2022-08

アンチエイジング・認知機能向上

現代医学は寿命を延ばすか 月うさぎの探求?
Does modern medicine increase life-expectancy: Quest for the Moon Rabbit?

2016年1月18日オンライン公開 doi: 10.1016/j.ihj.2016.01.003 スンディープ・ミシュラ 概要 不老不死の薬を求めて、さまざまな結果が得られている。経皮的冠動脈インターベンションや冠動脈バイパス術のような治療法は、少なくとも延命に関しては大きな期待
サイード・ハイダー

COVID「ワクチン」は人間の生殖能力を破壊する クリストフ・プロテ博士
プロテ博士による「アイロン・ウィル」レポートに関する卓越した事実のプレゼンテーション

COVID “Vaccines” Destroying Human Fertility. Dr. Christof Plothe クリストフ・プロテ博士、アイアンウィル博士、マーク・トロッツィ博士による グローバルリサーチ、2022年8月30日 テーマメディアの誤情報、科学と医学
ロシア、プーチン

ロシア恐怖症 | 国際政治におけるプロパガンダ -2
Russophobia | Propaganda in International Politics

目次 1 はじめに 2 プロパガンダの理論化とその意味の不明瞭化 3 反ロシア・プロパガンダの基本的なステレオタイプ 4 情報源の信頼性:大衆の群れを作る専門家の誕生 5 言語と戦略的物語:正統性の付与 6 階層の正当化:主権的不平等をもたらす国際システム 7 ロシアゲート:政治
ロシア・ウクライナ戦争

ロシア恐怖症 | 国際政治におけるプロパガンダ(2022)
Russophobia | Propaganda in International Politics

グレン・ディーセン (Glenn Diesen)ノルウェー、ヴェストフォル南東ノルウェー大学 (USN)。 「この勇気ある著作は、現代国際政治における最も重要な問題に対して、深く、包括的なアプローチを提案している。ウクライナでの軍事衝突が激化するまでの数十年間、反ロシアのプロパガ
グローバルリサーチ

ウクライナ崩壊から半年、世界は一変した
西側からの権力移譲は避けられず、国家によるテロが急増しているが、この流れを変えることはほとんどできないだろう

Six Months Into Ukraine’s Collapse, the World Has Changed Forever ペペ・エスコバル著 グローバルリサーチ、2022年8月30日 テーマ法と正義、米国NATOの戦争アジェンダ ロシアによるウクライナでの特殊軍事作戦
PANDA,PROPAGANDA IN FOCUS

意見書 ランセット誌に見る医療ファシズム
MEDICAL FASCISM IN THE LANCET

2022年8月28日 デビッド・ベル博士とドミニ・ゴードンによる 医療倫理とは、医療過誤や、健康管理を任せた人間の利己主義から社会を守るためのものである。したがって、著名な人が著名な雑誌で、医療倫理の概念と人権規範を引き裂くことは不愉快である。そのために、広範な証拠を無視し、自ら
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -6 全国への呼びかけ
Triggered Collapse, Part 6: A Nationwide Call to Action

崩壊の引き金 その6 全国への呼びかけ ドリュー・ミラー著2020年4月22日(水) パンデミック対策と同様に、米国政府は、電力網がダウンしたときの自治体の水道システムの障害に十分な備えをしていない。政府のプログラムは、法と秩序の喪失、食料生産と配送サービスの停止に対処していない
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -5 国家災害計画のシナリオのギャップ
Triggered Collapse, Part 5: Gaps in National Disaster Planning Scenarios

引き金となる崩壊、その5:国家災害計画のシナリオのギャップ ドリュー・ミラー著2020年4月8日(水) 編集部注:この6部構成は、2019年末に投稿され、予定されていた。COVID-19に鑑み、DomPrep読者が管轄区域のパンデミック対応計画に役立つこの重要な情報を確実に入手で
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -4 事象を超えた連鎖的な影響
Triggered Collapse, Part 4: Cascading Consequences Beyond the Event

トリガーによる崩壊 その4 事象を超えた連鎖的な影響 ドリュー・ミラー著2020年3月25日(水) 編集部注:この6部構成は、2019年末に投稿され、予定されていた。COVID-19に鑑み、DomPrep読者が管轄区域のパンデミック対応計画に役立つこの重要な情報を確実に入手できる
マティアス・デスメット

全体主義の心理学 | 合理主義的な人間観・世界観から大衆形成へ
The Psychology of Totalitarianism | From our rationalist view on man and the world to mass-formation

Mattias Desmetマティアス・デスメット 2020年2月末、地球村はその根幹を揺るがし始め、世界は計り知れない危機を迎えた。わずか数週間で、誰もがウイルスに感染したという、事実に基づいたストーリーに魅了された。しかし、それはどのような事実に基づいたものだったのか? われ
ロバート・マローン

檻の中の動物は安全だが、たいした生活ではない -Robert Malone
ダニング・クルーガー効果 対 意図的悪

Caged animals are safe, but it is not much of a life イリノイ州コリンズビル(セントルイス郊外)のGateway Conference Centerで開催されたGateway for Freedomカンファレンスでの講演から昨夜
睡眠

ヒトの睡眠と睡眠障害に進化的な光を当てる
Shining evolutionary light on human sleep and sleep disorders

Evol Med Public Health.2016; 2016(1):227-243. オンライン公開 2016 Jul 28. doi: 10.1093/emph/eow018 概要 睡眠は人間の認知機能と健康に不可欠であるが、睡眠の究極的な理由、すなわち「なぜ」睡眠が進化
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -3 無法の教訓
Triggered Collapse, Part 3: Lessons in Lawlessness

崩壊の引き金 その3 無法の教訓 ドリュー・ミラー著2020年3月11日(水) パンデミック、電力システムの喪失、その他の引き金となる災害は、何百万人もの死者と弱体化した国家をもたらす崩壊を引き起こすため、人々を直接的に殺害するほどの効果は必要ない。経済活動の停止による「連鎖的影
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -2 ウイルス性パンデミック
Triggered Collapse, Part 2: Viral Pandemics

崩壊の引き金、その2:ウイルス性パンデミック ドリュー・ミラー著2020年2月5日(水) 現在、米国はバイオテクノロジーを駆使したウイルスのパンデミックと崩壊の時代に直面している。バイオテクノロジーの進歩により、国家やテロリスト集団、あるいは一匹狼でさえも、ヒトからヒトへ感染する
ドメスティック・プリペアドネス

崩壊の引き金 -1 準備不足の国家
Triggered Collapse, Part 1: A Nation Unprepared

崩壊の引き金、その1 準備不足の国家 ドリュー・ミラー著2020年1月8日(水) 過去の数々の災害や政府の演習が示すように、多くの人々は警察が圧倒的に多いことに乗じて略奪や略奪を行うだろう。"Preppers "はこの脅威をよく知っているが、政府関係者が無法地帯に正直に対処するこ
物理・数学・哲学

科学哲学 | 超短編入門 -第一章 科学とは何か?
Philosophy of Science: Very Short Introduction

目次 ハーフタイトルページ シリーズページ タイトルページ 著作権ページ 献辞ページ 目次 謝辞 図版のリスト 1 科学とは何か? 近代科学の源流 科学哲学とは何か? 科学と疑似科学 2 科学的推論 演繹法と帰納法 ヒュームの問題 最良の説明への推論 因果関係の推論 確率と科学的
戦争・国際政治

連鎖する結果 | 電力網の重要インフラの脆弱性
Cascading Consequences: Electrical Grid Critical Infrastructure Vulnerability

ジョージ・H・ベイカー&スティーブン・ヴォラント著2018年05月09日(水) もし、全国規模で数週間あるいは数カ月に及ぶ長期の停電が発生した場合、連邦政府も、州、地方、部族、あるいは準州の政府も、単独あるいは連携して行動しても、効果的な対応を実行することはできないだろう。このよ
ガーデニング・農法

送電網の故障に備えた地域社会の備え
Community Preparedness for Power-Grid Failure

メアリー・D・ラスキー著2014年11月25日(火) 緊急事態管理者がうまく仕事をこなせば、市民は緊急時に政府が助けてくれると感じるかもしれない。数日程度の緊急事態であれば、ほとんどの人は自分たちで対処することができる。多くの人は、緊急事態が深刻なため、緊急事態管理者が対応できな
戦争・国際政治

戦争サイクル
WAR CYCLES

ジャーナル - 論文 著者:  Tausch、Arno ジャーナル: 社会の進化と歴史。第 6 巻、第 2 号 / 2007 年 9 月 概要 1495年から2002年までの最新の紛争データ(すべての戦争における大国の戦死者数、Goldstein 1988 and COW/PRI
戦争・国際政治

周期的な戦争
Cyclical Warfare

2007年8月26日 投稿者: Mike under Military Science 世界には、一定期間ごとに激しい戦争が繰り返されるという経験的なパターンがある。大国間の戦争の平均的な間隔は34年である。激しい戦争の頻度は、べき乗則にしたがって分布している。激しい戦争の間には