ビタミンC(認知症・アルツハイマー)

ビタミンC 

免責事項をお読みください。

ビタミンCの認知症への効果

・血管新生(コラーゲン合成への刺激、・VC欠乏によるHIF-1α増加は正常な血管新生を妨げる)

・血流の増加

・神経伝達物質アセチルコリン、ドーパミン、ノルアドレナリンの放出を誘発

・グルタミン酸の前方シナプスでの取り込みに関与。グルタミン酸結合によるNMDA受容体の神経損傷を防ぐ。

・ミエリン形成、ニューロンの成熟と分化

・ニューロン損傷の予防

・BDNFの発現

・アセチルLカルニチン合成の補助因子

虚血状態の動物モデルでは、脳のビタミンC濃度が上昇することから、ビタミンCが神経保護的役割を果たしている可能性が推測されている。

ビタミンCが欠乏すると、脳などの優先順位の高い組織は、他の肝臓や腎臓組織などを犠牲にして、ビタミンCレベルを100倍高い濃度で維持する。

アルツハイマー動物モデルでは、ビタミンCを大量投与することで、認知機能、記憶障害が改善するが、アミロイド班の蓄積には有意な変化はなかった。

研究・メタアナリシス

人へのビタミンC、ビタミンE投与による認知症発症の予防効果には矛盾する研究がある。

データは、虚血性障害、外傷性脳損傷後における、脳機能のビタミンC欠乏に対して補充による効果があるかもしれない。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4179190/


観察研究のメタアナリシスでは、ビタミンCとEが豊富な食事は、アルツハイマー病のリスクを20〜25%低下させる

https://www.alzdiscovery.org/cognitive-vitality/ratings/vitamin-c-and-e


2型糖尿病、パーキンソン病とは対照的に、アルツハイマー病患者のリンパ球、血清ビタミンC濃度は、認知機能障害の進行を反映していない。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28202849


ビタミンCと認知機能 システマティックレビュー

健常者と比較して初期アルツハイマ病患者の血漿ビタミンC濃度は有意に低い。

MMSEスコアとはビタミンC濃度は直線的には有意に相関しない。

低レベルの血清ビタミンCによって、脳内のフリーラジカル生成によりビタミンCの酸化が促進される。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5622720/


ビタミンCはビタミンEと併用することで、認知症の予防効果があるという弱い証拠。

環境因子、遺伝子、酸化ストレスを引きおこす食事、心理的な問題(神経症である人の血清ビタミンCは低い傾向)などの欠乏要因がある場合には、サプリメントで補うことの意義は高くなる。

大量ビタミンCの賛否

一日の摂取量が数グラムを超えるビタミンC大量療法については賛否両論あるが、MENDプログラムでは3gを超えるような大量療法は特に推奨されていない。

ただし、ビタミンCは銅のキレート作用があるため、過剰銅(血清亜鉛低値)の患者へは1~3gのビタミンC投与がReCODEプロトコルにおいて推奨されている。

大量ビタミンC摂取はマウスレベルでは大きな改善を見せているものの、理論的にはビタミンB12の破壊、鉄の吸収を高める、細胞外で鉄の還元反応を起こすというあまり知られていないデメリットもある。

喫煙者の高用量ビタミンC、ビタミンEの併用が有害である強い疫学的研究がある。

ビタミンCを含めた抗酸化剤の用い方は、1つだけを大量に用いるのではなく、多面的に(複数の抗酸化種)というのが一つの原則であるように思う。

本来はROSシグナル伝達の仕組みを理解して、炎症反応の度合いを見ながら、概日リズムも考えて投与するのが理想。

脂溶性ビタミンC / パルミチン酸アスコルビル

アスコルビン酸では届かない組織領域に到達するビタミンC。

血中の半減期が長く、神経組織への到達度が高いと思われる。

アスコルビン酸と同量を摂取した場合、大脳皮質への到達はほぼ一桁高い。

パルミチン酸アスコルビルを用いた認知機能関連の研究は行われていないが、理論的には、認知症患者により適しており通常のビタミンCと組み合わせて使えば相加的効果がある可能性がある。

https://link.springer.com/article/10.1007/BF02256054

まとめ

・外傷性、血管障害のアルツハイマーは特に多めに摂取してもいいかもしれない。

・通常の水溶性ビタミンCは銅キレート、脂溶性ビタミンCは脳の抗酸化、つまりそれぞれあったほうが良い。

・ビタミンC大量摂取、徐放加工ビタミンCは、体内の酸化バランスを崩しやすいため、注意が必要。

・ビタミンE、αリポ酸など、他の抗酸化剤と組み合わせる。

サプリメント

アスコルビン酸

ドクターズベスト ベストビタミンC  500 mg 120 カプセル 

アスコルビン酸 ( ビタミンC ) 粉末 1kg

健常者・認知症予防 500~1000mg/日

認知症患者の銅キレート 1000~3000mg/日

脂溶性ビタミンC

ナウフーズ 脂溶性ビタミンC 500mg 100カプセル

ソースナチュラル 脂溶性ビタミンC 113.4g 粉末

一日 50~500mg

Translate »