3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSWEF/グレート・リセットパンデミック・ポストコロナプロパガンダ・全体主義

「戦争の霧が生み出す盲点」ピアーズ・ロビンソン博士との対話
'Blindspots created by the fog of war' with Dr Piers Robinson

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

 

危機的状況にはしばしば、かなりのレベルのプロパガンダと検閲が伴い、感情が高まり、当局が公衆と政治的議論の輪郭を比較的容易に決定できることは、学術的な文献でよく立証されています。

コビッド19への対応を通じて、私たちは確かにこれを目撃してきたし、おそらく、戦争という状況下でも同じことを目撃しているのでしょう。

プロパガンダの役割と、次から次へと起こる危機のリスクを評価するために、政治学者でプロパガンダ研究機構の共同ディレクターであるピアーズ・ロビンソン博士をお招きしました。コミュニケーション、メディア、世界政治を中心に研究しており、紛争や戦争におけるプロパガンダの役割を専門としています。

このエピソードでは、COVID-19に関して表面化した問題から注意をそらし、一部のアナリストが警告している政治的・経済的課題からの新しい気晴らしとして機能するために、当局がいかに戦争を道具化する可能性があるかを検証します。


Dan Astin-Gregory 0:00

先日の解説で、過去数年にわたるパンデミックとCOVID注19の文脈の中で最近起こったことの類似性と、ウクライナでの戦争の表現方法と類似している文化やメディアの要素について分析を行いましたが、今回はその中から、ウクライナでの戦争がどのように表現されたかを紹介します。

「COVID-19からウクライナの危機と集中の重要性へ」というタイトルの論文をPANDAで発表したばかりのピアーズ・ロビンソン博士にお越しいただき、先週の金曜日にお話ししたような問題について触れていただきました。

さて、ピアーズは政治学、コミュニケーション・プロパガンダの分野で豊富な経験を持っています。シェフィールド大学でプロパガンダ研究組織の共同ディレクター、政治ジャーナリズムの学術的政治と社会を形成し、そのキャリアの大部分を、今日私たちが話す様々なテーマの分析に費やしてきました。プロパガンダの概念、ここ数年の使われ方、戦時中の使われ方など、これらの類似点をより深くお話ししていきます。

そして、これらの問題のいくつかが何を隠しているのか、また、私たちの国内および世界、政治、社会、文化の課題において何を可能にしているのか、についてです。ピアーズ、この重要な対話のためにあなたをお招きできることを大変うれしく思います。パンデミック・ポッドキャストへようこそ。

Piers Robinson 1:28

ありがとうございます。ご一緒できてうれしいです。

Dan Astin-Gregory 1:31

つまり、戦争とパンデミックは明らかに全く異なる状況なのです。しかし、パンデミックの間中、確かにイギリスでは、ボリス・ジョンソン首相がこのような戦争のような足取りで、さらにはロックダウンの導入初期から我々が使う戦争のような言葉で、自らを位置づけていたことが分かっています。

ボリス・ジョンソン氏はチャーチルを気取っているのかもしれませんが、パンデミックの期間中に使われた言葉と、現在、実際の戦争を表現するために使われている言葉は非常によく似ています。COVID-19に対するメディアや国民の反応を見て、最初の反応はどうでしたか?今、ウクライナで起きていることに、すぐに類似点を見出すことができましたか?

Piers Robinson 2:31

そうですね、問題提起の前に、ウクライナの場合はどうなのか、COVIDの場合はどうだったのか、ということです。その類似性というのは、戦時下のメディアに関する学術的な文献を要約するだけでも価値があります。これには膨大な文献があります。

多くの人にとって驚くような結論ではないかもしれませんが、それを明確にする価値はあります。戦時下には非常に高度なプロパガンダがあり、当局が物語をコントロールするために協調的かつ意図的な試みが行われることが分かっています。

戦時下では、裏切り者だとか、敵の味方だとか非難されることなく、反対意見を述べるのは非常に難しいということも分かっています。ですから、開かれた議論をするのは非常に難しい環境です。当局は非常に高度なプロパガンダを行っています。

以前の紛争(ベトナム戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦など)を研究した文献から、私たちはこのようなことを知っています。このような力学の結果、反対意見に対する圧力や反対意見の弾圧が、当局のプロパガンダと結びついて、紛争状況において当局や主流メディアによって信じられないほど一方的な理解が常に促進されることが分かっています。

通常、非常に単純化された善対悪に還元されます。ほとんどは、自分が善の側で、敵は悪です。そして、文脈や説明、ニュアンスやXの説明の枠組みは片側に押しやられてしまい、明確な加害者と被害者の物語が語られることになるのです。

そして、このような人々の感情の高まりと相まって、戦時には人々は非常に強力な方法で動員されます。歴史的には、戦時中に自国の軍隊を支援したいというナショナリズムや愛国心のような感情がありました。2003年のイラク侵攻の際も、もちろん多くの国民が反対しましたが、戦争が始まると、ほとんどの国民がライオンに乗って軍隊を支援しました。

この25年間、欧米では自然な愛国心も働いていましたが、それとは異なる種類の感情的な動員が行われました。これは私の初期の博士論文で、CNN効果や、人道的危機に介入するメディアからの働きかけについて研究したものです。

この種の道徳的要請は、欧米政府が推進する物語やプロパガンダに受け継がれています。例えば、2003年のイラク侵攻に話を戻すと、大量破壊兵器の議論がありましたが、同時に、イラクに民主化をもたらし、悪の独裁者を排除するためにここにいる、と宣伝されました。

人道的な介入なのです。そして、それは続いています。これは強力な動員力になり得ると思います。ウクライナの例で見られるように、プロパガンダによって推進された物語を支持するように、人々の感情を掴んでしまうのです。

20世紀における紛争は、自国民の支持を固めようとする指導者の計算の上に成り立っていると、一部の歴史家がすでに主張しています。私の記憶が正しければ、1980年代初頭にアルゼンチンがフォークランドに侵攻したとき、私が当時目にした議論の一つは、ガルテの時代は主に自国での国民の支持を固めるために侵攻したのだから、それは人気のあることだろうというものでした。

ですから、そういうことも念頭に置いておくといいでしょう。ウクライナの場合ですが、戦時中にメディアがどう動くか、その公式の物語、高度なプロパガンダ、メディアが一直線に並ぶ、感情の高まり、反対意見の欠如、開かれた議論の欠如が進行しているというのが、学者の見解なわけです。そして、それが歴史的に分かっていることなのです。

Dan Astin-Gregory 7:02

イラク戦争や他の戦争との対比は興味深いですね。私はポッドキャストを聴きましたが、それは2019年の今週で、そうした政治的な影響について調べたものです。戦争には常に勝者と敗者が存在し、それは戦っている国に限ったことではありません。

そのような影響については、後ほどお話ししましょう。しかし、あなた自身は、プロパガンダを研究してきた者として、あなたは、その公正な分け前を受け取ってきたし、以前にこれを見る仕事を通して、受け手になったことがあります。

Piers Robinson 7:51

私の学問的研究の背景は、当初はメディアが外交政策決定に与える影響を研究していました。イラク侵攻以降は、戦争に関するメディアの報道を調べ、メディアの報道を分析し、それがどのようなバイアスに作用しているかを調べました。

というのも、私たちは座ってメディアを好きなだけ批判することができる、ということを学者として理解し始めたからです。しかし、実は裏で行われているもっと大きなプロセスを見逃しています。それが、プロパガンダ活動です。

私が最初に興味を持ったのは、イラク侵攻を正当化するために使われた情報と、その侵攻に至るまでの過程を覗き見ることでした。私が見ていたのは、イギリス政府内で何が起きていたかを示す文書で、BBCやギリガン、デビッド・ケリーの問題から流れたものもありました。

しかし、出てきた文書は、イラクに関連するプロパガンダに関して、いかに大規模な計画があったかを如実に示していました。メディアや世論を見るだけでなく、情報が操作され、製造される現場を見なければならないのです。そこで私はイラクに目を向け、イラクに関する論文を発表しました。そして、世界的な対テロ戦争にも目を向けるようになりました。

というのも、イラク戦争への英国の関与に関する調査であるチルコット調査から、「テロとの戦い」に関連して明らかになった問題の一つは、ブッシュとブレアの間で、イラクに関する計画の多くが、911事件の直後にすでに進行していたことでした。その時点で、政権交代戦略への明確な推進力があったのです。

そして、チルコットの調査から明らかになったことは、私たちが過去20年間経験してきた戦争について、非常に注目すべきことでした。この20年間、私たちが経験してきた戦争は、おそらく国民が認識していたよりも、もっと高度な計画の要素があったということです。

そこで、プロパガンダの調査を続け、シリアに目を向け始めました。そのときから、物事がとても面白くなり始めました。イラクを見終わった人が、シリアの紛争を見て、プロパガンダを見るのは当然のことだと思い、シリアの戦争を見始めたのです。

もちろん、シリアを見る上での問題は、それが現在進行中の戦争であり、現在進行中のプロパガンダであるということでした。私が他の学者たちとシリアの問題を調べ始めると、すぐに猛烈な攻撃を受け、中傷されるようになりました。その一例を挙げると、私たちはシリアと媒体のプロパガンダを調査するワーキンググループを立ち上げました。

そして、実際にシリアに関する実質的な論文をワークプリントのウェブサイトで発表する前に、私たちはタイムズ紙の一面を飾ったのです。これは、シリアのドゥーマで化学兵器による攻撃が行われた後、フランス、イギリス、アメリカが報復としてシリアを爆撃する前のことで、この論争は今でも私が検証して見ているところです。

陰謀論者、プーチン擁護者、戦争犯罪否定論者と非難され、一面を飾ったこともありました。社説では、私たちを意図的に解雇するよう求め、写真入りの記事もいくつかありました。それ以来、攻撃は止まりません。攻撃の雷が鳴り続けているのです。

長年にわたって、私たちの仕事は、現在の紛争とプロパガンダ活動のつま先を踏んでいたため、主に根こそぎやられたのだと思います。こうした攻撃や、人を中傷するような行為、反対意見を封じ込めるような行為によって、語って欲しくない問題について人々に語らせることになるのです。私自身の経験は、誰にとっても興味深いケーススタディだと思います。しかし、COVID-19に関連して私たちが見てきたことを教えてくれているのです。

Piers Robinson 12:21

質問を封じ込め、人々を中傷するというこの種の全体的な戦術は、彼らの学問的評判、あるいはいかなる評判をも破壊しようとはしないのだと思います。私たちはCOVID-19でそれをはっきりと目にしました。COVID-19のイベントしかし、早い段階からこのようなことが見られました。

しかし、私が今、よく言うように、科学者たちは、「ちょっと待てよ、もしかしたら、ロックダウンされて、益となるよりも害となるのではないか」と言いながら、出てきたのです。優秀な科学者が、非常に大きな汚名を着せられたのです。また、大手ハイテク企業のYouTubeやFacebookが、こうした人々を排除するために当局と協力したこともありました。

アメリカで開催された「グレート・バリントン・デスペレーション」に対して、積極的なテイクダウンが行われたのです。オックスフォードのスネトラ・グプタは、明らかに、ジェイとマーティンがリードして冷静になったように、疫学者、著名な、非常に尊敬されています。

そして、そのケースで、あなたは、彼がアメリカの国立衛生研究所から治していたファウチを持って、ちょうどほとんど何気なく、大山宣言に気づき、そしてそれを倒す方法を議論して、オープンな科学的議論を通してそれを倒さないようにしました。オープンな科学的議論ではなく、中傷や信用失墜によって崩壊させるというもので、COVID-19の場合も実は同じ戦術です。

これは中傷の戦術です。人格攻撃の戦術であり、実際には広報の戦術です。広報というと、プロパガンダだと言う人もいるでしょう。しかし、それが私たちが見てきたものなのです。戦時中のプロパガンダに見られるような、異論を弾圧し、権力に疑問を呈する人々を中傷するキャンペーンです。

その戦時中の様式は隙がなく、COVID-19で見たものとシームレスに融合しているように見えます。政治家がこれを戦争という言葉で表現していることについてお話しましたね。情報環境をコントロールするために私たちが使っている技術は、本質的に戦争時のスタイルであったようです。

COVID-19の場合、かなり破壊的な結果をもたらしました。ロックダウンは益となるよりも害となる、大量注入などは正しいことではありません、という意見も出てきているようです。反対意見の弾圧は非常に悪いことだった、というのがその周辺にあるすべての問題点です。

もし弾圧がなければ、グレート・バリントン宣言にせよ、その他の対応にせよ、多くの人々の日常生活に異常な干渉や圧迫を加えることなく、理性的な対応ができたかもしれないのです。つまり、戦争の足音が聞こえてきたのです。

そして今、ウクライナと一緒に、再びその領域に入り込んでいるように見えます。だから、私が提示したこれらの議論はすべて、私たちがあなた方と一緒に見ているものに非常に当てはまるのだと思います。それが発展し、進行するにつれ、私がインタビューの前に言ったように、つまり、現在の状況を超えてエスカレートすることが心配です。彼は明らかに非常に心配しているようです。

Dan Astin-Gregory 16:39

そうですね。メディアの報道という点では、まだ比較的早い段階であるように感じますが、その増幅という点では、ゼロから100までが信じられないほど速く到達しているのです。もちろん、私のポートフォリオ、私の視点からは、このような要素について話すとき、人が殺される映像や、戦争が起こっている現場を目の当たりにしているという事実を取り去ることはできません。

しかし、私たちは、この映像の一部がすでにそれと類似していることを、ぼんやりと知っています。このピアの難しいところは、類似点があると言っただけで、戦争を最小化するのか、何が起こっているのかを最小化しているのか、と言われてしまうことです。

しかし、我々はCOVIDと同様に、ウクライナで起こっていることについて、すでに偽の画像、偽の動画が出現していることを知っています。我々はCOVIDを通して繰り返しそれを見てきました。パリではそれが世界の複数の国で使われ、病院が受けるストレスが描かれていました。

それはそれとして、COVIDとは全く関係ない。今、ウクライナやロシアの映像が捏造されたり、映画のシーンに使われたりしているのは、はっきり言って事実です。そしてこれは、実際に起こっているシーンがあることを奪うものではありません。

しかし、しかし、私の視点は、メディアの認識に対する信頼のふたを開けることです。メディアはこの事態を、核災害の可能性、第三次世界大戦といった、存亡にかかわる脅威として伝えていますが、それは信じられないほどの速さで実現しました。そうですね、メディアに対する信頼の欠如から、現実をありのままに伝えるという点で、私たちは本当に手がかりがありません。

私たちが見ているものをどのように解釈していますか?また、ここ2、3年の間に目撃されたものと、この紛争という状況の中での初期のものとで、類似していると思われるいくつかの技術について、もう少し詳しく説明していただけますか?そうですね。

Piers Robinson 18:59

最も直接的な懸念は、COVID-19に関連して私が感じた懸念の1つであると思います。COVID-19に関連して、私は人々に、エリートが感情を利用して自分たちが主張することとは別のことを行う可能性があることを警告する記事を書いたと思います。それに関するオリジナルの警告です。しかし、私はまたかなり慎重になって、何が起こっているのか完全には明らかにできないと考えました。しかし、本当に心配になったのは、検閲と人民の弾圧です。

このような事態になった時点で、誰もが最初に考えるべきことは、「なぜ、反対意見の弾圧や検閲が行われなければならないのでしょうか」ということです。それは、当局が自分たちの推進するシナリオの正当性に確信が持てないことを示すものです。

検閲や弾圧を行わなければ、人々の支持を失うだけだということを十分に理解していることの表れです。だから、これは常に大きな警告のサインなのです。もちろん、ウクライナの状況でもそれは明らかで、ロシアに関連する放送局であるRTが削除されたりしています。しかし、検閲も行われています。

私が自分の経験について話したように、COVID-19との関連でも検閲が行われています。私はすでに、学者に対する検閲というか中傷を見てきました。ジョン・ミアシャイマーというアメリカの著名な国際関係学者は、ロシアには安全保障上の利益があり、いずれはそれに反応することになる、つまりNATOが国境に向かって東進しているという議論を指摘しています。

彼はアメリカのジャーナリストから、これはプーチンのシナリオだ、とか中傷されているのを見ました。もし、このような中傷や議論の抑制が行われているのであれば、全体像がつかめるかどうか、常に心配する必要があります。

しかし、特に非常に高いレベルの検閲が行われている場は、「私たちに提示された状況は、白黒はっきりしているというよりも、よりニュアンスがある」というのが、人々が持つべきデフォルトの立場だと思います。

COVID-19が始まったときと同じように、今こそじっくりと考え、時間をかけて、独立した非企業メディアの情報や非政府の情報を探し回り、自分自身の情報を活用するときなのです。プロパガンダの激しさにもかかわらず、「ちょっと待てよ」と言う人もいました。

例えば、「Mail on Sunday」のピーター・ヒッチェンスは、独自の情報を使って何が起こっているのかを問う、初期の声でした。ウクライナの現状から私が得た最大の収穫は、明らかに情報の抑圧が行われているということです。

これは全体像がつかめないという大きな警告です。このまま事態が進展し、たとえば紛争がより長期化すれば、このようなことがますます増え、ロシアとヨーロッパの双方の国民がますます偏り、相手の視点から何が起こっているのかを見ることができなくなり、危険性が増すでしょう。

ロバート・マクナマラが言ったように、敵が自分を見るように自分を見る、自分がどのように見られているかを理解する、より批判的に、よりニュアンスのある方法で考えようとするすべての試みは、この2つの陣営に動員されると失われ始めるのです。

私が今見ているもので、最も憂慮すべきことのひとつは、この紛争を非常に特殊な方法でとらえるよう、当局が人々に働きかけていることだと思います。私が言いたいのは、当局がどこまで紛争を煽るつもりなのか、いささか心配だということです。

Piers Robinson 23:46

地政学的なレベルで、中国、ロシア、インド対欧米というブロックが出現する可能性について、すでに多くの人が話しています。このようなことは、あまり良いことではありません。私たちは国際システムの中で、パワーバランスの変化が起きている地点にいるのです。そうとは言いませんが、かなり急速に進展しているように見えます。そして、それには常に多くの危険が伴います。

これは、COVID-19に関連した彼の背中について話したいという、この問題に触れる前の話です。しかし、人々はこのことに非常に注意を払う必要がありますし、人々を宣伝することによって、どのように国を紛争の場に連れ込むことができるかということに非常に注意を払う必要があります。

COVIDで見てきたように、国民は、市民権の抑圧、国民全体への注射の義務付け、異常な措置など、私たちが生きている間に決して見ることができないと思っていたような異常な場所に連れて行かれる可能性があるのです。

これこそ本当の危険です。自分の頭で考えることができず、何が起きていて、何をすべきなのか、より合理的な理性的評価を展開できないとき、私たちは悪い方向、破壊的な方向に連れて行かれてしまうのですね?なぜなら、この状況で最も合理的な行動は何なのかを考えようとするからです。戦争の太鼓をたたくのではなく?

Dan Astin-Gregory 25:36

そうです、つまり、とても、とても難しいのです、この状況全体がとても難しく、とても、滑りやすく感じます。もちろん、感情的になるのは当然です。

ある人にとっては生死に関わる問題ですから。しかし、私が立ち上がり、この番組を始めるきっかけになったのは、データや科学が示すものと、私自身の生活体験とのギャップが、メディアや政府の中で作られる認識からどんどん離れていったことでした。

そしてまた、私はいつもアステリックスを付けて、「だからといって、深刻な問題がないとは言えません」と言わなければならないと感じていました。私たちが生きている世界では、それを言わなければ、誰かが、お前は否定派だ、などと言い出すこともあるのです。バカバカしいことです。しかし、私は両方の立場を理解できます。

しかし、同時に、過剰なインフレ、センセーショナリズム、宿命論がメディアで目撃されているのも事実です。私自身は、その時点で、この問題にアプローチすることに神経質になっていました。なぜなら、自然界から外れたウイルスや、その種の議論には違いがあります。自然界から外れたウイルスであろうと、研究所の事件によって助けられたものであろうと、戦争は非常に人間が作り出したものですからね。だから、私は自分の言っていることにとても注意を払っています。

そして、何が起こっているのか分からないので、私が病気であることも知っているはずです。ブリストルのこのオフィスに座って、文字通り銃が発砲され、爆弾が爆発している世界の別の場所で起こっていることについて話すのは、私にとってとても心地よいことです。

特に、この2年間に起こったことを考えると、メディアの中で修正主義者のアプローチが見られ、ロックダウンに関するジョン・ホプキンスの研究によると、ロックダウンは反対意見よりも大きな被害をもたらしている、と言っているのです。

私は全期間を通して、メディアがオオカミ少年のような状況を作り出していると常に警告してきました。ディカプリオが最近発表した映画がありますが、これはこれらのテーマについて魅力的であることがわかりました。しかし、私には、それは非常にこれにリンクしていました。

人々のメディアに対する不信感は大きく、ロシアやウクライナについて語られることは、正直なところ、何も信じられないし、中傷されている反対派の声も、より実際の状況に近い声も、信じられない。

しかし、これを見ている一般の人たちは、どのように事態を理解したのでしょうか?プロパガンダをどのようにナビゲートするのでしょうか?2年前、パンデミックの前、率直に言って、私は常に権威に対する健全な不信感を持っていましたが、今のような規模で物事に疑問を抱くことはありませんでした。しかし、多くの人々は、テレビで見たことをそのまま信じているのではないでしょうか。

Piers Robinson 29:16

まあ、一般市民にとっては大変なことです。特に歴史的にBBCが真実を伝えていると信じて生きてきた人々にとってつらいことです。そして、それは難しいことです。

この件に関して人々ができることの一つは、まず第一に、おっしゃるように、何が起こっているのかを知り、確信することは難しいということです。ですから、まず論理的には、特定の流行に乗らないということです飛びつく前に考え、批判的な思考をするスキルをできるだけ身につけることです。そのためには、人々がそのようなスタンスを保つことがとても重要です。

私は、私たちが見ているものに対して人々がすべきことは、太陽を和らげることだと思います。そうですね、少し私の中に入ってきました。だから、私はただ、完全に実際に私たちは行く、私たちは行く。ワシントンの背景、ええと、私が思うに、まず人々が考える必要があるのは、あなたの指摘に戻ると、実際に何が起こっているのか、そしてこれらの人々は、あの、主流メディアを使ってどうやって何でも信じることができるのか、と思っていることです。

つまり、2020年3月に開催されたCOVID-19で私が指摘したことの1つは、エリートや政府、当局が政治的な目的や目標を推進するために危機や状況を道具化したり利用したりするという考えです。

COVID-19に関連して、3月だったと思いますが、私がガーディアン紙に記事を書いた理由は、世界的な対テロ戦争で見られたことがベースになっており、一見バラバラな紛争が起きていますが、実際には、より広い地政学的課題の一部として、戦争や紛争を扇動する意図と調整が行われていることが明らかになったからです。

つまり、イスラム原理主義のテロと戦っているというイメージを植え付け、実際には地政学的な政権交代戦争がその原動力だったというわけです。サダム・フセインがアルカイダと何の関係もないにもかかわらず、彼を排除しようとしたわけです。

政治的エリート、アメリカとイギリス政府は、テロとは無関係の、地政学的な目的のために、911の出来事を利用して、ある計画を開始し、推進しました。COVIDも同様で、これがどのように利用されるかについて、私たちは非常に注意する必要があると思います。なぜなら、これが政治的エリートのやることだとわかっているからです。

彼らはそうやって物事を成し遂げるのです。特定の問題に対して、ほとんどの人が動員されるのです。そして、それを使って他の前線を押し進めるのです。ウクライナとの関係しかし、このことを心に留めておく必要があると思います。

この点で、COVID-19と明確なつながりがあると思います。そして、このことは、COVID-19との関連で、人々が次第に意識し始めたことの問題につながります。ロックダウンは効果的ではありません、注射はその有効性において提示されたものとは異なる、といった認識だけでなく、政治的・経済的な意図が押し進められたという認識もありますね。

もちろん、最も顕著なのはCOVID-19の初期で、世界経済フォーラムでデジタル化社会と未来のビジョンが語られ、大きなリセットのひとつとなったことが挙げられます。

そして、COVIDの危機がもう少し進むと、他の人たちも経済を取り巻く問題に気づき始めたと思うのです。そしてもちろん、これは一部のアナリストが主張したことですが、2019年に大きな金融危機とレポ市場の合併がありましたよね。そして、あなたは金融システムを持ち、それは非常に深く壊れています。

そして、物事を前進させる方法として、そのような解決策が浮かんでいるのです。中央銀行、デジタル通貨、プログラマブル・デジタルID、ワクチン、パスポート、これらすべてが、当局に大きな力を与え、コントロールする力を持つようなインフラを作り出すという主張が、主流ではあまり見られませんが、主流になりつつあります。

もちろん、このアイデアについては、このような議論もありましたね。これは中国の社会信用システムに似ていて、中国の1つか2つの地方で見られるように、根本的な政治的意図が押し進められようとしています。COVID-19の陰に隠れて、人々はウイルスとその対処法に焦点を合わせています。

私たちは、このような動きを目の当たりにしてきました。もちろん、一部の人々は、「それは陰謀論だ」と言うかもしれませんが、実際には、必ずしも大規模な陰謀について話しているわけではありません。

政治家が状況を利用して議題を推進するという話です。COVID-19を理解する上で、私たちはもっと多くのことが起こっていて、人々はそのことにますます気づきつつあるのだと思います。マンデートのようなものは減少しているようですが、私はそうは思いません。

そして、この数ヶ月で明らかになった、ウイルスの物語をめぐる危機、注射そのものに関する問題などがあり、それが引き起こす潜在的な害もあります。世界保健機関(WHO)は、基本的に国家の主権を無視し、パンデミックを宣言し、人々にロックダウンなどを要求する条約を作ろうとしていますが、この動きはまだ続いています。

そして今、ウクライナでは、ロシアとヨーロッパの間で起こっているような分離のために、経済における大きな構造転換が起こる可能性があります。COVID-19に関連して推進されている、私たちが理解し始めた種類の議題が、ウクライナ紛争を装ってどのように進められるか、容易に想像することができます。

それは、起きている根本的な変化から注意をそらし、人々が吟味するのを止め、それに対して抗議するのを止め、抗議や反対運動の規模を見てください、カナダではトラック運転手に会って、ある種の結晶を見ました

Piers Robinson 36:29

オタワでのトラック運転手のキャンペーン、そしてここ数週間は、非常に多くの認識と反発、そして多くのことが起こっていることを理解し、人々は戦争に動員される必要があります。そして、今見ている戦争よりもさらに大きな戦争は、人々の注意をそらす強力な方法となるでしょう。

今、私たちが受け取るべき警告は、世界経済フォーラムについて話すことは、もうおかしな陰謀論ではないということです。彼らは政治的な意図について非常に明確にしていますし、中央銀行のデジタル通貨について話すことも、おかしな陰謀論ではありません。

そして、それを推進することは明らかです。一部のアナリストが行った警告によると、これらの変化は民主主義に大きな影響を与え、権力の集中が起こり、潜在的に、つまり、間違いなく、民主主義を事実上終わらせる必要があるのです。

社会における個人という概念には、権利とある程度の自律性がありますが、それが失われる可能性があるのです。ウクライナで戦争が起きれば、次の大きな混乱につながるという警告を、私は繰り返さざるを得ません。現実味がないわけではありません。深刻ではないということではなく、利用される可能性のある出来事なのです。

このことは、政治学や社会科学の教訓として、誰もが心に留めておく必要があると私は考えています。しかし、極めて警戒する必要があります。民主主義を持たない人がいるとすれば、大きな出来事が利用され、利用されるという事実、911は20年にわたる戦争につながり、戦争は今も続いています。

これは、ピーター・デール・スコットが述べているように、巨大で、構造的に深い出来事です。そして、COVID-19の場合は、ウクライナの状況が、これらの出来事を前進させる次の出来事になる可能性が非常に高いと言えます。ですから、私たちは常に目を見開いている必要があります。

これが、私たちが受け取るべき警告です。なぜなら、私たちは多くのことに直面しているからです。人々は怯えています。30代の人たちの多くは、それを知っているはずです。しかし、少なくとも、COVID-19で人々が行ったように、何が起こっているのかをよく考え、理解し、それに対応することはできるはずです。

COVIDに関連したプロパガンダを通して、抗議する権利が脅かされていること、市民権や民主的権利が潜在的に危険にさらされていること、生活基盤が脅かされていることを人々が理解した場合です。多くの人々がそのことに気づき、行動を起こすことができました。政治的な意識の高い人々を動員することは、左翼や右翼の問題ではなく、この勢いを維持することが重要だと思います。

そして、ウクライナのことを理解し、どのように利用されるかも理解し始めることです。そして、私たちがこれまでやってきたことを継続すること、つまり、抗議行動や組織・政党への参加など、人々が行動を起こしている現状をよりよく理解することです。今、人々がそうすることが本当に重要なのです。

しかし、そのためには、私がすべてを解決したと確信する必要はないのです。私は何が起こっているのかよく分かっているので、危険性を認識すればいいのです。COVID-19やウクライナで見たように、私たちの社会には明らかな危険が存在します。そして、私たちの情報を駆使して、境界線を維持するために前進し続けることが重要なのです。このような路線は、この2年間に現れた、人々が「まあ、いいですか」と言うような路線と見なす価値があるのでしょうか。

Piers Robinson 41:08

企業や国際機関のネットワークがあることは知っていますが、それは決して適切とは言えません。そして、私たちは皆、ロックされ、買い物に行くには注射をしなければならないと言われ、国によっては、人々がそのことに気づき、警戒するのは正しいことです。このようなことを常に意識しておく必要があります。今後数週間、このような状況が続くと思います。

Dan Astin-Gregory 41:40

非常に、ええ、ありがとうございます、ピアーズ。私が最初に行った区別の1つは、歴史の本を見てみると、歴史上のほとんどすべての紛争や危機は利用されていることが明らかだからです。政治的、経済的、技術的、社会的な目的であろうと、おっしゃるように、この機会を利用して前進しようとする人たちがいます。

私の国会議員とも電話で話したのですが、彼のいつもの優先順位は、COVID-19の議論に参加することよりも後回しにされていました。通常のチェック・アンド・バランスと監視のすべてを、私たちがはっきりと目撃したように、この法案が公開されていることは誰もが知っています。

だから必然的に、私たちは法案が通過するのを見ます。通常は、十分な精査をすることなく、インスリンを使わずに通過します。しかし、CRISPR遺伝子編集技術の最初の新しい応用がいくつかあり、それはまた、おそらく通常の状況では承認されないでしょう。

しかし、危機を装って、通常ではありえないような形で、これらのことが加速しています。今あるのは、文字通り、危機から危機へのバウンドで、主流メディアの中にさえ、自分たちの関心の変化をあざ笑うミームが存在します。一夜にしてCOVIDからウクライナに関心が移ったことを、メディア関係者は馬鹿にしているのです。

しかし、その結果、戦争は今後も続くでしょう。イギリス国内では、人権に関する公開協議が昨日の夕方に終了したばかりですし、警察法案や司法に関する法案など、あらゆる種類の法案が提出されますが、戦争がない場合と同じように精査されることはないでしょう。これは英国に限ったことではありません。これは純粋に政治的なプロセスだけであり、経済的、社会的、技術的なものでもあるのです。

そして、紛争はチャンスの土地なのです。しかし、監視の目がなく、モラルや倫理がなければ、どんなことでも起こりうるのです。私が心配しているのは、このことです。私自身は、人々が経験するプロセスがあります。

20代の頃、私はちょうど自分の人生から抜け出したところでした。自分のキャリアを築くために、自分のことをやろうとしていたんです。政治的、経済的、社会的、技術的に、自分の周りで何が起こっているのか、素朴にあまり気にしていませんでした。私が知っているテクノロジーといえば、最新のiPhoneくらいでしょうか。しかし、もっと関心を持とうと思っても、次の壁が立ちはだかるんです。

今日お話しした障壁の中には、「何を信用するのか」「何を信用できるのか」というものがあります。その最初の時点では、実際に精査する時間がなかったために、不信感を抱いていなかったのです。政治的な環境、社会的な環境、文化的な環境、そして技術的な環境など、さまざまなことを意識する必要があるのです。

しかし、第二に、信頼できる情報を得るためにどこを見ればよいかを理解する必要があります。例えば、今お話に出た中央銀行やデジタル通貨は、時間をかけて精査しなければ、金融市場や経済で何が起きているのかを理解することはできません。

このようなことが人の自由にとってどのような結果をもたらすか、そしてそれが自分の将来のプライバシーや経済的選択をする能力、自分の活動に関して国家からの自由を保持するために何を意味するのかを認識することさえ、人は、理解するために通過しなければならないことがたくさんあります。なぜなら、あなた方の誰もが絶対に正しく、今日お話ししたことは何も陰謀ではありません。

今日お話したことの多くは、パンデミック以前から存在していたことですが、それが脚光を浴びるようになったというのも事実です。陰謀のレッテルを貼られ始めたのは、こうしたことの多くが、茹でガエルみたいなもので、技術が開発され

Dan Astin-Gregory 46:21

経済システムは改良され、検討されていますが、そのような危機に陥ったときです。そして、突然、どこからともなく何かに注目が集まるのです。人々は、ああ、これは陰謀に違いない、なぜなら突然、背景で湧き上がっていたにもかかわらず、このように注目されるからだ、と考えます。

しかし、そうではなく、これは現実なのです。だから、これはとても複雑な方程式なんです。この橋脚の上で締めくくりたいのですが、もう一つの最後のピースが、現実に対する私たちの認識が、従来のメディアやレガシーメディアだけでなく、現代のソーシャルメディア、デジタルメディア、アルゴリズム、ビッグデータによっていかに形成されているか、非常に複雑にしているのです。

その認識という点に立ち返らない限り。プロパガンダの文脈では、もし私たちがそのプロパガンダの存在にさえ気づかず、それが私たちの中で役割を果たしているとしたら、つまり、広告は技術的にプロパガンダの一形態なのです。

ですから、もしあなたがそのような意識に至っていないのであれば、私はあなたの意見に賛成です。しかし、私が懸念しているのは、1900年代初頭から続いているテクノクラートの遺産、つまりテクノクラート運動が、ずっと続いていることです。しかし、今、私たちは新たな危機に直面しており、これらのことが加速しているのではないでしょうか?そして、その上にデジタル技術が重なっているのです。

私は希望を抱いていますが、しかし、しかし、どのようにそれを中断させるのでしょうか?このサイクルをどのように断ち切るのでしょうか?そして、どのようにして、最終的にそこから解放されるのでしょうか?プロパガンダの影響から抜け出すために、どのように時間を取り戻せばいいのでしょうか?

Piers Robinson 48:01

まず第一に、プロパガンダが存在することを理解することが、本当に重要なステップだと思います。ローラ・ドッズワースの恐怖の状態を見て、多くの人がプロパガンダが行われていることを理解しました。というのも、プロパガンダの研究者が指摘しているように、私たちはプロパガンダが向こうや戦時中に起こるものだと学びましたが、この素敵で暖かくかわいらしい民主主義国家では起こりません。

しかし、実はプロパガンダは私たちのいる世界の主要な部分であると認識することは、非常に重要な最初の知的ステップです。そうすれば、特にBBCやタイムズ紙など、大きな力を持つ放送局の報道を額面通りに受け取らず、プロパガンダはそれらを通してフィルターにかけられるということがわかります。

そうすることで、少なくとも片側に寄って、自分の頭で考え始めることができます。COVID-19の現実と、私たちが今学んでいること、注射や監禁といったことについて、私たちの組織、学術、メディア、政治システム、そして国会議員が、何の抵抗もなくこれらの政策を実施できたことは、かなり大きな失敗であると思います。

大きな抵抗があったということは、私たちの政治体制が非常に大きな意味で崩壊していることを、誰にでも明らかに示しているのです。その結果、歓迎されない事態に陥ってしまいましたが、これは避けられないことだと思います。私たちは歴史の中で、大きな変化が起こっている地点にいます。

私たちの生活や未来、民主主義が脅かされているのです。そして、この時代には、人々が自分で考えるために、本を読んだり、人と話したりする努力をしなければならないのです。

もし、私が言っているように、システムが崩壊していたら、それは大変な作業になるでしょう。COVID-19は棺桶の最後の釘となるべきものですが、正しく機能していないと言っているのです。もし学界やメディア、国会議員が実際に立ち上がり、何が起こっているかを精査していたなら、もしシステムが崩壊しているなら、誰も助けに来てくれないということですね。国会や主流メディアからピカピカの鎧を着た騎士が助けに来てくれるわけではありません。

しかし、これは大変なことで、私たち全員にとって多くの仕事と関与が必要になるでしょう。しかし、これは状況の規模であり、私たちは代替案の中にいます。視聴者の中には代替案が、民主主義の喪失という点で、私たち自身や子どもたちにとって非常にネガティブな未来に突入することを理解している人もいると思います。だから、私たちは政治的闘争の中にいるのです。また、経済的な問題がどんどん悪化しているのは皆さんもご存知のとおりです。

これらはすべて、人々の時間を奪うものです。しかし、人々は、自分たちに何ができるかを考える必要があります。どうすればいいのでしょうか?どうすればいいのでしょうか?どうすれば、政治的なスペクトラムを越えて、他の人たちと協力できるのでしょうか。

これは、左から右への問題ではないはずです。より良い未来を築くために、あるいは自分たちの条件に合うように構築するために、手助けをするのです。それが、ビルに関する私の結論です。

しかし、結局のところ、現在の社会は、非常に強力で、非常に裕福な人たちによって再構築されようとしているのではないでしょうか。それは大変な作業で、恐ろしいことですが、私たちは歴史の中でそのような段階にいるのだと思います。そして、できることをやってみるのは私たち次第なのです。

Dan Astin-Gregory 52:48

そうですね、ピアーズ、今日のパンデミックポッドキャストでのあなたの洞察と経験にとても感謝しています。私にとっては、あなた方と同じように、私も根本的な決断をしました。そのためには、変革のリーダーたちが、失われつつある自由、平和、真実といった確固たる価値観に基づいた、より良い未来を創造する方法を模索することが必要です。

私たちは最近、Elevateネットワークを立ち上げ、私たちが目撃したことをきっかけに、COVID-19からどのように前進し、周囲の世界を変革し始めるかについて、この種の議論のためのプラットフォームを作りましたので、この議論に参加されたい方は、we are elevate.org にアクセスしてください。この場を借りて、PanDaペアにエールを送りたいと思います。今日はパンダの話はしていません。

しかし、ピアーズはパンダの組織と関わっています。ニック・ハドソンには3回ほど出演してもらっています。ピアーズが今日簡単に言及したCOVIDの論文、nine to Ukraine bouncing from one crisis to net to the next and the importance of staying focusedは、現在パンダのウェブサイトで入手可能です。

Peter Pan data.orgで入手できます。私たちが前進し続けることが本当に重要なのです。それでは、ピアーズさん、今日はインタビューできて本当によかったです。お時間と専門知識をありがとうございました。

そして、この素晴らしいエピソードに耳を傾けてくださった視聴者の皆様にも感謝いたします。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました