糖質・甘味料

うがい・鼻スプ

キシリトールの健康効果
Health benefits of xylitol

応用微生物学とバイオテクノロジー Received: 2020年4月9日/改訂:2020年5月23日/受理。2020年 5 月 31 日 要旨 う蝕、慢性炎症性疾患、糖尿病、肥満など多くの疾患は、コントロールされ ...
うがい・鼻スプバイオフィルム糖質・甘味料
糖質・甘味料

天然甘味料 消費者にとっての食品の自然性の関連性、食料安全保障の側面、持続可能性と健康への影響

Natural Sweeteners: The Relevance of Food Naturalness for Consumers, Food Security Aspects, Sustainability and Health Im ...
糖質・甘味料
糖質・甘味料

神経変性疾患におけるトレハロースの治療可能性:既知のものと未知のもの

Therapeutic potential of trehalose in neurodegenerative diseases: the knowns and unknowns 2021年2月19日オンライン公開 Masoom ...
糖質・甘味料
1.5型 糖毒性

3型糖尿病とそのアルツハイマー病への影響

Type 3 Diabetes and Its Role Implications in Alzheimer’s Disease オンラインで2020年4月30日に公開 Thuy Trang Nguyen,1,† Qui Tha ...
1.5型 糖毒性糖尿病糖質・甘味料
糖質・甘味料

ステビア・レバウディアナのグルコース恒常性、血圧、炎症への影響 過去と現在の研究の証拠を批判的にレビュー

Effects of Stevia Rebaudiana on Glucose Homeostasis, Blood Pressure and Inflammation: A Critical Review of Past and Curr ...
糖質・甘味料認知症 食事と栄養
キノコ

天然の食用源から得られる多糖類と免疫系の調節におけるその役割 COVID-19に対して利用可能な生物学的活性ポテンシャル
Polysaccharides obtained from natural edible sources and their role in modulating the immune system: Biologically active potential that can be exploited against COVID-19

Published online 2021 Jan 4. 要旨 背景 SARS-CoV-2ウイルス(COVID-19として知られる)による重症急性呼吸器症候群の発生による世界的な危機は、国民の免疫力を向上させる必要性を ...
2. コロナウイルスキノコ糖質・甘味料食事・栄養素(免疫)
うがい・鼻スプ

歯の健康を超えたキシリトールの健康効果 総合的なレビュー

Xylitol’s Health Benefits beyond Dental Health: A Comprehensive Review 要旨 キシリトールには虫歯のリスクを減らすなど、歯の健康効果があることが広く報告さ ...
うがい・鼻スプ口腔衛生・咀嚼機能糖質・甘味料
リスク食品

乳糖不吸収と不耐症の最新情報:病態、診断、臨床管理

Update on lactose malabsorption and intolerance: pathogenesis, diagnosis and clinical management 要旨 乳糖は、牛乳のカロリーの主な ...
リスク食品糖質・甘味料
リスク食品

ステビアの葉からステビア甘味料へ その科学、利点、および将来の可能性を探る
Stevia Leaf to Stevia Sweetener: Exploring Its Science, Benefits, and Future Potential 

掲載:2018年07月06日 記事履歴 要旨 ステビオール配糖体甘味料は、ステビアrebaudiana Bertoni植物、それは何百年もの間、その甘いプロパティのために使用されている南米に自生しているキク科(Com ...
リスク食品糖質・甘味料食品
リスク食品

腸内細菌叢に対する甘味料の効果 実験研究と臨床試験のレビュー

Effects of Sweeteners on the Gut Microbiota: A Review of Experimental Studies and Clinical Trials 概要 低カロリーであることや ...
リスク食品糖質・甘味料腸内微生物叢
1型 炎症性

高度な糖化最終生成物(AGEs)は、現代の食事と健康の間の顕著なリンクである可能性がある

Advanced Glycation End Products (AGEs) May Be a Striking Link Between Modern Diet and Health 要旨 メイラード反応は、ベーキング、フライ ...
1型 炎症性糖質・甘味料認知症 治療標的
糖質・甘味料

米国で一般的に消費される食品中のレジスタントスターチ(耐性でんぷん)含有量 ナラティブレビュー

Resistant Starch Content in Foods Commonly Consumed in the United States: A Narrative Review 概要 耐性デンプン(RS;タイプ1~5 ...
糖質・甘味料
糖質・甘味料

レジスタントスターチ(耐性デンプン)の効果 関連論文

過体重または肥満の成人におけるグルコース、インスリン、インスリン抵抗性、脂質パラメータに対する耐性デンプンの効果:システマティックレビューとメタアナリシス Effects of the resistant starch on glucos ...
糖質・甘味料
糖質・甘味料

血糖値 <ApoE4.info>

Blood Sugar はじめに 血糖はまた(別名)血中グルコース(BG)として知られている、2つの用語は互換的に使用されている。 体は、特に脳はグルコースを必要とする。脳は常にグルコースを必要とし、1日24時間、脳は体内 ...
糖質・甘味料
1.5型 糖毒性

脳内インスリン抵抗性<ApoE4.info>

Insulin Resistance in the brain 序論 時間の経過とともに、身体のインスリン抵抗性が進行している場合、脳のインスリン抵抗性も進行している。個人によっては、インスリン抵抗性が進行するこのプロセスは、主 ...
1.5型 糖毒性KD記事ケトーシス糖質・甘味料
糖質・甘味料

トレハロースを用いたCOVID-19の高速封じ込めの可能性

Potential Fast COVID-19 Containment With Trehalose 世界各国で驚異的な数のCOVID-19症例が確認されており、どの国もSARS-CoV-2感染症に免疫のない国はないことが明らかになっ ...
糖質・甘味料食事・栄養素(免疫)
糖質・甘味料

アルツハイマー病を引き起こす可能性のあるメカニズムとしての脳果糖(フルクトース)代謝

Cerebral Fructose Metabolism as a Potential Mechanism Driving Alzheimer’s Disease 要旨 アルツハイマー病における認知機能の低下は、神経原線維のもつ ...
糖質・甘味料
オートファジー

トレハロースによる神経保護のメカニズム:オートファジー誘導をめぐる論争

Mechanism of neuroprotection by trehalose: controversy surrounding autophagy induction 要旨 トレハロースは、2つのグルコース分子がα,α ...
オートファジー糖質・甘味料
オートファジー

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起 ...
オートファジーパーキンソン病糖質・甘味料
その他

トレハロース 10の神経保護効果

オートファジー活性剤 トレハロース(認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 自然界に広く存在するトレハロース トレハロースとは、植物、昆虫、酵母、真菌、無脊椎動物など、脊椎動物以外の生物の中に広範囲に見 ...
その他オートファジー糖質・甘味料
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました