良い木が悪い実をつけることがあるのか?産業界による医療研究への資金提供について

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

利益相反

Can a good tree bring forth evil fruit? The funding of medical research by industry

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC5127422/

ベンジャミン・キャップス

概要

背景

研究活動における資金調達の影響を分析したシステマティックレビューでは、利益相反(COI)がデータの作成と普及にいかにバイアスをかけるかが示されている。

データの情報源

以下は、学術機関における医学研究に企業が資金を提供することで生じる利益相反に関して、現在の意見を批判的に分析したものである。

意見の一致点

医学研究におけるCOIを管理し、研究の実施や結果の妥当性に明らかに影響を与えるCOIを禁止するための効果的なメカニズムが必要である。

議論のある点

企業が大学の研究に投資することは優れた科学の妨げにはならないという意見が多い一方で、COIの可能性のリスクよりも資金調達の機会を確保することをどのように優先させるのかという疑問がある。COIは研究のインテグリティに対する固有のリスクであり、現在のガバナンスの枠組みを強化する必要があると主張されている。

成長のポイント

企業の表向きのカテゴライズされた行動によって生じたCOIに焦点を当てることで、学術機関における研究の優先順位の変化に挑戦している。

研究開発に適した分野

あまり定義されていないCOIも、科学に与える組織的なダメージという点では、財務的なCOIと同様に責任がある。では、大学の研究環境において、COIはリスクとして適切に管理されているのであろうか?

キーワード 利益相反、資金効果、バイアス、不正行為、大学、公的、産業、製薬業界、タバコ業界

はじめに

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に掲載された3部作の論文は、利益相反(COI)を扱っている。COIとは、「二次的な利益を追求した結果、一次的な利益がないがしろにされるリスクを生じさせたり、高めたりする一連の状況や関係」(p.47)のことである1。COIは、専門的な判断や行動に過度に影響を与えたり、そのように思われたりすることがある。これらの論文の最初のものである「Reconnecting the Dots…」の中で、著者のローゼンバウムは、多くの人がパートナーシップの利点に注目するのではなく、製薬企業(以下、産業界)の違法な行動や動機に結びつけるのを急ぎすぎていると主張している。彼女は、「業界の強欲さについての話が我々の集団意識に浸透しすぎて、業界と医師がしばしば病気と闘うという使命を共有していることを忘れてしまったのではないか」と厳しく問いかけている。(最後に、3番目の論文である「Beyond Moral Outrage」では、著者は、「報復的」な文化は、医工複合体内のコンセンサスを見つけるよりも、この不和に焦点を当てすぎることで、実際には医療の進歩を妨げていると主張している4,5。ローゼンバウムの主張は、実際に診療に影響を与えているCOIの証拠や、研究上の不正行為の証拠がない限り、企業との関係があるだけでは、責任ある分析を書いたり、ニュアンスのある議論に参加したり、公平なデータを提示したりすることができないとは限らないというものである。この3部作は、NEJMの社説でも支持されており、医学教育と研究の両方において、学界と産業界を目的別に分けていることが公共の利益につながるのかどうか疑問視されている6。例えば、British Medical Journal(BMJ)は、COIポリシーから「後退する可能性があることに深く悩んでいる」としている7。著者らは、BMJのゼロトレランス方針を正当化するために、金銭的な利益が不適切な影響を与える場合とそうでない場合を区別するのは困難なことが多いと指摘している。また、そのようなバイアスを明確に暴露できないのであれば、研究や医療行為の独立性を損なうリスクを冒すよりも、まったく起こらない方がよいであろう。

本レビューでは、科学コミュニティにおける潜在的なCOIに焦点を当てる。ここでは、「資金効果」について説明する。これは、産業界とのつながりは、資金提供を受ける際にCOIのリスクを本質的に伴うことを示すもので8,大学ではそれがより顕著になっており、科学者の倫理観、科学者(および雇用者)の優先事項、そして科学者が行う研究の種類に影響を与えている。以下の章では、科学者と研究者を同じように表現する。本論文は、学術医学研究におけるCOIの証拠を系統的にレビューしたものではない。これには、例えば、政府やその他の科学諮問機関のメンバーであることなどが含まれる。この論文では、主に公表された信頼できる意見書や学術的な分析を参考にして、現在の議論を位置づけている。

医学研究とCOI

医学研究の目的は、人類から病気を取り除くこと、病気の原因となるリスクやきっかけ、要素から人類を守ること、そして苦しみを和らげることにある。10 研究の捏造、不正、不祥事、偏見、詐欺などの例は、金銭的なものやその他のCOIが研究行為に影響を与え、医工複合体の水面下で不信、搾取、虐待を生み出していることを示している15,16。医工薬業界が市場での優位性を確保するための戦略として、否定的な試験結果を隠蔽したり、薬の効果を誇張したり、より多くの顧客を獲得するために新たな病気や症状を作り出したりしていることを示す証拠は数多くある17-19。さらに、災難に見舞われたり、捕まった研究者が軽率な態度を取ったりすることで(前述のシステマティックレビューを参照)うっかりしたナイーブな人から研究不正で起訴された人まで、COIの深さが明らかになる。

大学はこの複合体の一部であり、多くの場合、基礎知識や臨床知識を創造し、その知識を営利目的のポートフォリオに移転することを可能にしている20。基礎およびトランスレーショナルの両方のイノベーションは、科学の資金提供者である大学、政府、産業界の「トリプル・ヘリックス」に基づいて行われるようになっている21。しかし、かつて大学は公共財として研究を行ってたが(かつての公的な資金源がそれを物語っている)商業化に走ったことで、民間の利益と関わることで生じる潜在的なCOIについての疑問が生じている。大学は、金銭的・政治的な利害関係を排除して「真理を探究する」23ことを使命としているが、公的な使命と、産業界が株主の期待に応えることとの間には、もはや大きな隔たりはない。国の拠出金に比例して、ほとんどの先進国では、産業界の資金が直接大学に入ることは少なく、その結果、マイナスの影響が緩和される可能性があるが、パートナーシップはしばしば奨励されており、この影響力の増大は、産業界の評判に影響を与える可能性がある。医工薬複合体の中では、民間の利益が増大したことにより、相反する可能性のある行為をモニタリングし、不適切な関係を隔離し、暴露し、非難するための規制の枠組みが発展した。大学の研究においても、相反する可能性が認識されるようになってきており、組織や専門家レベルのガイドライン、学術雑誌の倫理規定、公的資金提供機関の授与条件などに見られることが多い24。

COIがこのような官民関係においてリスクとなるのは、「産業界からの資金提供のシステム的な影響が、研究分野全体を形成したり、歪めたりする可能性がある」からである(p.18)25 このレビューのタイトルは、このようなリスクを示している。ロバート・マートンは代表的な論文の中で、「良い木に悪い実がなることがあるだろうか」と問いかけている。(ロバート・マートンは、ドイツで国家社会主義が台頭してきた時期に書かれた、科学者が働く政治的状況についての社会学的な解説で、「科学の倫理」、つまりその習慣、性格、倫理が、メンバーが選んだ(あるいは選ばざるを得なかった)会社によっていかに大きく影響されているかを明らかにした。強力な政治的利害関係者が、科学者の役割を純粋な探究心から「社会にとって有害な」理想へと変えていたのである。マートンの「科学の倫理」は、彼の著作の中でさらに発展したもので、すべての科学者が探求の客観性を高めるために証明しなければならない価値観を含んでいる。「共産主義」(優れた研究の共同所有とオープンな普及)「普遍主義」(世界について真実を主張する)「利害関係のなさ」(真実に影響を与える可能性のある利害関係を避ける)「組織的懐疑主義」(真実の主張に対する持続的な疑問)である。マートンは、伝記や雑誌などの科学活動の客観的な指標を注意深く経験的に調べることで、科学の制度を観察し、測定することができること、特に、不正行為やその原因などの繰り返し起こる現象を見つけることができることに気づいた。科学は今でも他の社会制度から高い独立性と自律性を保っているが、今日の不正行為の増加を示す証拠や、同時にマートンの規範が「興味ある調査」や「秘密の知識」といった業界の原則に取って代わられたこと(p.200)27は、かつて開放性を誇った学術的環境に差し迫った問題を目の当たりにさせている。

