ジョン・キャンベルワクチン リスク・ベネフィット子どものワクチン

5歳から11歳におけるワクチン有害事象について -Dr. John Campbell
Adverse vaccine events in 5 to 11 year olds

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

ジョン・キャンベル博士
チャンネル登録者数 240万人

酸素吸入を必要とする子どもたちよりも、ワクチンによる重篤な反応を示す子どもたちが多いことが判明

www.nejm.org/doi/full/10.1056

BNT162b2 メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(Pfizer-BioNTech)

2022年7月20日

小児のオミクロンに対するワクチンの現実的な有効性に関するデータ

方法

2022年1月21日から2022年4月8日まで

シンガポール、5歳から11歳

N= 255,936人の小児

完全なワクチン接種, 67.7% (173, 268)

部分接種, 12% (30,712)

未接種, 20.3% (51,995)

1,640〜1,790万人の危険日数

53,429人の感染者

5,342件のPCRで確認されたもの

288人の入院

入院した子どものうち5人が酸素補給を受けた

そのうち4人はITUに入院

この5人のうち

1人はワクチン未接種

2人が部分接種

2人は完全なワクチン接種

Covid-19に起因する死亡はなし

ワクチン未接種群の子供のうち

(100万人・日あたり)

報告されたすべての感染症、3,303人
PCRで確認された感染症, 479
入院, 30

完全接種群の子どもたち

報告されたすべての感染症、2,770件
PCRで確認された感染症, 112
入院, 6.6

入院に対するワクチンの効果

部分接種群 vs 非接種群
  • 報告されたすべての感染症, 13.6
  • PCRで確認された感染症, 24.3
  • 入院, 42.3
完全接種児の場合
  • 報告されたすべての感染症, 36.8
  • PCRで確認された感染症, 65.3
  • 入院, 82.7

確認されたすべての感染症に対するワクチン効果

完全接種群vs未接種群

2回目のワクチン接種後の時期

  • 7日~14日, 48.9
  • 15日から29日, 37.6
  • 30日から59日, 28.5
  • 60日以上, 25.6

結論

オミクロン変異株が優勢であった時期。

BNT162b2ワクチン接種により,5~11歳の小児におけるSARS-CoV-2感染およびCovid-19関連入院のリスクを低減させた.

これらの結果は、より高いレベルの重症度に対するワクチンの有効性を示唆している。

この研究結果は、意思決定者が小児へのワクチン接種の潜在的リスクとベネフィットを比較検討できるようにするための知見を提供するものと思われます。

シンガポールでは、ワクチン接種後の22件の重篤な有害事象

(全投与量の0.005%)

  • 1,000人に0.05人
  • 10,000人に0.5人
  • 100,000人に5人

5〜11歳児


John Campbell 0:01

本日の講演へようこそ 7月21日(木)今、オミクロン時代になってワクチン接種のリスク・ベネフィット分析が変わってきました。そこで今日は、25万人の子供たちを対象にしたシンガポールの研究を見てみたいと思います。

このグループの子供たちのうち、22人がワクチン接種による重篤な副作用に苦しんでいます。

しかし、同じ期間に、入院した子どもはかなり多いのですが、酸素吸入を必要とした子どもは5人だけでした。そして、その5人のうち、集中治療室に入院したのは4人だけでした。

つまり、この大きなグループのうち、ワクチン接種が必要な子どもは5人ですが、重大な副反応を起こした子どもは22人で、実際、集中治療室に入った子どもでは、完全接種の方が多く、完全接種のグループからは2人が集中治療室に入り、未接種グループからは1人だけだったのです。

さて、これほど単純ではありません。これはほんの序論に過ぎませんが、リスクベネフィット分析が変化したことを示しています。もちろん、これは誰の話かというと、この年齢層の子どもたちの話です。では、さっそくこの話に飛び込んでみましょう。

さて、これはニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンからのものです。ですから、それはすべて絶対に大丈夫です。ファイザー社のワクチン、7月20日発行ですから、昨日発行されたものです。ですから、このチャンネルで最新でないとは言えません。

子供のオミクロンに対するワクチンの現実の効果に関するデータは、彼らが1月を見ているものですから、オミクロン期間の真ん中にバーンと書いてあったわけです。さて、ここが問題の一部です。私たちが持っているエビデンスの多くは、以前の方法によるものですが、今はオミクロンの時代で、状況が変わっています。

そして、その時代の証拠に追いつくために、時代に合わせて動く必要があるのです。時代から少し遅れていると思われるポリシーもあるかもしれません。この時代、5歳から11歳の子どもたち、25万人強を対象にしています。そのうちの67%が完全なワクチン接種を受けています。

173,000人、完全なワクチン接種者、そして部分的なワクチン接種者。12% ワクチン未接種 20.3% さて、これが意味するところは、非常に良い音、非常に良い数字であるということです。これはすべてシンガポール当局が収集した実際のデータで、シンガポールのデータ収集は非常に優れています。

すべて匿名化されています。ですから、私たちは基本的に、分析するための完全なデータセットを手に入れ、非常に質の高いデータを見ています。ワクチン未接種者は、現在1640万から1790万人日の危険にさらされていることになります。

ここで彼らが行ったことは、ちょっとわかりにくいのですが、特に気に入らないというわけではなく、この年齢層におけるリスクの人日数を調べたようなものです。数字が違うのは、4月上旬に入院データの収集をやめたからです。そのため、数値は若干異なりますが、心配するほどではありません。

ですから、私たちは論文で直接伝えている数字をそのまま見ることにします。ただ、感染症データ、データ、入院データは微妙に違う数字に基づいているということですが、あまり気にすることはありません。さて。この期間中に53,000件の感染があり、PCRで確認されたのは5000件強、入院は288件だったということです。

このグループの子どもたちの288人の入院を最小限に抑えようとは誰も思っていません。しかし、酸素吸入を必要としたのはたった5人でした。つまり、予防的に入院することが多いのです。そして、これは子どもたちにも言えることです。少なくとも私は、大人よりも子どもの方が入院しやすいと思います。

なぜなら、子供には危険を冒さないということです。そして、子供にはとても慎重です。それで53,000の感染者がいて、28の病院があります。その通りです。入院した子供のうち、5人が酸素吸入を受け、そのうち4人は集中治療室に入りました。この5人の子供のうち 1人はワクチン未接種でした。2人は部分接種で、2人は完全接種でした。もちろん、公平に見て、ワクチン接種群の方が多いのです。

しかし、この結果から集中治療室への入院に関しては、ワクチン接種が予防になるというエビデンスはありません。ワクチン接種が酸素供給を保護するというエビデンスはここにはありません。もっとデータが必要です。しかし、最も公平な結果は、22の重篤な副反応と比較することです。

副反応については、多くのデータや詳細が示されているわけではありませんが、最も重篤な副反応が記述されています。つまり、オミクロンのせいでバランスが変わってしまったということです。集中治療室に収容されたのは彼らだったというわけです。

さて、ワクチン未接種群の子どもたちのうち、この年齢層では死亡の原因が19歳の回復にあるものはありません。これがワクチン未接種群です。ワクチン未接種群と比較して、3303件の感染、479件のPCR検査確定、30件の入院があったことがわかります。

そして、完全なワクチン接種を受けたグループの子どもたちは、感染症や公式診断がやや少なく、入院も少なかったことがわかります。しかし、重要なのは入院数ではなく、その子どもたちがどの程度の病気であるかということです。また、酸素吸入を必要とした子どもは、全体のうち5人だけで、非常に少数でした。

そこで、この2つの指標を一緒に画面に出しておきましたので、一緒に見てください。ワクチン未接種群では30件の入院があり、ワクチン接種群では6.6件でした。ワクチン接種群と非接種群の比較 有効性のレベルは確認されています。感染症報告13.6%、PCR防御、入院24.3%、42%防御、完全接種の子供たち、これはかなり上昇します。

これは、2コースのワクチンを接種した子どもたちです。このように、入院の有無に関しても大きな予防効果があることがわかります。ワクチンを2回接種した子供たちは、1回も接種していない子供たちと比較して、入院の予防効果があることがわかります。

しかし、酸素吸入が必要な子どもたちや重症化した子どもたちには差がありませんでした。このように、リスクとベネフィットを分析し、常に上を目指していく必要があるのです。もうひとつは、ワクチンの有効性がどの程度あるかということですが、このデータを見てみましょう。

ワクチン接種を受けた子どもたちは、2回目の接種後、すべての確認された感染症に対してワクチンによる防御効果を示しています。ワクチン接種群と未接種群の感染症を比較しています。ワクチンの予防効果は、7日から14日間で、50%弱です。

15日から29日では48.9%、2週間強で37.6%、30日から59日では28.5%、それほど長い期間ではありませんが25.6%、60日以降では4分の1強に減少しています。これが、私たちに与えられたすべてのデータです。つまり、ワクチンが最も効果的であったときでさえ、50%以下の効果しかなかったということです。

もちろん、この実験の最初の頃、誰が、そしてすべての専門家が、もしワクチンが良いものであるなら、50%の有効性を示さなければならないと述べていました。しかし、実際にはそうではなく、時間が経つにつれて急速に悪化しています。つまり、感染に対する防御力は時間とともに急速に低下しているのです。このようなタイムスケールで子供たちにワクチンを接種し続けることは現実的に不可能です。というわけで、ワクチンの効果は急速に低下している、というのが今の結論です。

これは論文から直接引用したものです。オミクロン変異株が優勢な時期に、ファイザー社のワクチンは、5歳から11歳の子どものSARSコロナウイルス感染症COVID-19関連の入院のリスクを低減させた 本当です、しかし、酸素吸入が必要になる可能性や集中治療室に入院する可能性は低減しなかった。もちろん、最も懸念される結果です、その根拠はありませんでした。

これらの所見は、より高いレベルの重症度に対するワクチンの有効性を示唆しています。つまり、彼らは、ワクチンがより高いレベルの重症度に対してある程度の予防効果を発揮していると言っていることを明確にしよう、と言っているのです。

しかし、酸素吸入を必要とする子供が5人しかいないため、それを裏付けるようなデータを出していないようです。専門家であり、査読付きの論文ですから、なぜそう言えるのでしょうか、何らかの理由があるはずです。この研究の結果は、意思決定者が潜在的なリスクと利益を比較検討するための知見を提供するものです。

つまり、研究者たちは、このデータを使うべきだと言っているのです。私はこれに同意します。このデータは、5歳から11歳の子どもたちにワクチンを接種すべきかどうかを決定するために、リスクとベネフィットの分析を比較検討する意思決定者が使用すべきものです。

しかし、最後に、間違っているものがあります。シンガポールでは、22%と言いましたが、22%、すみません、重篤な有害事象のどちらかを選択する必要があります。これは5%です。投与された全薬剤のうち、5%と100,005%、100,000%です。

つまり、有害事象のリスクは、酸素吸入を必要とする子どものリスクのおよそ4倍強となります。興味深い図です。有害事象のリスクは、酸素吸入を必要とする、あるいは集中治療室に入院する子どものリスクの4倍以上であり、リスクベネフィット分析が変化しています。

最後に、これが実際のスロットです。ですから、論文の中で紹介されている参考文献を見ることができます。ですから、人々はいつも私に、ワクチンを打つべきか?子供にワクチンを打つべきですか?もちろん、私はあなたのことを知りませんし、医学的なアドバイスをすることもできません。しかし、ここに論文があります、自分で見てみてください。私が正しいかどうか見てください。もし私が何か誤解しているなら、これが私が論文を読んだ方法です。

リスクベネフィット分析の比率は劇的に変化しています。22の重篤な有害事象と、酸素吸入を必要とする5人の小児です。たとえ入院に対する保護があったとしても、全体としては変化しています。この数字は、親が心に留めておくべきもので、政策立案者は、この論文を読み始める必要があると思います。

おそらく、私が住んでいる大西洋の反対側にある、この年齢層の子どもやもっと小さな子どもに強くワクチン接種を勧めている国も挙げられるでしょう。政策立案者がこのデータを完全に把握していることを期待しましょう。そして、もちろん見てくださってありがとうございます。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました