2. コロナウイルスワクチンワクチン 生殖への影響ワクチン後遺症中西部の医師

私が出会ったコビッドワクチンの副反応
この1年、私はこのことを記録することに力を注いできた

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Adverse Reactions to COVID Vaccines I Have Come Across

中西部の医師 3月6日

注:これらの出来事を記述する際には、非常に中立的な言葉を使うように心がけたが、これは私にとっては非常に難しいプロセスであった。 また、作品を短くするために、これらの人々が私に話してくれた追加的な感情の詳細や、彼らが経験したトラウマの多くを取り除いている。さらに、私が知り、このプロセスを通じて指導してきた人々の多くは、こうした傷害を軽減するための選択肢を利用できる。私はさまざまな支援団体を読みたが、一般的に、被害を軽減する方法を利用する特権がないため、彼らの経験はここで説明するものよりも悪いことが多い。

また、私はこれまで受け取ったすべての購読者に感謝し、あなたの時間を大切にする。だから、私はあなたに通知メールを送るために全力を尽くする。私が必要だと感じる十分な仕事をした記事は、あなたが読むだけの時間の価値がある。

はじめに

コビッドワクチンが開発されたとき、mRNA市場を開拓するためにmRNAのものが押し出され(製薬会社は新薬の開発を切望しており、潜在的なmRNA市場は数兆円の価値がある)mRNAワクチン接種を確実に行うために必要な安全性のチェックが省略されると感じた。 私は当初、mRNAワクチンによってパンデミックが長引くのではないかと心配していた(人々がウイルスに対する適切な免疫を獲得するのを妨げ、ウイルスの突然変異を促進するため)。また、将来的には、神経学、自己免疫、不妊、がんに関する重大な問題につながるのではないかとも思ってた(例えば、不妊への影響の可能性に関する警告文が出版されていた)。 ファイザーの臨床試験を調べ、彼らが認めている急性反応の高い発生率(インフルエンザワクチンの約4倍)を見て、私はこれらの潜在的な問題がはるかに可能性が高いことに気づいた(特に、個人的なグループでの試験参加者が、試験報告書に記載されていない有害事象を報告したため)。

簡潔に言えば、私や他の人たちは、こうした慢性的な健康問題を抱える人が相当数いるだろうと考えてたが、その数は、それを一掃するのに十分なほど少なかったのである。 ファイザーがEMA(欧州FDA)に提出したIND申請書の一部がリークされたとき、私には多くの赤信号が飛び込んできたのである。最も注目すべきは、ファイザー社が、通常必要とされる生殖能力、遺伝毒性(発がん性)自己免疫に関する動物実験を省略することを許可されたことだ。 これは、ファイザー社が、これらの試験を実施すれば、非常に問題のある結果が出ることを知っていたため、最良の選択肢は、これらの試験を「行わない」ことであったと、私は暗黙のうちに認めていると考えた。

また、ワクチン接種が始まる前に気づいたのだが、メディアではワクチンの全面的な宣伝に加え、多くのメディアが、ワクチンを接種すると一時的にひどい気分になるかもしれないが、心配することはない、と述べている。 過去に他のワクチンでこのようなメッセージを見たことがなかったので、私は警鐘を鳴らした。このワクチンはおそらくガーダシル(以前は多くの人が市場で最も有害で不要なワクチンとみなしていた)と同様の慢性副作用プロファイルを持っているだろうという予想があった。

私の友人の多くが医学部にいるので、私は初日からワクチン接種を観察することができ、毒性はファイザーの研究報告よりひどかったものの、私の予想通りであることに気づいた。 すぐに気づいたのは、重大な急性反応を起こした知人のほとんどが、ワクチン接種前にCOVIDに感染していたことだ。 同様に、ファイザー社が報告していたように、2回目の接種の反応はほとんどの場合、1回目よりもはるかに深刻であった(これは、ブースターを接種するとさらにひどい反応が出るという点でも当てはまる)。 ワクチンとCOVIDの共通点はスパイク蛋白であったので、スパイク蛋白がアレルギー性なのか(COVIDはアレルギー性疾患)あるいは累積的に血液(および体内の他の液体)を凝固させ、最終的に人が処理できない閾値に達したのか、と考えたのである。 私の現在の仮説は、スパイクタンパク質の毒性には他にも多くのメカニズムが考えられるが、その両方が発生し、もう一方を悪化させている、というものである。

ワクチンが一般に公開されると、私は予想以上に高い確率で、ワクチン接種直後にさまざまな急性自己免疫疾患や神経疾患(私は「中等度」に分類している)の患者が現れるのを目にするようになった。 そのたびに、彼らが受診した他の医師は、その反応はワクチン接種とは関係ないと主張するか、あるいは、もしCOVIDに感染することになったら有害事象はもっとずっとひどいものになっていただろうから、その反応が出たことは本当によい兆候だと私に言った。 その後まもなく、友人たちから、ワクチンが致命的な心臓発作や脳卒中を引き起こすのではないかという問い合わせを受けるようになり、これは私が予想していなかったことであった。

私はこのことに大きな警鐘を鳴らし、同僚に警告しようとしたが、同僚は聞く耳を持たず、同僚や他の人が私の患者に話したことを繰り返した。 やがて私は、たとえ自分には何も変える力がなくても、起きていることを目撃し、遭遇したことを記録する義務があることに気づいたのである。

そして、症例が増えるにつれ、私は受け取ったデータを最大限に活用することにした。

そこで、私が決めたルールがある。

  • できる限り、負傷者から1度以上離れないようにすること。この中で、私がそれに違反した場合は、次のように記した。
  • 例えば、ワクチン反応の治療でよく知られている医師は、より多くの人を引き寄せることができる。
  • サンプルを膨らませることになるので、知り合い全員からレポートを募ることはできない。
  • その人と私との関係、そしてその人と怪我をした人との関係から、その報告が捏造ではなく本物であると合理的に確信する必要がある。
  • 暫定的な因果関係を検討するのに十分なデータがあると感じる必要がある。

私がこのようなことを考える最大の理由は、「ワクチンによる重篤な反応は100万分の1だ」と誰もが言いたがるからである。 私の論理では、1度の距離で100万人の人を知ることは絶対に不可能である。 私の推測では、5万人から10万人の1親等以内の人々を知っているので、せいぜいこのサンプルの中の10%(おそらくもっと少ない)のケースを聞くことができるのだが、もしこのサンプルの中に少なくとも10件の重症例があれば、大きな赤旗となる。

また、私の仕事の関係で、予防接種が可能になると、多くの医療関係者に比べて、私は非常に少ない量のワクチン接種患者を診ることになることも記しておきたいと思う。 さらに、私が話を聞いた、ワクチンで傷ついた人たちのための診療所を持つ医師、ワクチンが引き起こす可能性のある症状を治療する専門分野の医師、オンラインで読んだレポート、最近リンクされたイスラエルからの調査、これらはすべて私が個人的に目撃したのと同じ結果を報告している(リークされている他の様々なデータベースも同様である)。

反応を説明する際、あまり個人を特定する問題を明らかにせずに、報告してくれた人をどのように知っているかを大まかに説明するようにしたのは、それがこの件に有用な次元を追加していると感じるからである(だから、全員を「友人」とだけ表記した)。 私の友人の多くは医療関係者なので、医師(MDまたはDO)とその他すべての医療従事者の2つのカテゴリーに分けた。 大半の人が1-2件の報告をしてくれた。 私の知る限り、一人の人から受けたのは4件が最高であった。 私が報告された症例のうち、重要なもの、深刻なもの、危機的なものの約85%を記録したと推定される。 医学部時代から知り合った医療関係者の友人も多いが、こうした話を気軽に打ち明けてくれる医師は、卒業後、医師になる前に知り合った人たちばかりだ(別の種類の絆が形成されるから)。

ここに挙げた症例がすべてワクチン接種が原因とは思いないが、ほとんどがそうではないかと思う。 この中の個人の身元を保護するために、私が提供された情報は非常に具体的であったが、この記事の情報の多くはかなり曖昧なものにしてある。

反応のタイプ別に分類し、それぞれにセクションを設けた。 また、PMHはpast medical historyの略で、過去に似たようなことがなくとも複雑な病気が出現することは珍しいので、これは関連性があると思う。 また、これらの症例の多くに見られる血栓は、非常に珍しいものである(それまで部分的な閉塞の兆候を示さなかった血管が急速にほぼ閉塞する、広範囲に有効な抗凝固剤でも血栓を防げない、除去しても同じ場所で血栓が再形成される、滅多に見ない場所に血栓ができる)。

また、ここに挙げた症例のうち、私が知っているのはVAERSに掲載された1例のみ(致命的ではなかったが、後遺症が残るもの)であることも記しておかなければならない。 これは、私が負傷した本人と非常に親しかったこと、彼女の家族全員が医療に携わっていたこと(彼女自身も含めて)そして、私が彼女のケースを担当したことが一因である。 他にもVAERSに載ったケースがあるかもしれないが、私はそのようなケースを知らないし、この質問も頻繁にしたので、副作用が過小報告されているのは間違いないと思う。ファイザーかモデルナかわからないケースも多く、そのような場合は特定せずにそのままにしている。

また、夫婦で大怪我が起きたケースを何度も見ているので、同時期に接種して、より反応性の高いワクチンロットが存在し、それを二人で接種したのではないかと疑っている。最後に、事象の重篤度の指定がある。 それが含まれている理由については、具体的な有害事象の後に結論として述べている。

有害事象は、以下のセクションに分かれている。

脳卒中、脳卒中の可能性が高いもの、血栓症
出血
心臓の状態
突然死(原因不明)
アナフィラキシーとアレルギー
その他の神経系疾患
精神科
自己免疫と慢性疲労
免疫抑制とがん
月経不順と流産
出生時障害
その他

