3型 (生物毒素・感染症)

3型 (生物毒素・感染症)

ミックスハーブの薬 内在性マイコフローラの成長とアフラトキシン生成の抑制効果 内在性 Mycoflora の成長とアフラトキシン生産に対する抑制効果

Mixed Herbs Drugs: Inhibitory Effect on Growth of the Endogenous Mycoflora and Aflatoxin Production Published online: 8 November 2008 概要 市販の混合生薬20種について、真菌学的プロファイルを調...
3型 (生物毒素・感染症)

一般的なカビ、毒性、症状、治療法のガイド  ニール・ネイサン博士とデイブ・アスプリー ポッドキャスト

The Common Mold: Your Guide to Toxicity, Symptoms and Treatments – Dr. Neil Nathan with Dave Asprey #733 デイブ・アスプリー あなたはデイヴ・アスプリーのバレット・プルーフラジオを聴いています。今日はとてもクールなエピソ...
3型 (生物毒素・感染症)

マイコトキシン(カビ毒)治療ガイドライン/ by ニール・ネイサンプロトコル

ニール・ネイサン博士の著書「TOXIC HEAL YOUR BODY」による、マイコトキシン治療ガイドラインをまとめたもの。ニール・ネイサン博士とは若干アプローチが異なるCIRSによるカビ毒治療などの情報も追加しているため、書籍の内容が100%反映された記事ではない。より詳しく正確な記述については原著を当たってほしい。 なに...
3型 (生物毒素・感染症)

CIRS 環境のカビ毒汚染と除去方法

カビ毒・マイコトキシンのクリーニング はじめに 環境カビ毒の専門家 ジョン・バンタ カビは屋外のどこにでも存在し、胞子は家の中にも入り込む。胞子が入り込むことができない家はこの世に存在しない。 カビ胞子は、電気スイッチやコンセントの小さな隙間、エアダクトなどの経路を移動することができる。壁、天井、床などにある亀裂は、髪の毛の厚...
3型(有害金属)

パラケルスス再訪 複雑な世界における用量概念

Paracelsus Revisited: The Dose Concept in a Complex World 要旨 パラケルススが「毒のないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した。当時の胎児毒性学は...
3型 (生物毒素・感染症)

アルツハイマー病と消化管微生物叢 ヘリコバクター・ピロリ感染の影響

Alzheimer’s disease and gastrointestinal microbiota; impact of Helicobacter pylori infection involvement 要旨 背景 以下のような背景がある。アルツハイマー病(Alzheimer disease: アルツハイマー病)は...
3型 (生物毒素・感染症)

毒素結合剤コレスチラミン 効果・メカニズム・摂取方法・副作用(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)

概要 コレスチラミン コレスチラミンのオフラベル使用 コレスチラミンは、FDAに承認されたコレステロールの上昇を抑えるために用いられる。商品名はクエストラン。40年以上の間、何百万人という患者で使用されてきた安全なコレステロール低下薬。 非常に広範囲の生物毒素、化学毒素を除去する作用があり、他の毒素結合剤と比べて強力であること...
3型 (生物毒素・感染症)

CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 15ステージ

CIRS マイコトキシン治療プロトコル 1. データベースを元に区分診断を行う 一般 ERMI 2以下、またはHERTSMI 2 <10 CIRS-WDB、バイオトキシン病の治療ばく露試験 カビ毒治療後4〜6週間後に、ERMIまたはHERTSMI-2テストを再度行う。 2. ERMI...
3型 (生物毒素・感染症)

マイコトキシン カビ毒に対抗する6つの治療戦略

1. カビ毒環境からの離脱・カビ毒の除去 これが一番、実行の難易度としては一番高いかもしれない。なぜならもし建物の水害汚染が原因であれば、生活基盤そのものを大きく変えなければならなくなるからだ。 毒素源が何かによっては、引越し、仕事をやめる、学校を変えるといったことにまでに及ぶ可能性がある。しかし、一番シンプルな解決法であり、もし...
3型 (生物毒素・感染症)

CIRS 検査指標・バイオマーカー

MSH/メラノサイト刺激ホルモン (重要) 正常範囲:35-81 pg/ml 炎症反応・外来微生物からの防御 MSHは、下垂体で産生されるホルモンであり、炎症反応や外来からの微生物に対して防御する役割をもつ。 レプチンはMSH産生に影響を与えるが、過剰なサイトカインがレプチン受容体に干渉する炎症反応によってMSHレベルは低下す...