ロバート・マローン

アレックス・ベレンソンがFox Newsで語った「待ち伏せ攻撃」 プロの嫉妬は醜いものである

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Bushwhacked by Alex Berenson on Fox News
Professional jealousy is an ugly thing
Bushwhacked by Alex Berenson on Fox News
Professional jealousy is an ugly thing

ロバート・W・マローンMD、MS

 

アレックス・ベレンソンがFox Newsに出演し、面と向かって私を嘘つき呼ばわりし、私がRNAワクチンを発明していないと言った。

プロ意識に欠け、無礼であり、おまけに嫌な奴である。

しかし、それ以上に、我々は皆、CONTROLED OPPOSITION(統制された対立)を想定できると思う。

そこで、インターネットで検索して特許を見つけ、それを読む方法を知らないことが明らかなアレックスのために、私が簡単に説明する。

まず、1989年に行われた2つの原理実証実験を、優先権日が1989年の特許から紹介する(発行日は後であるが、アイデアや実験の日付は米国特許庁が決定した1989年3月21日である)。

実施例8

gp 120の遺伝子(pllenv3-1 from the Aids Research and Reagent Program, National Institute of Allergy and Infectious Disease, Rockville, Md. 20852)を実施例4の手順でプラスミドPXBGに挿入することを除いて、実施例1〜5に従ってHIVウイルスのgpl 20タンパク質をコードするmRNAを含むリポソーム製剤を調製する。実施例6に従って調製され、200pg/mlのgpl 20 mRNAおよび10%スクロース中の500ug/mlの1:1 DOTAP/PEを含む200plの量の製剤を、1日に3回、マウスの尾静脈に注射する。最後の注射から約12〜14時間後に、注射部位から筋肉のセグメントを取り出し、実施例7にしたがって細胞ライセートとして調製する。

HIV特異的タンパク質gp120は、同じく実施例7の手順に従って、ライセート中で同定される。mRNAを接種したマウスの血清中に存在するgpl20抗体がHIV感染を防御する能力は、以下のようなHT4-6Cペストリダクションアッセイによって決定される。

HT4-6C細胞(CD4+HeLa細胞)を、Bruce Chesebro博士(Rocky Mountain National Lab、Mont.)から入手し、RPMI培地(BRL、Gaithersburg、Md.)中で培養する。次に、この細胞群をバッチに分割する。いくつかのバッチは、約107個のHT4-6C細胞に約105〜106個のHIV感染ユニットを加えてHIVに感染させる。他のバッチは、HIVと、gpl 20 mRNAでワクチン接種したマウスの血清約50plの両方を添加して、HIV感染に対するgp120免疫血清の保護効果を試験する。3日間の培養後、すべてのバッチの細胞を洗浄し、固定し、クリスタルバイオレットで染色し、平面の数をカウントする。gpl 20免疫血清の保護効果は、gpl 20 mRNAをワクチン接種したマウスの血清とHIVの両方で処理した細胞のバッチにおけるプレーンの数が、HIVのみで処理したバッチの数と比較して減少したこととして決定される。

 

初期の特許の優先日は1989年

最初の特許

以下は、上記の特許-優先権日1989から引用した本発明の記述の一部である。

DNAおよびmRNAワクチン

本発明の方法によれば、発現可能なDNAおよびmRNAの両方を細胞に送達して、そこにポリペプチド翻訳産物を形成することができる。核酸が適切な制御配列を含んでいれば、コード化されたタンパク質の比較的大量の合成を指示する。細胞に送り込まれたDNAやmRNAが免疫ペプチドをコードしている場合、この方法は、細胞内ウイルスを含む感染体や、腫瘍細胞に対する免疫を向上させ、より効果的にするために適用することができる。

すべての脊椎動物の免疫システムは同様に機能するので、記載されているアプリケーションは、魚類だけでなく、哺乳類および鳥類からなるすべての脊椎動物のシステムで実施することができる。

 

免疫に用いるポリヌクレオチドは、好ましくはmRNA配列であるが、非複製性のDNA配列を用いてもよい。ポリヌクレオチドは、注射用の担体のみを用いて体内の組織に導入してもよいが、脊椎動物から得られた細胞のインビトロトランスフェクションを行う方法では、リポソーム製剤が好ましい。

担体は、好ましくは、等張、低張、または弱高張であり、ショ糖水溶液のような比較的低いイオン強度を有する。さらに有利には、ポリペプチドの形で、またはポリヌクレオチドの形でリポソームに取り込まれるサイトカインの供給源を含んでいてもよい。

本方法は、体液性免疫応答、細胞性免疫応答、またはこれらの混合物を選択的に誘発するために使用することができる。細胞がクラスlの主要組織適合性 cnmplexを発現し、免疫原性ペプチドがクラスI複合体の文脈で提示される実施形態では、免疫反応は細胞性であり、細胞傷害性T細胞の産生を含む。

この分野に関する私の論文およびその他の特許の一部(1988年~2000)

実際のデータ、特許開示、ミーティングノート、ラボブックなどをより深く知りたい場合は、こちらのウェブページを見てほしい。

特許・論文-1990年代のもの

ジル・グラスプール・マローン博士による、初期の出来事の書面による歴史については

タイトルとURLをコピーしました