dots in the Big Leagues of Mass Murder and Genocide

アンソニー・J・ホール教授 グローバル・リサーチ、2023年10月18日 この原稿を書いている今、 ガザの無国籍の人々に対する大規模な虐殺攻撃が進行中である。ガザに住む230万人の大半は、この野外監獄で生まれた。イスラエルは、何が持ち込まれ、何が実行されるかを絶対的に管理し、住民
パレスチナ・イスラエル

禁断の真実:イスラエルと米国は「億万長者のおもちゃ」「イランとの戦争はすぐそこまで来ている」
The Forbidden Truth: Israel and the U.S. Are “Toys of the Billionaires”. “A War with Iran Is Just Around the Corner”.

Emanuel Pastreich著 グローバル・リサーチ、2023年10月15日 血の川と瓦礫の山が、同じ土と水でできたパレスチナとイスラエルを覆う傷を示す。これらの傷は、ユダヤ人、アラブ人、そして多くの秘密のパートナーを巻き込んだ地中戦の痕跡であり、1914年にオーストリア=
パレスチナ・イスラエル

ガザの逆襲 9.11や真珠湾攻撃のようなものだが、実際に誰が誰に何をしたのか?
Gaza Strikes Back

フィリップ・ジラルディ- 2023年10月15日 アメリカの思想統制されたメディアは、複数の解釈が可能な国際的事件が起きると、ほとんど即座に適切な物語を考え出すことができるのは驚くべきことだ。1948年以来、イスラエルは何十万人ものパレスチナ人を故郷から追放し、歴史的なパレスチナ
パレスチナ・イスラエル

産業界が人命よりも利益を重視するとき
イスラエルでの破滅的な戦争に至る長い道のりを振り返る

When Industry Values Profits Over Human Life 2023/10/14 一目でわかるストーリー 略奪的な産業は、可能な限り多くの金儲けをするために一貫したプレイブックを採用する傾向があり、そうしている間に甚大な人的被害を引き起こすことが多い
alzhacker.com をフォロー