適応外薬

適応外薬

アスピリン 7つの抗認知症メカニズム

概要 世界初の合成医薬品 アスピリンのヤナギの抽出物サリチル酸をアセチル化して作られた世界初の合成薬。 ドイツの研究者ホフマンによって100年以上前に合成的に作られた。 アスピリンの名前の由来は、アセチル化のA、サリチル酸塩が豊富に含まれる植物メドウズウィート
2019.12.13
栄養素

複合栄養素サプリメント Souvenaid(スーベネイド)の効果

アルツハイマー病患者への複合栄養素の効果 Souvenaidとは アルツハイマー病用医療食品 Souvenaid(スーベネイド)は、アルツハイマー病患者さんの認知機能を改善するために開発されたヨーグルト風味の医療ドリンク。 認知機能に有用と考えられている脂質、ビタ
2019.05.16
適応外薬

ニセルゴリン(サアミオン)の多彩な脳機能増強効果

ニセルゴリン(サアミオン) 概要 ニセルゴリンは、脳梗塞、急性慢性末梢循環障害、血管性痴呆、アルツハイマー病として、50カ国以上で30年に臨床使用実績がある古い薬剤。 血流改善剤としても知られているが、多くの異なるメカニズムによる認知機能改善メカニズムを有し、一部の
2019.04.30
サプリメント(栄養・漢方・医薬)

認知症 1000の治療方法 覚書 編集中

認知症・神経変性疾患 サプリメントリスト はじめに アルツハイマー病を中心に個人でも実行可能な、多因子標的を前提とした認知症・神経変性疾患への改善効果の可能性がある治療手段をサプリメントを中心にピックアップしてみた。 抗認知症薬に関しては病院または個人輸入な
2019.06.30
適応外薬

認知症・アルツハイマー病 未承認薬・適応外薬(オフラベル)

 抗炎症・COX阻害 アルツハイマー病患者への抗炎症薬の効果 イブプロフェン 米国の科学者による大規模な研究では、イブプロフェンの長期使用は、アルツハイマー病を発症する人のリスクを減らすかもしれないことを明らかにした。 「長寿の薬」となるか
2019.10.06
ハーブ

フペルジンA(認知症・アルツハイマー)

ヒューペルジンA/Huperzine A 概要 フペルジンAは、フペルツワ科から抽出された天然のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤 NMDA受容体のアンタゴニストでもあり、メマリーと類似する作用機序も併せもつ。 少々乱暴に言うと複数の抗認知症薬の
2020.01.27
適応外薬

抗生物質ミノサイクリンの神経保護作用

ミノサイクリンと神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 ミノサイクリンは30年以上にわたって使用されてきた第2世代のテトラサイクリン抗生物質であり、主に尋常性ざ瘡、性感染症などの治療に使用されてきた。 現在は慢性関節リウマチなどの炎症疾患の治療目的で使用されている。
2019.04.19
36の発症因子

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌクレオチド。 細胞内シグナル伝達で重要な役割を果たすた
2020.03.04
その他

認知症・アルツハイマー病治療化合物 候補・未分類

d-プロリン/ Pin1 クエン酸 クエン酸は脳細胞に直接作用して、TNF-αおよび亜硝酸塩の産生を阻害する可能性がある。 脳および肝臓組織におけるクエン酸の有益な効果は、1〜2g / kgの用量範囲のみ。 クエン酸の保護効果は用量を4g / kg
2019.04.19
適応外薬

認知機能と記憶を改善するメチレンブルー

メチレンブルー・メチルチオニニウムの効果(認知症・アルツハイマー) 概要 神経保護の歴史をもつメチレンブルー メチレンブルー メチレンブルー(塩化メチルリチオニウム)は1876年にドイツの科学者Heinrich Caroによって作られた。20世紀初頭に
2019.05.17
タイトルとURLをコピーしました