アルツハイマー病一覧

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 Wntという名の由来は、羽のないショウジョウバエ(Wingless)の原因遺伝子として、脊椎動物のホモログ名称(Int-1)と合成されたところからきた。 Wnt経路には大きくβ-カテニン経路、Plana...

「遊び」がもたらす12の認知機能増強作用 (環境エンリッチメント)

環境エンリッチメントの研究 (認知症・アルツハイマー病) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要  Environmental Enrichment (EE) 環境エンリッチメント 環境エンリッチメント(EE)とは、小屋、玩具、ランニングホイール...

NMDA受容体の光と影(認知症・アルツハイマー病)作成中

NMDA型グルタミン酸受容体 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 医薬品メマリーの多彩な作用 3種類のグルタミン酸受容体 NMDA型グルタミン酸受容体とは、Nメチル-D-アスパラギン酸受容体の略。3種類あるグルタミン酸受容体のうちの一種。その他の...

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節(作成中)

BMPs(骨形成プロテイン)の多彩な役割 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 骨形成タンパク質(BMP)は、その名の通り、最初は骨組織や軟骨の分化を誘導、促進する因子として同定されたたんぱく質。 その後、胚、成体の神経系で高度に発現していること...

タウ標的 14の治療アプローチと95の治療方法(認知症・神経変性疾患)

タウオパチーへの神経保護アプローチ サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です。  タウのメカニズム 1. 過剰リン酸化タウの阻害 アルツハイマー病患者の脳にあるタウは、同年齢の健常者と比べて4~5倍高い。この増加分はすべてリン酸化されたタウ。 タウキナーゼとタ...

タウ・アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4

アクアポリン4(AQP4) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です アクアポリンとは アクアポリンとは、細胞膜への水の通過を調節するタンパク質。 水分子を高速で輸送する能力をもち、イオンチャネルの中でも最速、最大で秒間10億以上の水分子を輸送する。 ...