2022-05-27

グローバルリサーチ

ウクライナ戦争に関する米国政府の16の大嘘
The 16 Biggest Lies the U.S. Government Tells America About the Ukraine War

どんな戦争でも、最初に犠牲になるのは真実である。ここに最大の嘘がある。 リチャード・オックス著 グローバル・リサーチ 2022年5月25日号 1. 「ウクライナは民主主義国家である」 ウクライナのヴォロディミル・ ...
3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争グローバルリサーチ
ロバート・マローン

負債 vs 自立 Robert Malone
Debt vs Autonomy

ジェファーソンとハミルトンの未解決の対立が、WEFの覇権を可能にする。 個人や国家を借金漬けにしてしまうような政策ややり方は、長い間、政治的な強要、懐柔、奴隷化、漸進的な支配と統制のために好んで使われてきた。微妙に忍び寄る年季奉公 ...
ロバート・マローン金融危機・インフレ
アミロイド

アルツハイマー病の「陰謀」が、何十年にもわたって治療法の進歩を妨げたという狂気の沙汰
The maddening saga of how an Alzheimer’s ‘cabal’ thwarted progress toward a cure for decades

シャロン・ベグリー著 2019年6月25日号 アルツハイマー病の研究 生物医学の研究者たちがアルツハイマー病の治療法を見つけようと必死に取り組んできた30年の間に、その研究者たちは、心血管疾患による死亡を半分以下に ...
アミロイド医療・製薬会社の腐敗感染症・ウイルス(AD)
慢性疲労・ME/CFS

低用量ナルトレキソンの本 第4章 慢性疲労症候群と線維筋痛症
THE LDN BOOK

4 慢性疲労症候群と線維筋痛症 Kent Holtorf医学博士 慢性疲労症候群(CFS)と線維筋痛症(FM)は、人口の0.5%から5%に見られる障害を伴う疾患であり、しばしば共存することが知られている。CFSやFM患者の治療は、明 ...
慢性疲労・ME/CFS
光生物調節(PBM,LLLT)

光バイオモジュレーション療法とグリンパティック系 脳リンパドレナージシステム増強のための有望なアプリケーション
Photobiomodulation Therapy and the Glymphatic System: Promising Applications for Augmenting the Brain Lymphatic Drainage System

2022年3月10日オンライン公開 要旨 グリンパティック・クリアランス系は、中枢神経系におけるグリア依存性の老廃物排出経路であり、代謝産物やアミロイドベータのような可溶性タンパク質を排出することに専念している。脳グリンパティッ ...
光生物調節(PBM,LLLT)
タイトルとURLをコピーしました