シミュレーション仮説ニック・ボストロム / FHI哲学・思想・科学

あなたはコンピュータシミュレーションの中にいるか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Are You in a Computer Simulation?

onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/9781118922590.ch2

ニック・ボストロム

「マトリックス」は、そうでなければ哲学的ではない多くの人々に現実の本質について熟考させた。しかし、映画の中で描かれているシナリオはばかげている。人間の脳は、パワーを生み出すためだけにインテリジェントな機械によってタンクに入れられているのだ。

しかし、それに関連して、もっと、もっともらしいシナリオがあり、このシナリオの可能性から、私たちが生きている世界についての印象的な結論へと導く重大な推論がある。私はこれをシミュレーション仮説と呼んでいる。 おそらく、その最も驚くべき教訓は、あなたがコンピュータのシミュレーションの中に住んでいる可能性がかなりの確率であるということである。シミュレーショ ン仮説が本当なら、あなたはどこかの先進文明が作ったコンピュータの中でシミュレートされた仮想現実の中に存在していることになる。あなたの脳もまた、そのシミュレーションの一部に過ぎない。この仮説を真面目に受け止めるには、どのような根拠があるのであろうか? シミュレーションの議論の要点に入る前に、その前段階のいくつかを考えてみよう。その一つは、「基質的無党派性」の仮定である。これは、意識的な頭の中のニューロンのような炭素系の生物学的ニューロンだけでなく、ケイ素系のような他の計算機基盤でも、意識的な頭の中を実現できるという考え方である。

プロセッサ

もちろん、今日のコンピュータは脳内で行われる計算処理を実行できるほど強力ではない。仮にそうだとしても、それを実行するためのプログラムを組む方法を私たちは知らないであろう。しかし、究極的には、意識的な体験を可能にするのは、脳がふにゃふにゃの生物学的物質でできているという事実ではなく、脳がある種の計算アーキテクチャを実装しているという事実なのである。この仮定は、認知科学者や心の哲学者の間ではかなり広く(普遍的ではないが)受け入れられている。この章の目的のために、我々はこの仮定を当然のものとする。

基板の独立性を考えると、十分に高速なコンピュータ上に人間の心を実装することは原理的に可能である。そのためには、我々がまだ持っていない非常に強力なハードウェアが必要となる。また、高度なプログラミング能力や、人間の脳の非常に詳細なスキャンを行い、それをコンピュータにアップロードする洗練された方法も必要になるだろう。近い将来、このようなことができるようにはならないだろうが、その難しさは技術的な問題に過ぎないように思われる。十分に技術的に進んだ文明がコンピュータに人の心を実装することを妨げるような物理法則や物質的な制約は知られていない。

私たちの第二の予備知識は、人間の心をコンピュータに実装するためには、少なくとも大まかにはどのくらいの計算能力が必要なのかを推定できるということである。さらに、高度な文明のコンピュータがどれだけ強力なものになるかについての下限を設定することができる。技術的未来学者たちはすでに、高度な分子製造技術を使って構築できる物理的に可能なコンピュータの設計図を作成している。そのような分析の結果、技術的に成熟した文明は、少なくともすでに物理的に可能であることがわかっている技術を開発しているので、たとえ資源のごく一部がその目的のために使われていたとしても、天文学的な数の人間のような心を動かすのに十分な強力なコンピュータを作ることができるだろうということである。

もしあなたがそのようなシミュレートされた心を持っているならば、直接観察する方法はないかもしれない。しかし、これまでのところ、この結果が示しているのは、自分がシミュレーションの中に住んでいないことを完全に確信することはできないということである。この結果は中程度にしか興味深いものではない。シミュレーションの仮説は、まだ真面目に考えるにはあまりにもありえないものだと考えることができる。

ここでシミュレーションの議論の核心に迫る。これは、あなたがシミュレーションの中にいることを証明することを目的としたものではない。代わりに、以下の3つの命題のうち少なくとも1つを真実として受け入れるべきであることを示している。

  1. 現在の開発レベルの種が、技術的に成熟する前に絶滅を回避できる可能性は無視できるほど小さい。
  2.  技術的に成熟した文明のほとんどは、我々のような心のコンピュータシミュレーションを実行することに興味がない。
  3. あなたはほぼ確実にシミュレーションの中にいる。

これらの3つの命題はそれぞれ、一面的にはありえないものかもしれないが、シミュレーションの議論が正しいとすれば、少なくとも1つは真実である(どれが真実かはわからない)。

完全なシミュレーションの議論には確率論や形式論が使われているが、その要点は直感的に理解できる。仮に命題(1)が偽であるとする。そうすると、我々の発達レベルにある種のかなりの割合が、最終的には技術的に成熟していることになる。さらに、(2)が偽であると仮定する。そうすると、技術的に成熟した種のかなりの割合が、計算機資源の一部を使って、私たちのような心のコンピュータシミュレーションを実行するようになるであろう。しかし、先に見たように、そのような技術的に成熟した文明が実行できるシミュレーションされた心の数は天文学的に膨大である。

したがって,(1)と(2)の両方が偽であれば,我々のようなシミュレーションされた心の数は天文学的に膨大な数になる。数を計算してみると、有機的な脳上で実行されるシミュレートされていない心よりも、そのようなシミュレートされた心の方がはるかに多く存在することがわかる。言い換えれば、あなたのような経験をしているあなたのような心のほとんどすべては、生物学的なものではなく、シミュレートされたものであろう。したがって、非常に弱い無関心の原理によって、あなたはおそらく、生物学的ニューロン上で動作している例外的な心の一つではなく、これらのシミュレートされた心の一つであると考えなければならないであろう。

だから、(1)と(2)がともに偽りであると考えるならば、(3)を受け入れるべきである。3つの命題をすべて否定するのは首尾一貫性がない。現実には、3つの命題のうちどれが真かもしれないかを教えてくれるような具体的な情報はあまりない。このような状況では、3つの可能性の間で信憑性を大まかに均等に配分し、それぞれにかなりの確率を与えるのが妥当かもしれない。

選択肢をもう少し詳しく考えてみよう。可能性(1)は比較的簡単である。例えば、十分に進んだ文明が開発し、それを破壊するような、非常に危険な技術・技術があるかもしれない。そうでないことを期待しよう。

可能性(2)は、十分に高度に発達した文明の間に強い収束があることを必要とする。いくつかの文明がシミュレーションを行わない理由はいろいろ考えられるが、(2)を実現するためには、事実上すべての文明がシミュレーションを行わなければならない。もしそうだとすれば、将来の高度な知的生命体の進化に興味深い制約を与えることになるだろう。

3つ目の可能性は、哲学的に最も興味をそそられるものである。もし(3)が正しければ、あなたはほとんど間違いなく、高度な文明によって作られたコンピュータシミュレーションの中に住んでいることになる。これはどのような経験的な意味合いを持つのであろうか?それはあなたの人生をどのように変えるべきであろうか?

あなたの最初の反応は、(3)が本当ならば、すべての賭けは外れている、もし自分がシミュレーションの中に住んでいると真剣に考えたら、人は気が狂うだろう、と思うかもしれない。

このように推論するのは誤りである。仮にシミュレーションの中にいたとしても、シミュレーションの中で次に何が起こるかを予測する最善の方法は、過去の傾向からの外挿、科学的なモデル化、常識などの一般的な方法である。最初の概算では、もし自分がシミュレーションの中にいると思ったら、現実の底辺レベルでシミュレーションされていない人生を生きていると確信した場合と同じように、自分の人生を歩んでいくべきである。

しかし、シミュレーション仮説は、合理的な日常の行動に微妙な影響を与える可能性がある。シミュレーターの動機を理解していると思う程度には、その理解を利用して、シミュレーターが作ったシミュレーション世界で何が起こるかを予測することができる。この世界のシミュレーターが、例えば、現代のキリスト教原理主義者の子孫のような、信仰に忠実な人である可能性があると考えれば、彼または彼女が、シミュレートされた存在がキリスト教の道徳的な基準に従って報われたり罰せられたりするような方法でシミュレーションを設定したのではないかと推測することができるであろう。死後の世界はもちろん、シミュレートされた生き物にとって現実の可能性だ(死後も別のシミュレーションを続けるか、シミュレーターの宇宙に「アップロード」され、そこで人工的な身体が提供されるかもしれない)。その死後の世界でのあなたの運命は、あなたが現在のシミュレーションされた化身でどのように振る舞ったかによって決まるようにすることができる。シミュレーションを実行するための他の可能な理由は、芸術的、科学的、またはレクリエーションが含まれている。しかし,ある種のシミュレーションを別のものではなく,ある種のシミュレーションを期待する根拠がない場合には,世界の中を移動するための通常の経験的な方法に頼らざるを得ない。もし私たちがシミュレーションの中にいるとしたら,それを確実に知ることは可能なのだろうか?

シミュレーターがそれを知ることを望まないのであれば,おそらく私たちは知ることはできないだろう.しかし、もし彼らが正体を明かすことを選択したならば、確かにそうすることができるだろう。もしかしたら、その事実を知らせるウィンドウが目の前に現れるかもしれないし、彼らの世界にあなたを「アップロード」するかもしれない。もう一つ、私たちがシミュレーションの中にいると確信できるような出来事は、自分のシミュレーションのスイッチを入れようとしているところまで来た場合である。もしシミュレーションを実行し始めたら、それは(1)と(2)に対して非常に強い証拠となる。そうなると、(3)だけになってしまう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました