感染経路

感染経路

共有の室内環境における空気感染のリスクを示す指標とCOVID-19アウトブレイクへの応用

Indicators for Risk of Airborne Transmission in Shared Indoor Environments and their application to COVID-19 Outbreaks Z. Peng, W. Bahnfleth, G. Buonanno, S. J. Dancer...
感染経路

CDC サイエンス・ブリーフ SARS-CoV-2と屋内コミュニティ環境の表面(感染媒介物)感染

Science Brief: SARS-CoV-2 and Surface (Fomite) Transmission for Indoor Community Environments 更新日:2021年4月5日 SARS-CoV-2(COVID-19の原因ウイルス)の主な感染経路は、感染性ウイルスを含む呼吸器の飛沫への...
感染経路

SARS-CoV-2の空気感染を支持する10の科学的根拠 THE LANCET

Ten scientific reasons in support of airborne transmission of SARS-CoV-2 公開日:2021年4月15日 2021年3月にプレプリントとして発表されたWHOが資金提供したHeneghanらのシステマティックレビューには次のように書かれている。"SARS-...
感染経路

「Go To トラベル」 キャンペーンと旅行に関連した新型コロナウイルス感染症発症例 2020年7月~8月の記述的分析

“Go To トラベル” Campaign and Travel-Associated Coronavirus Disease 2019 Cases: A Descriptive Analysis, July–August 2020 公開:2021年1月21日 安西麻美・西浦浩志著 *OrcID 606-8501 京都市左京...
感染経路

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV-2)の空気感染に関する神話の解体

Dismantling myths on the airborne transmission of severe acute respiratory syndrome coronavirus (SARS-CoV-2)  2021年1月13日 概要 COVID-19パンデミックは、世界中で計り知れない混乱と死亡率の向上をもたら...
感染経路

重症急性呼吸器症候群 コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)の感染様式と空気感染に影響を与える要因について レビュー

Modes of Transmission of Severe Acute Respiratory Syndrome-Coronavirus-2 (SARS-CoV-2) and Factors Influencing on the Airborne Transmission: A Review 公開:2021年1月6日 オープン...
感染経路

歩行者の咳飛沫の分散に及ぼす空間サイズの影響

Effects of space sizes on the dispersion of cough-generated droplets from a walking person 2020年12月1日 Zhaobin Li,1,2 Hongping Wang,1,2 Xinlei Zhang,1,2 Ting Wu,1,2 an...
感染経路

飛行機、電車、自動車におけるCOVIDリスクの評価

Evaluating COVID Risk on Planes, Trains and Automobiles さまざまな交通手段を利用して、より安全にお過ごしください。 COVID-19がパンデミックが始まって以来、米国では最も危険なレベルに達しており、ホリデーシーズンは問題の多い時期を迎えている。リスクがあるにもかかわらず...
感染経路

SARS-CoV-2の日本への導入に関するゲノム疫学的研究

A Genome Epidemiological Study of SARS-CoV-2 Introduction into Japan 概要 2020年1月15日に日本でコロナウイルス感染症2019(COVID-19)の最初の症例が発生した後、2月末までに複数の全国的なCOVID-19クラスターが確認された。日本政府は、積極...
感染経路

COVID-19は致死率が低くなっている?感染致死率は「ノー」と言っている

Is Covid-19 growing less lethal? The infection fatality rate says ‘no’ ピマ郡検死官のグレッグ・ヘス博士は、7月下旬、アリゾナ州ツーソンにある検死官事務所のオーバーフロー死体保管庫から外に出る。 最近の報告では、米国ではCOVID...