ロバート・マローンワクチンワクチン 生殖への影響

科学に目を奪われる!?(科学ニュースの更新:2022年7月21日) Robert W Malone, MD
CDCとFDAは、コビドmRNAワクチンの生殖健康への影響はまれであると主張している。彼らは嘘をついた。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Blinded by Science! (Science news update: 21 July 2022)

BNT162b2 SARS-CoV-2 mRNAワクチンの健常女性の月経周期症状に対する効果について

Int J Gynaecol Obstet, 2022 Jul 20. doi: 10.1002/ijgo.14356.Online ahead of print.

全文PDFはこちら

概要

目的 SARS-CoV-2 mRNA BNT162b2 ワクチンが女性の月経周期に与える影響について検討すること。

方法 SARS-CoV-2 mRNA BNT162b2 ワクチンを接種した女性の月経パターンおよび月経後の変化について、アンケートによる横断的調査を行った。対象は、婦人科的合併症の既往がなく、電子カレンダーで定期的に月経を管理している18-50歳の女性である。すべての参加者は、不正出血に関する情報を含む月経の症状に関する詳細なアンケートを行った。バイアスを最小限にするため、各女性はワクチン接種前と接種後に自己管理者となった。主要評価項目はワクチン接種後の不正出血の割合、副次評価項目はワクチン接種後の不正出血、気分変化、月経困難症を含む月経の変化の有無とした。

結果 合計219名の女性が組み入れ基準を満たした。そのうち23.3%(n=51)がワクチン接種後に不正出血を経験した。また、約40%(n=83)がワクチン接種後に月経の変化があったと報告した。不正出血との正の相関は、不正出血を経験した人の50%(n=26)が多産であるのに対し、不正出血を経験しなかった女性のわずか31.5%(n=53)でした(無産46%対60%、多産50%対31%、その他4%対8%、p=0.049)。また、不正出血を経験した患者では、内科的合併症の有無が有意に高かった(20.0% vs 6.0%、p=0.003)。

結論 本研究は、SARS-CoV-2 mRNA BNT162b2ワクチン接種後の不正出血および月経の変化を比較的高い割合で示している。我々の知見を確認し、変化の大きさや長期的な影響の可能性をよりよく特徴づけるために、さらなる研究が必要である。

全文掲載の結果

すべての参加者がBNT161b2 mRNAワクチンの2回接種シリーズを完了し、接種間隔は平均22.1±5.1日であった。ベースラインの月経特性の分布を表2に示す。

ワクチン接種前の平均月経周期は29.4±7.6日、月経持続期間は5.0±1.3日であった。

研究に参加した219人の女性のうち、23.3%(n=51)がワクチン接種後に不正出血を経験した。 そのうち、SARS-CoV-2 BNT162b2 mRNAワクチンの初回接種後に39.2%(n=20)、2回目接種後に60.8%(n=31)が不正出血を訴えた。

不正出血を経験した51人のうち、66.7%(n=34)が月経予定日より前に不正出血があった(平均9.9±3.0日)、33.3%(n=17)が月経予定日より遅れた(平均12.3±6.3日)と報告された。不正出血の程度は、47%(n=24)が軽いと回答し、21.6%(n=11)が中程度、31.4%(n=16)が重いと回答した。不正出血を報告した人のうち、31.4%(n=16)がワクチン接種後3ヶ月間不正出血が継続したと報告し、68.6%(n=35)が調査期間中継続しない一過性の変化と報告した。 また、37%(n=83)がワクチン接種後に月経の変化(不正出血、気分の変化、月経困難症など)を報告している。

研究参加者の約68%(n=55)がワクチン接種後に月経困難症を報告した。 そのうち、47.3%(n=26)が新たに発症した月経困難症、あるいは既存の月経困難症の重症度が上昇したと報告した。

その他の月経に関する症状としては、腹痛(n=24)、骨盤痛(n=11)、新しいニキビの出現(n=11)、乳房の圧痛(n=4)、ホットフラッシュ(n=1)など、ワクチン接種後の試験参加者の55.5%(n=45)が報告された。

ワクチン接種後の月経に伴う気分の変化(ワクチン接種前には報告されなかったもの)は、9.6%(n=21)の女性から報告された。


COVID-19ワクチン接種BNT162b2は、精液提供者の精液濃度と総運動数を一時的に低下させる

アンドロロジー社 2022年6月17日

Andrology誌に掲載された後方視的、縦断的、多施設研究において COVID-19 BNT162b2 ワクチンの精液パラメータへの影響を、37 人の精液提供者を対象に、接種前後の異なる時点で評価した。ワクチン接種後75-125日で精子濃度と総運動回数のワクチン接種前との選択的な減少が報告された(それぞれP= 0.01, P =0.007)。これらのパラメータは、ワクチン接種後145日目以降に正常レベルに回復した。

(欧米諸国の精子数は1973年から2011年にかけて52%も減少している) 


COVID-19ワクチン接種後の月経周期障害について

ウィメンズヘルス(Lond)2022年1月号 DOI: 10.1177/17455057221109375

概要

はじめに COVID-19ワクチン接種後,生殖年齢にある女性から月経周期の変化が報告された。

材料と方法 国際産科婦人科連合によると正常な周期を持つ18-41歳の女性で、ワクチン接種(J&J/Janssenを除く2回接種の完全スケジュールまたは1回接種の不完全スケジュール)を受けた女性を対象に、ソーシャルネットワーク上で調査を行った後、レトロスペクティブ研究を実施した。妊娠中または授乳中の女性、月経不順や早期閉経の原因となる疾患(拒食症、過食症、多嚢胞性卵巣症候群、甲状腺機能低下症、肥満、低体重)、子宮摘出または卵巣摘出患者、ハイパフォーマンスのアスリートを除外した。

結果を報告する。 2021年7月から9月にかけて、全体で950人の女性が調査に協力した。合計で408人の女性が包括基準を満たし、184人が以下の特徴を報告した:頻度(普通43.47%、不定期25%、頻繁31.53%)、規則性(普通51.08%、不規則42.93%、欠席・無月経5.97%)、期間(普通65.21%、長期26.08%、欠席・無月経8.69%)、数量(多い41.84%、軽微な20.65%、欠席・無月経6.52%)。

結論 SARS-CoV-2感染およびCOVID-19ワクチン接種が月経周期に影響を与え、変調をきたす可能性がある。


パクスロビドに悪いニュース?コロナウイルスはCOVID-19の薬剤を回避する方法を複数見つけることができる

SARS-CoV-2のプロテアーゼに耐性変異があることが研究により判明、一部の循環感染型にも変異があることが判明

2022年6月29日

このコロナウイルスは、米国でCOVID-19の治療に認可されている2種類の経口抗ウイルス剤のうち、圧倒的に広く使われているこの薬に対して感受性が低くなるような変異を起こす可能性があることが、多くの新しい研究によって明らかにされた。研究者たちは、すでに感染者の中に循環している変異株の中に、そのような変異を発見しており、医師たちがCOVID-19と戦うための最高の治療法の一つをすぐに失ってしまうかもしれないという新たな懸念を引き起こしている。

コロンビア大学のウイルス学者で、30年ほど前にHIVの薬剤耐性変異を最初に記録した人物の一人であるDavid Hoは、「この研究を総合すると、ウイルスに圧力をかけると逃げ出すことが分かる」と言う。ホーは今回の研究には参加していないが、SARS-CoV-2について同様の研究を行っている。新しく同定された突然変異はまだ広まってはいないが、Hoや他の多くの科学者は、それは時間の問題であると考えている。「世の中にある感染症の量を考えれば、いずれは起こることだ」とHoは言う。

パックスロビドは、米国において、重症のCOVID-19を発症しやすい危険因子を持つ人への使用が制限されているが、今回の耐性に関する研究は、そのような最近の懸念に対応するためのものである。メディアで広く報道された逸話的な報告を裏付けるように、いくつかの研究では、通常の5日間コースを受けた感染者のごく一部が、最初は良くなっても、症状がぶり返すことが分かっている。今月初め、ファイザー社は 標準的なリスクのCOVID-19患者を対象とした本剤の大規模な臨床試験を中止しましたが 、これは死亡や入院に対する統計的に有意な予防効果が認められなかったためである。


ファイザー、米国FDAへの新薬承認申請に向けて「パクスロビド™」の追加データを発表

2022年6月14日(火) – 04:30pm

  • PAXLOVID™(ニルマトルビル錠、リトナビル錠)のEPIC-SR試験において、自己申告による4日間連続の全症状緩和の持続という新規主要評価項目は、既報の通り達成されなかった。

  • 標準的なリスクの患者さんで得られたデータは統計的に有意なものばかりではないが、 EPIC-HR試験で認められた有効性を裏付けるものであり、今後米国FDAに提出する高リスク患者さん向けのNDAに含まれる予定である。

  • 事前に設定した副次評価項目では、プラセボと比較して、全患者の1日あたりのCOVID-19関連の受診率が名目上有意に62%減少した。

  • サブグループ解析では 重篤なCOVID-19の危険因子を少なくとも1つ持つパクスロビド投与患者において、入院および死亡が57%減少することが確認された(有意差なし )。

  • ファイザー、EPIC-SR試験において標準リスク集団の入院または死亡率が低いことを理由に登録を中止、アンメットニーズの高い集団での治療評価を継続する。

ERGO:パクスロビドの治験は標準リスク患者での有効性欠如のため中止。ポトスにとって、パクスロビドの使用はおそらく不当であることを意味する。


データがあった。2020年11月Cochrane Database Syst Rev – メタアナリシスのゴールドスタンダードは昔も今も明確である。

このマスク着用はどれも科学的根拠がない。 私たちの公衆衛生サービスが私たちや子供たちに行ったことは卑猥なことだ。 説明責任を果たす必要がある。

呼吸器系ウイルスの拡散を阻止または低減するための物理的介入法

メタアナリシスCochrane Database Syst Rev

.020 Nov 20;11(11):CD006207. doi: 10.1002/14651858.CD006207.pub5.

著者の結論 

試験における高いバイアスリスク、アウトカム測定のばらつき、試験中の介入に対する比較的低いコンプライアンスは、確固たる結論を導き出し、その結果を現在のCOVID-19パンデミックに一般化する妨げとなる。フェイスマスクの効果については不確実性がある。エビデンスの確実性が低いということは、効果推定値に対する信頼性が低く、真の効果は観察された効果推定値と異なる可能性があるということである。無作為化試験のプール結果は、季節性インフルエンザ時の医療用・手術用マスクの使用による呼吸器系ウイルス感染の明確な減少を示さなかった。医療従事者の日常ケアで呼吸器ウイルス感染を減らすために医療用/手術用マスクを使用する場合、N95/P2呼吸器と比較して明確な差はなかった。手指衛生は、呼吸器疾患の負担を緩やかに減少させる可能性が高い。物理的介入に関連する害は十分に調査されていない。複数の環境と集団、特にARIのリスクが最も高い人々における、これらの介入の多くの有効性に取り組む、大規模で適切に設計されたRCTが必要である。

以下は、その結論である。

医療用・手術用マスクとマスクなしの比較

ウイルス性呼吸器疾患の蔓延防止を目的とした医療・手術用マスクとマスクなしを比較した9試験(うち8試験はクラスターRCT)を対象とした(医療従事者対象の2試験、地域住民対象の7試験)。 9つの試験(3507人)から、マスク着用は非着用と比較してインフルエンザ様疾患(ILI)の転帰にほとんど差がない可能性があるという確信度の低い証拠が得られている(リスク比(RR)0.99,95%信頼区間(CI)0.82~1.18。マスクを着用することは、マスクを着用しないことと比較して、実験室で確認されたインフルエンザの転帰に対して、おそらくほとんど差がないという中程度の確実性の証拠がある(RR 0.91, 95% CI 0.66~1.26; 6試験;3005人)。害はほとんど測定されず、報告も不十分であった。 COVID-19では、2つの試験で合計72,000人をリクルートする予定である。1つは医療用/手術用マスク(N=6000)を評価し( Annals of Internal Medicine, 18 Nov 2020 掲載 )、1つは布製マスク(N=66,000)を評価するものである。

データおよび無作為化臨床試験は広範囲に及んでいる。 結論の全文は、下記のPDFへのリンクから読んでみてほしい。本日実施した私の文献調査では、コクランメタ解析の結論を変更するような新しい研究は見つからなかった。

記事全文

CDCの集団思考に大きな問題があると結論付けるしかない。サージカルマスクや布製マスクの使用を支持する本当の無作為化臨床試験やデータはない。なぜCDCは2020年にこのことを知らなかったのだろうか?どうして今、このことを知らないのだろうか?

「私たち」は、子どもたちに何をしたのだろうか。

もう終わったと思ってるのか?

なぜヘッドスタートはまだ我々の幼児や子供をマスクしている?

なぜロサンゼルスは屋内マスク政策を復活させるのか

なぜCDCはCOVIDの高発生地域でもフェイスマスクの着用を求めるのだろうか?CDCは、米国人口の35%を高発生地域に挙げている。

「」
「」

当たり前のことを言えば、このマスク着用やロックダウン(住民の隔離)などのおかしな政策は、COVID-19で終わりそうもない。 間もなく、来るべきインフルエンザの季節にも、あらゆる種類の呼吸器系の脅威に対してマスクが要求されるようになるだろう。近いうちに、私たちは皆、家にいるように言われるようになるだろう。ひどいインフルエンザの流行に備えて隔離するように。

皆さん、私たちの免疫システムは、呼び水となり、教育される必要がある。 ウイルス、アレルゲン、バクテリア、汚れなどにさらされる必要がある。そうすることで、強い免疫システムが構築されるのである。 だから、田舎にいる子供たち、屋外で遊んだり働いたりしている子供たち、他の子供たちと一緒にいる子供たちは、大人ほど病気にならないのである。

CDCは、病弱な子供を過保護に育てる親のようなものだ。 善よりも悪を行う親。

公衆衛生とCDCによって仕組まれたこの狂った集団精神病の出来事を終わらせる時が来たのだ。 この地球上の人間の生活は、正常に戻らなければならないのだ。


COVID医療緊急事態があるのか? ノー 、だから更新されたばかりの医療緊急事態宣言が公衆衛生と関係あるふりをするのはやめよう

重要なことは、HHSは、SARS-CoV-2抗原または遺伝子情報(PCRなど)が陽性となった入院患者をCOVID患者であるとみなしていることである。 これは、よく言えば非常に誤解を招きやすい、悪く言えば偽情報である。

 

「」
タイトルとURLをコピーしました