2型(萎縮性)一覧

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 ...

ケトン体質になるための14のステップ

ケトン体質への道 14のステップ(認知症・アルツハイマー) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 リコード法 ケトンダイエットの計算 ケトン体質になるための14のステップ ケトンエステル・ケトンソルト 認知機能改善食事プログラム ...

アルツハイマー病患者の体重減少

アルツハイマー病と体重低下 研究と原因 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 アルツハイマー病の発症の数年前に、一部の患者でしばしば、意図しない体重減少を見せることがある。 体重減少がアルツハイマー病およびMCI(軽度認知障害)の危険...

レプチン抵抗性を改善する12のアプローチ

リコード法 36項目 アルツハイマー病患者のレプチン抵抗性 利用規約・免責事項 への同意が必要です。 概要 レプチンは、全身の脂肪細胞で作られ、視床下部内で作用することで食欲を抑制し、体脂肪を減少させる脂肪蓄積の調節ホルモンとして知られている。 しかし、レプチンの作用...

ビタミンDの神経保護効果と欠乏リスク20の要因

神経ステロイド ビタミンD サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 ビタミンDは人間に必須の脂溶性ビタミン ビタミンとして分類されているが、体内で多くの代謝過程に関与しておりプロホルモンと見なすこともできる。 ビタミンDは、骨の健康と成長、筋...

エストラジオール:プロゲステロン比(認知症・アルツハイマー病)

E2:P4  サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 エストロゲン・エストラジオール エストロゲンレベルを改善する20の方法 プロゲステロンの神経保護効果 エストラジオール:プロゲステロン比 E2/P4 バイオアイデンティカル...