適応外薬

適応外薬

ピオグリタゾンは2型糖尿病患者の認知症リスクを低下させる レトロスペクティブコホート解析

Pioglitazone Reduces Dementia Risk in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Retrospective Cohort Analysis ...
適応外薬

アルツハイマー病に対するシロスタゾールの薬理学的可能性

Pharmacological Potential of Cilostazol for Alzheimer’s Disease 要旨 アルツハイマー病は、ゆっくりと進行する認知症であり、臨床的には認知機能障害と記...
サプリメント・医薬

勃起不全および軽度の認知障害を有する患者の脳灌流および認知に及ぼす低用量タダラフィルの1日1回投与の効果

The Effect of Daily Low Dose Tadalafil on Cerebral Perfusion and Cognition in Patients with Erectile Dysfuncti...
適応外薬

抗ウイルス剤バラシクロビルによるアルツハイマー病治療(VALAD)試験プロトコル(抜粋)

抗ウイルス療法。バラシクロビルによるアルツハイマー病治療(VALAD)試験:無作為化、二重盲検、プラセボ対照、治療試験のプロトコル(抜粋) Antiviral therapy: Valacyclovir Treatme...
36の発症因子

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌ...
3型 (生物毒素・感染症)

毒素結合剤コレスチラミン(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)

コレスチラミン(Colestyramine) 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要  CIRS(慢性炎症反応症候群)発症メカニズムの7ステージ  CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 ...
適応外薬

フペルジンA(認知症・アルツハイマー)

ヒューペルジンA/Huperzine A 概要 フペルジンAは、フペルツワ科から抽出された天然のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤 NMDA受容体のアンタゴニストでもあり、メマリーと類似する作...
適応外薬

アスピリン 7つの抗認知症メカニズム

概要 世界初の合成医薬品 アスピリンのヤナギの抽出物サリチル酸をアセチル化して作られた世界初の合成薬。 ドイツの研究者ホフマンによって100年以上前に合成的に作られた。 アスピリンの名前の由来は、アセ...
適応外薬

スタチンの10のリスクと改善効果(認知症・アルツハイマー)

スタチンの副作用 スタチン GOOD スタチンの多面的効果 一酸化窒素合成の増加 内皮機能障害の改善 フリーラジカル放出の阻害 エンドセリン-1の合成の減少 LDL-C酸化...
適応外薬

認知症・アルツハイマー病 未承認薬・適応外薬(オフラベル)

 抗炎症・COX阻害 アルツハイマー病患者への抗炎症薬の効果 イブプロフェン 米国の科学者による大規模な研究では、イブプロフェンの長期使用は、アルツハイマー病を発症する人のリスクを減らすかもしれない...