アミロイド

統合医療・精密医療

アルツハイマー病の現在と将来の治療 最新情報

Konstantina G Yiannopoulou1 and Sokratis G Papageorgiou2 要旨 アルツハイマー病(AD)の治療戦略は、まだ広範囲に及ぶ研究が行われている。現在では、...
36の発症因子

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

アミロイドβのミクログリア-クリアランスを増加させる 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊...
36の発症因子

レプチン抵抗性を改善する7つのアプローチ

アルツハイマー病患者のレプチン抵抗性   概要 食べすぎないための食欲抑制ホルモン? レプチンは、全身の脂肪細胞で作られ、視床下部内で作用することで食欲を抑制し、体脂肪を減少させる脂肪蓄積の調節ホルモンとして知ら...
アミロイド

アミロイドβオリゴマーの毒性と蓄積を防ぐ22の治療アプローチ

アルツハイマー病アミロイドβ形成と凝集 関連記事 アミロイドβオリゴマー仮説 APPβ切断(BACE1)を減少させる APPγ切断を減少させる APPα切断を増加させる ネプリライシンを増...
36の発症因子

アミロイドβオリゴマー仮説

アルツハイマー病患者のアミロイドβオリゴマー形成と凝集 アミロイド薬の研究が失敗した理由は、間違った形態の分子をを追跡するように設計されていたのかもしれない。 アミロイドは頻繁にその形態や折り畳み方を変える「シェ...
アミロイド

ARIA(アミロイド関連画像異常)

ARIA(アミロイド関連画像異常) 概要 amyloid-related imaging abnormalities 抗アミロイド薬(特にアデュカヌマブなどの人モノクローナル抗体)の使用により、アルツハイマー病患者...
36の発症因子

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌ...
36の発症因子

認知症リスク因子 インスリン分解酵素(IDE)の低下 5つの改善アプローチ

Insulin Degrading Enzyme 概要 インスリン分解酵素(IDE)の多彩な機能 インスリン分解酵素(IDE)は、インスリン代謝に関与する酵素として発見された。そのため、これまでの研究もほとんど...
36の発症因子

アミロイドβ分解酵素ネプリライシンを上昇させる10の方法(アルツハイマー病・認知症)

ネプリライシン 概要 ペプチドホメオスタシスの調節酵素 ネプリライシンはメタロプロテアーゼ13(M13)ファミリーの亜鉛メタロプロテアーゼのメンバー。 ネプリライシンは細胞外酵素であり、細胞外の多くの神経...
36の発症因子

アルツハイマー病リスク因子/カスパーゼ6の増加

カスパーゼ6を減少させる Reduce caspase-6 cleavage 概要 カスパーゼとは 哺乳動物のカスパーゼは1から14まで見つかっており、まとめてカスパーゼファミリーと呼ばれる。ほとんどのカスパ...