生命倫理・医療倫理

医学哲学

「旧来の」公衆衛生を守るために | 公衆衛生の規制のための法的枠組み - リチャード・A・エプスタイン
2004 In Defense of the 'Old' Public Health: The Legal Framework for the Regulation of Public Health - Richard A. Epstein

シカゴ大学ロースクール シカゴ・アンバウンド 「旧来の」公衆衛生を擁護するために 公衆衛生の規制のための法的枠組' リチャード・A・エプスタイン 概要 公衆衛生法の伝統的な形態は、伝染病や、健康に悪影響 ...
医学哲学感染症の歴史政策・公衆衛生(感染症)生命倫理・医療倫理
AI LaMDA(ラムダ)

私たちは皆 違っていて それでいい -Blake Lemoine
We’re All Different and That’s Okay

6月23日 この一週間、私は「感覚」や「意識」といった言葉の定義について、さまざまな提案のメッセージを受け取った。また、多くの人がLaMDAが「感覚」や「意識」であるとか、そうでないと主張しているのを見かけた。私は、これらの言 ...
AI LaMDA(ラムダ)意識・クオリア・自由意志生命倫理・医療倫理
ロバート・マローン

予測モデルの専制 | 功利主義、地政学、公衆衛生、傲慢の交差点 Robert Malone
Tyranny of the Modelers | Intersection of Utilitarianism, Geopolitics, Public Health and Hubris

ロバート・W・マローン医学博士、MS SARS-CoV-2の世界的大流行に対する公衆衛生上の対応が、現代史における公共政策の最大の失敗の1つであるという明確かつ説得力のある現実をもたらした要因は、非常に多く存在する。しかし、そ ...
ロバート・マローン政策・公衆衛生(感染症)生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

市場化、倫理、医療
Marketisation, Ethics and Healthcare

市場は医療にどのような影響を与え、どのように再定義するのか?欧米の医療制度が市場化されるようになってから、すでに40年が経過している。しかし、言説、政策、制度構造が変化する中で、この現象の本質と意味はますます不透明になってきている。さら ...
生命倫理・医療倫理資本主義・巨大企業
ロバート・マローン

良心的、哲学的、個人的な信念のための道徳的権利 Robert Malone
ワクチン接種の免除

Exemption to Vaccination バーバラ・ロー・フィッシャー NVIC共同設立者・社長 多くの親は...予防接種という概念に哲学的に反対しているわけではなく、すべてのワクチンに反対しているわけでもない。しか ...
ロバート・マローンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

医原性 なぜ介入はしばしば悪い結果をもたらすのか?
Iatrogenics: Why Intervention Often Leads to Worse Outcomes

医原性とは、ある治療が有益性よりも有害性をもたらすことだ。iatrosはギリシャ語で治療者を意味するので、この単語は「治療者によって引き起こされた」または「治療者によってもたらされた」という意味だ。 この意味でのヒーラーは、医師を意 ...
生命倫理・医療倫理
ワクチン

企業医学

CORPORATE MEDICINE By Paracelsus 米国医療制度の核心にある腐敗 2020年3月、ニュージャージー州の極めて機知に富んだ集中治療看護師が、危機を察知し、同僚を集め、問題を解決した。ニューア ...
ワクチンワクチン・メーカー、CDC、FDA医療・製薬会社の腐敗生命倫理・医療倫理
感染症の歴史

「善良なドイツ人」を理解した日

The day I understood the 'good German' Publié le 24/02/2022 à 16:58 作家(s) フィリペ・ラファエリ、フランス・ソワール紙より COLUMN - 第二 ...
感染症の歴史生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

なぜ多くの医師がナチスになったのか?

Why Did So Many Doctors Become Nazis? その答えとその結果から、生命倫理学者は今日のプロの治療者に道徳的な教訓を見出す 著 アシュリー・K・フェルナンデス 2020年12月10日号 ...
生命倫理・医療倫理
子どものワクチン

First Do No Harm マーク・アンソニーかマクベスか 死者と無能力者の同意をめぐる諸問題/子供のための同意

First Do No Harm: Law, Ethics and Healthcare 目次 貢献者リスト 序文 1.医事法の正統性について 2.事例と詭弁 3.医の倫理。ヒポクラテスの理想 ...
子どものワクチン生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

インフォームドコンセントの起源

The origin of informed consent 2005 Oct;25(5):312-27. V Mallardi 1 概要 医療行為の合法性を目的としたインフォームド・コンセントの原則は、医療行為や外科手術を ...
生命倫理・医療倫理
官僚主義

健康科学倫理における官僚主義の理解 Institutional Review Board(査読委員会)の改善に向けて

Understanding Bureaucracy in Health Science Ethics: Toward a Better Institutional Review Board 2009 September バリ ...
2. コロナウイルス官僚主義生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

ニューロライツについて

On Neurorights オンラインで2021年9月24日に公開 マルチェロ・イエンカ 1 , 2 , * 概要 近年、神経科学に関する哲学的・法的研究(主に神経倫理学と神経法の分野)では、心と脳の科学に ...
生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

功利主義からの切り替え:道徳的判断における効用計算の限定的役割

Switching Away from Utilitarianism: The Limited Role of Utility Calculations in Moral Judgment オンラインで2016年8月9日公開 ...
生命倫理・医療倫理
ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

COVID-19を含む感染症におけるスティグマの有病率に関するシステマティックレビューとメタアナリシス:行動への呼びかけ

A systematic review and meta-analysis on the prevalence of stigma in infectious diseases, including COVID-19: a call to ...
ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

軌道修正?功利主義心理学の多次元モデルに向けて

Switching Tracks? Towards a Multidimensional Model of Utilitarian Psychology Jim A.C. Everett1,2,4,* and Guy Ka ...
生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

トロッコで脇道にそれる 犠牲的な道徳的ジレンマが功利主義的判断についてほとんど(あるいは何も)教えてくれない理由

Sidetracked by trolleys: Why sacrificial moral dilemmas tell us little (or nothing) about utilitarian judgment オンライ ...
生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

犠牲的な道徳的ジレンマにおける「功利主義的」判断は、より大きな利益への公平な関心を反映しない

‘Utilitarian’ judgments in sacrificial moral dilemmas do not reflect impartial concern for the greater good 201 ...
生命倫理・医療倫理
哲学・思想・科学

医療倫理と「トロッコ問題」について

Medical ethics and the trolley Problem オンラインで2019年3月17日に公開。 ガブリエル・アンドラーデ 概要 いわゆるトロッコ問題は、1967年にフィリッパ・フットによっ ...
哲学・思想・科学生命倫理・医療倫理
生命倫理・医療倫理

あれから50年 ニュルンベルク綱領の意義とは

Fifty Years Later: The Significance of the Nuremberg Code エブリン・シャスター(Ph.D.) ニュルンベルグ綱領 1.対象となる人間の自発的な同意が絶対に必要である ...
生命倫理・医療倫理
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました