アーユルヴェーダハーブ

アーユルヴェーダハーブ

ジャタマンシ(認知症・アルツハイマー)

Jatamansi(Nardostachys jatamansi) 概要 西洋で用いられるハーブ、バレリアンと同様の安全性と効果ともち、アーユルヴェーダ医学の長い歴史で高く評価されている薬草。 標高3000~5000mのヒマラヤ山脈に自生する多年生ハーブ。 植
2019.10.18
アーユルヴェーダハーブ

ジョティスマーティ(認知症・アルツハイマー)

Jyotishmati(Celastrus paniculatus) 概要 アーユルヴェーダ医学で、記憶を鮮明にし、集中力や認知機能を改善するために使用されてきた薬草。 ジョティスマーティはグルタミン酸受容体機能の調節によって、グルタミン酸誘導毒性から神経細
2019.10.18
1型(炎症性)

アシュワガンダ(認知症・アルツハイマー)

アシュワガンダ ウィザノシド、ウィザノライド 概要 アーユルヴェーダ医学で用いられる代表的な薬草のひとつ。 「馬の匂い」という歴史的な意味があり、アシュワガンダを摂取することで馬の強さや力を手にいれるということからきている。 主に不安を和らげ予防する
2020.01.25
アーユルヴェーダハーブ

ゴツコラ(認知症・アルツハイマー)

ゴツコラ/Gotu Kola 概要 認知機能増強効果 ゴツコラ(Centella asiatica)はアーユルヴェーダでよく使われる伝統的なハーブ、血液の浄化作用、高血圧治療、記憶力の強化、長寿薬としてインドのアーユルベーダで主に使用される。中国においても漢方薬
2020.03.18
アーユルヴェーダハーブ

クルクミン(認知症・アルツハイマー)

クルクミン・ウコン・ターメリック 概要 クルクミンはターメリックの香辛料で、インド、アジア、中東でカレーなどのスパイシーな料理として使用されている。 特にインドの伝統医学アーユルヴェーダでは広く一般的に使用されている。 歴史的にはインドで250
2020.01.27
アーユルヴェーダハーブ

シャンカプシュピ(認知症・アルツハイマー)

シャンカプシュピ/Shankhpushpi 概要 Shankhapushpi / Convolvulus pluricaulis /Clitoria ternatea シュンカプシュピは、サンスクリット語で「燭台のような花が植えられている」という意味
2019.10.19
アーユルヴェーダハーブ

フォルスコリン(認知症・アルツハイマー)

フォルスコリン/Folskolin 概要 Coleus forskohlii(コレウス フォルスコリ) インドの伝統医学アーユルヴェーダで用いられるハーブ。 世間的には、脂肪を燃焼させる(ファットバーナー)として知られているが、実際の効能は、喘息の改善
2019.01.05
アーユルヴェーダハーブ

ベルベリン(認知症・アルツハイマー)

ベルベリン(黄檗)/Berberine 中国、アーユルヴェーダ医学において、3000年以上使われてきた歴史がある。 効果・作用機序 中国では抗菌剤、抗寄生虫、下痢の緩和剤として使用されてきた。(これら、ジアルジア、赤痢、サルモネラ、ランブル鞭
2019.10.08
アーユルヴェーダハーブ

バコパモニエリ(認知症・アルツハイマー)

バコパモニエリ/ Bacopa monnieri 効能 不安軽減 バコパ・モンニエリは不安を軽減することによって、認知機能を改善する。 スマートドラッグ 記憶形成能力を改善することから高齢者で用いられるが、若年者にも作用することからスマートドラッグ(ヌートロ
2019.04.21
アーユルヴェーダハーブ

グドゥチ(認知症・アルツハイマー)

グドゥチ(ティノスポラ・コーディフォリア) グドゥーチ(Guduchi/Guinchi/Amrita) ティノスポラ・コーディフォリア(Tinospora cordifolia)/ツヅラフジ 知名度は低いものの、アーユルヴェーダでは最も重要な
2019.10.18
タイトルとURLをコピーしました