技術主義、加速主義

専門家

知識社会における専門性の問題
The Problem of Expertise in Knowledge Societies

The Problem of Expertise in Knowledge Societies Minerva.2017; 55(1):25-48. 2016年9月27日オンライン公開 ライナー・グルンドマン 要旨 本稿は、現代社会における専門知識と専門家を分析するための理論的枠
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

『ダーク・イオン/ 堕落した女神』(2023)
トランスヒューマニズムと人類との戦い

Dark Aeon: Transhumanism and the War Against Humanity Kindle Edition by Joe Allen ジョー・アレンの『ダーク・イオン』は、計画されているポスト・ヒューマンの未来についての初の包括的な批判的分析である。
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

『トランスヒューマニズム』 危険な思想の歴史(2015)
David Livingstone - Transhumanism The History of a Dangerous Idea (2015, Sabilillah Publications)

David Livingstone - Transhumanism The History of a Dangerous Idea (2015, Sabilillah Publications) トランスヒューマニズム 危険な思想の歴史 「そして(神は言われた): アダムよ!あな
AI(倫理・アライメント・リスク)

AIによる大災害リスクの概要
An Overview of Catastrophic AI Risks

An Overview of Catastrophic AI Risks 著者 ダン・ヘンドリクスマンタス・マゼイカトーマス・ウッドサイド 破滅的AIリスクの概要 ダン・ヘンドリックス マンタス・マゼイカ トーマス・ウッドサイド 要旨 人工知能(AI)の急速な進歩により、専門家、
哲学・思想・科学

『技術への問い』マルティン・ハイデッガー Wikipedia + GPT-4の解説
Questions for Technology Wikipedia + GPT-4

Questions for Technology Wikipedia + GPT-4 『技術への問い』(ドイツ語:Die Frage nach der Technik)は、マルティン・ハイデガーの著作で、著者が技術の本質について論じたものである。ハイデガーはこの文章を1954年に
官僚主義、エリート、優生学

加速主義政治のための「加速宣言」
#ACCELERATE MANIFESTO for an Accelerationist Politics

#ACCELERATE MANIFESTO for an Accelerationist Politics by Alex Williams and Nick Srnicek|2013年5月14日 01. 序論:接続について 1. 21世紀の第二の10年が始まった今、世界文明は新
WEF/グレート・リセット

暗黒の啓蒙に向けて加速する(加速主義)
Accelerating Toward Dark Enlightenment

イアン・デイヴィス 2022年10月4日 「加速主義」という言葉を聞いたことがある人はあまりいないだろう。この言葉は、経済学では1970年代半ばから、テクノ社会の到来を早めるという意味では2010年代初頭から、イギリスの批評理論教授ベンジャミン・ノイスによる新しい造語として証明さ
SDGs/地球環境

バーバラ・マルクス・ハバード:「成長の限界」から「国連アジェンダ2030」へ
バーバラ・マルクス・ハバードは、人類の4分の1を淘汰することを求めたのか?ジョン・クライチェクが、ハバードが「意識的な」トランスヒューマン進化という「共同創造的」福音をもたらしたマルサス的傾向の真相を調査する。

Barbara Malthusian Hubbard: From Limits to Growth to UN Agenda 2030 ジョン・クライチェック 2023年3月3日 何十年もの間、ニューエイジの教祖バーバラ・マルクス・ハバード(Barbara Marx Hubbar
テッド・カジンスキー

「ユナボマー」テッド・カジンスキー、命を絶つ
「自殺の状況は不明である」

ジョー・アレン著 2023年6月12日 アンクル・テッドは死んだ。27年間刑務所で朽ち果てた後、看守が独房の中で無反応のラッダイトの象徴を発見した。情報筋によると、彼は自殺したらしい。ソーシャルメディアは、私のアカウントへの投稿も含め、嫌味なミームやピクセル化された追悼文で溢れか
テッド・カジンスキー

テクノロジーが求めるもの(邦題:テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?)
What Technology Wants