おわりに

また、コビッドワクチンには、そのメカニズムを説明できない、とても不思議な作用がいくつか見受けられる。 そのたびに、私はそれが間違いなく起こったことを記録し、立証する努力をした(例えば、他の医師を同伴し、その人を評価する)。 しかし、これらの事象は非常に特殊であるため、ここで言及することは、この件に付加するよりも、この件からより多くを奪うことになると思うので、言及しないことにする。

最後に、現在の仕事のひとつで、私が定期的に話をする相手は7人で、そのほとんどが医師である。その中で、ワクチン賛成派の2人は、1年経った今でも生活に支障をきたすほどの大きな反応を起こし(1人は私に認めるのに時間がかかった)それぞれがほぼ確実にワクチンと関連している。他の3人の同僚は、副反応を起こした人を数多く知っているが、彼ら自身はワクチンを接種しておらず、そのうちの1人は接種を拒否している。ワクチンを接種した人の33%が重大な慢性合併症を起こすとは思えないが、このような小さなデータを見ると、とても不安になるね。また、私の仕事場でも、あまり知らない人で、関連性が疑われるが証明する方法がなく、それゆえ文書から除外されている、奇妙な問題がたくさん出てきているのを見た。

この中で大きな問題は、本来はあるはずのデータセットがないにもかかわらず、実際に起きているすべての副作用をモニターしているデータセットがないため、代わりにこれらのさまざまなデータセットでやりくりしなければならないことだ。

脳卒中、脳梗塞、血栓症など

Critical-(小さなホテルに宿泊した際に紹介された、地方の病院の神経科に勤務する医療従事者) コビッドワクチンが始まってから、脳卒中の若い患者が大量に流入している(この年齢層の脳卒中の患者をこれまで見たことがない)。 ほとんどの場合、インテーク時にコビッドワクチンの接種の有無を尋ねないのだが、脳卒中で入院した目立ったPMHのない患者(〜60歳男性)で、最近コビッドワクチンを接種したと申告した方を知っている。 彼は血栓を作り続け、PEとDVTを発症した。 血栓はヘパリンに反応しなかったので、我々はアグラトロバンを投与しなければならなかったが、血栓は完全には止まらず、我々は彼を大きな病院へ移した。 その後、間もなく亡くなった。

Moderate-私の患者は40代半ばの健康な男性

最初のワクチン接種後、閃光と片目の一時的な視力低下があった。 眼科では網膜剥離の兆候は見つからず、眼性片頭痛であろうと結論づけられた(これは小さな血栓によるものだと思われる)。 患者は2回目のワクチンで急性反応を起こし(1週間にわたる激しいびまん性筋肉痛と関節痛)治療により回復した。

Significant-(医学部時代からの親友がかなり有名な病院に勤務している)

ワクチンの後、片方の目につながる血管系に血栓ができ、その目の視力に永久的な損傷を受けた患者がった。

Severe-(前職で数年一緒に働いていた知人・医療従事者)

2回目のワクチン接種の数日後、高齢の母が急速に認知機能が低下し、今はもう本当にその場にいないようである。 前回知人に確認したときは、1年以上続いていた。

Critical-(医学部時代からの友人・医療関係者)

高齢の母が2回目のワクチン接種直後から喋れなくなった。 その後、健康状態や認知機能が急速に低下し、2週間後に死亡した。 この話をした人は、自分がモデルナにひどい反応を示すまで熱心にワクチン接種を支持していた。そして、この件と他のいくつかの事例を私に打ち明けた。

Critical-(医学部時代からの友人・医療関係者)-

私の親友のお母さんは、ベースライン認知症で、ワクチンの1週間後に亡くなった。

Significant-(医学部時代から知っている親友、医療関係者、家族ぐるみの付き合い)

定期的に会っている夫の兄弟の奥さんが、注射(ファイザー)の1週間後に脳梗塞で倒れ、腕が使えなくなった。 機能は徐々に戻ったが、100%戻らなかった。

Severe-(7年来の親しい友人)

一緒に過ごしてきた親しい友人の義理の母が、2回目のファイザーを打ってから12時間も経たないうちに脳梗塞になり、脳浮腫で入院した。 この方が助かったかどうかはわからない。

Critical-(私が幼稚園の頃から知っている親しい家族)-

老人ホームにいる母がワクチンを接種し、脳梗塞になり死亡した。

Severe-(10年来の親友で医療従事者)

義父は88歳で、ワクチン接種前から神経障害があった。ワクチンを打ってからめまいがし、何度か転倒したことがある。 今、彼の認識力は何かが大きく変わってきている。例えば先日、表情が真っ白になり、その後転倒してしばらく混乱していた。

Critical-(5年来の仲良し)

叔母の美容師の友人は、2回目の服用後、正しく話すことができなくなり、また、道に迷うようになった。帰り道が分からなくなった。
<これは1親等の法則に反する。

Severe-(22年来の親友)

私の親しい友人は30代後半の活発な健康な男性で、健康上の問題はなかった。 彼はワクチンを接種した翌日に脳卒中を発症し、数週間入院していた。 彼は意思疎通ができないため、どのワクチンを接種したかはわからない。彼の両親は、テキサス州まで1500マイルを移動して彼を迎えに行き、自宅に連れ戻して、彼の回復を助けている。彼は働くことができず、このことであるべてを失った。 彼はまだ話すことが困難で、片腕が使えない。

Critical-(医学部時代から知っている他の医療関係者)

一時期知っていた親友の兄が脳卒中で亡くなった。彼は50代で、以前は健康で活動的で、過去に大きな病歴はなかった。最近、新しいスキーを購入し、冬の季節を楽しみにしていた。脳梗塞になるどれくらい前から予防接種を受けていたかはわからない。

Critical-(ある師匠の奥様と過ごしたことがある)

私の父は70代半ばの男性で、記憶力が抜群によかったである。 彼は最初の2つのワクチンを最初の頃に接種した。 以前は優れた記憶力を持ってた。 2回目のワクチンを接種して以来、長期記憶が著しく低下し、鮮明な記憶力を持つどころか、しばしば物事を思い出せなくなった。 彼は3回目の接種を受けたばかりだが、接種後の先週はめまいがひどく、トイレまで這ってしか行けず、一週間を通して超疲労状態であった。 また、彼は転移性膵臓癌の持病があり、その治療を受けている。 いずれ、またしばらくは会えないかもしれないが、彼に何が起こったのか、フォローしてみようと思う。

Critical-(こんなこともあるのかと親友から転送された文章)

「義理の娘の実家にお世話になりに行ったら、義理の母がワクチン後にできた血栓で亡くなっていたことが分かった。
<これは1度の隔たりのルールに違反する>。

Critical-(医学部時代から知っている医療関係者)

なんとなく知っている親友の兄がコビッドワクチン後に脳梗塞で死亡した。50代で、それまで健康で活発な方であった。最近、冬の季節を楽しみに新しいスキーを購入していたそうである。実は、脳卒中がワクチン接種からどのくらい経ってから起こったのか、私は知らないし、家族は非常にワクチン推進派なので教えてくれない。

Critical-(Family friend and health care provider)

PMHのない80歳の女性が私の友人で、入院中ずっと一緒に過ごした肉親の非常に親しい友人であった。 1回目のワクチン接種後、何が起こったのかわからないが、2回目のワクチン接種後、腰と足の筋肉痛がひどくなり、足で立つことができなくなり、立とうとしても倒れてしまうという状態になった。 接種後24時間後にERに行き、足全体に血栓があると診断された。 その後、発熱が止まらず、COVIDが陽性となり、減圧しながら人工呼吸器を装着し、1週間以内に逝去した。 なお、このケースは、2回目のワクチン接種から2週間未満であったため、「完全なワクチン接種の状態」ではなかったことから、ワクチン未接種のCOVID死亡と診断される可能性があるが、私の家族は、少なくとも生きている間は、部屋に隔離注意事項がなく、一緒にいられたことからCOVID患者として扱われなかったと、病院側では考えている。

Critical-(家族友人等医療関係者):

過去に病歴のない50歳近い男性が、私の顧客の一人であった。 最初のモデルナの直後、彼はCOVIDの検査で陰性となった。 1週間後、彼はERを訪れ、COVIDの検査で陽性となり、全身に血栓があると診断された。 彼は病院で何度も輸血を受け(内容は不明)ERを受診した3週間後に病院で亡くなった。

Critical- (医学部入学時からの親友で大学教授)

60 歳の女性(私の隣人で友人)が 2 回目の予防接種を受け、2 週間後に自宅で亡くなり、検視で肺塞栓症と診断された。
(私が心臓発作の可能性が高いと分類した死因のいくつかは、連邦政府の指示により、実際には肺塞栓症であった可能性が高い。)

Severe-(高校時代からの母の友人):

私の知的障害者の姉(50代前半)は11年前に乳癌になり、子宮癌を引き起こすことで知られる乳癌治療薬でしばらく治療を受けてた。 その後、COVIDロックダウンが始まる少し前に子宮体がんを発症。 診断から約2ヶ月後、急性期ではない病院に入院し、入院治療を開始した(家族の立ち会いは禁止)。 入院直前にコビッドワクチンが使用可能になり、入院開始時に指導医からワクチン摂取の必要性を告げられ、摂取後24時間以内に肺塞栓症で死亡した。

Critical-(医学部時代からの親しい友人で医師)

私の患者の夫は、大手民間航空会社のパイロットである(航空会社の名前は伏せておくる)。 1月に彼はコビッドワクチンを接種した。 その時以来、彼はひどい頭痛、目のかすみ、めまいが10ヶ月間続いている。 彼は飛行機に乗れなくなり、永久に地上待機している。
<これは技術的に1度の分離に違反している>。

Significant-(私の患者)

私の祖母は80代前半の女性で、PMHはない。 彼女はブースター(ファイザー社のmoderna)を投与され、数日後にミニ卒中(不明瞭な言語と手のしびれ)を経験した。 2泊入院し、抗凝固剤を投与して帰宅。現在は完治している。

Significant-(医師になって間もない頃から知っている親しい友人で、有名な医師)

同僚医師の妹がコビッドワクチン接種直後に非致死的な脳梗塞を発症した。
<これは厳密には1 degrees of separationに違反する。

Significant-(研修医時代からの知り合いの医師で親友)

私の患者はコビッドワクチン後に血栓を再発し、またワクチン接種後も続く慢性的な精巣の腫れを発症した。 (これは、ニッキー・マナジがトリニダードの親戚に起こったことについてツイートしたことでもある。)

Significant

私のよく知っている医師は、ワクチン接種後、足に持続的な血栓ができ、周期的に呼吸困難に陥り、少なくとも9ヶ月間持続し、ブースター後に悪化した。私が聞いた他の多くの血栓(コビッドやワクチンによるもの)と同様に、従来の抗凝固療法には部分的な反応しかなかった。

Critical-ある有名な町の市長である私の患者の一人

80歳近い男性で、私の親しい友人であった。 彼は非常に健康で、定期的に野外活動をしていた。 彼は、ワクチン展開の初期にCOVIDのワクチンを接種した。 そのワクチン接種後の6ヶ月前、彼は小さな脳卒中を起こした。 数日前、私の患者は彼を見かけたが、彼は元気がないように見えた(私の患者は初めてそれを観察した)。 3日後、彼は病院に入院し、私の友人に医師から数週間入院すると言われたそうである。 入院3日目に亡くなった。

Significant-(古くからの親しい友人)

私のマンションの副管理人(50歳)が、ブースター直後に脳卒中を発症し、現在リハビリ中のため、私のマンションにはいない。

出血

Severe-(医療従事者、医学部時代からの友人)

私の高齢の友人は、ワクチン接種の1週間後に致命的ともいえる消化管出血を起こした。 彼は結局、通気孔を開けることになり、最終的にはプラグを抜く必要があった。 彼は膝関節炎のためにNSAIDを大量に服用していたので、ワクチンと関係があったのかどうかはわからないが、彼が何年もそれを服用していたことと、致命的な出血がワクチンの直後だったことが注目される。

Severe-(医療従事者、大学時代の親友)

私の患者の母親が動脈瘤破裂による出血性脳梗塞を発症し、ワクチン接種後すぐに入院した。 そのため、この患者のお母様から追加情報を得ることはできなかった。

私の友人の一人は、コビッドワクチン接種後すぐに動脈瘤破裂による致命的な症状を経験した人がった。 私はこのケースについて追加の情報を得ることができなかったので、この言及を越えて記載することはない。

Severe, Severe, Severe

知人を通じて知り合った小児科の病院勤務医によると、予防接種キャンペーンの最中、母親たちがコビッドワクチンを接種しているときに、ITPなど血小板に対する自己免疫反応を起こし、大出血した乳児が1週間に3人NICUに入ってきたそうである。 以前は、このようなケースは年に1回あるかないかだったそうである。 彼女はこの件に関して警告を発しようとしたが、どこにも届かなかった。 このような問題は、他の免疫原性ワクチン接種でも報告されており、ワクチン接種後に致命的な出血を起こした人の事例を読んだことがある。

心臓の状態

最初の2つの話は、医学部時代からの親友である医師から聞いたものである。 彼の言葉を借りれば、私はコビッド接種後に非常に奇妙なことが起こるのをたくさん見てきたが、この2つのケースでは、他の可能性を考えるのは非常に困難であった。

Critical-(親しい友人、医師、医学部時代からの知り合い):

50代の男性で、新型の胸痛と冠動脈疾患のPMHxを持ち、その他にいくつかの慢性疾患(つまり喫煙者)を持つ、私にとって非常に大切な人がった。 約1年前、彼はあることに気づき、自分の健康問題に取り組むために人生を根本的に変えた。 彼は約9ヶ月間、私の直接指導を受け、既存の慢性疾患のほとんどを完治させ、健康を大きく向上させることができた。 心臓病の兆候もなく、人生で最も健康な時期のひとつに、彼は最初のモデルナを服用することにした。 5日後、彼は私の病院に入院した。 循環器内科では、99%狭窄した重要な冠動脈を開くことを試みたが、これは不可能であり、彼は代替医療を施して家に帰された。 退院後、翌日自宅で息を引き取った。

Severe-(親友、医師、医学部時代からの知り合い)

ある50歳の男性がクリニックで新たに発症した重症心房細動を訴え、医師から私のERに送られた。 彼は毎日何度もランニングをしており、健康そうで、PMHもなく(父親の脳卒中の既往があるくらい)医師を必要としたこともない人であった。 彼は適切な体重で、奥さんと一緒にかなり頻繁に旅行していた。 彼は2020年後半に控えめな症状のCovid感染症にかかり、私が診察する前に両方のPfizersを発症していた。 検査では、新型の心不全(と、心臓が血液を送り出す仕組みである駆出骨折が著しく低下している)が発見され、検査値は異常なしであった。 1日目に脳の最も重要な動脈の1つに脳梗塞を起こし、しかし脳から手作業で血栓を取り除くことができた(これは多くの病院ではできない複雑な処置である)。 病院に現れてから10日後、さらなる脳卒中を防ぐために抗凝固剤を服用していたところ、同じ部位に2度目の進行性脳卒中が起こった。 最初の脳梗塞から数日、2回目からは1週間で症状が回復した。 心臓を見ると、その主室にも血栓があった。 私の知る限り、この患者は最終的に回復し、リハビリを終えた後、音沙汰がなくなった。

Severe-(親友、医学部時代からの医療関係者)

私の叔父は、ワクチン(ファイザーだと思うが定かでない)の後、1週間ほどで心臓発作を起こした。 大変であったが、最終的には助かった。

Severe-(10年以上前から知っている友人)

私の義父は、定期的に運動をしている健康な~60歳の男性で、元消防士であった。 心血管系の持病はなかった(高血圧症ですらない)。 2回目のファイザー社製ワクチンを接種した30日後に、心臓発作で急死した。

Severe-(10年以上前から知っている友人)

私の友人は、心臓に問題のない30歳の健康な男性で、ファイザー・ワクチンを受けるかなり前からCOVID-19を強く示唆する症状を持ってた。 ワクチン接種後、彼は心臓発作で4日間入院し、病院での侵襲的な医療介入を必要とした。 彼は、医師は時系列と彼の年齢から、COVID-19ワクチンの影響であろうと考えたが、それを明確に否定することはできなかったと私に言った。

しかし、多くの場合、ワクチン接種の正確な時期やブースター(接種後1年後に受けるもの)の影響かどうかを判断することはできないため、3カ月から1年という幅があるが、彼らの推測では6カ月後だったようである。次の3例と膠芽腫は、私の同僚が担当した。

非常に親しい友人である同僚の一人が、知り合いのワクチン接種者(主に患者)が、ワクチン接種後6ヶ月くらいで健康状態が著しく低下しているように見えると教えてくれたのだが、多くの場合、彼らがワクチン接種した正確な時期やブースター(接種後1年目に受ける)のおかげかどうかは判断できないので、3ヶ月から1年の範囲と考えられるが、彼らの推測は6ヶ月であった。次の3例と膠芽腫は、私の同僚からのものである。

Critical- (上記同僚)

長年全く安定していた70代半ばの患者が、ワクチン接種後約6ヶ月~1年で突然急性心不全を発症し、現在ホスピスに入っている(つまり、もうすぐ亡くなるということである)。

Severe-(上記の同僚)

慢性心房細動(これは問題があるが比較的管理しやすい心臓病である)の60代半ばの患者が、ワクチン接種後約6ヶ月で急性心不全を発症した。 私は彼らの状態が末期であることを期待している。

Critical-(同僚の上)

私の父は有名大学の教授である。 同僚の一人は健康で、ワクチンを受け、12時間息切れが悪化し、その後自宅で死亡が確認され、解剖の結果、心肥大と肺水腫が認められた。 死亡したのはワクチン接種後だが、父はワクチン推進派なので、正確な時期は分からなかった。

Severe-(数十年の付き合いのある親友)

私の元夫(50歳)は、J&Jの3ヶ月後に心臓発作を起こした。 ワクチンの2ヶ月前に健康診断を受け、異常なしと言われた(彼は健康に細心の注意を払い、生計を立てるために武道を教えており、体調は万全である)。 ワクチンの後、彼は疲労感を覚え、心臓発作の数週間前に呼吸困難と全身の痛みを発症した。 心肺停止状態でERに運び、蘇生に成功した。 4日間入院した。片方の動脈にステントを入れた。また、その後の心停止のため、ステントを入れた後も入院中に胸骨圧迫をしなければならなかった。

Critical-(高校時代からの親友、大企業の役員として勤務)

私の長年の親友(80歳近く)は、州の重要な政治的役職に何度も当選しており、地元では有名な人物であった。 彼は2回目のmRNA注射の直後に心不全を起こし、8日後に心臓発作で亡くなった。

Severe-(高校時代からの親友で、ファウチュン500社の重役として働いている)

別の家族の友人は裁判官だが、2回目のmRNA注射の直後に一連の深刻な心臓病を発症し、最終的にペースメーカーを必要とすることになったのである。

Significant-(数十年の付き合いのある親友)

私の80歳の母は、2回目のファイザー社製ワクチンの接種から2週間後に心臓病を発症し、心筋炎と正式に診断された。 彼女は今、新たに診断された心臓の状態のために永久的な医学療法を受けている。

Critical-(知人および医療従事者の同僚):

今日、私が受付をした患者の一人が、彼らの友人がワクチンを受けた直後に亡くなったと言い、それ故にワクチンを受けるのを嫌がっている。

Moderate-(長年の家族友人、医療従事者):

