免疫

コロナウイルス

COVID-19 個別化治療のための考慮事項

COVID-19における免疫調節 個別化された治療的介入のための戦略的考慮事項 概要 COVID-19患者の免疫調節には、「ワンサイズフィットオール」のアプローチはありそうにない。 このような状況での免疫調節薬の臨床試験は、プロスペクティブな免疫フェノタイピングを含
コロナウイルス

光生物学的調節(LLLT/PBM)による胸腺退縮の逆転

光生物学的調節は、松果体外メラトニン合成と骨髄幹細胞の刺激を介して、加齢に伴う胸腺の退縮を逆転させることができるか? 要旨 胸腺退縮とそれに続くT細胞産生の減少は、免疫系のリンパ系器官に影響を及ぼす最も顕著な加齢に伴う変化である。実際、胸腺退縮は「プログラムされた老化」と
2020.07.02
コロナウイルス

胸腺とT細胞 胸腺委縮の原因と治療方法

胸腺萎縮症. 実験的研究と治療的介入 要旨 胸腺はT細胞の発達と成熟に不可欠である。胸腺の細胞性の損失および/または胸腺構造の破壊が起こる萎縮に対して非常に敏感である。これは、ナイーブT細胞出力の低下および限定されたTCR多様性につながる可能性がある。 胸腺萎縮はし
2020.07.02
コロナウイルス

COVID-19 T細胞免疫関連

COVID-19に対する免疫力は、おそらく試験で示されているよりも高い カロリンスカ研究所とカロリンスカ大学病院の新しい研究によると、軽症または無症状のCOVID-19を持つ多くの人が、たとえ抗体検査で陽性と判定されていなくても、新しいコロナウイルスに対するいわゆるT細
2020.07.03
免疫

COVID-19 集団免疫

SARS-CoV-2に対する長期免疫と集団免疫:現在および過去の知見からの示唆 要約 SARS-CoV-2に対する効果的な集団免疫は、免疫集団の割合、免疫応答の長さと有効性、ウイルスエピトープの安定性など、多くの要因によって決定される。必要とされる免疫集団の割合は、現在の
2020.07.02
コロナウイルス

COVID-19パンデミックカーブをフラット化するためのプロバイオティクス利用

コロナウイルス病COVID-2019パンデミックのカーブを平坦化するためにプロバイオティクスを使用する 序論 社会的距離、衛生、スクリーニングに基づく戦略にもかかわらず、COVID-19は世界中で急速に進行しており、医療システムが圧倒される危険にさらされている。効
コロナウイルス

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学 要旨 ラクトフェリンは、古典的に哺乳類の乳に含まれる栄養素である。ラクトフェリンは鉄と結合し、様々な受容体を介して細胞、血清、胆汁、脳脊髄液へと移動する。免疫学的に重要な性質を持ち、抗菌・抗ウイルス作用が
2020.06.26
コロナウイルス

COVID-19 メンタルヘルスの回復力/レジリエンスのメカニズムと免疫への影響

心と体の間のインターフェイス 生物学的精神医学 要約 大うつ病性障害や心的外傷後ストレス障害などのストレスに関連した神経精神疾患は、社会経済的および個人的に甚大な影響を与える。逆境に直面したときの適応プロセスであるレジリエンスは、ストレス反応の個人差を理解することを可
2020.06.19
コロナウイルス

COVID-19と自己免疫(分子模倣・バイスタンダー効果)

COVID--19と自己免疫 1. 前書き 自己免疫疾患の正確な病因はいまだに不明であるが、遺伝的素因、腸内細菌叢を含む細菌感染、ウイルス性真菌や寄生虫感染などの環境的誘因、物理的・環境的要因、ホルモン要因、宿主の免疫システムの調節障害など、宿主における自己免疫疾患の出現
2020.06.17
コロナウイルス

COVID-19 ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の抗ウイルス作用と活性方法

SARS-CoV2とナチュラルキラー細胞 NK細胞の多面的な抗ウイルス活性 インターフェロンγなどの炎症性サイトカインの産生 感染細胞の溶解 抗原提示細胞の利用可能なプールの編集により適応抗ウイルス応答を形成しT細胞応答を直接阻害する。 抗ウイル
2020.07.04
タイトルとURLをコピーしました