ビタミンE(認知症・アルツハイマー)

ビタミンE

免責事項をお読みください。

目標ビタミンE(αトコフェロール)血清濃度 12-20mcg/ml

ビタミンE3号(αトコトリエノール)に、脳の海馬の神経細胞死を抑制する効果がある。

重要度

1. アルファ-トコトリエノール

2. ガンマ-トコトリエノール

なぜビタミンE治療がアルツハイマー病治療では失敗するのか?

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3023173/

1)誤った投与量  → 単剤投与であれば400~800IUにとどめておく。

2)間違ったタイミング → 進行の進む前に投与する。

3)不均衡な単剤療法 → ビタミンC、セレニウムなど他の抗酸化剤と必ず組み合わせる(おそらく数種類足し加えるぐらいでは足りない)

4)間違った標的 → ROSシグナル伝達を理解してROS対策を組み立てる。

相乗作用

動物モデルの研究では、ビオフラボノイド、ポリフェノールおよびカロチノイドなどと組み合わせることで有効性を発揮。

ビタミンC

ビタミンEとビタミンCサプリメントの併用投与は、アルツハイマー病の発症リスクを低下させる。マルチビタミンの使用では影響がなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9772012/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14732624

セレギリン

ビタミンEとセレギリンの併用療法は、中等度または重度のアルツハイマー病患者において効果的であることが証明された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18391487/

メマンチン

軽度または中等度のアルツハイマー病患者へαトコフェロール2000IUまたはαトコフェロール+メマンチンを投与。プラセボと比較して遅い機能低下をもたらした。

メマンチン単独とαトコフェロール+メマンチンの群に有意差はなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24381967/

その他のビタミンやミネラル

メタアナリシス 他のビタミンやミネラルを低用量のビタミンEと組み合わせることで、全原因死亡率を低下させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25078376/

摂取量

血清ビタミンE検査の必要性

ビタミンEを1日800IU投与したアルツハイマー病患者の一部では、酸化ストレスを低下させ認知状態を維持する。

しかしビタミンEが酸化ストレスを防止しない場合、認知機能への有害な作用をよぼす。

アルツハイマー病患者へのビタミンE投与は、その抗酸化効果を測定なしでは投与の決定ができない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19494439


健康な人の摂取量

400IU

リコード法推奨量

認知症、アルツハイマー病 800IU 

市販の安価なビタミンEではなく、トコフェロールとトコトリエノールの混合

サプリメント

天然型は半減期24h 天然型 dl-αではなくd-α-トコフェロールを

ジャロー  Toco-Sorb トコトリエノール & ビタミンE(ミックス)60ソフトジェル 

健常者、認知症予防 1錠/日

認知症患者 2錠/日

Translate »