私の肉親の20歳近い若い親戚は、運動機能、呼吸器機能ともに非常に健康であった。 彼は以前、ワクチンを受ける1年前にコビッドを経験したことがある(陽性反応が出たことも含め)。 1回目のモデルナ接種後、彼は短期間の発疹、疲労感、関節痛を経験した。 2回目のモデルナの後、彼は似たような、しかしもっとひどい発疹、大量の疲労感、関節痛を経験し、数ヵ月後には動悸と高血圧のため救急車のお世話になった。

他の多くのケースと同様、私に教えてくれた友人から、この人がその後どうなったかについてのフォローアップを受けることはなかった(彼らは私の患者ではないので、私が繰り返し確認し、何が起こっているかをフォローアップすることは不可能なのですが…)。

Significant-(医学部時代からの親友で、有名病院に勤務する医師)。

若い健康なスポーツ選手がワクチン後に動悸を起こし、大学の残りのシーズンをプレーできなくなった患者がった。

Critical-(ある患者)

私の親友(年配の女性)が、1回目のワクチンで副反応を起こした。 2回目のワクチン接種後、心停止で間もなく死亡した。 以前、積極的にワクチンを推進しているのを見たことがある担当医が、ワクチンが彼女を殺したと信じていると話していた。

Critical-(私は何年も前から知っている仲の良い友人であり、家族の一員)

よく一緒に遊んでいた親友のお父さんが心臓発作で亡くなった。 2回目のワクチン接種の数日後に亡くなったことを葬儀で知った。 父親は〜70歳で、健康で、何年も働いて手に入れた夢の家に引っ越したばかりだった。

Critical-(7年来の親しい友人であり教授)

~80歳の男性で、入院して水分補給で回復した短い期間の腎不全の他にはPMHはなかった。 モデルナ投与後、2〜3週間後にCHFを発症し、極度の呼吸困難と著しい労作困難が2ヶ月間続いた(この後何が起こったかはわからなかったが)。 また、食事障害や極度の下痢など、他の問題も発生した。

Critical-(医学部で知り合った親友・医師)

幼少期から知っている近親者(60代半ば)は、心臓病の既往はなかったが、予防のために強めの抗血飛沫剤など一般薬を服用していた。2回目のファイザーを飲んだ後、心臓の動脈が閉塞し、心筋梗塞になった。この2つが関連しているかどうかは分からないが、私は彼の診療を手伝っていたので、これは非常に意外な出来事であった。 また、このような心臓発作はそれほど一般的ではない。

Significant-7年前に少し一緒に過ごした、私が訪れたファームスタンドで働いていた30歳近い男性)

モデルナの2本目を左腕に注射した後に心膜炎になり、1週間ほど動けない、胸を押さえることができない状態になった。 今はもう大丈夫だと思うし、それ以上の問題にも気づいていないが、ブースターは絶対に受けないつもりだ。

Critical-(高校時代から知っている家族ぐるみの付き合い)

私のスピリチュアルコミュニティーにいる50歳くらいのカーペットディーラーが、インドに住んでいて、健康状態もそこそこ良かったので、定期的にカーペットを注文し、定期的に連絡を取り合ってた。 彼はワクチンを受け取った。 24時間以内に彼は非常に具合が悪くなり、彼の家族は彼を緊急治療室に連れて行こうとした。 緊急治療室は満室で、入院するのに数回かかり、入院する前に車の中で亡くなってしまったのである。私は、彼がアストラゼネカのワクチンを接種したことはほぼ間違いないと思っている(展開のタイミングと、彼が接種した時のワクチンの入手状況から)しかし、インドには他に2種類のワクチンがあるので(インドのとロシアの)それらであったかもしれない。アストラゼネカはJ&Jとよく似ている。

Critical-(医師・医学部時代からの親友)

一緒に過ごした夫の親友は40代前半でPMHがなかった。 30 代後半に一緒に遊んだパートナーの親友。 PMHはなく、ワクチン接種後1週間半で心筋梗塞で死亡した。

Severe-(10年近く付き合いのある親友)

友人の父親がファイザーにかかった。 彼は2回目の予防接種を受ける直前に心臓発作を起こし、多くの医療措置を必要としたが、最終的には一命をとりとめた。

Significant-(医師と医学部時代の親友)

私のボーイフレンドは、モデルナワクチンの後、心膜炎と慢性的な胸の痛みを発症し、脳梗塞、うつ病、頻繁な疲労を伴うようになった。 それは約9ヶ月間持続している。我々は別居し、私はその後、彼のフォローアップをしていない。

Critical, Critical-(医師、医学部時代の親友):

私の患者の一人は、軍で働く弁護士である。 彼女は、予防接種を受けてから24時間以内に心停止で死亡した軍人を2人知っている。 どちらのケースもVAERSレポートが提出され、その後、手動で削除され、VAERSから削除されたそうである。 その結果、彼らの死亡はどちらも登録されなくなった。

<厳密には1度の分離に違反している>。

Severe-(家族友人、知人):

70歳の男性で、親しい友人だが、過去に喘息のPMHがあったが、健康状態は良好で、他のPMHはなかった。 彼はファイザーかモデルナのどちらかを受けていたことは知っている。 1回目の注射後、2日後に彼は心臓発作を起こし、他の病院に緊急搬送され、4重バイパス手術が必要となった。 現在はほぼ回復しているが、若干の疲労感と脱力感がある。

Critical-(母の親友で私の知人)

私の顧客の一人がブースターを受け、2週間後に心臓発作を起こし、バイパス手術が必要になった。

Severe-重大-(ワクチンを深く信じている親友、博士、~50歳):

彼らは、最初にワクチンが入手できたときに接種したのだが、1回目の接種後に心内膜炎のすべての徴候と症状を呈し、それに類するものを経験したことがなかった。 数日後、ステロイドと血液凝固阻止剤を投与されたが、2回目の接種時には激しい反応はなく、ステロイドが有害反応を抑制したのではないかと思われた。 この事故以来、10ヶ月間、体調が優れず、正常な状態ではなかったそうである。その後、彼らはブースターを手に入れ、私に電話をかけてきて、基本的な仕事ができないほどひどい霧が長期間(およそ1ヶ月)続いたと告げた。

Significant-(親友、数年来の知り合いの鍼灸師)

予防接種後に心筋炎を発症した患者がった。

Significant-(患者、〜30歳)

私の患者は、2回目のモデルナ接種後に心膜炎のような症状を発症し、今のところ8ヶ月間持続している。 私が最後に話をしたとき、彼らは私が助言したように、完全な評価のために心臓専門医を受診していなかった。

Critical-(9年来の親友)

私の義父の親友でもあるある男性は、70歳くらいの健康な男性で、PMHはなく、頻繁に体を動かしていた(長距離サイクリング、アルプスでのスキーなど)。 彼は、ワクチンを接種する約1年前にCOVIDでかなり体調を崩した。 彼は旅行するためにワクチンを接種し、ヨーロッパ旅行に出かけ、飛行機で帰国後体調を崩し、1週間後に心臓発作を起こし、心臓発作以外にも心臓に何らかの問題があると診断され、1週間後に病院で亡くなった。

Critical-(母の友人の友人である一緒に過ごした医師)

ICUに入院している時に見た予防接種後に心筋炎を発症した健康な10代の子がいた。 私の経験、同僚の経験、そして我々が扱う患者集団を考慮すると、心筋炎の発生率はワクチン接種の1/5000程度だと思う(彼はこの推定に十分な根拠を持っていると感じた)。

Significant-(飛行機でそばに座った乗客)

過去に病歴のない中年女性が、機内で起立後に失神を起こした。 着陸後、彼女は救急隊員に見送られ、心臓疾患の疑いでごく普通の緊急医療を受けたが、その後、2回目の失神を起こした。 私は彼女の治療に関与していなかったので(機内の別の人が担当した)詳細はほとんど知らないが、彼女は非常に血圧が低く、飛行機を降りてすぐに病院に運ばれたこと、そして機内の他の人が友人にこの乗客は最近昇圧したと話しているのを耳にしたことは知っている(だから結局それが真実かどうかはわからない)。 私はよく飛行機に乗るが、このようなことが起こるのを見たことがないし、救急隊員が飛行機から誰かを助け出すのを目撃した人を個人的に知らない。 しかし、パイロットが飛行中に激しい反応を起こしたという話は聞いたことがあり、この件に関しては詳しく説明している。

Moderate-(1年前から知っている知人・医師):

ワクチンを希望しなかった私の友人は、医療プログラムを継続するためにワクチン接種を余儀なくされた。 初回接種後、彼女は著しい月経困難症、胸痛、睡眠困難、突然の頻脈を繰り返し、時には夜中に心拍数の高度な上昇で目が覚めるようになった。 6ヵ月後、この問題は改善されておらず、この問題のために彼女は生活の質に大きな変化を経験している。 今のところ、彼女は2回目の投与を受けていない。

Significant-(大学入学時からの親しい友人、彼らの父親をなんとなく知っている)

私の父は60歳の男性で、健康そのものである。 2回目のワクチンを接種した後、徐々に心臓の問題が悪化したが、何が起きているのか明確な診断がつかず、最近ステントが必要になった。 彼は非常にワクチン推進派なので、関連性の可能性については私に相談しようとしない。

Critical-(市長である友人)

視力の問題以外PMHのない私の親友は、ワクチン接種後1週間ほどで健康な~60歳の女性が足に著しい浮腫(むくみ)を起こし、病院に行ったところ心不全と診断され、翌朝病院で亡くなった。

Critical-(患者)

私の友人は、過去に病歴のない20代半ばの女性であった。 ワクチン接種後1週間ほどして、子供を学校に送るため車に乗っていたところ、心臓発作を起こし、亡くなった。

Severe-(A患者)

私の非常に良い友人の娘さんが、水泳チームに入り続けるためにワクチンを接種し、その直後に手と手首にしびれが生じた。その後、彼女は心筋炎を発症した。

Severe, Severe?, Severe?-(大学時代からの親しい友人と医療従事者)

以下のことを伝えるために連絡をくれた。
ねえ、あなたに知っておいてもらいたいんだけど、今私の循環器科の病棟には、過去に大きな病歴のない、心不全や心筋症を新たに発症した若い患者(35~45歳)が3人いる(これは、特に年齢からすると典型的ではないね)。1人の患者のワクチン歴は、6ヶ月前にモデルナを2回接種したことだけ知っている。他の2人もそうなのか知りたかったのだが、反ワクチン派であることがバレないように聞く方法がなかった。

(医学生である親しい友人の恋愛相手)

イスラエルでは、ファイザーやモデルナのワクチンの直後に亡くなった人を隣人を含めて複数知っているし、年齢が若い人もいる。 彼らの多くは、その死をワクチン接種と結びつけて考えており、政府の対応や隠蔽体質に非常に憤慨している。私は彼と少ししか話すことができず(主に友人と話した)これらのケースはより曖昧なので、私は合計には含めないが、ここで言及することにする。彼が強調したのは、イスラエルはファイザー社のワクチンの実験場として大きく利用されているが(そして我々の政策の多くは彼らの結果に基づいている)ソーシャルメディア上の投稿はすべてヘブライ語なので、イスラエル以外の人々はそれを翻訳することができないため、何が起こっているかを知る人はほとんどいないということだ。

また、どうしたらいいのか判断に迷うケースもある。例えば、私がいつも食べ物を買っている人と、最近こんな会話をした(この話題の出し方はとても慎重にしている)。

並んでいるもう一人の人。どこに行っていたんですか?

彼:すみません、先月から体調不良で休んでいました。

私:ああ、すみません、何があったのですか?私は医者なので、こういうのは興味深いんですよ。

彼:私は心不全で入院していました。1週間入院して、酸素吸入をしました。

私:薬を飲まされたんですか?

彼:そうです。はい、それはとても助かりました。

私:そんな、COVIDに感染したんですか?

彼:いいえ

私:本当に感染してないんですか?ワクチン接種されましたか?予防接種をしていない人は、COVIDにかかったことに気づかないことがあるんです。

彼です。ええ、私は予防接種を受けたけど、COVIDにはかかりませんでしたよ。

私:あーなるほど。何だかんだ言っても、ワクチン接種後に心不全になった人にはたくさん会いましたよ。

もう一人並んでいる人:私も多くの人がそうなっていると聞いたことがあります。

彼:私は1年半前に初めて心不全になったので、ワクチンとは関係ないと思います。

ここで引っかかるのは、心臓に持病がある場合、ワクチンによって心臓の合併症が発症する可能性は、そうでない場合よりもずっと高いという論理である(ここではわかりやすく、ワクチンを接種した場合と接種しなかった場合を比較した絶対リスクについて言及している)。しかし同時に、過去に心不全の危険因子がなく、心不全の既往もない人が突然心不全ワクチン障害を発症した場合、前のケースではワクチン接種とは無関係に自然に起こった可能性があったのに対し、この影響は確実にワクチンによって引き起こされた確率が高くなる。心臓や冠動脈に突然、非常に珍しい血栓ができるなど、広い視野で見れば分かることもあるが、多くの場合、そうではない。このような場合、これらの患者(心臓に持病のある人)を対象に、正しく実施され、正直に結果を報告する無作為化試験か、何が起こっているかを検出するための大規模なデータベースが必要だが、今のところ、どちらもない。したがって、このような場合、最終的には観察者が直感的にカジュアルティが存在するかどうかを判断することになり、ほとんどの場合、医師はノーと答えることになる。個人的には、このような相関関係がある可能性が高いと感じたし、ワクチン以前は、このような話に遭遇することは非常に稀であったが、本当に知る方法がないため、集計には含めなかった。

突然死(原因不明)

これらは心停止や肺塞栓の可能性が高いが、アナフィラキシー反応と言うこともあり得る。

Critical

コビッドワクチンによる死亡で、私が勤務していたクリニックの別の医療機関の患者が予約をキャンセルされた(その直後に、事務員が私にそのことを話しているのを聞いた)。

Critical-(4年来の親しい友人)

レストランでランチを取っていた時、そこのウェイターにワクチンの話をしたら、以前全く健康だった友人(彼の年齢なので20代後半から30代前半)がワクチンを打って、子供を寝かしつけて寝たら死んでしまったので、絶対に打たないと言っていた。
<このケースは1度の隔たりルールに抵触する>。

Severe-(親しい友人の紹介で知り合った遠方の友人)

私の友人に30代の健康な知人がいた。 彼女は予防接種を受け、接種後の後日、子供を中に入れて玄関先に立っていたところ、玄関先で気を失い死亡した。
<このケースは1度隔離のルールに違反している>。

Critical-(知人・鍼灸師)

大学に通っている患者がいる。 寮で一緒になった人はいたって健康で、私の知る限りではPMHは発症していない。 彼の大学ではワクチンを提供し、その人はそれを受けた一人であった。 彼はその日のうちに寝ている間に亡くなり、私の患者はそれを見てかなりショックを受けた。私は、患者がなぜワクチンを接種しないのか説明した後で、このことを知った。
<このケースは1度の隔たりの法則に違反している>。

Critical-(患者)

従兄弟の夫は40代半ばの男性で、目立った病歴もなく健康であった。 彼は金曜日にワクチンを接種した。 土曜日に彼は気分が悪くなり、休みがちになった。 朝、いとこは彼がソファで死んでいるのを発見し、何らかの理由で彼は私に言わなかったが、アナフィラキシーによる死と考えた。 検死は行われなかった。
<このケースは1度隔てのルールに違反している>。

Critical,Critical (Patient)

私のボーイフレンドには、ワクチン接種後に死亡した2人の叔母がいる。これらのケースについて、まだ追加情報を待っているところである。

アナフィラキシーとアレルギー

重大-(友人で、医療従事者である医学部時代からの弟の親友)。 集団予防接種の会場で初めてモデルナを接種した後、アナフィラキシーで死にかけた。 手にじんましんが出たにもかかわらず、自分がアナフィラキシーであることを認識するのに時間がかかった。 会場にはエピペンがなかったため(実際に起こったことなので検証済み)車で30分ほどのところにあるERに行くことになった。 それ以来、左の腎臓に鋭い痛みがあり、神経がおかしくなり、冷たい水など特定のものを飲むと喉が締め付けられるようになった。 一生エピペンを持ち歩かなければならないのではと不安になる月日が続いた。 彼女は、アレルギーを軽減するために多くのホリスティック療法を行おうとしていた(ここでは、ごく少数の人しかアクセスできないようなことを本当にたくさんしてくれた)。 受傷後16週目にこの人をフォローアップしたところ、彼女の機能は非常に徐々に戻ってきたが、この間、疲労、痛み、ブレインフォグにより、ほとんど仕事ができない状態が続いている。 8ヵ月後に会ったときには、仕事に復帰していたが、すべてが起こる前と同じ状態にはなっていないようであった。

Significant-(医学部時代からの親友で医師)

私の友人はワクチン後にアナフィラキシーを起こしたが、今は回復している。

Significant-(親友で医学部時代からの知り合いの医療関係者):

私の父はブースターでアナフィラキシー反応を起こし、ワクチンを接種してから多くの食品に重度の食物アレルギーを発症し、数ヶ月後には体中に発疹もできた。

Significant-(親しい友人で医学部時代からの知り合いの医療関係者)

義母がブースター後にじんましんを発症し、その後、食物アレルギーを徐々に発症している。

ワクチン接種後、皮膚科医と連携していた肉親の話では、ワクチン接種直後にじんましんや急性皮膚炎を発症した患者を数多く見てきたが、彼らの知る限り、これらの反応は常にワクチン接種とは無関係であると見なされてきたとのことだ。

その他の神経症状

私が参加したほぼすべての支援団体では、多くの人がひどい偏頭痛を経験したことを投稿していた。私自身、この副作用を持つ人に何人か出会った(我々がリゾートに滞在していたとき、彼らが他の人と話しているときに、偶然そのことを口にしたのである)。私は記録しなかったが、非常によくあることだと思う。

Critical-(小さなホテルに滞在していたときに紹介された医療従事者で、地方の病院の神経科に勤務している人)

70歳の男性で、糖尿病と高血圧とCOPDを持ち、最近コビッドワクチンを接種した人が神経病棟に入院し、古典的なギラン・バレを発症し、最終的には呼吸麻痺に進行した。 この病院は地方のクリティカルアクセス病院であるため、ギラン・バレの標準的な治療薬がなく、より良い施設への転院が遅れた(2度転院)。 この間、彼は人工呼吸をしなければならなかったが、人工呼吸から離脱することができなかったため、最終的に介護が中断され、彼は死亡した。(4A)

Severe-(1年来の親友から紹介された)

公務員の私は、仕事の関係でワクチンを接種することになった。 1回目の接種後、体調を崩し、精神機能を著しく低下させた。 次第にギラン・バレを発症し、下半身が動かなくなった。 職場は当初、病気休暇を取ることを拒否していたが、最終的には労災に送られ、すべてストレスと診断された。 結局、2回目の予防接種を受けなかったため、会社を解雇され、手当もすべて失った。 ギラン・バレーは最終的に骨盤で止まり、数ヵ月後にはある程度の機能を取り戻したが、今でも歩くのはとても困難である。 さらに、彼が自分の症状を説明したとき、脳卒中で気を失い、彼にさらなる後遺障害が生じたことは比較的確実だと思う。

Severe-(親しい友人からこの方を紹介され、相談を受けた)

私はMRIで確認された多発性硬化症で、15年間安定した生活を送り、生活療法で治療していた。 5月にコビッドワクチンを接種し、ストレスの多い夏を過ごした。 私のMSは突然、夏の間に進行し始め、今私はかなりの歩行困難を持っている。私の患者は非常に肯定的なワクチンと MS を関連付けなかった。

Severe-(別の親しい友人からこの個人を紹介され、アドバイスを受けた)

私は約 10 年間安定していた MRI 確定 MS を持っていたし、慢性的なライム病を持っていた。 私はコビッドワクチンを得た後、数ヶ月、私のMSは急速に悪化し始め、今私は歩行困難を持っている。

Severe-

患者のボーイフレンドの妹で、彼女が多少よく知っているのは、PMHのない(MSの兆候もない)ほぼ30歳の女性で、最初のワクチンの後にMSを発症した。この反応のため、彼女は 2 番目のワクチンを取得できなかった。

Significant, Significant, Significant

上記の MS 患者に加えて、私は誰かオンラインに話したことがある彼らの MS の急速な進行があった 2 つの上記の説明の個人とまったく同じ年表を持っていた。 私の肉親のメンバーは 10 日間神経科医と働いたし、この時間、彼らは 3 人を見てワクチン接種後の自己免疫性神経疾患の重要な悪化 (私は 1 つ MS、1 つ重症筋無力症と 1 つシャルコー ・ マリー ・ トゥースだったと思う) を教えてほしい。これらの悪化の程度を評価するのに十分な聞き取りができなかったので、この3人を重要なものとしてリストアップした。

Significant-(長年知っている親しい友人)

私の親戚は、40代半ばの男性で、目立った病歴はないが、ファイザーの2回目の投与後に発作を起こし、今のところ3ヶ月間続いている。 特に、このため、彼は心臓の薬物を投与する必要がある。

Significant-(私の患者の一人)

私の友人の一人が、コビッドワクチン接種後に重大な発作性疾患を発症し、現在も治っていない。 この患者は医療を必要としなくなったため、後に診察していないので、その友人がどうなったかはわからない。

Significant-(長年知っている親友)

私の友人の一人が、ワクチン接種後6ヶ月間持続している同じ耳のひどい耳鳴りと灼熱痛を発症し、彼らのQOLに大きな影響を及ぼしている。 この件に関する追加情報は得られなかったが、ワクチン接種によってひどい耳鳴りを経験した人の事例をネット上で多数読んだ また、COVIDに感染した際、病気のピーク時に、それまでの耳鳴りとは異なる耳鳴りが短期間発生した(かなり興奮しているような感じであった)。

Moderate

50代半ばの患者で、1回目のワクチン接種直後に持続的なめまいが起こり、2回目を接種してよいかどうか尋ねられたことがある。彼女を診察した後、このようなことが起こったという報告を大量に見つけるようになった。

Moderate(患者)

10年間一緒に暮らした元カレが、ワクチン接種後少なくとも1ヶ月はひどいめまいが続くと電話をかけてきた。

Critical

一緒に働いていた医師がワクチン接種後にALSを発症した。私は彼のことをよく知らなかったので、彼から正確な時系列や追加情報を得ることはできなかった。因果関係が一致するかどうかはわからないが、私はそう信じている。ALSの治療にはいくつかの代替方法があるが、この病気は数年以内に完全に機能しなくなり、死に至ることがほぼ確実であるため、この病気をクリティカルとした。

Critical-(私の患者の一人)

私が医者になる前から知っている友人は、68歳の医学博士である。彼女はワクチンを接種した後、徐々にALSを発症し、ワクチン接種の9ヵ月後に診断された。前例にあるように、ALSは恐ろしい病気である。

Significant-(患者)-私の71歳の女性

隣人は、ワクチンを接種した後、足のトラブルと歩行困難が発生し、彼女は均一で平らでない地形での歩行に対処することができない。

医学部時代の親友は神経科医で、ワクチンには概ね賛成している。 ワクチンによってどのような神経障害が観察されたのか具体的に尋ねたところ、主に発作であるとのことであった。 しかし、彼らはCOVID-19の後にも発作を観察しているので、この副作用がワクチンにとって破格のものなのか、必要なトレードオフなのか、判断に迷っているようである。

精神科の話

注:心臓の損傷は、しばしば患者の感情の問題として片付けられてしまう不安な動悸やパニック発作を引き起こし、同様に神経の損傷は、心身症として片付けられてしまう非常に精神的な状態を引き起こすと思う。私自身や同僚は、post-COVIDの患者がさまざまな程度の精神病や新たな精神疾患を発症するのを目の当たりにしてきた。

Moderate

私が医学部生だった頃から知っている医師で親友の30代前半の女性は、健康上の問題はない。 彼女は仕事のためにコビッドワクチンを接種しなければならなかった。その後、彼女はワクチン接種後に疲労感と集中力の欠如に気づき、また1週間ほど幻覚や非常に奇妙な夢を見る時期があったそうである。

Significant-(セラピストである家族友人A):

私のクライアントの一人は30代後半の女性で、過去に不安やパニック発作の既往はなく、非常に健康な方である。最初のモデルナの後、彼女は失神した。 2回目のモデルナの後、彼女は不安とパニック発作を発症し、それが止まらない。3ヵ月後には慢性疲労も発症し、ほとんど働くことができないが、3人の子どもの世話をしているため、無理をして働いている。

Severe

卒業間近の学会で出会った20代半ばの医学生は、ワクチン接種前から不安症の持病があった。 学校での接種が義務付けられ、接種を受けた。 ワクチン接種後、彼女は動悸と重度の不安感を覚え、精神科の薬物療法も効かず、現実の歪んだ知覚のエピソードも断続的に見られるようになった。 彼女は当然ながら反ワクチンというレッテルを貼られることを恐れたので、これらの副作用について学校の誰にも話しなかった。 彼女の精神状態は徐々に悪化し、それを助けるものは何も見つからず、医学部卒業後すぐにインターンを辞めざるを得なくなった。 私は定期的に彼女と連絡を取っているが、私の知る限り、彼女は回復しておらず、今、自分の人生をどうしたらいいのか分からないようである。

また、ワクチン接種後にうつ病になるケースも見てきた。 イスラエルが行った調査では、精神科の既往症の大幅な増加も確認されたそうである。

自己免疫と慢性疲労

この問題にはあまりスペースを割いていないが、現時点では、予防接種の重大な副作用の中で最も一般的なものだと思う。

コビッドワクチンが一般に提供されるようになってから約1ヵ月後、私の仕事のスケジュールが開き、多くの空いた日ができた。 ワクチン接種後の免疫フレアのパターン(周期的な関節炎や古傷の部位に激しい熱傷を負うなど)を見ていた私は、逃したくない一世一代のチャンスだと思い、友人のリウマチ専門医に連絡を取り、彼女の仕事を観察させてもらえないかお願いした。 その間に、来院した患者の1/3は、ワクチン接種後に新たに自己免疫疾患を発症したか、あるいは、以前から持っていて安定していた疾患がワクチン接種後に再燃し、薬の量を大幅に調整(増量)する必要があると報告していることを確認した。 1年後に話をしたとき、彼女もその数を患者の1/3と推定しており、これは私が会ったときから変わっていなかったと話した。 また、最近行われたイスラエルの調査では、予防接種を受けた人の25%が既存の自己免疫疾患を悪化させたという結果が出ている。

上記の神経疾患(その多くは最終的に神経系における自己免疫疾患である)と同様に、自己免疫疾患の悪化は頻繁に起こっているようである。 私はこの可能性を認識していたので、この禁忌の可能性について同僚(免疫抑制剤を必要とする臓器移植を受けた人など)と特に話し合った。 後に、ファイザー社が自己免疫疾患の既往を試験の除外基準にしていたことがわかり、これが、ファイザー社が報告した有害事象が一般集団で観察されているものより非常にまれであった多くの理由の一つであると思われる(同様に、彼らは、有害反応に対して最も脆弱であると思われる高齢者を試験せず、ワクチン接種の優先順位をつけているグループであるのですが)。 私は、自己免疫疾患がある(悪化した)多くの人々が、彼らはCOVIDに特に弱いのでワクチンを接種しなければならないと言われたと聞いているので、これは陰湿なことだと思うのだが、この層が最初の試験でテストされなかったという事実を知っている医療従事者はほとんどいなかった(非常に多くの不祥事・・・・)。

Significant

医学生時代から知っている友人で医療従事者は、2回目のモデルナを受けた直後、以前の膝の手術の傷跡に焼けるような痛みを覚えた。 膝のコルチゾン注射を受けた後、彼女は多発性筋炎を発症し、機能を失い、常に痛みと疲労に悩まされ、徐々に悪化していった。 彼女は、成功することなく、地域の最高の専門家の多くを見て数ヶ月を過ごしたが、それは巨大細胞動脈炎(あなたのビジョンを取ることができるはるかに深刻な状態である)に移行していた兆候があったので、積極的にプレドニゾンでそれを治療している。彼女が担当したリウマチ専門医は、近代以降にリウマチ性多発筋痛を発症した患者を何人か見たことがあると言ってた。 約8ヶ月間、ほとんど改善が見られなかったため、彼女は低用量ナルトレキソンを開始し、事態をより耐えられるようになった。
彼女はまた、2回目のモデルナの後、私の手の腱が腫れ、古傷の部位で突然破裂したため、すぐに再接続の手術をする必要があった。彼女が担当した整形外科医は、モデルナの後に同じような腱の腫れを起こした患者を何人か見たことがあると言ってた。

Significant-

PMHもなく健康であった40代前半の女性は、私の親しい友人であり、地域の支柱的な存在であった。 1回目のモデルナ投与後、著しく不快な発疹が生じ、2-3週間寝たきりになり、仕事を中断せざるを得なくなった。 回復後、2回目のモデルナを受けたところ、すぐに慢性疲労を発症し、何年も働き、地域から頼りにされていた夢の職を離れなければならなくなった。 3ヵ月後、彼女は仕事を再開することができたが、元の仕事をする体力がないため、補助的な役割に回っている。 私が彼女を知っている間、彼女はエネルギーについて不満を漏らすことも、疲れている様子を見せることもなかった。 しかし、今の彼女のエネルギーレベルは、40年前の彼女とはまったく違っており、慢性的な疲労と体の痛みを訴え続けている。

