アルツハイマー病 既存薬・オフラベル医薬品(適応外薬)まとめ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

既存薬再開発・オフラベル・適応外薬

 

既存薬

ドネペジル

抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル)
睡眠障害と睡眠導入剤・抗認知症薬 関連記事 夕暮れ症候群(日没症候群) 25の原因と7つのアプローチ 睡眠不足がアルツハイマー病を引き起こすメカニズム 徐波睡眠(SWS)欠乏と記憶障害 眠りを深くする12の方法 コリン作動系 概日リズム アセチルコリンは末...

ガランタミン

概日リズムとアルツハイマー病
Circadian Rhythm and Alzheimer’s Disease 要旨 アルツハイマー病は、疫学的に重要性が増している神経変性疾患であり、病気の負担が大きいことが特徴である。睡眠に関連した病理学的な症状は、しばしばアルツハイマー病を伴う。サーカディアン...

リバスチグミン

リバスチグミン(リバスタッチ) ブチリルコリンエステラーゼ阻害剤
概要 一般標準用量 ・24時間経皮パッチ9.5mg/日(1日一回)・経口カプセル 12mg/日(1日2回) 血清半減期 パッチ3時間 カプセル1時間 添付文書 Wikipedia リバスチグミン リバスチグミン メタアナリシス AChE = ...
コリンエステラーゼ 毒と治療の境界線
CHOLINESTERASES AND THE FINE LINE BETWEEN POISON AND REMEDY 要旨 アセチルコリンエステラーゼ(AChE、EC 3.1.1.1.7)とブチリルコリンエステラーゼ(BChE、EC 3.1.1.1.8)は、動物界全...

メマンチン

医薬品メマリーの多彩な作用
認知症治療薬メマンチン(メマリー)情報 概要 はじめに メマンチンの基本情報や一般的なメカニズムは、多くの他サイトで解説されているのでここでは省略する。 メマンチン メマンチンはNMDAグルタミン酸受容体の部分的阻害作用により、神経保護効果をもつと考えられて...

抑肝散

漢方薬「抑肝散」とその有効成分の神経薬理学的効果
Neuropharmacological efficacy of the traditional Japanese Kampo medicine yokukansan and its active ingredients  2016年7月1日 要旨 認知症は、認...

 

オフラベル医薬品(適応外薬)

総合

アルツハイマー病に対する薬剤のリポジショニングとリパーパス
Drug repositioning and repurposing for Alzheimer disease アルツハイマー病に対する薬剤のリポジショニングとリパーポージング Clive Ballard1 ✉、Dag Aarsland2,3,Jeffre...
アルツハイマー型認知症治療薬のリポジショニング 古い薬に隠された手がかりを見つける
Drug Repositioning for Alzheimer’s Disease: Finding Hidden Clues in Old Drugs 概要 アロイス・アルツハイマーがアルツハイマー病(AD)の症例を報告してから 100年以上が経過したが、本疾...
アルツハイマー病治療薬開発パイプラインにおける再利用薬の開発
Repurposed agents in the Alzheimer’s disease drug development pipeline オンラインで公開2020年8月17日 要旨 背景 アルツハイマー病の蔓延に対処するための治療法が必要とされている。2003年以...
ジェネリック医薬品の先発医薬品に対する安全性と有効性
Safety and efficacy of generic drugs with respect to brand formulation 2013年12月 Luca Gallelli,1 Caterina Palleria,1 Antonio De Vuono,2...
神経変性疾患の新しい治療法としての古い薬
Old Drugs as New Treatments for Neurodegenerative Diseases Fernando Durães 1,2 ID, Madalena Pinto 1,2 ID, Emília Sousa 1,2,* ID - ポル...

ニコチン経皮吸収パッチ

アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能
アセチルコリン受容体 サブタイプ・サブユニット 関連記事 コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・機能 アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル) 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) ムスカ...

フペルジンA

フペルジンA(認知症・アルツハイマー)
ヒューペルジンA/Huperzine A 概要 フペルジンAは、フペルツワ科から抽出された天然のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤 NMDA受容体のアンタゴニストでもあり、メマリーと類似する作用機序も併せもつ。 少々乱暴に言うと複数の抗認知症薬の...

