アミロイド

36の発症因子

ADNP/活動依存性神経保護ホメオボックスタンパク質とアルツハイマー病

Activity-dependent neuroprotector homeobox protein・ダブネチド ADNP ADNP:Activity-dependent neuroprotector homeobox protein 活動依存性神経保護因子ホメオボ
アミロイド

アミロイドβオリゴマーの毒性と蓄積を防ぐ22の治療アプローチ

アルツハイマー病アミロイドβ形成と凝集 関連記事 アミロイドβオリゴマー仮説 APPβ切断(BACE1)を減少させる APPγ切断を減少させる APPα切断を増加させる ネプリライシンを増やす インスリン分解酵素(IDE)を増やす アミ
2020.03.19
アミロイド

ARIA(アミロイド関連画像異常)

ARIA(アミロイド関連画像異常) 概要 amyloid-related imaging abnormalities 抗アミロイド薬(特にアデュカヌマブなどの人モノクローナル抗体)の使用により、アルツハイマー病患者の神経画像で見られるもっとも一般的な異常。アルツハイマー病患
2020.03.17
36の発症因子

タウ・アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4

アクアポリン4(AQP4) アクアポリンとは アクアポリンとは、細胞膜への水の通過を調節するタンパク質。 水分子を高速で輸送する能力をもち、イオンチャネルの中でも最速、最大で秒間10億以上の水分子を輸送する。 H20は通過させるが、水素イオン(H+)は通さない
2019.06.18
リコード法の難易度・課題

アミロイド仮説 36の誤り

 をお読みください。 ある公園の街灯の下で、何かを探している男がいた。 そこに通りかかった人が、その男に「何を探しているのか」と尋ねた。 すると、その男は、「家の鍵を失くしたので探している」と言った。 通りかかりの人はそれを気の毒に思って、しばらく一緒に探した
2020.01.25
36の発症因子

アミロイドβクリアランスを増加させる(覚書き)

タウとアミロイドのクリアランスシステム 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 雑記 ・脳からの老廃物の除去は、血液脳関門(BBB)からが優勢という見解。 ・タウもアミロイドβもBBBをそのままでは透過しないため輸送体が
2020.02.06
アミロイド

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

プリオンタンパク質とアルツハイマー病 ※ 概要 プリオン プリオンとはタンパク質でできた感染性因子。プリオン仮説によると異常に折り畳まれたタンパク質(ミスフォールディングプロテイン)が、DNAや核酸を介さず正常な構造のタンパク質を同様の異常構造に変えていくことで伝播す
2020.01.09
36の発症因子

プロテインホスファターゼ2A(PP2A)を活性させる16の方法

PP2Aとアルツハイマー病   概要 細胞は、機能を維持するために細胞内をタンパク質のリン酸化と脱リン酸化反応を繰り返している。 リン酸化タンパク質へリン酸基を付加する酵素をプロテインキナーゼ(リン酸化酵素)と呼ぶ。 反対に、リン酸化タンパク質からリン酸基を脱離させる酵
2019.10.08
36の発症因子

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

アミロイドβのミクログリア-クリアランスを増加させる 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊することによってアルツハイマー病を発症するという仮説が存在す
2020.06.02
36の発症因子

アルツハイマー病発症因子 カスパーゼ3切断

カスパーゼ3切断を減少させる カスパーゼ アポトーシスと関連するカスパーゼがアルツハイマー病の進行性神経細胞死に寄与することがこれまでの研究で提案されてきた。 哺乳動物のカスパーゼは1から14まで見つかっており、まとめてカスパーゼファミリーと呼ばれる。
2019.08.13
タイトルとURLをコピーしました