脂質過酸化物の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー)

脂質過酸化反応とその酸化物 (LPO) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 活性酸素関連記事 活性酸素(神経変性疾患・アルツハイマー病発症因子) 活性酸素の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 脂質過酸化物の種類と治療アプロー...

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 ...

アセチル-L-カルニチン(認知症・アルツハイマー)

アセチル-L-カルニチンの効果と研究 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 カルニチン(アセチル-L-カルニチン)は、ミトコンドリアの脂肪を燃焼を助ける化合物。 肉やミルクなどに含まれる天然のアミノ酸、牛乳も飲まない厳格なベジタリアン(ビーガン)...

アルツハイマー病発症因子 インスリン感受性、インスリン分泌、インスリンシグナル伝達

リコード法 36項目 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 アルツハイマー病におけるインスリン インスリンシグナル伝達と関連するタンパク質は、海馬や側頭葉などアルツハイマー病と関連する多くの脳領域で検出されている。 インスリンシグナル伝達はアル...

テロメアを改善する20のアプローチ(認知症・アルツハイマー)

リコード法 36項目 テロメアの長さを増やす サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 テロメア テロメア テロメア (telomere) は真核生物の染色体の末端部にある構造。染色体末端を保護する役目をもつ。 これまでの臨床研究により、短いテロメア長は自...

認知症予防診断検査 コグノスコピー 概略

認知症・アルツハイマー病予防検査 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 ブレデセン博士が提唱するコグノスコピー(Cognoscopy) 40代からのコグノスコピー ブレデセン博士が、多くの人に覚えてもらえるよう大腸内視鏡検査の英語コロノスコ...