CBD・THC

医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC)
カンナビノイド成分の抗認知症作用 関連記事 カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム 概要 カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つ。 麻(カンナビスサティバ)には400種類以上の化学物質が含まれそのうち約70種類がカンナビノイドで...

タダラフィル

勃起不全および軽度の認知障害を有する患者の脳灌流および認知に及ぼす低用量タダラフィルの1日1回投与の効果
The Effect of Daily Low Dose Tadalafil on Cerebral Perfusion and Cognition in Patients with Erectile Dysfunction and Mild Cognitive Impairme...
アルツハイマー病に対するホスホジエステラーゼ阻害剤 臨床試験と疫学の系統的レビューとメカニズム論的根拠の提示
Phosphodiesterase Inhibitors for Alzheimer’s Disease: A Systematic Review of Clinical Trials and Epidemiology with a Mechanistic Rationale ...

シロスタゾール

アルツハイマー病に対するシロスタゾールの薬理学的可能性
Pharmacological Potential of Cilostazol for Alzheimer’s Disease オンラインで公開2019年5月22日 要旨 アルツハイマー病は、ゆっくりと進行する認知症であり、臨床的には認知機能障害と記憶障害を特徴とし、神...
アルツハイマー型認知症治療薬のリポジショニング 古い薬に隠された手がかりを見つける
Drug Repositioning for Alzheimer’s Disease: Finding Hidden Clues in Old Drugs 概要 アロイス・アルツハイマーがアルツハイマー病(AD)の症例を報告してから 100年以上が経過したが、本疾...
アルツハイマー病に対するホスホジエステラーゼ阻害剤 臨床試験と疫学の系統的レビューとメカニズム論的根拠の提示
Phosphodiesterase Inhibitors for Alzheimer’s Disease: A Systematic Review of Clinical Trials and Epidemiology with a Mechanistic Rationale ...

アスピリン

アスピリン 7つの抗認知症メカニズム
概要 世界初の合成医薬品 アスピリンのヤナギの抽出物サリチル酸をアセチル化して作られた世界初の合成薬。 ドイツの研究者ホフマンによって100年以上前に合成的に作られた。 アスピリンの名前の由来は、アセチル化のA、サリチル酸塩が豊富に含まれる植物メドウズウィート...

ニセルゴリン

ニセルゴリン(サアミオン)の多彩な脳機能増強効果
ニセルゴリン(サアミオン) 概要 ニセルゴリンは、脳梗塞、急性慢性末梢循環障害、血管性痴呆、アルツハイマー病として、50カ国以上で30年に臨床使用実績がある古い薬剤。 血流改善剤としても知られているが、多くの異なるメカニズムによる認知機能改善メカニズムを有し、一部の...

セレギリン

パーキンソン病における非可逆的MAO-B阻害剤セレギリンおよびラサギリンの神経保護効果の薬理学的考察
Pharmacological aspects of the neuroprotective effects of irreversible MAO‑B inhibitors, selegiline and rasagiline, in Parkinson’s disease ...
アルツハイマー病のマルチターゲット治療戦略 新たな標的の組み合わせに関するレビュー
Multitarget Therapeutic Strategies for Alzheimer's Disease: Review on Emerging Target Combinations オンラインで公開2020年6月30日 要旨 神経変性疾患は、現在、大きな...
マルチターゲット指向性リガンドの設計のためのアルツハイマー病の現在の治療標的と新興の治療標的
Current and emerging therapeutic targets of alzheimer's disease for the design of multi-target directed ligands オンラインで公開2019年10月16日 La...

ラサギリン

パーキンソン病における非可逆的MAO-B阻害剤セレギリンおよびラサギリンの神経保護効果の薬理学的考察
Pharmacological aspects of the neuroprotective effects of irreversible MAO‑B inhibitors, selegiline and rasagiline, in Parkinson’s disease ...
アルツハイマー病のマルチターゲット治療戦略 新たな標的の組み合わせに関するレビュー
Multitarget Therapeutic Strategies for Alzheimer's Disease: Review on Emerging Target Combinations オンラインで公開2020年6月30日 要旨 神経変性疾患は、現在、大きな...
マルチターゲット指向性リガンドの設計のためのアルツハイマー病の現在の治療標的と新興の治療標的
Current and emerging therapeutic targets of alzheimer's disease for the design of multi-target directed ligands オンラインで公開2019年10月16日 La...
アルツハイマー病の新規治療法開発の進展
Advances in developing novel therapeutic strategies for Alzheimer’s disease オンラインで公開2018年12月12日 要旨 アルツハイマー病は、老化の最も一般的な神経変性疾患であり、高齢のアメ...

