アルツハイマー病(研究)一覧

アルツハイマー病とガンの複雑な関係

アルツハイマー病とガンの関連研究 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 アルツハイマー病と癌の逆相関 複数の疫学的証拠からは、がん患者では神経変性疾患を発症する頻度が低く、神経変性疾患患者ではその逆のことが生じている。 この一見異常な対照的関係...

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概...

「遊び」がもたらす12の認知機能増強作用 (環境エンリッチメント)

環境エンリッチメントの研究 (認知症・アルツハイマー病) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要  Environmental Enrichment (EE) 環境エンリッチメント 環境エンリッチメント(EE)とは、小屋、玩具、ランニングホイール...

NMDA受容体の光と影(認知症・アルツハイマー病)作成中

NMDA型グルタミン酸受容体 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 医薬品メマリーの多彩な作用 3種類のグルタミン酸受容体 NMDA型グルタミン酸受容体とは、Nメチル-D-アスパラギン酸受容体の略。3種類あるグルタミン酸受容体のうちの一種。その他の...

タウ標的 14の治療アプローチと95の治療方法(認知症・神経変性疾患)

タウオパチーへの神経保護アプローチ サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です。  タウのメカニズム 1. 過剰リン酸化タウの阻害 アルツハイマー病患者の脳にあるタウは、同年齢の健常者と比べて4~5倍高い。この増加分はすべてリン酸化されたタウ。 タウキナーゼとタ...