神経栄養因子・神経保護因子一覧

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 Wntという名の由来は、羽のないショウジョウバエ(Wingless)の原因遺伝子として、脊椎動物のホモログ名称(Int-1)と合成されたところからきた。 Wnt経路には大きくβ-カテニン経路、Plana...

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節(作成中)

BMPs(骨形成プロテイン)の多彩な役割 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 骨形成タンパク質(BMP)は、その名の通り、最初は骨組織や軟骨の分化を誘導、促進する因子として同定されたたんぱく質。 その後、胚、成体の神経系で高度に発現していること...

アルツハイマー病発症因子 プロテインホスファターゼ2A

リコード法36項目 プロテインホスファターゼ2A(PP2A)の活性 利用規約・免責事項 への同意が必要です。 概要 細胞は、機能を維持するために細胞内をタンパク質のリン酸化と脱リン酸化反応を繰り返している。 リン酸化タンパク質へリン酸基を付加する酵素をプロテインキナーゼ(...

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 ...