感染症

政策・公衆衛生(感染症)

コロナウイルス R値とは何か、その計算方法は?

Coronavirus: What is the R number and how is it calculated? 発行2020年12月18日 Covidの伝達を示すためにそれらのそれぞれの周りに描かれた円を持つ歩行者を通過する R値が1を超えたことで、コロナウイルスのパンデミックが再び拡大していることを意味する。 ...
ワクチン

ワクチンアジュバントの比較安全性 現在のエビデンスと将来のニーズのまとめ

Comparative Safety of Vaccine Adjuvants: A Summary of Current Evidence and Future Needs 要旨 ワクチンの安全性を向上させるために高純度の抗原を使用することは、ワクチンの免疫原性と有効性を低下させることにつながっている。このため、ワクチン...
3型 (生物毒素・感染症)

アルツハイマー病と消化管微生物叢 ヘリコバクター・ピロリ感染の影響

Alzheimer’s disease and gastrointestinal microbiota; impact of Helicobacter pylori infection involvement 要旨 背景 以下のような背景がある。アルツハイマー病(Alzheimer disease: アルツハイマー病)は...
ウイルス学

バラシクロビル(バルトレックス) 免疫不全および免疫不全の成人におけるヘルペスウイルス感染症の治療薬として承認された用途と適応外の用途

Valacyclovir: approved and off-label uses for the treatment of herpes virus infections in immunocompetent and immunocompromised adults この分野の重要性。ヘルペスウイルスは広範な臨床疾患と関連しており...
感染症

複数のコホートにまたがるアルツハイマー病の症例とコントロールにおけるヒトヘルペスウイルス6(HHV6)の検出

Human Herpesvirus 6 Detection in Alzheimer’s Disease Cases and Controls across Multiple Cohorts ハイライト 2つのアルツハイマー病(AD)コホートからのRNA-seqデータを118個のウイルスについてスクリーニングした。 ...
感染症

エプスタインバーウイルス(EBV)の新規治療薬

Novel Therapeutics for Epstein–Barr Virus 要旨 エプスタインバーウイルス(EBV)は、成人人口の95%まで感染するヒトγヘルペスウイルスである。EBVの初感染は通常小児期に起こり、一般的には無症状であるが、その後に感染すると35~50%の症例で感染性単核球症を引き起こす可能性がある。 ...
感染症

論説解説 単純性疱疹性脳炎の転帰を改善するための補助的バラシクロビルの失敗

Editorial Commentary: Failure of Adjunctive Valacyclovir to Improve Outcomes in Herpes Simplex Encephalitis 急性脳炎の症例の大部分は、広範な診断評価にもかかわらず、原因不明のままである 。単純ヘルペスウイルス(HSV)は、...
認知症のリスク因子

ヒトヘルペスウイルス感染症と認知症または軽度認知障害:システマティックレビューとメタアナリシス

Human herpesvirus infections and dementia or mild cognitive impairment: a systematic review and meta-analysis 要旨 認知症の発症における感染因子の役割に関心が高まっているが、現在のところエビデンスは限られている。我々は...
感染症

ヘリコバクター・ピロリのアルツハイマー病への影響 これまでに分かっていること

Impact of Helicobacter pylori on Alzheimer’s disease: What do we know so far? 要旨 背景 ヘリコバクター・ピロリの存在がある。ヘリコバクター・ピロリ菌は消化器内科の世界を根本的に変え、患者の管理に新しい概念を提供している。時間の経過とともに、よ...
感染症

単純ヘルペスウイルス(HSV1・HSV2)による認知症リスク 抗ヘルペス作用をもつ30の天然化合物

HSVウイルスとアルツハイマー病・バラシクロビル(Valaciclovir) 概要 ウイルス感染仮説 アルツハイマー病のウイルス感染仮説は1980年代に提案された。主に口腔内ヘルペスを引き起こすHSV-1、そしてHSV-1に比べて影響は低いが性器ヘルペスを引き起こすHSV-2が脳内に存在する時、アルツハイマー病の病理や病因に寄与する...