What Technology Wants 目次 第1章 「私の疑問 パート1 - 起源 第2章 自分自身を発明する 第3章 第7王国の歴史 第4章 エクソトロピーの台頭 パート2 インペラティブ 第5章 深い進歩 第6章 定められた存在になる 第7章 コンバージェンス 第8章
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

e/acc(効果的加速主義)の原則と信条に関する注意事項
効果的加速主義の原理を物理学的に初めて解明する

Notes on e/acc principles and tenets ベフ・ジェゾス 2022年7月10日 以下は、効果的加速主義を 哲学としての正式に確立するに至った基本的な考え方について、私たちが公私にわたって何度か話した内容を、ポイント形式で素早くまとめたものである。
官僚主義、エリート、優生学

テクノクラート・ガバナンスの道具としての倫理専門家EUの医療バイオテクノロジー政策からのエビデンス
Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.

Littoz-Monnet, Annabelle (2015). Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

テクノクラシーとトランスヒューマニズムの邪悪な双子 パトリック・ウッド
The Evil Twins of Technocracy and Transhumanism

The Evil Twins of Technocracy and Transhumanism 目次 1.コンバージェンス(収束)。科学なのか科学主義なのか? 2. テクノクラシー。文明の再構築 3.テクノクラシーの今と昔 4.トランスヒューマニズムの発生と進展 5. グレート・
官僚主義、エリート、優生学

テクノクラート政権と経済政策
TECHNOCRATIC GOVERNMENT AND ECONOMIC POLICY

TECHNOCRATIC GOVERNMENT AND ECONOMIC POLICY デスピナ・アレクシアドゥストラスクライド大学 オックスフォード・リサーチ・エンサイクロペディア・オブ・ポリティクスに掲載される予定である。ウィリアム・トンプソンニューヨークオックスフォード大学
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

ユナボマーの倫理観
The Unabomber’s ethics

The Unabomber’s ethics オーレ・マーティン・モーエン 1|はじめに 1978年から1995年にかけて、テッド・カジンスキーは多くの科学者や技術産業の指導者に郵便爆弾を送り、3人を殺害し、23人を負傷させた。カジンスキーはバークレー校の数学助教授だったが、産業
WW3・核戦争

反技術革命 | その理由と方法 セオドア・カジンスキー
Anti-Tech Revolution: Why and How

ANTI-TECH REVOLUTION:WHY AND HOW Theodore John Kaczynski すべての大陸にアダムとイブが一人ずつ残っていて、自由にされていれば、今よりもっとよくなるはずだ。 トーマス・ジェファーソン 目次 碑文 この碑文は、ジェファーソンがウ
官僚主義、エリート、優生学

テクノクラシーの台頭
グローバルな変革のトロイの木馬

Technocracy rising : the Trojan horse of global transformation 目次 まえがき 謝辞 序論 第1章テクノクラシーの背景 第2章 情熱からメルトダウンへ(1920-1940) 第3章 三極委員会 第4章 経済の変革 第5
デジタル社会・監視社会

『次なる文明』デジタル民主主義と社会生態学的金融
ディストピアを回避し、デジタル手段で社会をアップグレードする方法

Next Civilization: Digital Democracy and Socio-Ecological Finance—How to Avoid Dystopia and Upgrade Society by Digital Means ディルク・ヘルビング 第2版
プロパガンダ・全体主義

未来は今 | オルダス・ハクスリー – 幻想家とその家族のヴィジョン – ロバート・マローン
The future is now | Aldous Huxley - The visions of a visionary and his family.

上の映像は1958年、オルダス・ハクスリーが64歳の時に撮影されたものである。60ミニッツで 有名なマイク・ウォレスが中心となって、魅力的なインタビューが行われている。二人の対話から、私たちが今生きている未来の要素が、いかに長い時間をかけて計画されていたかを垣間見ることができる。
デジタル社会・監視社会

テクノクラート国家をオプトアウトする方法 デリック・ブロズ著
サミュエル・E・コンキンIIIの作品に触発されて

目次 序論 5 第1部 テクノクラシー、カウンター・エコノミクス、そして自由の未来 7 1. テクノクラシーとは何か?8 2. カウンターエコノミーとアゴリズム 14 3. 垂直的アゴリスムと水平的アゴリスム 23 4. カウンターエコノミー的ライフスタイルの欠点(と解決策)28
alzhacker.com をフォロー