認知症のリスク因子・標的

3型(有害金属)

重金属曝露とアルツハイマー病および関連認知症

Heavy Metals Exposure and Alzheimer’s Disease and Related Dementias 要旨 アルツハイマー病と関連する認知症は、効果的な治療法や治療法がな...
食事・栄養

ワイン摂取とアルツハイマー病との関係

Relationship of Wine Consumption with Alzheimer’s Disease Marcella Reale、1、* Erica Costantini、1 Srinivas ...
統合医療・精密医療

アルツハイマー病の現在と将来の治療 最新情報

Konstantina G Yiannopoulou1 and Sokratis G Papageorgiou2 要旨 アルツハイマー病(AD)の治療戦略は、まだ広範囲に及ぶ研究が行われている。現在では、...
タウ

 アルツハイマー病:疾患モデルを用いた表現型アプローチとタウタンパク質の標的化

要旨 はじめに 高リン酸化・凝集したタウタンパク質は、タウ症として知られる神経変性疾患の主要な特徴である。タウは微小管結合タンパク質であり、微小管の組み立てと安定化、適切な軸索輸送、神経細胞全体の完全性に重要な役割を...
感染症

単純ヘルペスウイルス(HSV1・HSV2)による認知症リスク 抗ヘルペス作用をもつ30の天然化合物

HSVウイルスとアルツハイマー病・バラシクロビル(Valaciclovir) 概要 ウイルス感染仮説 アルツハイマー病のウイルス感染仮説は1980年代に提案された。主に口腔内ヘルペスを引き起こすHSV-1、そしてH...
認知症のリスク因子・標的

認知症・アルツハイマー病へのアルコールの影響 関連論文まとめ

リコード法 アルコールについて The End of Alzheimer's Programより 乾杯! ........人生に!聞くのは難しいかもしれないが、率直に言おう。飲酒量がどの程度の量になるのかは明...
農薬・GMO

グリホサートはグリシンアナログとして作用し、ALSに貢献しているのか?

Does Glyphosate Acting as a Glycine Analogue Contribute To ALS? 抄録 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、グリシンを多く含む領域のいくつかのタンパク質変...
ApoE4・リスク遺伝子

ApoE4:アルツハイマー病の新たな治療ターゲット

ApoE4: an emerging therapeutic target for Alzheimer’s disease Mirna Safieh、1 Amos D. Korczyn、2 and Daniel...
農薬・GMO

ウィキペディア グリホサート(英語版の翻訳)

Wikipedia Glyphosate グリホサート グリホサート(IUPAC名:N-(ホスホノメチル)グリシン)は、広範なスペクトルの全身性除草剤および作物の乾燥剤である。それは有機リン化合物...
農薬・GMO

グリホサート系除草剤と発がんリスク:研究の潜在的なメカニズム、政策、研究手段のポストIARC決定レビュー

Glyphosate-based herbicides and cancer risk: a post-IARC decision review of potential mechanisms, policy and a...