Significant-(家族友人と医療従事者):

家族の一人が、私が少し関わったことのある40歳の男性教師がPMHを持ち、PMHがない。 2回目のモデルナの1週間後にCOVIDが陽性となり、3ヶ月間仕事を休まなければならないほどの重症となった。 現在はほぼ回復しているが、以前はそこまで体調を崩したことはなかったと述べている。

Significant-(親しい友人)

私の非常に親しい幼なじみが 2007年に潰瘍性大腸炎になり、自然に寛解した。 彼はファイザーを2回投与された。 服用後、彼は非常に具合が悪くなった。 2回目の投与後、潰瘍性大腸炎が再発し、重大な症状(頻繁な直腸出血など)を経験し、日常生活にも支障をきたすようになった。 これまでのところ、彼は医学的な管理によってうまく対処できていない。

Significant-(小さなホテルに滞在していたときに紹介された、地方の病院の神経科に勤務している医療関係者)

60代前半の女性患者がERにやってきて、最近予防接種を受けたと皆に話し、それをいかに誇りにしているかを語ってた。 彼女は自己免疫疾患の既往がなく、複数の新しい自己免疫症候群を発症し、私が以前患者で見た覚えのない非常に奇妙な検査値を示した。 彼女は一命を取り留めたが、新たな慢性自己免疫疾患による様々な合併症を抱えていた。

Significant-(私と一緒に働いていた医療従事者がその話を聞かせてくれた)

私は全身性エリテマトーデスを概ねコントロールできていたので、彼女にモデルナの最初の投与を行った。 約2週間後、私はかなり体調を崩し、精神状態の変化を起こし、病院で目が覚めたことを覚えている。 入院時、私は白血球数が上昇し(正常値の約3〜4倍)低ナトリウム血症、血小板増多があり、急性腎不全を発症していると告げられた。 3日ほど入院したが、このようなことは初めてであった。

Critical-(心不全の項で述べた私の同僚医師で非常に親しい友人)

糖尿病のみを患っていた約70歳の女性患者が、ワクチン接種後数ヶ月で急速に膠芽腫(これはジョン・マケインが死亡したと言われているものと同じ脳腫瘍)を発症した。 彼らは現在、亡くなっている。

免疫抑制と癌

Critical-(15年来の親友) 76歳で、過去に病歴もなく非常に健康な叔父がった(タバコも吸いなかった)

彼はワクチンを接種し、その2日後に呼吸困難が進行していった。 彼は最終的に入院し、真菌性肺炎と診断され、ワクチン接種から2ヶ月後に病院で亡くなった。 医師は非常に困惑し、非常にまれなケースだと言ってた。 彼はエイズかどうかを調べるためにHIVの検査を受けたが(通常、この症状はこれしかできないので)陰性と診断された。 これは、Patricia Lee MDがHSSに寄せた手紙に書かれているpneumocystic pneumoniaの症例と非常によく似ている。

Significant-(ある患者)

私の親しい友人の息子がワクチンを接種し、それ以来単核症を繰り返している(初回は重症で、今は良くなっては再発を繰り返している)。

私は1親等以内の複数の人がワクチン接種後に帯状疱疹を発症したことを知っている(一般的に帯状疱疹が出現するよりも若い年齢で)これは副作用として報告されている。そのうちの一人は、そのせいで非常に悲惨な思いをしていることを知っている。

Critical-(数年来の友人で医師)

私の同僚に、何年も前からある安定した脂肪腫以外に過去の病歴がない、もうすぐ30歳になる男性の患者がった。 ワクチンが利用できるようになったとき、彼はコビッドワクチンの2回目を接種した。 その直後(ほぼ直後であることは分かっているが、正確な日数は聞いていない)それまで安定していた脂肪腫が成長し始めた(非常に珍しいことである)。 1ヶ月後、彼は脂肪腫の生検を受けることができ、病理検査で非常に珍しい腫瘍が見つかった。 その後、全身画像診断で病期分類を行い、通常発見される臓器に発見し、腫瘍のかなり侵襲的な生検を行い、脂肪腫内で発見されたものと同じ遺伝子系統であることが判明した。 私(筆者)がこのがんについて調べたところ、米国では年間100例以下であり、この患者層には決して現れず、このような形で現れることもなく、予後不良であることがわかった。

Severe-(親しい友人と医師)

私の患者の一人は、下垂体腺腫で、何年も安定した医学的管理がなされていた。 内分泌専門医の助言でワクチンを接種した後、プロラクチン値が急上昇し、医学的管理に反応しなくなったため、下垂体腺腫の神経外科による再評価を受けている。 彼女の癌を管理している医師と話した後、彼女は、この同じ効果が、彼の診療所でワクチンを接種した下垂体腺腫の他の患者全員に起こったと言われた。

Severe-(3年前から知っている友人)

私の上司のお母さんは乳癌で、6-8ヶ月間寛解していたが、その後モデルナを受け、約2ヶ月で癌が再発し、この8ヶ月間、この寛解のために化学療法に通っている。

Severe-(キャリア初期から知っている有名な医師である親友)

私の患者は、60代前半の女性で、ライムとカビ毒を伴うPMHである。 彼女は家族から予防接種を受けるように圧力をかけられ、J&Jを受けた。 彼女は体調を崩し、すぐに血液のうっ滞を起こし、顕微鏡で見せてくれるようになった。 彼女はまた、採血した各部位に静脈炎を発症し始め、J&J接種後2ヶ月足らずで多発性骨髄腫を発症した(参考までに、彼女はワクチン接種前に多発性骨髄腫の存在を示唆する徴候は全くなかった)。

ファイザーの生体内分布調査が日本から公開されたとき、脂質ナノ粒子が卵巣に蓄積することに加え、骨髄に移行することも判明した。多発性骨髄腫の化学療法後、骨髄幹細胞移植が必要になることがある。私の患者の一人は、最近、多発性骨髄腫のために骨髄移植を受けた。彼は、ワクチンと自分の体調との相互作用の可能性を調査することにした。彼は、フェイスブックの個人向けサポートグループで、複数の人がワクチン接種後に多発性骨髄腫を発症したことを報告し、多数の人がコビッドワクチン接種後に骨髄幹細胞移植が失敗したことを報告しているのを発見した。彼は、その生物濃縮データから、これは非常にもっともらしいと考え、ワクチンを避けるようになった。

Severe-(10年以上の付き合いのある友人)

友人の友人で私の顧客の50代前半の方が数年前に癌になり、治療後に寛解した。 彼の前妻は小児科医で、展開の一番最初にワクチンを接種するよう説得したそうである。 彼の癌はその後すぐに再発し、非常に攻撃的な癌である。

子供の頃から知っている友人は、現在、統合的ながん治療を受けている。そこで出会った人たちのかなりの人数が、ワクチンの後に癌を発症したか、安定した癌がワクチンの後におかしくなったと言っていたそうである。私は彼から十分な具体的な情報を得ることができなかった(彼は非常にリベラルなワクチン推進地域に住んでいるため、彼らはワクチンを非難することを躊躇しているためである)。もし追加情報を得たら、このセクションを更新するつもりである。

また、友人が勤務する比較的少人数の医学部(スーパーファンドサイトではない)では、入学後に複数の学生が癌を発症し(私の知る限りワクチン接種は100%必須である)現在化学療法を受けていることを知っている。彼女に聞かれたが、二人とも医学部の学生が化学療法を受けたケースは思いつかなかったので、これは偶然かもしれないし、これからの予兆でないことを祈るばかりである。

Long-Hauler-COVID

ワクチンの慢性症状の多くは、Long-haulerCOVIDと一致するようである。 さらに、Long-haulerCOVIDを持つ人のうち、相当数の人が、ワクチンを接種するとLong-haulerCOVIDがなくなると報告したとされている(コビッドワクチンの接種率を上げるためのマーケティングだったのかもしれない)。 コビッドワクチンによる傷害の症状の多くがLong-haulerCOVIDに類似しているため、これは興味深い現象である。 現在、Long-haulerCOVIDを発症し、それを改善するためにmRNAワクチンの接種を受けた方を2名知っている。

Moderate

高校時代の親友が、母親がワクチンを接種した直後にCOVIDにかかり、回復後、それまでなかった慢性的な中等度の疲労があることに気づいた。 彼はその治療のためにワクチンを接種することにしたが、1週間は非常に気分が悪くなった(人生で初めて死ぬかもしれないと心配したほどである)。 その後、飛行機に乗るのが嫌になり(急性期の1週間と同じような体調不良)鼻から出る血液が固まりやすくなったようである。 しかし、中程度の持続的な疲労は解消され、もはやそこにはない。

Severe-(高校時代から知っている医療関係者)

若い男性で、パンデミックの初期にCovidを受けた後、Longhaul COVIDを発症し、永久に身体が弱ったが精神的には存在する患者がいた。 Long-haulerCOVIDを治療するためのワクチンを接種した後、彼は弱くなり、学校や他のことは一切できなくなり、健康面でも肉体面でも動きが非常に遅くなった。彼の筋力は現在3/5以下とテストされ、少しでも重力を克服するのがやっとの状態である。 また、会話や読書などにも支障をきたすようになった。

流産と月経の問題。

ネット上では、月経の大きな変化とともによく報告されているが、私の知る限りでは、ワクチン接種後に流産したケースはない。

私の親友(8年来の付き合いの医療関係者)の一人は、友人と同僚が二人ともワクチン接種後に赤ちゃんの成長が突然止まってしまったと教えてくれた。 一人は32週で出産を余儀なくされたそうである。 もう一人のケースでは、赤ちゃんが標準体重から下位1%になり、妊娠ができなくなったそうである。 この問題はデリケートなため、彼女はどちらについても詳細を知ることができなかった。 他に2人の知り合いが流産が起こったケースを話してくれたが、これらは個人的に知っている人ではなく、彼らが所属する妊婦のためのグループから話を聞いたものだと思う。