倫理に反する行為

産業界、特に「大手製薬企業」が、多くの人に信頼できないと思われていることは明らかである28。これは、市場での利益を促進するための組織的なキャンペーン10,11や、研究での不祥事を隠蔽するための証拠からもうかがえる29。訴訟や調査報道によって、不正行為の深刻さがさらに明らかになってきている。また、不名誉なことに、多額の罰金や賠償金は「ビジネスを行うためのコストとして合理化されている」30とされている。このような懸念は、研究の機会を慎重に認識していることに反映されている。それは、生み出されたパートナーシップだけでなく、合理的な財務的持続可能性に基づく成長戦略にも反映されている。しかし、評判の悪い資金提供の例として最もよく知られているタバコ産業(タバコ産業)は、産業界とのつながりが生み出す基本的なCOIについて重大な疑問を投げかけている31。タバコ産業の戦略の一つは、健康リスクを軽視するよう研究に影響を与えることで、禁煙や死亡した喫煙者から失われる利益を相殺するために「代替喫煙者」を募集することである32。1998年に米国の大手タバコ会社4社が締結した和解基本契約では、喫煙と健康問題に関するデータを抑制し、タバコを使用することによる健康への影響について誤った説明を広めることを目的としたさまざまな研究機関を解散するなど、いくつかの条件を満たす限り、進行中の訴訟から免除されることになっていた。タバコ産業のプロジェクトの多くは、評判の良い学者を雇用し、たばこ推進派の主張を広めたり、世間の認識を歪めたり、産業界の関与が最小限になるように学術文献を偏らせたりすることで、タバコ産業の利益を高めるために学問の「威信」を利用するという本質的な手段であることが明らかになった33。最近では、栄養学の研究も同様の論争に巻き込まれている。34 研究者の権威は、原因や交絡因子についての相反する意見を求めることで、消費者に疑念を抱かせるために利用できるため、この点で重要だ。例えば、肥満では、このことがライフスタイルや健康に関する適切な判断を妨げ、食品業界、不健康な食生活の影響に対処する医師、公衆衛生の間で対立が生じている。アルコール業界も同様に、「有効な研究や独立した研究者を攻撃することで、脆弱な人々を利用し、フロント組織を通じて真実を歪めようとしてきた」35。

しかし、一部の製薬会社は、独立した研究者による専門的な調査のために、自社の臨床試験データを公開するなど、積極的な姿勢を見せている。研究者へのアクセスについては、過去のデータの精査を制限する期限を設けたり、個々の要求を吟味したりするなど、さまざまな計画があり、これがどこまでオープンになるかは未知数である。また、将来的には(米国の)Food and Drug Administrationに登録された産業界主導の試験はオープンアクセスになるが、適応外の試験データはオープンアクセスにならない。36 意図的に偏った研究(そしてそれを生み出すための戦略的な資金調達)が科学的な客観性を損ない続けていることは明らかである。科学界に潜入しようとする露骨な試みは、モニタリング機構に発見されればそのように指摘されることを認識した上で、部分的な研究を行うための目に見えないインセンティブを提供する、より密かな戦略が開発されている。これは「資金効果」と呼ばれている37。

資金調達効果

外部の、そして潜在的には偏狭な利益が、科学者に影響を与え続けている。これらの利害関係は、COIを形成する方法が微妙であり、影響力を明確に「買う」ことができる金銭的なCOIとは異なり、境界線があまり明確でないことが多い。資金調達の成功や研究の収益性に報いる文化は、誰もが実現できるわけではない願望を生み、研究の優先順位が変わるだけでなく、時には逸脱した行動にもつながる。例えば、産業界からの資金提供が、研究テーマの選択やそれによる学術的生産性に影響を与え、収益性の高い研究を行うことに偏重している場合や、データの普及をコントロールし、科学者の自主性に影響を与えている場合には、COIの可能性がある。COIは、最悪の場合、既得権益者(および悪質な研究者)が偏見を広め、それによって証拠に関する主張を正当化するために利用する手段である。これは、データの捏造や操作だけではなく、データの捉え方を工夫することにもつながる。このことは、医師のCOIについて包括的に研究されている。産業界は、情報を提供するエビデンスを意図的に損ない、その結果、必ず患者の治療に支障をきたし、医療の提供と患者の福祉に大きな影響を与えている。医師のCOIは、患者の信頼者としての義務5 や、「害を及ぼさない」という誓約を守る能力に大きな影響を与える。これに対し、医師の義務は、患者のケアを何よりも優先し、金銭的な利益は二の次にすべきであるという専門職の第一の指針として引用されている。

科学者は、無数の場所で働いているため、道徳的な義務にそれほど明確に縛られてはいなかった。マートンの規範の一つである「利害関係のなさ」は、純粋で体系的な方法を用いて、個人的な利益やイデオロギーを考慮せずに証拠を検証することに等しく拘束される「懐疑主義者」の共同体として、科学を導き続けている28。このような相互協定により、科学者は参加者との関係において、また研究の価値創造(不正行為を行う傾向を明確に排除しなければならない)において、公平(合理的、公平、不偏)であることが求められる。40 研究者にとっての名誉は、科学的方法とその普及の「誠実さ」にあり、特定の既得権のある物語から離れていることである。

研究デザインには、主観主義や知的偏愛の結果として、批判的推論を歪めるような認知的バイアスが常に存在する(個人的な信念や、時代の流れや政策によって生じる社会政治的要因などの非知的なものは言うまでもない)。研究者は、表向きには批判的な知識とその健康改善への応用に尽力しているが、キャリアを向上させる機会と潜在的なCOIを受け入れることもある41。感情的な投資や熱意、時には見当違いのエゴに影響されて、データが裏付ける以上のことを主張するために、熱意、誇張、策略を用いる可能性もある。医学分野でのキャリアで得られる特権とは異なり、科学者の自己肯定感は、発見、出版、資金調達の威信から得られることが多い。成功とその報酬、特に発見への献身に対して正当に与えられたものは、強い動機となる。時には、科学者が知らず知らずのうちに、怪しげな資金調達方法に関わっていることもあり(例えば、タバコ産業が腕利きの財団を利用していることなど)その場合は非難されにくくなる。チェック&バランス(規制、ガイドライン、コード、ピアレビューなど)は、これらをバイアスとしてフィルタリングするためのものである。基本的には、科学の美徳が同時に実践されている限り、起業家精神が研究の客観性に影響を与える必要はない。

しかし、資金調達の成功、インパクトのある学術誌への掲載、基調講演への招待などの要求は、既得権者が学術の名声を利用する機会として提示されることがあり、これらはすべて、昇進、給与、研究室のサポートに反映される42。これらは、緩和することが難しいプロセスと部分性である。例えば、科学者が尊敬を集めるのは、仲間からの評価ではなく、独自の知識や大学の資本への貢献を認めてもらうことからであり、産業界とのつながりは、研究者として成功するためのもう一つの方法であり、自分の業績に信頼性を与え、雇用者にとっての価値を高めるものである。このような場合、科学者には不正行為の事例を特定して公表するという共通の「行動義務」があるとはいえ、研究者が外部の利害関係者から距離を置き、適切に批判することは難しいことである。たとえ賢明な学術的な場であっても、大学と業界の関係を揺るがしたり、雇用主の公共イメージに影響を与えたりするような発言は、賢明ではない44。個人的な影響が考えられる場合は、認知的不協和と自己正当化が起こる可能性がある。市場のイデオロギーに「賛同」したくなるかもしれないし、スポンサーを獲得するための競争が激しくなると、研究者は矛盾したデータや競合する理論に対して閉鎖的で敵対的になる可能性がある45。

影響力は、組織の中で利用される機会でもある。現在、大学は市場での地位を争っている。専門家集団は、主に会員の利益を代表しているが、同時に、信頼に足る存在であることを世間に期待されている。そのため、会員のニーズを満たすこと、社会的価値を促進すること、産業界が設定した条件を適用することの3つの点で対立が生じる。これは、偏狭な影響力が認められる場合、公言されている目標が適切に、あるいは全く達成されないという確信を国民が持てるかどうか、という誠実さの問題を提起している。ある著者が書いているように、「その使命のために公平性を放棄することは、大学が象徴すべきすべてのものを裏切ることである」46。COIの状況では、独立性や評判といった組織の価値が危機に瀕している。

合意事項

患者に効果的に貢献する製薬業界の重要性を疑う人はいないであろうし、それは大学とのパートナーシップによって可能になるはずである。しかし、COIの可能性がある場合には、これらの関係を管理し、不当であるか否かにかかわらず、有効な結果に明らかに影響を与える影響力を禁止するための効果的なメカニズムが必要である。懸念事項の一つに「系統的な偏り」がある。11 医師と産業界の関係では、些細な誘引であっても医師の認知的判断に影響を与えることが示されている47。

伝統的に、業界とのつながりが予想される中、ジャーナルは有害なCOIを検出するという困難な任務を担っており、編集者や彼らが信頼する査読者に大きなプレッシャーを与えている。48 潜在的なCOIに対する従来の戦略は、資金源の詳細を公表し、有害な影響を受けていないかどうか、 同僚が研究の妥当性について判断できるようにすることである。公開することで、「査読者が建設的な懐疑心を持つようになり、その結果、研究の方法論、データ分析、解釈が改善される可能性がある」(p.462)。 問題は、COI声明がバイアスの謎を解くものではないことである。何も開示されなければ、当該研究者が不当な影響を受けているかどうかを知ることはできないし(開示されても影響の深さを明らかにすることはできない)生のデータが操作されているかどうかを知る方法がないため、加害者が意図的にミスリードしている場合には全く効果がない18。したがって、COI声明は、最初から信頼に依存している。さらに、意図的に徳を積むことでポジティブな自己イメージを形成し、称賛に値しない行為も自由に行えるようになる「道徳的ライセンス」という影響が、偏見を助長する可能性がある50。野次馬は、表向きはより徳の高い主張者を信じる可能性が高いため、ミスリードを意図したCOI開示の提供者に利益をもたらす。

物議を醸す分野

公共の科学に影響を与える変化については、社会的ジレンマが生じることへの悲観的な見方51と、多様な資金提供や起業家的なウィットに触れる機会があることへの悲観的な見方52の両方がある。54 医師の影響に関しては、臨床治療に対する態度を変えるという証拠がない場合、「贈与」は「贈収賄」ではないと主張されている(この場合、特定の医薬品や産業に反対することが知られている者には贈与されない傾向があることを説明しなければならない)。

おそらく、産業界が大学の誠実さに与える影響が小さいと考えられることは、このような状況におけるCOIのリスクは、医師と患者の関係を阻害するものに比べて、判断を脅かす深刻なものではない(あるいは、より簡単に管理できる)ことを意味しているのであろう。医師のCOIとの違いとして認識されているのは、臨床治療よりも基礎研究に多いと思われる個人的・知的な葛藤が、責められることや不正を行うことが少ないと見られることがあることである。もしこれが事実であれば、産業界の資金調達の戦略、特に大学のような場所でのそれを明確に把握しなければならない。しかし、経済的な懸念は、産業界との関わりを失った大学が直面するであろう不利益への警告へとシフトしている。一般の科学者が、明らかに既得権益者とのオープンな関係を完全に否定されてしまうのであれば、イノベーションを促進することは不可能であり、少数の違反のために優れた科学が罰せられることになり、過剰な規制はイノベーションと基礎科学を臨床に役立てることを妨げてしまうかもしれない。この点については、ガイドラインが悪い関係に対処できないだけでなく、良い関係を阻害しているのではないかと問われている3。

このように、COIのリスクは、適切な位置にあれば、正当化することができる。Institute of Medicineが認めているように、潜在的なCOIがあるからといってバイアスが避けられないわけではない1。さらに、COIリスクを不用意に抑制すると、客観性に影響を及ぼす可能性がある。すなわち、証拠に関する判断は、事実ではなく潜在的なCOIに基づいて行われるということである56。

また、有害であると認識されているだけの場合もあるが、COIは本質的なリスクであると主張し、現在のガバナンスの枠組みの欠点を指摘する人もいる。このグループは、様々な意見を持っている。一方では、産業界が組織的に金銭的利益を追求することは、客観的な科学とは全く相反するものであるとして、産業界との完全な分離を提唱している29。研究コミュニティでは、明らかなタバコ産業とのつながりは一般的に禁止されているが、タバコ産業から資金提供を受けた研究を明示的に出版しない信頼できるジャーナルのリストは少なく57,したがって、潜在的なCOIに対する特定の(そして一部の完全に信頼できる)リスクが、科学にとって根本的に悪いものであるかどうかについては意見が分かれている。DrazenのNEJM論説は、オーサーシップにおけるゼロトレランスポリシーの問題点を浮き彫りにしている。産業界の関与がなければ、多くの臨床応用は失敗に終わるであろうし、同時に、共同研究による発見はジャーナルへのアクセスを拒否されるであろう6。

成長のポイント

COIに関しては、ある分野が他の分野よりも批判されていると主張されている。COIは実際には医学研究のすべての分野に蔓延しており、無数の機関において有益なものと有害なものの実像が信頼できる形で議論されていない60。そのため、COI用語の使用を、人気のない産業に対する単なる「蔑称」として非難する反応もある42。これにより、表向きは分類された産業界の行動から、公的資金を受けている加害者を含むすべての、そして唯一の非倫理的なエージェント、大学や政府などの組織内の活動、そして現在のモニタリングの有効性に焦点が当てられることになる61。 しかし、資金提供者の優先事項や戦略をより意識するようになった今、大学の研究目的を見直す時期に来ているのではないだろうか。複雑な調査を行うには、専門知識やその他のリソースを組み合わせることで、どのように機会を創出しているかを示す必要がある。これは、説明責任と透明性によって定義された枠組みの中で、単に利益を得るだけではなく社会的に価値のある、それぞれが単独では達成できない目標を含む共同目標を達成するためのものである。この範囲内では、産業界の役割は公共財との適合性が高く、大学はイノベーションの推進役として同等の効果を発揮することで連携が定義される。これは、産業界の説明責任と前者の性格が改善された場合にのみ起こるものであり、加えて、実際には産業界の影響力とは無関係な多くの不正の例を無視してはならないだろう。例えば、産業界の戦略の1つに、医薬品開発の基礎となる有望な論文を特定するというものがある。このような大量の発表データを調査することは、発表された結果が再現できない場合に潜在的な不正行為を特定するなど、貴重な社会的目的を果たしている62。しかし、これらの再現実験がどのように行われているか、また、出版物の著者と、潜在的に注目すべき発見を検証しようとしている産業界との間で対話が行われているかどうかについては、慎重に解釈する必要がある。

研究開発に適した分野

医学研究におけるCOIの原因と結果は、これまでにも文書化されてきており、医師と産業界の研究ですでに普及している考え方に基づいている。すなわち、リスクと自分の影響を受けやすいことを自ら認識し、医学の進歩のためには学界と産業界の協力が必要であるという認識がこれまで以上に高まっている。したがって、撤回の増加がCOIの確認と関連しているのかどうかを問うことができる。商業化や競争の激化、さらには2008年の経済危機やその他の雇用不安など、さまざまな要因が考えられる。この調査は、多くの分野で雄弁に研究されてきた財務上のCOIだけでなく、他の潜在的な影響源にも関心を広げるべきである。出世や評判に起因するものなど、あまり定義されていないこれらのCOIは、科学に与える体系的なダメージという点で、同様に問題となる可能性がある。では、これらのCOIは、基礎科学研究の場において、リスクとして適切に管理されているのであろうか63。

商業化は大学の持続可能性に必要な要素であり、公共投資を犠牲にしてまで推進されるものなのか。この点については、大学の戦略を成功させるための他の選択肢や、他の組織構造のCOIを管理する政策から学ぶことについての主流な議論はほとんどない。一つの可能性は、COIを検出する責任に目を向けることである。英国の研究では、英国の国民保健サービスの研究倫理委員会がオリジナルの研究プロトコルにアクセスすることでバイアスを検出する可能性があり、それによって研究の透明性を最初から高めることができるとしている65。

COIは、コーポレートガバナンス、業界と広報、個人の認知バイアスにまたがるものである。変化を起こすための最も効果的な方法は何であろうか?また、その作業を行う意志はあるのであろうか?多くの医学部は、業界との関係、特に医学生が学ぶ上で重要な時期に影響を及ぼす可能性のある関係について、批判的な考え方を身につけるために先導的な役割を果たしている。しかし、医学部のクラブ活動のように、COIの可能性のある状況に抵抗するリーダーシップがなければ、外部からの影響を受け続けることになる。COIを受け入れるかどうかは、しばしば文化の問題であり、人が仲間から学ぶ「隠れたカリキュラム」によって決められる。

また、大学が純粋に知識を生み出す場所(および学習センター)から富を生み出す場所へと拡大してきたため、教員は産業界とのつながりを通じて資金と名声を獲得するプロになる必要があるというのももっともな話である。このような役割は、成功した市場戦略の代名詞であるが、もし大学で明確に採用されれば、「懐疑的」な倫理観やパブリック・サイエンスを根底から覆すことになるであろう。それはまた、大学をインダストリーのマクロ経済に引き込むことになるであろう。そこでは、企業責任や企業倫理が問われているが、特に、何の功績も残さない膨大かつ組織的な慣行を考慮する必要がある。国連グローバル・コンパクトのような考え方は、ビジネスを行う上での原則的なアプローチのためのプラットフォームを作ろうとしているが、その責任の意味(人権に関する緩やかな願望を超えて)とその規範的な重要性は、何よりも利益を重視する企業文化に関しては、まだ意味のある方法では解決されていない。倫理に関する意味のある議論に産業界をどのように巻き込み、消費者の要求や市場の期待に応える以上の方法で公共の利益に貢献することができるのか、という問題が残っている66。さまざまな場でCOIを生み出す状況の受容可能性または拒絶可能性についての規範的な調査(比較説明に基づく)や、医学研究にCOIが蔓延することについての説得力のある理由の作成が急がれる。

結論

製薬会社の発見は、病気を治療する我々の能力を大きく向上させた。..しかし、製薬会社のマーケティングは、その結果が些細なものではない医療よりも、他の産業における消費者向けのマーケティングと密接に関連している。67 組織的な不正行為、偏見を生み出す戦略、規制の逸脱、政府へのロビー活動、患者のニーズ(医薬品への公平なアクセスなど)を満たせていないことなどが明らかになった場合には、引き続き世間(および法的)の非難を受けることになる。産業界によるこのような違反行為が例外的なものではないということは、このような資金提供の機会がもたらす負の影響を無視することに懐疑的な世間(および大多数の学術的意見)が正しいことを示唆している。したがって、ローゼンバウムの3つの中心的な主張は、根本的に疑問視されるべきである。彼女の意見は、「ビッグ・ファーマ」への絶え間ない批判からの脱却であると考える人も多いと思う。確かに、COIに関しては、道徳的な怒りの表現は時に一般化しすぎているかもしれないし、必然的な反発は、良い資金源と悪い資金源を区別するのに十分な機転を利かせていないかもしれない。しかし、インダストリーに対するこれらの反応が「経験的に偏っている」という彼女の主張は、証拠とはうまく一致しない。さらに、「大きな」事件が「悪い」倫理、過剰な規制、不当で断定的な非難を生むともっともらしく主張できるのであれば、組織的で絶え間ない加害者を捕らえるためのより効果的なモニタリングと、その罪を真に罰するためのより効果的な罰則の枠組みが必要であることも主張される。そして何よりも、このようなパートナーシップに着手する前に、業界の戦略が持続的に変化していることを示す証拠が必要であり、大学の現場でこのようなパートナーシップが不可避になる前に、これが必要であることを強く訴える。医学界は、教育、職業上の規制、実践規範にもかかわらず、このような関係が自分たちの職業の品位にどれほど深い傷を与えているかを、誰よりもよく知っているはずである。大学にとっては、科学的方法の規範、偽りを暴くことに尽力しているという考えを広める義務、そして懐疑的なコミュニティの進んだメンバーにのみ見られる擁護やイデオロギーとの適切な距離が問題となっている。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker

コメント コメント欄を設置しました!