治療標的・分子経路

コロナウイルス

COVID-19 個別化治療のための考慮事項

COVID-19における免疫調節 個別化された治療的介入のための戦略的考慮事項 概要 COVID-19患者の免疫調節には、「ワンサイズフィットオール」のアプローチはありそうにない。 このような状況での免疫調節薬の臨床試験は、プロスペクティブな免疫フェノタイピングを含
コロナウイルス

胸腺とT細胞 胸腺委縮の原因と治療方法

胸腺萎縮症. 実験的研究と治療的介入 要旨 胸腺はT細胞の発達と成熟に不可欠である。胸腺の細胞性の損失および/または胸腺構造の破壊が起こる萎縮に対して非常に敏感である。これは、ナイーブT細胞出力の低下および限定されたTCR多様性につながる可能性がある。 胸腺萎縮はし
2020.07.02
コロナウイルス

COVID-19 T細胞免疫関連

COVID-19に対する免疫力は、おそらく試験で示されているよりも高い カロリンスカ研究所とカロリンスカ大学病院の新しい研究によると、軽症または無症状のCOVID-19を持つ多くの人が、たとえ抗体検査で陽性と判定されていなくても、新しいコロナウイルスに対するいわゆるT細
2020.07.03
コロナウイルス

COVID-19 内皮損傷/補体、HIF-1、ABL2

COVID-19による内皮損傷:補体、HIF-1、ABL2は損傷の潜在的な経路であり治療標的である 要旨 COVID-19パンデミックは、世界中で何百人もの死者を出している主要な健康上の緊急事態である。報告されている罹患率の高さは、低酸素と炎症が内皮機能障害や小血管・大血
コロナウイルス

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス疾患2019(COVID-19)は、世界的に急速に蔓延し、人の健康を深刻に脅かしている。COVID-19患者は、典型的な肺感染
コロナウイルス

COVID-19 エピジェネティクス・メチル化 エピドラッグ

メチル化経路とSARS-CoV-2肺への浸潤と細胞膜ウイルス融合はともにエピジェネティクスの対象となる 要旨 最近のパンデミックSARS-CoV-2の発生は、世界中のあらゆる種類の個人に影響を与えている。パンデミックの健康、社会、経済的影響は劇的であり、ワクチンや特定の治
コロナウイルス

COVID-19 NLRP3インフラマソーム

関連記事 新規コロナウイルス誘発NLRP3インフラマソーム活性化 COVID-19の治療における薬物標的の可能性 新規コロナウイルス(nCoV)は、プロテインE、オープンリーディングフレーム3a(ORF3a)、ORF8aなどのビロポリンと呼ばれるイオンチャネルタ
コロナウイルス

COVID-19病因におけるミトコンドリアと微生物の機能不全

COVID-19病因におけるミトコンドリアと微生物の機能不全 ハイライト ・ミトコンドリアは、細胞の酸化的恒常性のハブである。細胞外ミトコンドリアは、血液中、循環血小板中、小胞中にも存在する。 ・COVID-19の病因は炎症状態の亢進によって悪化する。 ・
コロナウイルス

COVID-19のフリーラジカル損傷に取り組む + ERストレス・ミトコンドリアストレス

COVID-19のフリーラジカル損傷に取り組む 概要 COVID-19は、世界中で壊滅的な犠牲者を出した深刻なパンデミックであるにもかかわらず、いまだにこの病気を適切に治療する方法がわかっていない。COVID-19を誘発するウイルスであるSARS-CoV-2の病態について
2020.06.23
コロナウイルス

COVID-19 HMGB1・RAGE

HMGB1(High Mobility Group Box 1) HMGB1 HMGB1:COVID-19の重要な治療標的? 核内タンパク質high mobility group box-1(HMGB1)は、クロマチンに結合した非ヒストミックな小タンパク質であり、核
タイトルとURLをコピーしました