認知症のリスク因子

3型(有害金属)

カドミウムの危険性(認知症・アルツハイマー)

カドミウム毒性・認知症リスク 関連記事 カドミウムの危険性(認知症・アルツハイマー) 鉛の危険性(認知症・アルツハイマー) カドミウム・鉛 30の解毒方法(食事戦略) 概要 カドミウムは元素の周期律表の中で、亜鉛と水銀に位置する金属であり、亜鉛と類似する化学的挙動を示す。 カドミウムは肺、肝臓、腎臓、精巣、骨...
適応外薬

認知機能と記憶を改善するメチレンブルー

メチレンブルー・メチルチオニニウムの効果(認知症・アルツハイマー) 概要 神経保護の歴史をもつメチレンブルー メチレンブルー メチレンブルー(塩化メチルリチオニウム)は1876年にドイツの科学者Heinrich Caroによって作られた。20世紀初頭には、すでに精神科医によって統合失調症の実験的治療薬としてメチ...
NAD+

ナイアシンアミド(認知症・アルツハイマー)

ナイアシンアミド/ニコチン酸アミド(NAM) 概要 ナイアシンアミド/ニコチンアミド/ニコチン酸アミド/ビタミンB3/NAM ナイアシンアミドは、ナイアシンが変換された代謝物。 ナイアシンの大量摂取は副作用としてナイアシンフラッシュ、肝臓障害を起こすため、代謝物であるナイアシンアミドがナイアシン高容量補給療法と...
NAD+

ニコチンアミド・アデニンジヌクレオチド/NADH(認知症・アルツハイマー)

NADH/ニコチンアミド・アデニンジヌクレオチド 概要 細胞がエネルギーを得るために炭水化物と脂肪を分解すると、エネルギーはATPとNADHに代謝され保存することができる。 そのため食事を食べると、NADHは増加し、NAD+は減少する。 NAD +    + H +    + 2e           →   ...
NAD+

ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)(認知症・アルツハイマー)

ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN) 研究 NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)はNAD+量を調節するNAMPTの酵素反応産物 Sirt1活性 NAMPTの酵素反応産物であるNMN(500 mg/kg)のマウス腹腔内投与は,NAD+合成系を回復し,SIRT1の触媒する反応が促進され,高脂肪食負荷,老化...
NAD+

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)

ニコチンアミド アデニンジヌクレオチド(NAD) NAD+はトリプトファンから合成されるが、NAD+の主な供給源はサルベージ経路から。 NADHの酸化型、酸化剤として作用する。 DNA損傷の増加は、NAD+レベルを低下させ、SIRT1活性およびミトコンドリア機能の低下をもたらす。低NAD+はSirt1の活動を減少させる。 ...
3型(有害金属)

アルツハイマー病アルミニウム仮説再び

概要 至るところにあるアルミニウム アルミニウムは地球上で最も豊富な金属元素のひとつであり、環境中いたるところに偏在しており日常的に微量を摂取している。 飲料水、加工食品、ベーキングパウダー、幼児用のミルク製品、化粧品、練り歯磨き、制汗剤等。平均的には7-9mgのアルミニウムを摂取している。 低い溶解性・低い経口毒性?...
3型(有害金属)

カドミウム・鉛 30の解毒・予防方法(食事・栄養戦略)

カドミウム・鉛曝露への治療方法 関連記事 カドミウムの危険性(認知症・アルツハイマー) 鉛の危険性(認知症・アルツハイマー) カドミウム・鉛 30の解毒・予防方法(食事戦略) 概要 鉛およびカドミウムに対する安全で効率的な治療方法は、まだ研究中の領域にあり、カドミウムので臨床使用の承認されたキレート療法は存在しない...
ミトコンドリア

抗酸化酵素 スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)

活性酸素関連記事 活性酸素(神経変性疾患・アルツハイマー病発症因子) 活性酸素の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 脂質過酸化物の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 抗酸化酵素 スーパーオキシドディスムターゼ(SOD) 概要 スーパーオキシドディスムターゼ SO...
36の発症因子

ミトコンドリア機能を改善する55の方法

ミトコンドリア機能障害の治療 ミトコンドリア関連記事 アルツハイマー病のミトコンドリア仮説 ミトコンドリア機能障害 アルツハイマー病治療標的 ミトコンドリア・ホルミシスの活性 ミトコンドリア機能を改善する55の方法 マイトファジーを活性化させる10の方法 食事療法・ダイエット ...