「 2019年02月 」一覧

認知症患者の興奮・攻撃性 30の要因

認知症患者の興奮・攻撃性 30の要因

認知症・アルツハイマー病患者の焦燥性興奮・動揺・激越・不穏・暴言への原因 利用規約・免責事項への同意が必要です。 関連記事 認知症患者の興奮・攻撃性 30の要因 認知症患者の興奮・攻撃性 20のアプローチ 概要 アルツハイマー病患者の興奮・身体的攻撃・暴言 (ag...

αシヌクレインの機能・凝集阻害剤

αシヌクレインの機能・凝集阻害剤

レビー小体型認知症・パーキンソン病 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 レビー小体型認知症について調べてみた レビー小体型認知症 15のアプローチと65の治療方法 αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 概要 脳に必要なαシヌクレイン ...

概日リズム障害とアルツハイマー病(作成中)

概日リズム障害とアルツハイマー病(作成中)

サーカディアンリズム サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です はじめに すべての生物は24時間リズムをもっている 地球の自転周期による昼夜の24時間サイクルによって、光(UV)、気温、pH、酸素、活性酸素種など多くの変化が環境では生じており、地球上の生物...

マイトファジーを活性化させる10のアプローチ

マイトファジーを活性化させる10のアプローチ

ミトコンドリアオートファジー サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 オートファジーによるアルツハイマー病治療戦略 マイトファジーを活性化させる10の方法 オートファジー促進因子TFEB(転写因子EB)10の活性方法 概要 マイトファ...

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

プリオンタンパク質とアルツハイマー病 ※利用規約と免責事項への同意が必要です。 概要 プリオン プリオンとはタンパク質でできた感染性因子。プリオン仮説によると異常に折り畳まれたタンパク質(ミスフォールディングプロテイン)が、DNAや核酸を介さず正常な構造のタンパク質を...

抗生物質ミノサイクリンの神経保護作用

抗生物質ミノサイクリンの神経保護作用

ミノサイクリンと神経変性疾患・アルツハイマー病 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 ミノサイクリンは30年以上にわたって使用されてきた第2世代のテトラサイクリン抗生物質であり、主に尋常性ざ瘡、性感染症などの治療に使用されてきた。 現在は慢性関節...