グリホサートロバート・マローン

より良い健康 | オーガニックフード
その証拠に。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Better Health: Organic Food

rwmalonemd.substack.com/p/better-health-organic-food

「」

私は以前、オーガニック食品を食べることの重要性について、やや懐疑的な見方をしていた。 そして2018年、JAMAに重要な論文が出た。その研究によると、オーガニック食品を食べる割合が高いと、がんの全リスクと逆相関することが明らかになった(P for trend = 0.001)。 この場合の逆相関とは 、 食事にオーガニック 食品が多いほど、 がんが 少ないということだ。

それ以来、有機食品を食べることの利点を記した専門家による論文が多数発表されている。最近では、農薬や除草剤の使用と様々な病気との間に非常に強い相関関係があることを示す重要な研究がいくつか行われている。有機食品を食べる理由はたくさんあるが、ラウンドアップ(グリホサート)やその他の化学物質の食品への残留を減らすことは、大きな理由の一つである。

今日は、商業的に栽培された食品の問題点を挙げ、その上で、有機食品を食べることの重要性を示す査読付き論文をいくつか簡単に紹介する。 これらの論文の中には、科学的に複雑なものもある。しかし、箇条書きにしたことで十分理解できるはずである – 科学の世界に飛び込む気がない人のために。

もし、オーガニック食品を食べる余裕がないのであれば、食品ラベルの「原産国」を確認することも大きなメッセージとなる。 最近では、それを判断するのは難しいかもしれない-USDAの “Cool rules “が発行されたからだ。 このガイドラインでは、加工食品が米国内で組み立てられたり、結合されたりしていれば、原産国の表示は必要ないとされている。 それでも、食品のラベルを 読むことは重要である。

クールルールでは、加工食品の原産国表示は義務づけられていない。

  • 加工食品の除外は、2つのガイドラインに基づいている。
  • キャラクターを変更した製品
  • 例:オレンジジュース、ベーコン
  • 他の商品と組み合わせて新しい商品を作る商品

では、ラウンドアップなどの除草剤を避けるためにオーガニックな食事をすることについては、どのような研究がなされているのだろうか。

  • 有機食品の摂取頻度が高いほど、がんのリスク低減につながる。
  • ラウンドアップ™への暴露は、パーキンソン病のリスクの増加や黒質における神経細胞の死と関連している。
  • ラウンドアップ™が自閉症のリスク上昇の要因であることを示唆する証拠がある。
  • 他の研究でも、動物実験や細胞実験において、ラウンドアップ™がシナプス伝達に対して影響を及ぼすことが示されている。主な作用機序は、ミトコンドリア機能不全を伴う酸化ストレスと思われる。
  • 腸内細菌の中には、植物が使用する酵素を利用するものがあり、グリホサートやラウンドアップ™の使用が腸内細菌叢を変化させることが示されている。 腸内細菌は、神経系を含む多くの疾患に対する感受性を変化させるという多くの証拠があり、その数は増え続けている。
  • 証拠の重みは、がんと生殖への影響に加え、グリホサートとラウンドアップ™が脳と行動に重大な悪影響を及ぼし、少なくともいくつかの深刻な神経疾患のリスクを増加させることを示している。
  • グリホサートおよびグリホサート系除草剤は、細胞毒性および遺伝毒性作用を示し、酸化ストレスを増加させ、エストロゲン経路を破壊し、一部の脳機能を障害し、一部の癌と相関性があるとされる証拠が増えつつある。
  • グリホサートの免疫系への影響は、魚の補体カスケード、食細胞機能、リンパ球の反応を変化させ、炎症性サイトカインの産生を増加させると思われる。
  • ヒトを含む哺乳類では、グリホサートは主に細胞毒性および遺伝毒性作用を有し、炎症を引き起こし、リンパ球の機能および微生物と免疫系の相互作用に影響を及す。
  • 農薬散布による住宅用農薬の暴露は、甲状腺がんのリスク上昇と関連するという仮説を支持する証拠がある。
  • グリホサートへの曝露が脳や健康に有害な影響を及ぼすことを示す研究がある。
  • ラウンドアップを農作物の乾燥剤として使うのは 「あり 」である。 アメリカの農家はこの問題にある程度敏感だが、輸入穀物や油糧作物には何の規制もない。特に、トウモロコシ、大豆、オート麦の収穫では、ラウンドアップのような乾燥剤を使用することが多い。
  • 許容できないレベルのグリホサート(ラウンドアップ)が、商業的に栽培された穀物、特に朝食用のオーツ麦などから検出されている。有機栽培された穀物には、検査をしてもラウンドアップはほとんど残留していない。

