神経栄養因子・神経保護因子一覧

アルツハイマー病発症因子 プロテインホスファターゼ2A

リコード法36項目 プロテインホスファターゼ2A(PP2A)の活性 利用規約・免責事項 への同意が必要です。 概要 細胞は、機能を維持するために細胞内をタンパク質のリン酸化と脱リン酸化反応を繰り返している。 リン酸化タンパク質へリン酸基を付加する酵素をプロテインキナーゼ(...

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 ...

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌクレオチ...

神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その5(睡眠と概日リズム)

5.睡眠とサーカディアンリズムによるBDNF効果(認知症・アルツハイマー) 概日リズム サーカディアンリズム(24時間周期の生理的変動)を整えるとBDNFが増えるというよりも、サーカディアンリズムが崩れるとBDNFが下がる。 そのため一日7時間の睡眠をとり、散歩も定時に出る...