2021-03-02

適応外薬

中枢神経系のリパーポージング – 古い薬の新しい使用法の可能性 アルツハイマー病、パーキンソン病、痙縮性疾患のスクリーニング例

CNS repurposing - Potential new uses for old drugs: Examples of screens for Alzheimer's disease, Parkinson's disease and spasticity 受入日:2018年8月23日 クリス・G・パーソンズ 要旨 ...
医薬

アルツハイマー病の新規治療法開発の進展

Advances in developing novel therapeutic strategies for Alzheimer’s disease オンラインで公開2018年12月12日 要旨 アルツハイマー病は、老化の最も一般的な神経変性疾患であり、高齢のアメリカ人の8人に1人が罹患している。今日、アルツハイマー病のた...
タウ

アルツハイマー病のタウ標的薬の豊富な供給源としての天然物

Natural products as a rich source of tau-targeting drugs for Alzheimer’s disease 2012年9月 要旨 アルツハイマー病(AD)は神経変性疾患であり、米国では540万人以上の人々に影響を与えている認知症の中で最も一般的な疾患である。アルツハイマー病の...
認知症 治療標的

アルツハイマー病の治療標的としてのSIRT1

SIRT1 as a therapeutic target for Alzheimer's disease 2016年12月1日 要旨 アルツハイマー病は、世界的に高齢化が進む中で認知症の最も一般的な原因となっている。SIRT1 は、ヒストンや転写因子の脱アセチル化により、複数の神経細胞や非神経細胞を標的とし、ストレス応答、エネ...