作用機序・安全性-IVM

作用機序・安全性-IVM

SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの作用機序:エビデンスに基づく臨床レビュー記事

The mechanisms of action of Ivermectin against SARS-CoV-2: An evidence-based clinical review article 発行日:2021年6月15日 概要 現在進行中のCOVID-19パンデミックの緊急性、さまざまな新しい変異株の検出、および将来的...
作用機序・安全性-IVM

抗寄生虫薬から生まれた抗がん剤の可能性を秘めたイベルメクチン

Ivermectin, a potential anticancer drug derived from an antiparasitic drug オンラインでは2020年9月21日公開 グラフィカルな要旨 イベルメクチンは、さまざまながん細胞において、増殖、転移、血管新生活性の抑制など、強力な抗腫瘍効果を発揮することがわかっ...
作用機序・安全性-IVM

重症COVID-19患者におけるイベルメクチンの追加治療の有効性と安全性の評価

Evaluation of the effectiveness and safety of adding ivermectin to treatment in severe COVID-19 patients 公開日: 2021年05月04日 Nurullah Okumuş, Neşe Demirtürk, Rıza Ayta...
作用機序・安全性-IVM

専門家評価報告書 イベルメクチンの医学的安全性

EXPERT REVIEW REPORT MEDICAL SAFETY OF IVERMECTIN ジャック・デスコート MD, PharmD, PhD リヨン クロード・ベルナール大学名誉教授 米国毒性化学アカデミーフェロー Eurotox登録毒性学者 MedinCell SA(フランス)の依頼により、私はヒト...
作用機序・安全性-IVM

SARS-CoV-2に対する抗ウイルス剤としての広範囲な宿主指向性薬剤イベルメクチンの有効性について

The broad spectrum host-directed agent ivermectin as an antiviral for SARS-CoV-2 ? David A.JansaKylie M.Wagstaffb 2020年10月21日 要旨 イベルメクチンは、寄生虫症の適応でFDAの承認を受けている低分子化...
作用機序・安全性-IVM

イベルメクチンの抗ウイルス効果に関する実験的証拠の系統的レビューとSARS-CoV-2に対するイベルメクチンの作用機序のin silico解析

A systematic review of experimental evidence for antiviral effects of ivermectin and an in silico analysis of ivermectin's possible mode of action against SARS-CoV-2 ロ...
コロナウイルス

ホストIMPα/β1-ウイルスインターフェースをターゲットとしたアンチウイルス剤

Antivirals that target the host IMPα/β1-virus interface 総説| 2021年1月13日 アレクサンダー・J・マーティン デビッド・A・ジャンス 要約 インポーチン(IMP)α/β1-ヘテロ二量体を介した核内輸送はウイルス感染の中心であるが、IMPα/β1依存性の核内輸...
作用機序・安全性-IVM

COVID-19後期におけるイベルメクチンの抗炎症活性は、全身のグリシン受容体の活性化を反映していると考えられる

Anti-inflammatory activity of ivermectin in late-stage COVID-19 may reflect activation of systemic glycine receptors  2021年4月 イベルメクチンは、様々な寄生虫感染症の治療に一般的に使用されている薬...
作用機序・安全性-IVM

SARS-CoV-2治療効果のモデル化によるインフォームド・ドラッグ・リパーポーシング

Modeling of SARS-CoV-2 Treatment Effects for Informed Drug Repurposing Charlotte Kern, 1 , 2 , † Verena Schöning, 1 , † Carlos Chaccour, 3 , 4 , 5 and Felix Hamman...
作用機序・安全性-IVM

COVID-19治療薬イベルメクチン:CD147介在性血管閉塞の仮説的緩和を介した準閾値用量での臨床効果

Ivermectin for COVID-19 treatment: clinical response at quasi-threshold doses via hypothesized alleviation of CD147-mediated vascular occlusion デイビッド・E・シャイム 概要 COVID...