多くの人が(自分自身または親しい友人から)ワクチン接種直後の月経に極めて異常な変化があったという話を聞いた(例:以前月経が止まっていた高齢の女性が、激しい痛みを伴う出血をするようになったなど)。 あまりに多いので、記録していない。 また、最近ある女性の鍼灸師と話したのだが、彼女が見たワクチンの副作用の大部分は月経周期の大きな変化で、彼女の診療所にはこの問題を抱えた女性(高齢者を含む)が8-10人いたそうである。

私の知る限り、月経不順はワクチンの5大副作用の一つで、卵巣が月経を調節していることから、mRNAワクチンが卵巣に蓄積されることに起因すると思う(これは日本からのFOIAによるものである)。

先天性欠損症

Severe-(12年来の親友)-私の友人は30歳の女性で、いくつかの筋骨格系の問題以外に医学的な問題はない。 彼女は非常にワクチン推進派で、妊娠2ヶ月の時にJ&Jのワクチンを接種した。 彼女はワクチンを接種した直後から急性症状を呈し、じんましんを発症した。 妊娠後、彼女は出生前超音波検査を受け、赤ちゃんには腎臓が1つしかないことがわかった。 腎臓は妊娠5週から12週の間に形成されるので、J&Jワクチンには催奇形性がある可能性がある(特に腎臓血管はACE2受容体などスパイク蛋白の標的組織の1つと思われることを考えると)。

その他

Severe-(家族友人等医療関係者)

12年来の親しい友人で、多くの委員会や役員を務めてきた80歳近い男性は、PMHを全く持っていなかった。 1回目のモデルナ投与後、彼はめまいと注射部位の激しい痛みを発症し、非常に弱くなり、ふらつき、バランスが悪くなった。 2回目のモデルナ投与後、大規模な炎症が起こり、重篤な障害を引き起こし、最終的には診断がつかないが敗血症に似た珍しい病気になってしまった。 現在では膝関節の痛みがひどくなり、歩くこともままならないほどである。 彼はワクチン推進派であったため、それを報告することを望まなかった。 それ以前、彼は非常にバイタリティがあり、私が彼を知っている12年間で、このようなことは見たことがなかった。 彼はまだ自分ではないのである。 彼はいつもとても頭が切れる人であった。 今は頭がぼんやりしていて、私が言ったことも思い出せません。

Significant-(家族友人、医療関係者)

日常的に会っている親しい友人である30代前半の女性は、非常に活気があり、健康上の問題もなかった。 最初のモデルナの後、彼女は全身に発疹ができ、失神と同時に上部の関節が腫れた。 2回目のモデルナの後、彼女は肺炎を再発し、明確な診断がつかず、ここ数カ月は毎週経過を観察する必要があった。 また、足には珍しい神経障害があり、ほとんど歩くことができないと診断された。 彼女はワクチン賛成派なので、ワクチンを非難するような追加情報は教えてくれない。

Miscellaneous,Critical-(医師と親しい友人):

今週、ある患者を診察したところ、彼の姉妹2人がワクチンの3日後に急病になり、「COVID “のために入院したと言ってた。 一人は合格、もう一人は入院が長引き、まだ回復していないそうである。

Critical-(高校時代から知っている母の親友)

私の友人は60歳男性で、約1年半前から大腸癌の治療を受けてた。 コビッドワクチンを接種し、まもなく限界を感じ、近くにいた友人に遺書を渡し、約1週間後、死因不明のまま亡くなった。 ワクチンを受ける少し前から化学療法を始めてたが、ワクチン接種まで大きな病気はなかったようである。 ここでは相関が取りづらく、死因は不明であった。

Severe-(私の近親者の親友)

私の親友は定期的にダイビングをしており、モデルナワクチンを接種した。 その後、彼は別のダイビングに行き、普通に潜降した。 その潜降で減圧症と脳梗塞を発症し、減圧室での治療が必要になった。 何年も定期的に潜っていたため、ワクチン接種の影響と思われた。

Severe

40代前半の男性で、GERDとIBSのPMHを鍼灸で治療し、心臓の一部が肥大し、過去に医薬品で悪い反応が出た友人がいる。 接種前は健康であったが、仕事をするためにやむなく接種し、最も安全性が高いと思われるJ&Jを服用した。 私が彼と連絡を取り合うことができた3ヶ月の間、彼はほとんど身体障害者で、激しい疲労感やブレインフォグ、その他多くの不快な症状で大きな苦痛を感じてた。 その中には、心筋炎や神経系に炎症が起きているように見えるものもあった。 彼は医療保険に加入していないため、どのような治療も受けられなかったが、これは残念ながらワクチンによる損傷では非常によくあることなのである。 私は彼に自分の症状のログを作るように頼み、彼は約60日間それを続けた。 重度の薬害を持つ人の多くが抱える問題として、「生き地獄」であることが挙げられるが、共感できる人はまだ少なく、彼のログはそれを簡潔に伝える良い方法だと感じた。

おわりに

医薬品による傷害を論じる際の大きな課題の一つは、急性かつ重篤な傷害もあれば、将来的に非常に悪い事態になる可能性が高い懸念事象もあり、慢性的な障害状態、あるいは私が言うところの、「医薬品による傷害」であることだ。急性、境界型、慢性。 この3つ、特に慢性的なものは一般的だが、有害事象の調査では一般的に特定の急性事象しか把握できないため、ほとんどの問題は報告されないか、提示されたデータから多くの人が把握することが困難になっている。 私の長期的な研究テーマのひとつは、サポートグループにおける医薬品の副作用を研究し、負傷した患者の一般的な症状や共通の経験について読み取ることであった。

これらのことから、私は急性、境界、慢性の有害事象の重症度に共通項を見出そうと、4段階評価(中程度、重要、深刻、重大)を開発した。 正規の統計分布がどのように機能するかを考えると、重篤でない有害事象の方が重篤な有害事象よりも多いのである。 しかし、この場合、私は反応を募っていなかったので、重篤でない反応のほとんどは私に報告されなかった(誰かが、父親がワクチンで頭痛になったと言っても電話をかけてくることはないが、致命的な心臓発作を起こした場合はかけてくるだろう)。 同様に、報告された中程度の反応のほとんどは記録しなかった。たとえ私が多くの反応を見たとしても、その多くはワクチン接種を支持する医師から「接種しなければよかった」と言わせるに十分なものであった。

このプロジェクトを始める前に、私は重大な薬物反応を起こした大人を知っている(子どもはこの分類に当てはめるのが難しい)。

  • HPVワクチンで重大な反応を示した人2名、中程度の反応を示した人1名(いずれも大人ではなく10代の若者であった)
  • フルオロキノロン系抗生物質で重篤な反応を示した人1名、中等度または重大な反応を示した人4名
  • アキュテインで重篤な反応を示した人 2名
  • SSRI系抗うつ薬で重大な反応があった4名
  • インフルエンザワクチンで重篤な反応を示した人が5人(中程度の反応が10人ほど)その中には夜勤で担当した患者とギランバレーを発症したごく親しい友人の家族も含まれている。
  • 肺炎球菌ワクチンで重大な反応があった人 1名
  • スタチン製剤に重大な反応を示した2名と中程度の反応を示した1名
  • 海兵隊員に投与された日本脳炎ワクチンに重大な反応があった方 1名
  • 1976年の豚インフルエンザワクチンで重症を負った人1名(この時期に開業した恩師もおり、このワクチンで負傷した患者がたくさんいると言ってた)。
  • COVID以前は、予防接種の副反応で2名入院させたことがあり、同僚からは一度もないほど珍しいことだと聞いてた。

それに比べ、コビッドワクチンでは、現在私が知っているのは以下の通りである(あまりに多いので、見つけた中等症のすべてを集計したり含めたりしたわけではない)。

Critical Injuries: 43
Severe Injuries: 40
Significant Reactions: 36

私の考えでは、moderate の反応はsignificantな反応よりはるかに多く、significantな反応はsevere の反応より多く、severe の反応はcriticalな反応より多いのだが、criticalな反応が私に共有されることが多いので、より多く耳にすることになる。

通常、医薬品は10~100件の重大な傷害がFDAに報告されると、市場からの引き上げやブラックBOX警告を与えることを強く検討する。 であるから、これらのワクチンには、我々が期待する有害事象の報告基準が適用されていないと感じている。 このリストを作成した理由の一つは、インターネット上で多くの有害事象の報告を読んだからであり、それが本物なのか、それとも誰かが投稿したものなのか、ある程度は分からないのだが、ここに書かれているものはすべて実際に起こったものであることを、再度強調したいと思う。

私は昨年、遺伝子治療が導入された後、中西部の看護師として働いてた。ケースマネージャーとして退院計画を立ててた。毎日10-12件の副作用を見た。あなたが共有したものすべてとそれ以上である。健忘症が2例(1例は健康な麻酔科医であった)。涙に血がにじんだ20代の少女が1人。その仕事を辞めなければならなかった

最近、Eugyppiusは、かなり大規模なフォロワーから受け取った副作用のまとめも発表した。ここで分母を評価するのは難しいが、ここに列挙されたもののほとんどは、私のはるかに少ないサンプルの中でも観察されたものであることを記しておきたい。私の知る限り、これらの慢性的な影響は時間とともに増加しており、津波が押し寄せているように見えるとしか言いようがない。私の家族のほとんどはナチスに殺された。戦後、最もよく言われたセリフのひとつが “Never Again “であった。そのための構造改革をみんなで確立し、医療が本来あるべき姿で行われるようになることを心から願っている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました