アルツハイマー症状

症状・BPSD

アルツハイマー病患者・高齢者の筋肉の衰え(サルコペニア)、体重減少と7つのアプローチ

概要 サルコペニア サルコペニアとは加齢に(疾患を含むこともある)より筋肉量が減少し、全身の筋力低下、身体機能の低下が起こること。加齢以外の要因による筋力と筋肉量の低下をミオペニアと呼ぶこともある。ギリシャ語で筋肉を「サルコ」と呼び、喪失を「ペニア」と言うことからサルコペ
2020.02.05
アルツハイマー症状

若年性アルツハイマー病と老齢期アルツハイマー病の違い

※をお読みください 若年性アルツハイマー病 概要 65歳のカットオフ値 若年性アルツハイマー病とは、65歳未満で発症したアルツハイマー病として定義されている。65歳未満というカットオフ値に、何か特定の生物学的な意義はなく、もともとは退職年齢に応じた社会学的区分で設けられたに
2019.04.19
アルツハイマー症状

アルツハイマー病 萎縮する脳部位とその働き(覚書)

アルツハイマー病 萎縮する脳領域と機能 アルツハイマー病の進行に伴い萎縮、機能低下する脳部位についての覚書。 前脳基底部 / Basal Forebrain アセチルコリンの産生 線条体の前の下に位置する脳部位で、側坐核、基底核、ブローカ対角帯、マイネ
2019.05.18
アルツハイマー症状

アルツハイマー病の予後・進行経過・MMSE

アルツハイマー病の将来予測、平均余命・予後 ※をお読みください 病気の進行段階によって私たちを分類しないでほしい。 それは個人のレベルでは無意味なことだ。私たちの大脳皮質はその人自身の学習と経験によって決定されるので、脳のどの部分が破壊されても、反応の仕方は人によって
2019.08.13
アルツハイマー症状

アルツハイマー病 変性脳部位の進行過程

アルツハイマー病 脳の進行過程・進行予想 The problem of neurology is to understand man himself. Wilder Penfield 神経学の問題は、その人自身が理解可能になってしまうことにある。
2019.05.14
タイトルとURLをコピーしました