ビタミンA・βカロテン(認知症・アルツハイマー)

ビタミンA・βカロテン

免責事項をお読みください。

アルツハイマー病関連研究

アルツハイマー病患者では血清ビタミンA、カロテン濃度が有意に低い。MMSE、発症年齢、とは相関しなかった。食事による摂取欠乏と関連している可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10362906


レチノイドはADAM10を介し、APPのαセクレターゼ切断、アップレギュレーションに影響を及ぼす可能性がある。ビタミンA、およびレチノイドはインビボでアミロイド繊維の形成を直接阻害する。

onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/biof.196/abstract


ビタミンAの欠乏はADマウスのアルツハイマー病病因を促進する。ビタミンA欠乏に対しての補充がアルツハイマー病予防および治療となる可能性。

link.springer.com/article/10.1007%2Fs00401-017-1669-y

www.nhs.uk/news/2017/01January/Pages/Vitamin-A-deficiency-linked-to-Alzheimers-disease.aspx


高濃度の血清ベータカロテンはApoE4遺伝子をもつアルツハイマー病患者の酸化ストレスを減らし、認知機能低下を遅らせる可能性。

www.nutraingredients.com/Research/Beta-carotene-may-protect-certain-people-against-Alzheimer-s


ビタミンEとβカロテンの血清レベルは、認知能力と有意に相関(ビタミンCは該当しなかった)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9809763

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3727637/


アルツハイマー病とビタミンA欠乏症

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/behindtheheadlines/news/2017-01-27-Vitamin-a-deficiency-linked-to-alzheimers-disease/

まとめ

・ビタミンA、βカロテン欠乏は高齢者の認知症発症リスクを高める。

・ビタミンA、βカロテン欠乏は、認知症発症患者の進行を促進する。

・食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントでの摂取は有益であるかもしれない。

・ビタミンA、βカロテンのサプリメント摂取による治療効果は理論的にはあり得るが(単独投与では)証拠は弱い。

・ApoE4陽性の認知症患者にはビタミンAまたはβカロテン摂取による改善効果がある可能性。

サプリメント

ナウフーズ ビタミンA 10000IU 100ソフトジェル 

ナウフーズ ナチュラルβカロテン 25000IU 180ソフトジェル

一日 1錠 食後
※長期摂取で確かめられている安全量は10000IUまで

臨床試験で用いられているβカロテンの摂取量は10~15mg = 約33000IU~50000IU

Translate »