オートファジー

その他

トレハロース 10の神経保護効果

オートファジー活性剤 トレハロース(認知症・アルツハイマー) 関連記事 概要 自然界に広く存在するトレハロース トレハロースとは、植物、昆虫、酵母、真菌、無脊椎動物など、脊椎動物以外の生物の中に広範囲に見出すことができる天然の糖質。 酵母、線虫、ショウジョウバエの体液の主要な糖質でもある。 ...
糖質

トレハロースによる神経保護のメカニズム:オートファジー誘導をめぐる論争

Mechanism of neuroprotection by trehalose: controversy surrounding autophagy induction 要旨 トレハロースは、2つのグルコース分子がα,α-1,1-グルコシド結合で連結された非還元性二糖類である。トレハロースは、特にパーキンソン病やハンチ...
糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
オートファジー

アルツハイマー病におけるオートファジーと漢方薬の有用性

Autophagy in Alzheimer's disease and promising modulatory effects of herbal medicine 要約 アルツハイマー病(Alzheimer's Disease: アルツハイマー病)は、記憶力の低下と認知機能の低下を特徴とする進行性で持続性のある神経変性疾患である。...
オートファジー

オートファジーを標的としたヒト疾患克服のための研究

Targeting Autophagy to Overcome Human Diseases 要旨 オートファジーは進化的に保存されてきた細胞のプロセスであり、ストレスの影響を受けた時に細胞のバランスを正しく維持するために、損傷した小器官や余分なタンパク質を分解する。 オートファジーは、オートファゴソームと呼ばれる二重膜...
断食・食事方法

飢餓状態のヒトの循環メタボローム

The circulating metabolome of human starvation 要旨 ヒトの適応的な飢餓反応は、長期的なカロリー不足時の生存を可能にする。カロリー制限による経路の活性化は長寿を促進する可能性があるが、カロリー過剰の状況では、同じ経路が肥満の原因となる可能性がある。 ここでは、ヒトにおいて10...
オートファジー

神経変性におけるインスリンとオートファジー

Insulin and Autophagy in Neurodegeneration 要旨 代謝性疾患と神経変性疾患の病態生理過程におけるクロストークは、インスリンシグナル伝達とオートファジー障害が両疾患の共通因子であることが示されており、広範な研究が行われてきた。 これらの経路を制御する薬理学的・遺伝学的戦略は、タ...
オートファジー

リソソーム障害と神経変性疾患(オートファジー)

オートファジー エンドサイトーシス経路とアルツハイマー病 関連記事 概要 リソソームはオートファジーやエンドサイトーシスによって細胞内または細胞外から取り込まれた生体分子を加水分解する細胞内のリサイクル工場。オートファジーおよびエンドサイトーシス経路の最終目的地でもある。 細胞内の不...
オートファジー

12/15 リポキシゲナーゼを用いた脳障害治療薬の開発

12/15 Lipoxygenase as a Therapeutic Target in Brain Disorders 要旨 リポキシゲナーゼは、アラキドン酸や他の多価不飽和脂肪酸からエイコサノイドや関連化合物を生成する脂質酸化酵素の一族である。これらの代謝物は、宿主防御機構、心血管疾患、癌、炎症性疾患、アレルギー性疾...
オートファジー

アルツハイマー病におけるオートファジー機能不全 メカニズムの洞察と新たな治療法の可能性

Autophagy Dysfunction in Alzheimer’s Disease: Mechanistic Insights and New Therapeutic Opportunities 概要 アルツハイマー病は、神経細胞やグリア細胞の内外に誤って蓄積されたタンパク質の異常蓄積により、細胞内のタンパク質の恒常性が...