地震

地震

アルツハッカー地震対策 停電対策・電源確保

オフグリッドシステム(電源供給) 電気と水がないのは非常につらい。 東日本大震災時の認知症介護関係者 太陽光パネル+チャージャー ガソリンによる発電機は大きなワット数を得られやすいが、大規模な地震ではその燃料となるガソリンが不足する可能性もある。 小電力であって
2020.06.02
地震

アルツハッカー地震対策 救助・避難

自力救済の重要性 行政機関はあてにできない 大規模震災時の救出は、「救助開始の速さ」と、「人手の数(マンパワー)」で決まる。 生き埋めや閉じ込められた際、神戸大震災時の行政機関による救出はたった2%でしかない。97.5%が自力、家族、友人、隣人など地域の協力によって救出
2020.06.25
地震

アルツハッカー地震対策 食事・水・避難生活で不足する栄養素

「災害栄養」(Disaster Nutrition) 「支援物資は、企業から日持ちのするものが来るが、現地では口内炎がよくならない。夜もよく眠れず野菜や果物が不足してビタミンがとれない。」 「最初にグループホームに行ったときはご飯が主食、おかずがあんぱんみたいな状況だった
2020.06.23
地震

アルツハッカー地震対策 疾患・肺炎・感染症

東日本大震災後の医療ニーズ 非感染性疾患(がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患など) 68% 感染症 21% メンタルヘルス 6% 外傷 4% 母子の健康 0.2% 自然災害後および自然災害時の感染制御 被災地で肺炎患者2
2020.06.02
地震

アルツハッカー地震対策 情報収集準備

概要 東日本大震災の頃とは変わって時代の変化により、ラジオやテレビの情報よりも、スマホ、ネットからの情報が役に立ったとの声が多い。 テレビ・ラジオ ラジオ・テレビは情報の発信力の強さが仇となり、有益な情報を流すと(例えば~で自衛隊が簡易フロを提供している)とそこへ人が殺到す
2020.07.04
地震

アルツハッカー地震対策 倒壊リスクを防ぐ(最重要)

はじめに 事前の備えで生死は決まる 阪神淡路大震災による直接死5500 人のうち4400 人(80%)が倒壊家屋による窒息死・圧死。90%の人が圧死で亡くなった。(3960人) 彼らは15分以内の即死だった。 熊本地震では、死亡41人のうち圧死20人、窒息死10人、家屋
2020.03.07
地震

高齢者・認知症の人の地震を生き残る方法(試案)

はじめに 津波と災害関連死 大規模地震、津波対策の難しさは50年100年単位の周期で発生するため、長期的対策が立てにくく、世代間でも忘れられてしまうことにある。 さらに高齢者の増加に伴い、東日本大震災では地震の直接被害よりも、身動きのとりにくい高齢者が津波に狙い撃ちされ
2020.06.23
地震

アルツハッカー地震対策 概要(試案)

概要 地震”予知・予測”がもたらす副作用 地震が起こる確率が高いという記事を偶然読んだことから、あれこれ地震予知と地震対策について調べてみた。 少なくとも過去を振り返ると、地震の短期的予知も長期的予測もできているとは言い難い。 1993年の北海道南西沖地震。神戸市
2020.06.23
タイトルとURLをコピーしました