2型(萎縮性)

2型(萎縮性)

神経保護ホルモン プレグネノロン 

プレグネノロン情報 認知症・アルツハイマー 神経ステロイド 中枢神経内のステロイドホルモンは一般的に神経ステロイド、または神経活性ステロイドと定義される。 神経ステロイドはグリア細胞、ニューロンでコレステロールからデノボ合成される。副腎や生殖腺による抹消でも合成されるが、神経ステロイドの濃度は末梢よりも中枢神経系が高い。...
2型(萎縮性)

レプチン抵抗性を改善する7つのアプローチ

アルツハイマー病患者のレプチン抵抗性   概要 食べすぎないための食欲抑制ホルモン? レプチンは、全身の脂肪細胞で作られ、視床下部内で作用することで食欲を抑制し、体脂肪を減少させる脂肪蓄積の調節ホルモンとして知られている。そのためレプチン研究初期の頃は「満腹ホルモン」「痩せホルモン」などと呼ばれてきた。 しかし、レプチンの作...
2型(萎縮性)

ケトン体質になるための14のステップ

ケトン体質への道 14のステップ(認知症・アルツハイマー) 関連記事 アルツハイマー病・神経変性疾患へのケトン食研究 ケトン食・ケトン体 20の神経保護効果と15の健康リスク 認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3 ケトン体質になるための14のステップ 糖質制限についての注意 リコード法 ...
2型(萎縮性)

ビタミンDの神経保護効果と欠乏リスク20の要因

神経ステロイド ビタミンD 概要 ビタミンDは人間に必須の脂溶性ビタミン ビタミンとして分類されているが、体内で多くの代謝過程に関与しておりプロホルモンと見なすこともできる。 ビタミンDは、骨の健康と成長、筋肉や神経の活動に重要なカルシウムとリンのバランスを調節する。その他にも血圧、免疫機能、細胞増殖、インスリン分泌、...
2型(萎縮性)

アルツハイマー病患者の体重減少

アルツハイマー病と体重低下 研究と原因 概要 アルツハイマー病の発症の数年前に、一部の患者でしばしば、意図しない体重減少を見せることがある。 体重減少がアルツハイマー病およびMCI(軽度認知障害)の危険因子である可能性を示唆する証拠がいくつか存在する。 アルツハイマー...
2型(萎縮性)

DHEA-S・DHEA(認知症・アルツハイマー)

DHEA-Sulfate・DHEA デヒドロエピアンドロステロン-サルフェート(dehydroepiandrosterone-sulfate) 概要 DHEAの役割 DHEA デヒドロエピアンドロステロン DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、もっとも豊富に存在するステロイドホルモンであり、脳内の細胞...
2型(萎縮性)

エストラジオール:プロゲステロン比(認知症・アルツハイマー病)

E2:P4  関連記事 エストロゲン・エストラジオール エストロゲンレベルを改善する20の方法 プロゲステロンの神経保護効果 エストラジオール:プロゲステロン比 E2/P4 バイオアイデンティカルホルモン補充療法(BHRT) エストラジオールとプロゲステロン比率(E2:P4) エストラジオールとプロゲス...
2型(萎縮性)

アルツハイマー病患者のビタミン・ミネラル不足と補給

ビタミン・補酵素 ビタミン アルツハイマー病患者のビタミン・ミネラル不足と補給 アルツハイマー病患者の血清微量栄養素、葉酸とビタミンA、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ビタミンDが有意に低い。アルツハイマー病患者では栄養の利用能力が衰えている可能性。 メタアナリシス、単離さ...
2型(萎縮性)

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 胃が空になるとグレリンは分泌され、食事などにより胃が拡張すると分泌が止まる。 食欲の調節以外にもATP産生...
2型(萎縮性)

甲状腺ホルモン 概要(アルツハイマー・リコード法)

リコード法 甲状腺ホルモン はじめに 甲状腺ホルモン その他記事 TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン) TSH(甲状腺刺激ホルモン) T4(サイロキシン)/T3(トリヨードチロニン)/rT3(リバースT3) 脱ヨード酵素(D1、D2、D3) 脱ヨード酵素の阻害因子・T4→T3の変換障害要因...