神経伝達物質・シグナル伝達

記憶障害の改善

アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル)

アセチルコリンを自然に増やす20の方法 関連記事 コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・効果 アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) アセチルコリン作
2020.03.17
神経伝達物質・シグナル伝達

アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能

アセチルコリン受容体 サブタイプ・サブユニット 関連記事 コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・機能 アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル) 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) ムスカ
2020.03.17
症状・BPSD

医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC)

カンナビノイド成分の抗認知症作用 関連記事 カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム 概要 カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つ。 麻(カンナビスサティバ)には400種類以上の化学物質が含まれそのうち約70種類がカンナビノイドで
2020.02.06

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概要 Wntという名の由来は、羽のないショウジョウバ
2019.10.13
神経伝達物質・シグナル伝達

NMDA受容体の光と影(認知症・アルツハイマー病)作成中

NMDA型グルタミン酸受容体 概要 医薬品メマリーの多彩な作用 3種類のグルタミン酸受容体 NMDA型グルタミン酸受容体とは、Nメチル-D-アスパラギン酸受容体の略。3種類あるグルタミン酸受容体のうちの一種。その他の2つはAMPA、カイニン酸受容体であり、それぞれ類似
2020.02.01
36の発症因子

コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・効果

認知機能だけではないコリン作動性の作用と機能 関連記事 アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル) アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル)
2020.03.20
神経伝達物質・シグナル伝達

ビタミンK2(認知症・アルツハイマー)

ビタミンK2の効果 サプリメント・納豆 ビタミンKの効果・研究 ビタミンKの効能 一般的な効能 脂溶性ビタミンであり、血液の凝固や組織の石灰化に関わる。 欠乏すると → 出血傾向、骨粗鬆症、動脈硬化に関連 骨を強くする ビタミンKの有名な効果として、骨密度を
2019.05.18
36の発症因子

GABAを増やす6つの戦略(認知症・アルツハイマー)

神経伝達物質ガンマアミノ酪酸(ギャバ)の健康効果 概要 GABA(γ-アミノ酪酸)は、ヒトの脳の抑制性の神経伝達物質としているアミノ酸のひとつ。 英語の頭文字をとってGABA(ギャバ)と一般に呼ばれている。 ガンマアミノ酪酸以外にも、アミノ基のつく位置によって
2019.04.21
神経伝達物質・シグナル伝達

プラズマローゲン、脂質代謝関連の研究

プラズマローゲン、脂質代謝関連の研究(認知症・アルツハイマー) 興味を持ったものを適当にピックアップしています。 プラズマローゲン関連 プラズマローゲン前駆体 アルキルグリセロールを摂取すると赤血球中のプラズマローゲン濃度が高くなることがわかっている。しかしFAR
2020.03.04
36の発症因子

神経保護作用をもつ血管作動性腸管ペプチド(VIP) 8つの増加方法

血管作動性腸管ペプチドの役割 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー 血管作動
2020.02.07
タイトルとURLをコピーしました