メチルフェニデート

 

エスシタロプラム

 

レベチラセタム

認知症・アルツハイマー病とてんかん発作 関連論文 メモ
頭頂葉の前頭連合体優位の変性は、軽度アルツハイマー病におけるてんかんのリスクとなる 2019 Aug 22 はじめに アルツハイマー病(AD)は、認知機能低下の主要な原因である。てんかんはADに頻繁に併存する疾患である。これまでの研究では、ADに関連するてんかん...
アルツハイマー病・てんかんにおけるGSK3βとタウ蛋白質
GSK3β and Tau Protein in Alzheimer’s Disease and Epilepsy オンラインで公開2020年3月17日 要旨 アルツハイマー病は、高齢者に存在する認知症の最も一般的な形態である;その病因は、遺伝的要因と環境要因が含まれる...

スピロノラクトン

Use of diuretics is associated with reduced risk of Alzheimer’s disease: the Cache County Study
Although the use of antihypertensive medications has been associated with reduced risk of Alzheimer’s disease (AD), it remains unclear which class provides the ...

セントロフェノキシン

「The End of Alzheimer's Program」 第21章 サプリメントのためなら王国をくれてやる
Supplements: My Kingdom for a Source Either you are driven by what helps your patients or by what helps your career. —R. F. LOEB 患者さん...

低用量ナルトレキソン

LDN (低用量ナルトレキソン) - なぜ効果があるのか?
LDN (Low Dose Naltrexone) - Why It Works So Well Dale Bredesen 0:00 皆さん、お元気ですか?今回の会議では、皆さんがそれぞれの状況に応じて適切な治療を受け、元気に過ごされていることを願っています。今...
低用量ナルトレキソンをオレンジジュースで安価に配合 米国皮膚科学会誌
Inexpensive Compounding of Low-Dose Naltrexone With Orange Juice ジャーナルスキャン/解説 - 2019年4月16日 テイクホームメッセージ この記事で著者は、市販の50mg錠のナルトレキソン10錠...
アルツハイマー病を対象とした臨床試験で、これまでで最も良好な結果が得られる。
Alzheimer’s trial provides most positive results to date Dale Bredesen 0:02 皆さん、こんにちは。パンデミックが終息に向かっている中、皆さんお元気でしょうか。今日は2人の素晴らしいゲストをお...

スタチン系

スタチンの10のリスクと改善効果(認知症・アルツハイマー)
スタチンの副作用 スタチン GOOD スタチンの多面的効果 一酸化窒素合成の増加 内皮機能障害の改善 フリーラジカル放出の阻害 エンドセリン-1の合成の減少 LDL-C酸化の阻害 内皮前駆細胞のアップレギュレーション 炎...

軽度認知障害における認知機能低下率に対するスタチンの効果

アトルバスタチン

 

ピオグリタゾン

ピオグリタゾンは2型糖尿病患者の認知症リスクを低下させる レトロスペクティブコホート解析
Pioglitazone Reduces Dementia Risk in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Retrospective Cohort Analysis 要旨 背景には、ピオグリタゾンの認知症に対する有...
アルツハイマー病の治療における最新の動向 現在の治療法と薬剤再利用のアプローチ
Recent Trends in the Management of Alzheimer’s Disease: Current Therapeutic Options and Drug Repurposing Approaches 概要 アルツハイマー型認知症は、最も...

パーキンソン病のリスク低下に関連するグリタゾンの使用

テルミサルタン

アルツハイマー型認知症治療薬のリポジショニング 古い薬に隠された手がかりを見つける
Drug Repositioning for Alzheimer’s Disease: Finding Hidden Clues in Old Drugs 概要 アロイス・アルツハイマーがアルツハイマー病(AD)の症例を報告してから 100年以上が経過したが、本疾...
アルツハイマー病に対する薬剤のリポジショニングとリパーパス
Drug repositioning and repurposing for Alzheimer disease アルツハイマー病に対する薬剤のリポジショニングとリパーポージング Clive Ballard1 ✉、Dag Aarsland2,3,Jeffre...
COVID-19 テルミサルタン(ミカルディス)
COVID-19患者に対するテルミサルタンの治療:非公開無作為化臨床試験 速報 Telmisartan for treatment of Covid-19 patients: an open randomized clinical trial. Preliminary repo...

カンデサルタン

 

ロサルタン

 

メトホルミン

神経変性疾患におけるメトホルミンの治療効果
The Therapeutic Potential of Metformin in Neurodegenerative Diseases 要旨 神経変性疾患の治療法の研究は、高齢化が進み、個人、家族、社会への負担が増大している今日、大きな関心事となっている。この数十年...
アルツハイマー病の新規治療法開発の進展
Advances in developing novel therapeutic strategies for Alzheimer’s disease オンラインで公開2018年12月12日 要旨 アルツハイマー病は、老化の最も一般的な神経変性疾患であり、高齢のアメ...

加齢性神経変性疾患および虚血性脳卒中を治療するためのメトホルミンの転用

インスリン点鼻薬

 

リラグルチド

リラグルチドとその神経保護作用-アルツハイマー病と脳虚血イベントにおける生化学的メカニズムの可能性に着目して
Liraglutide and its Neuroprotective Properties—Focus on Possible Biochemical Mechanisms in Alzheimer’s Disease and Cerebral Ischemic Events ...

初の経口GLP-1受容体作動薬リベルサスが承認

国内第2/3相臨床試験(用量反応試験):PIONEER 9

ダパグリフロジン

GLT2とAChEの強力な二重阻害剤

SGLT2阻害による神経細胞の消失に関わる疾患の治療の視点 アルツハイマー病と虚血性脳障害に焦点を当てて
Perspective of SGLT2 Inhibition in Treatment of Conditions Connected to Neuronal Loss: Focus on Alzheimer’s Disease and Ischemia-Related Bra...

ラパマイシン

寿命を延ばす化合物は神経変性疾患を保護し、これらの壊滅的な疾患の新しい治療戦略を提供する
Compounds that extend longevity are protective in neurodegenerative diseases and provide a novel treatment strategy for these devastating di...
ラパマイシンとアルツハイマー病 臨床試験の時期か?
Rapamycin and Alzheimer’s disease: Time for a clinical trial? 要旨 ラパマイシンは、アルツハイマー病のマウスモデルを含む多くの神経変性や老化の動物モデルにおいて有益な効果を示する。しかし、前臨床試験の記録に...
活性化か抑制か?アルツハイマー病治療戦略としてのオートファジー制御の意義
Activate or Inhibit? Implications of Autophagy Modulation as a Therapeutic Strategy for Alzheimer’s Disease 要旨 神経変性疾患は、プロテインオパチーの種類、...
オートファジーとアルツハイマー病の双方向の関係を探る
Exploring the bi-directional relationship between autophagy and Alzheimer’s disease 要旨 アルツハイマー病はβアミロイド(アミロイドβ)の沈着とタウのリン酸化が特徴であり、その病態...

フェノフィブラート

PPARαの脳内での新たな役割 アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の治療における有望なターゲット
The Novel Role of PPAR Alpha in the Brain: Promising Target in Therapy of Alzheimer’s Disease and Other Neurodegenerative Disorders オンライン...

バラシクロビル

バラシクロビル(バルトレックス) 免疫不全および免疫不全の成人におけるヘルペスウイルス感染症の治療薬として承認された用途と適応外の用途
Valacyclovir: approved and off-label uses for the treatment of herpes virus infections in immunocompetent and immunocompromised adults この...
第3章 エドワードの物語 アルツハイマー病に打ち勝つために
CHAPTER 3 Edward’s Story: Outdistancing Alzheimer’s これが約束された結末なのか? -ウィリアム・シェークスピア『キング・ラー』より アルツハイマー病であることを告げられたとき、どのような気持ちになるでしょうか。子供や孫...
抗ウイルス剤バラシクロビルによるアルツハイマー病治療(VALAD)試験プロトコル(抜粋)
Antiviral therapy: Valacyclovir Treatment of Alzheimer’s Disease (VALAD) Trial: protocol for a randomised, double-blind, placebo-controlled,...
アルツハイマー病における単純ヘルペスウイルス1型の主要な役割の裏付け
Anti-herpetic Medications and Reduced Risk of Dementia in Patients with Herpes Simplex Virus Infections - a Nationwide, Population-Based Coh...
アルツハイマー病における単純ヘルペスウイルス1型(HSV1)の主要な役割を示す圧倒的な証拠;反対の証拠
Overwhelming Evidence for a Major Role for Herpes Simplex Virus Type 1 (HSV1) in Alzheimer’s Disease (AD); Underwhelming Evidence against ...
アルツハイマー病の新規治療法開発の進展
Advances in developing novel therapeutic strategies for Alzheimer’s disease オンラインで公開2018年12月12日 要旨 アルツハイマー病は、老化の最も一般的な神経変性疾患であり、高齢のアメ...

