テストステロン(認知症・アルツハイマー)

利用規約・免責事項 をお読みください。

テストステロンと認知症

低いテストステロンとアルツハイマー病リスク

メタアナリシス 低い血清テストステロン値は高齢者のアルツハイマー病発症リスクの増加と有意に関連する。2016年

link.springer.com/article/10.1007%2Fs12035-015-9315-y


アルツハイマー病の早期前臨床段階において、黄体形成ホルモンとテストステロンが潜在的な進行への関与を示している。

これらのホルモンはアルツハイマー病初期の予測因子として考慮されるべき。


血清総テストステロンは、アルツハイマー病の男性においてより低い。

テストステロンの低下と認知機能の低下は相互的

正常な男性と比較して、神経病理学的なアルツハイマー病患者の早期および後期の両者で、脳内のテストステロン濃度が有意に低下する。

これは脳内のテストステロン喪失が疾患過程の早期に起こることを示唆する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19428144/

テストステロンの有益な作用

アルツハイマー病を発症した男性では遊離テストステロンが低く、アルツハイマー病の診断前よりこの結果は生じている。

遊離テストステロンレベルの増加はアルツハイマー病のリスク低下と関連しており、10nmolの増加毎に26%アルツハイマー病リスクが減少する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14745052/

テストステロンのアミロイド低減作用

早期アルツハイマー病患者男性において、脳内のテストステロン濃度は可溶性アミロイドβと逆相関する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19428144


内因性のテストステロンが、マウスのBACE1活性をダウンレギュレーションすることにより、βアミロイド産生を減少させ、NEP活性のアップレギュレーションを介してβアミロイドの分解を増強する。

テストステロンのコレステロール低下作用

メタアナリシス テストステロン補充療法はテストステロン濃度の低い男性の総コレステロールを有意に減少させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16117815


去勢によって誘発された豚のテストステロン欠乏は、重度の高コレステロール血症を引き起こした。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25889601

 

高すぎるテストステロンの有害性

低い酸化ストレスの環境下では、テストステロンは抗酸化剤グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)と正の相関を示し、認知機能に有害な影響を与えない。

対照的に、高い酸化ストレス(ホモシステインレベル>12μmol/ L)の条件下では、テストステロンおよび黄体形成ホルモンは認知障害と関連している。

しかしこれは白人の間でのみ認められた。民族的な違いは、メキシコ系アメリカ人のGSTレベルが有意に高いことに起因している。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24496073/


正常なテストステロン濃度を有するアルツハイマー病患者は、テストステロンが低いアルツハイマー病患者よりも、幻覚、妄想、異常運動症状および過敏性を有する可能性が有意に高かった。


激越/攻撃性は、男性アルツハイマー病患者ではエストラジオールと負の関連があり、女性アルツハイマー病患者ではApoE4遺伝子を有する患者で確率が高まった。

さらに、テストステロンとApoE4の相互作用は、女性患者の幻覚と積極的に関連していた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22398564/


高齢の認知症患者の攻撃性は、遊離テストステロン濃度と有意な正の相関を示し、エストロゲンレベルとは負の相関を示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11983790/


暴力犯罪を犯した囚人や、反社会的行動、積極的に活動する人ではテストステロンが高いといういくつかの弱い証拠がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3575604/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/5074958/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22414851/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8608204/

テストステロンと拮抗するコルチゾール・セロトニン

テストステロンとコルチゾールは拮抗関係にあり、高濃度のテストステロンおよび低レベルのコルチゾールを有する個体では、社会的な暴力性、怒りの大きさと関連している。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19446881/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18314202/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18314202/


テストステロンは脳の皮質下領域を活性化させることで攻撃性を作り出すが、コルチゾールとセロトニンはテストステロンと拮抗して、その効果を低下させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23843821/

 

認知症へのテストステロン補充療法

テストステロンはアルツハイマー病のβアミロイドペプチドのニューロン分泌を減少させる。

閉経後の女性へのエストロゲン補充療法と同じく、男性へのアンドロゲン補充がアルツハイマー病発症を防ぐ可能性があることを示唆する。

閉経後の女性においてもテストステロンは低下するため、エストロゲン補充療法にアンドロゲンを加えることによって女性のアルツハイマー病の発症をより強く防ぐ可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC15568/


食事療法、運動などの健康的な生活習慣の改善とテストステロン療法の組み合わせは、アルツハイマー病リスクを有意に低下させる可能性がある。

テストステロン治療は長期的である必要があり、テストステロンを維持するための定期的なモニタリングを必要とする。

content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease/jad161259


性腺機能低下症によるテストステロンの欠乏は、記憶、注意、言語、視空間能力などの認知機能の低下をもたらすようであるが、男性の認知障害への決定的な影響の証拠は得られない。

しかしテストステロンの補給は若年者および高齢者のうつ病症候群において改善を示すことが示唆されている。

テストステロン欠損症候群を有する成人では認知機能の不全を訴えがあり、高齢男性へのテストステロン補充療法には有益な効果があると思われる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27981914


無作為化プラセボ対照クロスオーバー試験

主観的記憶障害および低いテストステロンを有する男性へのテストステロン補充治療

MMSEで認知機能に1ポイントの穏やかではあるが有意な改善が見られた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26553159

テストステロンを増やす

運動

無作為化試験 肥満男性の週200分以上の中程度の強度のエアロビクス運動では、テストステロンを少ない運動量のグループよりも上昇させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23635309

DHEA

経口によるDHEAの投与は中年男性のテストステロンを200%増加させ、高強度インターバルトレーニング中のテストステロン低下を防ぐ。50mg

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23417481

ビタミンD

ビタミンDの補給は、健康な男性(20~49歳)のテストステロン濃度を増加させる可能性がある。(10.7±3.9nmol / lから13.4±4.7nmol / l; p <0.001)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21154195

オレウロペイン+高タンパク食

高タンパク食の餌を与えたラットへのオリーブオイルのフェノール化合物であるオレウロペインを投与したところ、テストステロンおよび黄体形成ホルモンが用量依存的に増加した。

100mg / kg体重/日のため、かなりの高用量

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22901

ホウ素

ラットへのホウ素の投与が、遊離テストステロンを上昇させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10376277

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1778174

マグネシウム

運動を行ったアスリートへのマグネシウムの補給が、座って安静をとっているアスリートと比べて遊離テストステロンおよび総テストステロンを上昇させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20352370

Translate »