以下のピアレビューされた研究は、上記の箇条書きのポイントを裏付けるものである。


以下の研究は、有機食品と健康との関連について、より多くの研究の扉を開いたという意味で、より重要な研究の一つである。

有機食品の摂取頻度とがんリスクとの関連性 NutriNet-Santé前向きコホート研究からの知見

JAMA Intern Med 2018 Dec 1;178(12):1597-1606.

doi: 10.1001/jamainternmed.2018.4357.

この大規模な集団ベースの研究では、有機食品の摂取頻度が高いほど、がんのリスクが低下することが示された。

概要

重要性 有機食品は従来の食品よりも残留農薬が少ないが、有機食品摂取とがんリスクとの関連を調べた研究はほとんどない。

目的 フランスの成人の大規模コホートにおいて、有機食品の摂取と癌のリスクとの関連を前向きに調査すること。

デザイン、設定、参加者 フランスの成人ボランティアを対象としたこの人口ベースの前向きコホート研究では、有機食品の消費頻度および食事摂取量に関する情報が入手可能な参加者のデータを対象とした。16品目について、参加者は表示された有機食品の消費頻度を報告した(全くない、時々ある、ほとんどある)。そして、有機食品スコアが計算された(範囲、0-32ポイント)。追跡期間は2009年5月10日から2016年11月30日であった。

主なアウトカムと測定方法 本研究では、潜在的ながんリスク因子を調整したCox比例ハザード回帰モデルを用いて、有機食品スコア(四分位値でモデル化)と関連したがんのリスクを推定した。

結果 参加者68 946人(女性78.0%;ベースライン時の平均[SD]年齢、44.2[14.5]歳)において、追跡中に1340例の初発がんが確認され、最も多かったのは乳がん459例、前立腺がん180例、皮膚がん135例、大腸がん99例、非ホジキンリンパ腫47例およびその他のリンパ腫15例であった。有機食品スコアの高さは、がんの全リスクと逆相関していた(四分位 4 対 四分位 1 のハザード比,0.75;95% CI,0.63-0.88;P for trend = .001; 絶対リスクの減少,0.6%;5 ポイント上昇のハザード比,0.92;95% CI,0.88-0.96 )。

結論と関連性 有機食品の摂取頻度が高いほど、がんのリスク低減と関連していた。これらの知見が確認された場合、この関連に関与する基礎的な要因を明らかにするためにさらなる研究が必要である。


グリホサートとラウンドアップ™の哺乳類神経系への影響 総説

エンバイロン・レス. 2022 Jul 19;113933. doi: 10.1016/j.envres.2022.113933.Online ahead of print.

概要

グリホサートは、世界で最も広く使用されている除草剤、ラウンドアップ™の有効成分だ。グリホサートは、動物には存在しない植物の必須酵素を標的としている。しかし、グリホサートとラウンドアップ™はともにグループ2のA、おそらくヒトに対する発がん性物質と評価されており、また内分泌かく乱化学物質として作用し、生殖に影響を与えることが報告されている。

私たちは、グリホサートとラウンドアップ™の哺乳類の神経系機能への影響に関する報告を検討した。他のいくつかの除草剤 と同様に、ラウンドアップ™への暴露は、パーキンソン病のリスク上昇と黒質におけるニューロンの死と関連している。また、ラウンドアップ™が自閉症のリスク上昇に関係していることを示す証拠もいくつかある。

その他の研究により、動物および細胞研究においてラウンドアップ™がシナプス伝達に影響を及ぼすことが示されている。その主な作用機序は、ミトコンドリア機能障害を伴う酸化ストレスであると考えられている。

さらに、一部の腸内細菌は植物が使用する酵素を利用し、グリホサートとラウンドアップ™の使用は腸内細菌叢を変化させることが分かっている。腸内細菌が、神経系を含む多くの疾患に対する感受性を変化させるという証拠は、数多くあり、また増え続けている。がんや生殖への影響に加え、グリホサートとラウンドアップ™が脳と行動に重大な悪影響を及ぼし、少なくともいくつかの深刻な神経疾患のリスクを高めることを示す証拠が多数ある。


グリホサートおよびグリホサート系除草剤の健康・免疫への影響と毒性について

J Immunotoxicol 2020 Dec;17(1):163-174. doi: 10.1080/1547691X.2020.1804492.

概要

グリホサート( N-ホスホメチルグリシン)は、有機リン化合物の一種で、植物や微生物の芳香族アミノ酸生合成を可能にするシキミ酸経路を競合的に阻害する 物質である。ラウンドアップ®などの広域除草剤への利用は1974年以降増加し続けている。グリホサートは、その一次代謝物であるアミノメチルホスホン酸とともに、土壌、水、植物、動物および食品中で測定される。

ヒトでは、グリホサートは、特に暴露された作業者の血液や尿から検出され、数日以内に排泄される。動物には無害とされてきたが、グリホサートおよびグリホサート系除草剤に関連する健康リスクが報告される文献が増えてきた。2017年、国際がん研究機関(IARC)は、グリホサートをヒトにおいて「おそらく発がん性がある」と分類した。

しかし、他の国の機関はグリホサート規制を強化せず、その使用認可を長期化させることさえあった。また、各国の認可レベルには食い違いがあり、現在に至るまでグリホサートに関する明確なコンセンサスが存在しないことを示している。

このレビューでは、グリホサートとグリホサート系除草剤が魚類と哺乳類の健康に及ぼす影響について、免疫系に焦点を当てながら詳しく説明する。

グリホサートとグリホサート系除草剤が細胞毒性および遺伝毒性作用を示し、酸化ストレスを増大させ、エストロゲン経路を破壊し、一部の脳機能を損ない、一部のガンと相関があるとする証拠が増えてきている。

グリホサートの免疫系への影響は、補体カスケード、食細胞機能、リンパ球の反応を変化させ、魚類では炎症性サイトカインの産生を増加させるようだ。ヒトを含む哺乳類では、グリホサートは主に細胞毒性および遺伝毒性作用を持ち、炎症を引き起こし、リンパ球機能および微生物と免疫系との相互作用に影響を及ぼすとされている。

重要なことは、多くの結果がまだ議論されているにもかかわらず、グリホサートによるリスクをよりよく解読するためにさらなる研究が必要であること、そしてグリホサートの世界的な利用をよりよく規制する必要があることを示す証拠があることである。


カリフォルニア州中央部の農業地帯における甲状腺癌と農薬使用。ケースコントロール研究

J Clin Endocrinol Metab.2022 Jul 26;dgac413.

目的 甲状腺癌のリスクに影響を与える環境要因を検討すること。

方法 カリフォルニア州がん登録(1999~2012)の甲状腺がん症例と、人口ベースでサンプリングした対照群を用いて、症例対照研究を行った。研究参加者は、甲状腺癌と診断され、診断時に研究地域に住んでおり、35歳以上であれば参加可能であった。対照者は、同じ地域から募集し、35歳以上で、面接の少なくとも5年前からカリフォルニアに住んでいた人が参加資格とされた。試験管内でDNA損傷を引き起こす、あるいは内分泌かく乱物質として知られている29種類の農業用殺虫剤への居住地での曝露を調査した。地理情報システムに基づく有効なシステムを用いて、各参加者の曝露量を推定した。

結果 対象は 2067人の症例と1003人の対照者である。単一汚染物質モデルおよび20年間の曝露期間において、選択した29の農薬のうち10が甲状腺がんと関連しており、その中には、二塩化パラコート[オッズ比(OR): 1.46(95% CI: 1.23, 1.73)] 、グリホサート[OR: 1.33(95% CI: 1.12, 1.58)] 、オキシフルオフェン[OR: 1.21(95% CI: 1.02, 1.43)] など米国で最も適用されている農薬がいくつか含まれていた。 甲状腺がんのリスクは、診断または面接の20年前に被験者が曝露していた農薬の総数に比例して増加した。すべてのモデルで、パラコートジクロライドは甲状腺がんと関連していた。 (パラコート グラモキソン)は 、米国で最も広く使用されている除草剤の一つである) 。

結論 本研究は、農薬散布による住宅用農薬曝露が甲状腺癌のリスク上昇と関連しているという仮説を支持する最初の証拠を提供するものである。


グリホサートは脳に浸潤し、炎症性サイトカインTNF-αを増加させる:神経変性疾患への影響

J Neuroinflammation . 2022 Jul 28;19(1):193. doi: 10.1186/S12974-022-02544-5.

この論文は複雑なので、私の分析に耐えてほしい。

ハイライト

本研究は、グリホサート(ラウンドアップ)がマウスモデルの脳組織に浸潤する可能性があり、その曝露により炎症性サイトカインTNF-αの濃度が上昇することを実証したものである。さらに、本研究では、マウス脳内で生体内試験で検出された量と同程度のグリホサートが、試験管内試験で大脳皮質初代神経細胞のAβ40-42レベルを増加させ、細胞生存率を低下させることを明らかにした。

脳内グリホサートはTNF-αレベルの上昇と相関しており、この除草剤への曝露が脳内の神経炎症を誘発し、神経変性障害に見られる変化を誘発する可能性があることが示唆された。 このことは、TNF-αレベルの上昇によって影響を受けることが知られている重要なオリゴデンドロサイトプロセスの制御異常を示すRNA配列の知見によってさらに裏付けられる。オリゴデンドロサイトは、神経膠細胞の一種で、脊椎動物の中枢神経系において軸索を支持し、絶縁することを主な役割とする。

(ジルはすぐに 、グリホサートと 多発性硬化症(MS)の 関係について推測 した)。脱髄疾患の再生におけるオリゴデンドロサイトの役割は、ミエリンが新しく生成されたオリゴデンドロサイトによって再生されることから、よく知られている。 つまり、MSの発症と グリホサートへの長期または急性の曝露との間に関連 性があるのだろうか?

これらの結果を総合すると、人口の多くがこの化学物質に暴露されていることから、グリホサートへの暴露が脳や人間の健康に有害な影響を与える可能性があるという問題が提起された。

(現在までのところ、このテーマについて(ヒトを対象とした)臨床研究や疫学研究はほとんど行われておらず、実施された研究でも神経変性疾患とグリホサートとの関連はまだ見つかっていない)。


収穫 前作物 乾燥とは 、 収穫直 前の作物に 薬剤を 散布 して葉や株を枯らし、 作物が 環境条件からより早く均一に乾燥すること(「ドライダウン」 )である。

朝食にラウンドアップを(その2):新しい検査で、すべての子供用シリアルから除草剤が検出された。

オーガニック食品を食べることでがんのリスクが低下することを示す大規模な科学的調査の結果を発表

ワシントン発]Environmental Working Groupが委託した第2回目の検査で、子供向けに販売されている人気の高いオート麦ベースのシリアルやその他のオート麦を使った食品のすべてのサンプルから、モンサント社の除草剤ラウンドアップの有効成分が検出されたというのだ。この検査結果は、クエーカー社とゼネラル・ミルズ社の2社の主張と相反するものであり、両社は懸念する必要はないと述べている。クエーカー社とゼネラル・ミルズ社は、心配する必要はないと言っている。

しかし、EWGが検査したほとんどすべてのサンプルから、EWGの科学者が子どもの健康を守るために十分な安全マージンがあると考えるレベルよりも高いグリホサートが検出された。 世界保健機関が発がん性があると認定した化学物質に関するEWGの発見は 、 JAMA Internal Medicineに発表した、多くの有機食品を食べている人のがんリスクが大幅に減少 したという大規模研究の後に行われた。 ラウンドアップの最も危険な用途として、穀物と植物油作物の乾燥剤として使用 されていることがある。

そう、ラウンドアップを農作物の乾燥剤として使うことは 「あり」なのだ。 アメリカの農家はこの問題にある程度敏感だが、輸入穀物や油糧作物には何の規制もない。特に、トウモロコシ、大豆、オーツ麦の収穫では、ラウンドアップなどの乾燥剤を使用することが多い。

乾燥剤としてのラウンドアップの使用例として、この業界団体のパンフレットには、その手順と推奨される理由が記されている。

ラウンドアップの使用 プレハーベスト – なぜラウンドアップで乾燥させるのか?

というわけで、これにて終了。

有機食品を買うようにした方がいいのか? 投資する価値はあるのか?

私の科学的な意見では、有機食品を食べることは投資する価値があると思う。

アドバイス:一度しかない人生、一度しかない身体。

コメント

タイトルとURLをコピーしました