デフェラシロクス・デフェロキサミン・デフェリプロン

鉄とアルツハイマー病 発症から治療への示唆
Iron and Alzheimer’s Disease: From Pathogenesis to Therapeutic Implications 要旨 加齢に伴い、脳の様々な部位に鉄が沈着することで、正常な認知機能や行動が損なわれる可能性がある。鉄代謝異常は、フ...

メチレンブルー

中枢神経系薬 精神神経系疾患の治療におけるメチレンブルー
Methylene Blue in the Treatment of Neuropsychiatric Disorders マーティン・アルダ1,2 概要 メチレンブルーは、複雑な薬理作用と複数の臨床適応を持つ老舗の医薬品である。その多様な作用機序が、多様な臨床...
アルツハイマー病のタウ凝集阻害剤治療では、メチルチオニニウム酸化還元体の複合的な処理が有効性を決定する
Complex Disposition of Methylthioninium Redox Forms Determines Efficacy in Tau Aggregation Inhibitor Therapy for Alzheimer’s Disease 2014年8...
認知機能と記憶を改善するメチレンブルー
メチレンブルー・メチルチオニニウムの効果(認知症・アルツハイマー) 概要 神経保護の歴史をもつメチレンブルー メチレンブルー メチレンブルー(塩化メチルリチオニウム)は1876年にドイツの科学者Heinrich Caroによって作られた。20世紀初頭に...
メチレンブルーがもたらす驚くべき健康効果
The Amazing Health Benefits Of Methylene Blue ライラ・ナラ 0:11 こんにちは、Loving IRAへようこそ。今日のビデオでは、あまり知られていない「メチレンブルー」について、その驚くべき健康効果についてお話...

ニコチンアミド

高用量ニコチンアミドの副作用の可能性:メカニズムと安全性評価
Possible Adverse Effects of High-Dose Nicotinamide: Mechanisms and Safety Assessment 要旨 ニコチンアミド(ニコチンアミド)は、ビタミン剤として推奨されている量をはるかに上回る量を摂取...
ニコチンアミド、ニコチンアミドリボシド、ニコチン酸が酵母の複製・老化に果たす役割
Nicotinamide, Nicotinamide Riboside and Nicotinic Acid—Emerging Roles in Replicative and Chronological Aging in Yeast 要旨 ニコチンアミド、ニコチン酸...
ニコチンアミドが中枢神経系の健康と疾病に及ぼす影響
The Influence of Nicotinamide on Health and Disease in the Central Nervous System 要旨 ビタミンB3(ナイアシン)のアミド形態であるニコチンアミドは、長い間、中枢神経系(中枢神経系)の神経細胞の...

NSIADs

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)、プロスタグランジン、COVID-19
Non‐steroidal anti‐inflammatory drugs, prostaglandins and COVID‐19 要約 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、現在の2020年世界的なパンデミックの原因となる高病原性...

サルサレート

Methyl Salicylate Lactoside Protects Neurons Ameliorating Cognitive Disorder Through Inhibiting Amyloid Beta-Induced Neuroinflammatory Response in Alzheimer’s Disease
Neuroinflammatory reactions mediated by microglia and astrocytes have been shown to play a key role in early progression of Alzheimer’s disease (AD). Increased ...

イブプロフェン

アルツハイマー病における神経炎症とニューロン新生、およびその治療法の可能性
Neuroinflammation and Neurogenesis in Alzheimer’s Disease and Potential Therapeutic Approaches オンラインで公開2020年1月21日 概要 成人の脳では、脳室下帯や歯状回で新し...

 

ミノサイクリン

ミノサイクリン:抗生物質の域を超えて
Minocycline: far beyond an antibiotic オンラインで公開2013年4月25日 N Garrido-Mesa, A Zarzuelo, and J Gálvez 概要 ミノサイクリンは、第2世代の半合成テトラサイクリンであり、グラ...
アルツハイマー病のための抗炎症薬を求めて ミノサイクリン・ミクログリア
In search of an anti-inflammatory drug for Alzheimer disease Erika Gyengesi、Gerald Münch 慢性的な神経炎症がアルツハイマー病の発症に重要な役割を果たしていることを示唆する証拠がある。し...
抗生物質ミノサイクリンの神経保護作用 神経変性疾患・アルツハイマー病
概要 ミノサイクリンは30年以上にわたって使用されてきた第2世代のテトラサイクリン抗生物質であり、主に尋常性ざ瘡、性感染症などの治療に使用されてきた。現在は慢性関節リウマチなどの炎症疾患の治療目的で使用されている。 近年テトラサイクリンが、抗菌作用以外にも抗炎症活...
アルツハイマー病のタウ標的薬の豊富な供給源としての天然物
Natural products as a rich source of tau-targeting drugs for Alzheimer’s disease 2012年9月 要旨 アルツハイマー病(AD)は神経変性疾患であり、米国では540万人以上の人々に影響を与え...

リファンピシン・リファキシミン

アルツハイマー病におけるリファンピシンの治療的役割
Therapeutic role of rifampicin in Alzheimer's disease 2018年2月10日 要旨 リファンピシンは複数の実験モデルにおいて有意な脳保護機能を発揮する。ここでは、リファンピシンの抗炎症作用、抗タウ作用、抗アミロ...

ドキシサイクリン

アルツハイマー型認知症に対するドキシサイクリンの効果 β-アミロイドオリゴマーと神経炎症との戦い
Doxycycline for Alzheimer’s Disease: Fighting β-Amyloid Oligomers and Neuroinflammation オンラインで公開2019年7月3日 概要 アルツハイマー病は、最も広く普及している認知症であり...

モンテカルスト

記憶喪失および認知症患者におけるモンテカルスト(Montelukast)の使用例
Case Series Using Montelukast in Patients with Memory Loss and Dementia オンラインで公開2017年1月31日 要旨 人口の高齢化に伴い、認知機能の低下や認知症は大きな問題となっている。これら...

ベルソムラ

 

シグマ1受容体 フルボキサミン・フルオキセチン

アルツハイマー病におけるシグマ-1受容体の役割
Roles of sigma-1 receptors in Alzheimer’s disease 2015年4月15日にオンラインで公開 要旨 アルツハイマー病は進行性の神経変性疾患であり、世界中で老人性認知症の主な原因となっている。アルツハイマー病は進行性の神経変性...
シグマ-1受容体を介した神経炎症の神経疾患への応用
Sigma-1 Receptor-Modulated Neuroinflammation in Neurological Diseases オンラインで公開2018年9月20日 要旨 シグマ-1受容体(Sig-1R)が多くの神経精神疾患の重要な薬物標的であることを示す多...
COVID-19感染症に対する中枢神経系薬剤の再利用:シグマ-1受容体を標的とする
Repurposing of CNS drugs to treat COVID-19 infection: targeting the sigma-1 receptor 2021年1月5日 要旨 新型新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、重症急性呼吸器症候群新...

認知症リスク

注意! この10の薬は記憶障害を引き起こす可能性がある
Caution! These 10 Drugs Can Cause Memory Loss 物忘れや混乱がある場合は、薬棚をチェックしてみよう。 丸薬箱、健康、薬剤および補足で分類されるさまざまな錠剤は、10 の薬剤記憶損失を引き起こすことができる。 長い間...

抗コリン薬

抗コリン薬曝露と認知症リスク ネステッド症例対照研究
Anticholinergic Drug Exposure and the Risk of Dementia A Nested Case-Control Study キーポイント 質問 55歳以上の人の認知症リスクは、さまざまな抗コリン薬の使用と関連しているか...

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました