1型 炎症性

1型 炎症性

脳内炎症の治療による認知症症候群の回復(ハンセン病・ダプソン)

Recovery of Dementia Syndrome following Treatment of Brain Inflammation Jong-hoon Lee,a Su-hee Choi,b Chul Joong Lee, ...
1型 炎症性オフラベル薬
1型 炎症性

アルツハイマー病のための抗炎症薬を求めて ミノサイクリン・ミクログリア

In search of an anti-inflammatory drug for Alzheimer disease Erika Gyengesi、Gerald Münch 慢性的な神経炎症がアルツハイマー病の発症に重要な役割を ...
1型 炎症性
1型 炎症性

慢性炎症と疾患の因果関係について

Chronic inflammation in the etiology of disease across the life span 要旨 近年の研究により、ある種の社会的・環境的・生活的要因が全身性慢性炎症(SCI)/sy ...
1型 炎症性
1型 炎症性

低アルブミン血症 病因と臨床的意義

Hypoalbuminemia: Pathogenesis and Clinical Significance オンラインで公開2018年10月4日 概要 低アルブミン血症は炎症を伴う。低アルブミン血症は炎症と関連しており、文献で ...
1型 炎症性リコード法検査項目
1型 炎症性

アルツハイマー病における炎症性老化の加速とアミロイド、タウ、認知との関係

Nuclear Factor-Kappa B and Alzheimer Disease, Unifying Genetic and Environmental Risk Factors from Cell to Humans 要 ...
1型 炎症性
1型 炎症性

アルツハイマー病の中心的なメカニズムとしての炎症

Inflammation as a central mechanism in Alzheimer's disease オンラインで公開2018年9月6日 要旨 アルツハイマー病は進行性の神経変性疾患であり、認知機能の低下と ...
1型 炎症性
1型 炎症性

高度な糖化最終生成物(AGEs)は、現代の食事と健康の間の顕著なリンクである可能性がある

Advanced Glycation End Products (AGEs) May Be a Striking Link Between Modern Diet and Health 要旨 メイラード反応は、ベーキング、フライ ...
1型 炎症性糖質認知症 治療標的
1型 炎症性

統合医療・生活習慣医学の戦略としてのアーシング(グラウンディング)

統合医療・生活習慣医学の戦略には、アーシング(グラウンディング)が含まれるべきである。研究エビデンスと臨床観察の見直し Integrative and lifestyle medicine strategies should includ ...
1型 炎症性睡眠
1.5型 糖毒性

PPARガンマを活性させる82の方法

関連記事 PPARとアルツハイマー病 PPARガンマを活性する30の方法 PPARγ活性 栄養化合物 EPA・DHA PPARγのアップレギュレーション リノレン酸 セージ抽出のリノレン酸。12-O-メチルカルノシ ...
1.5型 糖毒性1型 炎症性36の発症因子ApoE4・リスク遺伝子
1型 炎症性

炎症誘導因子NLRP3インフラマソーム(認知症・アルツハイマー病)

炎症誘導因子NLRP3インフラマソームの抑制(作成中) 概要 自然免疫応答に関わる複合体タンパク質 インフラマソームとは微生物感染や細胞障害によって生じる刺激因子に応答して、炎症を制御する細胞内の分子複合体。自然免疫細胞を中心に発 ...
1型 炎症性
NLRP3インフラマソーム炎症
1型 炎症性

ApoE4対立遺伝子のリスクと治療アプローチ

ApoE4関連情報(MCI・認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 ApoE4の機能 ApoEは末梢コレステロール代謝を調節するために、カイロミクロンおよび中密度リポタンパク質と結合するアポリポタンパクの一種。 ...
1型 炎症性ApoE4・リスク遺伝子
1型 炎症性

sd-LDL/超悪玉コレステロールを低下させる5つのアプローチ

sd-LDL/超悪玉コレステロール キーワード:small dense LDL,酸化LDL(MDA-LDL),LDL-p, 概要 これまで、悪玉コレステロールとされていたLDLが基準値内であっても、動脈硬化に進みやすい人が一定数存在し ...
1型 炎症性ApoE4・リスク遺伝子
1型 炎症性

認知機能と恒常性のリスク指標 アルブミン/グロブリン比(認知症・アルツハイマー病)

アルブミン・グロブリンを悪化させる原因 概要 アルブミンとグロブリン アルブミンは、ヒトの血液に含まれるもっとも豊富なタンパク質。全タンパク質の50~60%を占める。肝臓で作られるため肝臓に異常や障害があるとアルブミン値は ...
1型 炎症性36の発症因子
1型 炎症性

水素療法の効果(神経変性疾患・アルツハイマー)

水素治療の研究(水素水・水素ガス) 概要 水素とは2つのプロトンと2つの電子からなる最小のガス分子 水素は唯一酸化ラジカルと反応することができる安定性の高いガス 水素は体の細胞に浸透、拡散しやすく他の分子との衝突速度が非 ...
1型 炎症性その他ミトコンドリア
1型 炎症性

18-HEPE・17-HDHA(SPMアクティブ)

18-HEPE・17-HDHA (SPM-Active) リコード法 炎症部位で産生されるレゾルビン、プロテクチン、マレシンといったSPM(炎症収束作用をもつ特異的メディエーター)は、抗炎症作動薬として作用す ...
1型 炎症性脂質
1型 炎症性

リチウムの神経保護作用(認知症・アルツハイマー)

リチウムの効果  認知症・アルツハイマー関連情報 概要 リチウムというとリチウムイオン電池を思い浮かべる人が多いかもしれないが、 ごく微量には動物の体内にも存在する。 ヒトの体内でいくつかの酵素、ホルモン、ビタミ ...
1型 炎症性オートファジー
1型 炎症性

アシュワガンダ(認知症・アルツハイマー)

アシュワガンダ ウィザノシド、ウィザノライド 概要 アーユルヴェーダ医学で用いられる代表的な薬草のひとつ。 「馬の匂い」という歴史的な意味があり、アシュワガンダを摂取することで馬の強さや力を手にいれるということからきている。 ...
1型 炎症性アーユルヴェーダハーブ
アシュワガンダ
1型 炎症性

アミロイドβクリアランスを増加させる(覚書き)

タウとアミロイドのクリアランスシステム 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 雑記 ・脳からの老廃物の除去は、血液脳関門(BBB)からが優勢という見解。 ・タウもアミロイドβもB ...
1型 炎症性36の発症因子ApoE4・リスク遺伝子アミロイド
アミロイドクリアランス
1型 炎症性

炎症因子NF-κBを阻害する37の因子(認知症・アルツハイマー病)

炎症因子NF-κBの学習効果 概要 炎症の中心にある転写因子 NF-κBは炎症、ストレス応答、感染応答、免疫応答、細胞分化、増殖、細胞死などにおいて中心的役割を果たす転写因子のひとつ 複雑なシグナル伝達経路のネットワークによ ...
1型 炎症性36の発症因子ApoE4・リスク遺伝子
タイトルとURLをコピーしました