研究方法

研究方法

重力チャレンジに関連した死亡や大規模な外傷を防ぐためのパラシュートの使用:無作為化比較試験の系統的レビュー

Parachute use to prevent death and major trauma related to gravitational challenge: systematic review of randomised controlled trials 要旨 目的 重力チャレンジに関連する大規模外傷の予防にパラ...
研究方法

ゴールドスタンダードの評価 RCTの歴史から得た教訓

Assessing the Gold Standard — Lessons from the History of RCTs 過去70年以上にわたり、無作為化比較試験(RCT)は医学の知識と実践を再構築していた。偏りを減らし、臨床実験の精度を高めることを目的とした20世紀半ばの臨床研究者や統計学者によって普及したRCTは、しばしばその役...
研究方法

P値と統計的有意性。誤解、説明、課題、代替案

The P Value and Statistical Significance: Misunderstandings, Explanations, Challenges, and Alternatives 要旨 研究における P 値の計算と、特に P 値の統計的有意性を宣言するためのしきい値の使用は、近年、両方とも挑戦さ...
研究方法

エビデンスに基づいた医療の明暗

Bright and dark sides of evidence-based medicine 要旨 エビデンスベース エビデンスベースの医学は、臨床医学の実践と教育の現在のパラダイムである。この概念医学は、広く、高品質のメタアナリシス、医学研究、特に無作為化臨床試験(RCT)とそのメタアナリシスから得られた証拠を使用し...
研究方法

アルツハイマー病臨床試験 救済の道へのハードル

Clinical Trials in Alzheimer's Disease: A Hurdle in the Path of Remedy 要旨 ヒト臨床試験は、臨床基準ではまだほとんど治療不可能な疾患の病状や症状の進行を改善することを目的としている。理想的な臨床試験は、「疾患修飾薬」、すなわち、疾患の病理学的特徴や分子基盤...
研究方法

人口神経科学 精密医療と集団の健康を提供する認知症疫学

Population Neuroscience: Dementia Epidemiology serving Precision Medicine and Population Health 要旨 ここ数十年の間に、疫学は認知症の理解に大きく貢献し、科学的発見を集団の健康に変換してきた。ここでは、認知症の疫学を「集団神経科学」...
研究方法

社会実験の障害と限界 15の誤報

Obstacles to and Limitations of Social Experiments: 15 False Alarms 要約 限られた税金や寄付者の資金を社会プログラムにどのように配分するかを決定する際に、政策立案者やプログラム管理者は、方法論について屁理屈を言わない研究に基づく有効性の証拠を求めるように...
研究方法

残留交絡効果の意義に関する検討

An Investigation of the Significance of Residual Confounding Effect 要旨 背景 健康研究では観察研究が一般的に行われている。しかし、無作為化が行われていないため、アウトカムと曝露との間の推定された関連性は、測定されていない交絡因子の影響を受ける可能性がある。...
研究方法

アルツハイマー病に関する無作為化対照試験の外部妥当性 虚弱性と生物学的老化のバイアス

External Validity of Randomized Controlled Trials on Alzheimer’s Disease: The Biases of Frailty and Biological Aging 要旨 これまでのところ、アルツハイマー病に関するランダム化比較試験(RCT)の外部妥当性は、単...
研究方法

神経変性疾患の再現性から翻訳へ

From Reproducibility to Translation in Neurodegenerative Disease  要旨 神経変性疾患に対する莫大な投資と前臨床試験の成功にもかかわらず、患者に対する効果的な疾患改善治療法は未だに確立されていない。この不一致の理由の一つとして、動物実験のデザインと報告に欠陥がある...