ケイトー研究所

NATO

NATO | 危険な恐竜 / 第5章 米国のパターナリズムは、欧州の独立した安全保障能力を阻害する
NATO The Dangerous Dinosaur

テッド・ガレン・カーペンター 私の孫たちへ。カーソン、サヴァンナ、ジュリアン、ミランダ、そしてエラ。NATOの不必要かつ危険な野望を、君たちが生き延びられるように。 目次 謝辞 はじめに 負担の分担を超えて ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争NATOケイトー研究所
アンチウォードットコム

報道機関のウクライナ白書はますます悪化する
The News Media’s Ukraine Whitewash Grows Worse

by Ted Galen Carpenter 投稿日: 2022年5月17日 米国の報道機関によるウクライナ問題の扱いは、長い間、明らかに好意的であることが特徴であった。ヒューマン・ライツ・ウォッチ、トランスペアレンシー・イン ...
アンチウォードットコムケイトー研究所
アンチウォードットコム

アメリカ人はロシアとの戦争を望んでいない
Americans Don’t Want War With Russia

by Doug Bandow 投稿日: 2022年5月11日 ニューヨークタイムズのコラムニスト、トム・フリードマン氏でさえ、アメリカがロシアとの戦争に突入することを心配するようになっている。問題はその目的ではなく、バイデン政 ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争アンチウォードットコムケイトー研究所
ケイトー研究所

ウクライナ戦争は北京、台北、そしてワシントンに教訓をもたらす
ワシントンはウクライナの経験から、非現実的な期待を抱くような顧客国家を奨励することは、関係者全員にとって悲劇的であることを学ぶ必要がある。

The Ukraine War Has Lessons for Beijing, Taipei, and Washington 2022年5月6日-解説 テッド・ガレン・カーペンター著 ロシアのウクライナ侵攻が台湾 ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争ケイトー研究所
WW3・核戦争

ケイトー研究所/腐敗し、抑圧が強まるウクライナのために核戦争の危険を冒すこと
Risking Nuclear War for a Corrupt, Increasingly Repressive Ukraine

バイデン政権は奈落の底からしっかりと数歩後退する必要がある。 2022年4月26日 - コメンタリー Ted Galen Carpenter著 幸いなことに、バイデン大統領はこれまでのところ、ロシアのウクライナ侵攻に対してタカ ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争WW3・核戦争ケイトー研究所
ケイトー研究所

もしロシアがウクライナとの戦争に勝ったらどうなるか

What if Russia Wins Its War Against Ukraine by Doug Bandow 投稿日: 2022年4月27日 ウクライナは、ロシアの侵略から身を守ることで、世界の多くの人々 ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争ケイトー研究所
ケイトー研究所

ケイトー研究所/米軍は再び第三世界のクーデター指導者を訓練している

The US Military Is Training Third World Coup Leaders Again 米当局者が民主化へのコミットメントを促進することに誠実に取り組んでいたのか、それともその表明された目的が単なるシニカルな ...
ケイトー研究所米国の犯罪・CIA・ネオコン
WW3・核戦争

ケイトー研究所/核戦争が嫌なら、なぜ戦争を仕掛けるのか?

If We Don’t Want Nuclear War, Why Are We Pushing for One? ウクライナはベトナムでもアフガニスタンでもない。ロシアは、重要な国益と考えるものを戦わずに放置することはないだろう。 2 ...
WW3・核戦争ケイトー研究所
NATO

多くの人が、NATOの拡大は戦争につながると予測していた。その警告は無視された。

Many predicted Nato expansion would lead to war. Those warnings were ignored Ted Galen Carpenter ナトーの拡大が悲劇を招くことは ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争NATOケイトー研究所
NATO

NATO | 危険な恐竜 -はじめに
NATO The Dangerous Dinosaur

テッド・ガレン・カーペンター(Ted Galen Carpenter) 私の孫たちへ。カーソン、サヴァンナ、ジュリアン、ミランダ、そしてエラ。NATOの不必要かつ危険な野望を、君たちが生き延びられるように。 目次 謝辞 ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争NATOケイトー研究所
NATO

NATO: 危険な恐竜

NATO: The Dangerous Dinosaur ケイトー研究所 著者のテッド・ゲイレン・カーペンター(ケイトー研究所シニアフェロー)、ラジャン・メノン(ニューヨーク・シティカレッジ政治学アン&バーナード・スピッツァー講座) ...
NATOケイトー研究所
ケイトー研究所

ケイトー研究所/米国の報道機関が再び戦争推進プロパガンダの導管となる

The US Press Again Becomes a Conduit for Pro‐​war Propaganda ウクライナ戦争は、アメリカの報道機関の一部が外国の偽情報のために喜んで導管となった初めてのことではないだ ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争ケイトー研究所プロパガンダ・全体主義メディア、ジャーナリズム
ケイトー研究所

ケイトー研究所/ウクライナの腐敗を白日のもとに晒す。この国は、自由と自由民主主義の象徴ではない。

Whitewashing Ukraine’s Corruption 2022年4月6日-解説 テッド・ガレン・カーペンター著 この記事は2022年4月6日付のThe American Conservativeに ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争ケイトー研究所
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました