認知症サプリメント 研究サイト(キノコ編・その他)

アルツハイマー病予防・改善サプリメント(キノコ編・その他)

キノコ

ヤマブシタケ/ライオンズメーン (M)

「lions mane」の画像検索結果

<薬物動態>

(学名:Hericium erinaceum)
・血清および視床下部のアセチルコリン、アセチルコリンを賛成する酵素(コリンアセチルトランスフェラーゼ)の両方の濃度を高める。

・空間的な短期記憶、視覚的認識記憶の喪失を防ぐ。

・アミロイドβプラークの集積を減少させる。

・NGFの産生を促進しproNGFの比率を正常化

・TNF-α、IL-1β、NF-κB、IL-6、IL-8、MMP9を減少させる。

・IL-10、IL-12、NK細胞、IFN-γ、を増やす

・HSP70、PPARα、を増やす。

プラセボ二重盲検 軽度認知症障害患者へヤマブシタケ乾燥粉末1gを一日3回摂取 認知機能スケールスコアが有意に増加、

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ptr.2634/full

<サプリメント>

低価格、レビューの評判が若干低い(人によって相性があるようだ)

Fungiology ヘリシウムエリナセウス (ライオンズメーン) 600mg 90カプセル

一日3~5錠

高価格、レビューの評判が高い

マッシュルームウィズダム スーパーライオンズメーン 1100mg 120 錠

一日3~4錠

ヤマブシタケは概日リズムにも影響を及ぼす(回復させる)可能性があるため、朝を中心に摂取にしたほうが良いかもしれない。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27544998

霊芝 Ganoderma lucidum(真菌類)

「Ganoderma lucidum」の画像検索結果

<研究>

用量依存的にアミロイドβのカスパーゼ切断活性と拮抗

c-Jun N末端キナーゼ、c-Jun、p38 MAPキナーゼが霊芝によって緩和

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18083148

※iHerbでも取り扱いがあるが、信憑性不明のため記載を見送る。

ブナハリタケ Mycoleptodonoides aitchisonii

「Mycoleptodonoides aitchisonii usa」の画像検索結果

ラットの大脳皮質および海馬でのNGF合成を高める。

大脳皮質の脳虚血による損傷後のドーパミン作動性ニューロン、セロトニン作動性ニューロンの活性の低下を抑制。Nrf2を活性、アルツハイマー病の予防に寄与する可能性がある。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/15682931/

キヌガサタケ Dictyophora indusiata

「Dictyophora indusiata」の画像検索結果

中国料理と中国医学で用いられる食用キノコ

アストログリア細胞によるNGF合成の促進

培養PC12細胞におけるニューロフィラメントM発現のアップレギュレート

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9272967

シロキクラゲ Tremella fuciformis

「Tremella fuciformis usa」の画像検索結果

ラットの神経突起伸長を促進し、記憶障害をを有意に改善、海馬CA1領域のCREBニューロンを有意に増加させた。前頭葉のグルコース取り込みが7倍に増加。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22185695

Tremella fuciformisは用量依存的にPC12細胞の分化を促す。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3763079/

ナラタケ Armillaria mellea

「Armillaria mellea usa」の画像検索結果

マウス大脳皮質の鉄誘導性神経毒性に対して神経保護効果を示す。

A. mellea菌糸体多糖類(AMPS)は、グルタミン誘導神経毒性を防ぎ、ADマウスのアルツハイマー病症状を緩和する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5610814/

その他・未分類

d-プロリン/ Pin1

http://lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/get_pne_cgpdf.php?year=2005&number=5011&file=9FKebKaBF1Bu3yN6a/GQGw==

http://www.agri.tohoku.ac.jp/enzyme/theme_pin1_2.html

クエン酸

クエン酸は脳細胞に直接作用して、TNF-αおよび亜硝酸塩の産生を阻害する可能性がある。

脳および肝臓組織におけるクエン酸の有益な効果は、1〜2g / kgの用量範囲のみ。

クエン酸の保護効果は用量を4g / kgに増加させると失われる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4026104/

5アミノn吉草酸

ケノデオキシコール酸(脳内胆汁酸)

肝臓でコレステロールから合成される。ヒトの胆汁酸のうち2%を占める。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscc1971b/36/3/36_189/_pdf

コハク酸

マンニトール

マンニトールは、一般的に脳損傷後の頭蓋内圧上昇(ICP)のコントロールに使用される、浸透性の高い薬剤。

血管内の浸透圧を増加させ、BBBのタイトジャンクションを広げ、薬剤の透過性を増加させることができ利用されている。フリーラジカルスカベンジャーとしても作用し、生化学的障害治療を行うことができる。

幹細胞療法との併用

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4083632/

ピロリジン

βアミロイド繊維形成抑制、

トレハロース(A)

「trehalose」の画像検索結果

グルコースが2つくっついた糖。結合の仕方の違いによりマルトースとはわずかに異なる。

キノコ、昆虫などの成分として見出されるため、それ以外の一般的な食材からトレハロースを摂取することは限られている。

保湿能力の高さから加工食品、点眼薬や化粧品などの外用として用いられたりする。

トレハロースはアポトーシス(細胞死プログラム)へ影響を与えることから、さまざまな治療目的で研究されてきた。

トレハロースを分解するトレハラーゼ分解酵素がヒトの腸壁内に存在するため、経口摂取をしてもわずかな量しか吸収されない。

オートファジーの効果

トレハロースはmTOR抑制とは独立した仕組み(FoxO1の活性によるものと思われる。)で細胞内のオートファジーを増加させる。

そのため、ラパマイシンのようなmTOR阻害剤との組み合わせにより、相加的にオートファジーを促進する効果をもつものと思われる。

トレハロースーはそのオートファジー増加させる特徴から、ALSへの治療研究が行われている。


トレハロース(レンツトレハロース)は、グルコーストランスポーターの阻害によるグルコース取り込み抑制によりオートファジーを誘導する。

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K08013/


ADマウスへ2%トレハロース溶液を投与、認知機能を有意に改善、(オートファジー、アミロイドβ減少とは独立した経路の可能性)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28869469

リン酸化タウを減少

トレハロースは、in vivoで、オートファジーが阻害されてもタンパク質を分解する!

αシヌクレイン、タウタンパク、ハンチントンがトレハロースによって分解されることが示されている。in vitro

https://examine.com/supplements/trehalose/


トレハロース処理によってラットのタウとリン酸化タウレベルが有意に低下

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4268232/


トレハロース投与でマウスのタウが劇的に減少

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4579591/

神経保護効果

トレハロースはアミロイドβオリゴマーの毒性障害からニューロンを保護する

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27252026


トレハロースはAPPの代謝を変化させ、C末端フラグメントの分解を減少させた。in vitro

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26957541

血管機能の改善効果

ランダム二重盲検 50~77歳の健常被験者トレハロース100g/日を摂取

一酸化窒素が増加、微小血管機能を改善

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27208415

運動へのエネルギー源

男性サイクリストにグルコース、ガラクトース、またはトレハロースを運動前に摂取してもらいタイムトライアルに挑戦してもらった。トレハロースを摂取した群ではインスリ反応を低下させ血糖値が低かったにも関わらず、タイムトライアルの成績には差がなかった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12527978


トレハロースがミトコドリアの乾燥耐性を上昇させる。

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0005273605002816

トレハロースの危険性

トレハロースは細菌クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染流行トリガーの原因?

https://www.nature.com/articles/nature25178

https://www.bcm.edu/news/molecular-virology-and-microbiology/dietary-sugar-link-to-bacterial-epidemics


病院や長期滞在の介護施設でRT027またはRT078株によるクロストリジウム・ディフィシレのアウトブレイクが起きた場合、患者の食事に含まれるトレハロースの消費を制限するべき。

https://www.medicalnewstoday.com/articles/320520.php

水素 (A)

「hydrogen water」の画像検索結果

研究

低酸素性虚血性脳症の新生児に5ml/kgの水素水を10日間投与、血性NSE(ニューロン特異エノラーゼ)、IL-6、TNF-αのレベルを低下させた。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28352827


商用水素水と牛乳の摂取による水素濃度変化の比較

呼気の水素は水素水(0.6mM)摂取で2~9ppm、牛乳は約8時間後に164ppmに上昇。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はbmi-2009-027f3.jpgです。

大腸発酵による水素は、市販の食物繊維、大豆粉、イヌリン、多数の野菜、果実および全粒粉のオリゴフルクトースなどの多数の消化できない食品を牛乳にくわえることで生成される。

水素生成は通常の腸内細菌叢であれば、毎日の食事によって自然に引き起こされる。

ミルク不耐性の被験者では、そうではない被験者と比べて呼気の水素濃度の上昇は持続しなかった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19652760


水素水の連続投与または乳糖摂取による腸内細菌生成の水素では、限定的な効果しかなかったが、(継続的ではなく)断続的に水素水を飲ませることで、ラットのパーキンソン病を予防効果を示した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22608009


水素水の経口投与は、マウスのセロトニンレベルの低下を防止した。

10週間の水素水投与でマウスの海馬領域CA1、CA3のニューロン損失を防止した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2872234/


ランダム化二重盲検 パーキンソン病患者への投与 5mM水素水500ccを一日2回

結果はまだ出ていない

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4865993/


水素水がグレリンをアップレギュレートさせる。グレリンは食欲の刺激を与える以外にも、神経保護効果、認知増強活性効果をもつ。

しかしグレリンのアップレギュレートはがんリスクの上昇も懸念させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649854


水素水は急性の外傷性脳損傷への有効で害のない治療法

マウスへの水素水投与は、外傷性脳損傷、脳卒中、および低酸素症によって生じるAQP-4、HIF-1およびMMPの発現および機能の変化を半分にまで減少、病理学的タウの発現を完全に遮断。

水素水が浮腫およびBBBの破壊を防御する。

水素水がミトコンドリアATP産生を促進する可能性。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25251220


水素水をうがいに使うと、口腔内の連鎖球菌形成を減少させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28087297

DMSO

「dmso」の画像検索結果

コロストリニン(コロストラム)

https://en.wikipedia.org/wiki/Colostrinin

ミルクセラミド

その他 認知症サプリメント候補

センチュウ・アザティカ、ウキクサ、ヒルペルサ・セラータ、ライコリア・ライラエイト、ガラントス・ニバリス、マグノリア・オフィシナリス、ラバンドラエフォリア

Sanguisorba officinalis、Veratrum grandiflorum、Picrorhiza kurvoa

ミルテリアリサ、コプトス・チネンシス、クロッカス・サティバス、エボジア・ルタカパ、サンギソルバ・オフィシナリス、ベラトゥルム・グランディロルム、ピクロリザ・クルボア

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20874701

Several medicinal plants have been used for decades in different cultures to improve memory such as Valeriana officinalisPunica granatum L., Salvia officinalisMyristica fragrans Bacopa monnieri Linn, Centella asiatica Linn and Evolvulus alsinoides Linn. Elufioye et al.

reported some plants used as anti-aging and memory enhancing activities in Sagamu, Nigeria that are

Bacopa floribundaAngraecum eichlerianumParquet inanigrescensCleome gynandraDalbergia lactealCapsicum fructescensAframomum meleguetaDigitaria debilisMusa sapientumBryophyllum pinnatumAbrus precatoriusFicus exasperateDioscorea mangenotianaJatropha curcasSpondia smombinCapsicum frutescensCola acuminateMirabilis jalapaElaies guineensisCanna indicaIpomoea mauritaniaBambusa vulgarisCordia milleniiPiper guineenseDioclea sarmentosaCucumeropsis manniiEleusine indicaOcimum basilicumKhaya ivorensisCarpolobia albaCarapa proceraEntandrophragma utileXylopiaae thiopicaGarcinia kolaTheobroma cacaoMilicia excelsBlighia sapidaBaphia nitidaPeperomia pellucidVernonia amygdalina and Zea mays. Jazayeri et al.

(2014) reported some plants having anticholinesterase activity such as Brassica albaBrassica nigraCamellia sinensisCinchona officinalisCitrus aurantifoliaCitrus aurantiumFerula assafoetidaHumulus lupulusJuglans regiaJuniperus sabinaMyristica fragransPelargonium graveolensPistacia veraPunica granatumRheum officinaleRosa damascenaSalix alba and Zizyphus vulgaris. Other plants having memory enhancing properties are Juglans regia , Cuminum cyminumFicus religiosa , Melissa officinalisRosmarinus officinalisPiper nigrumGinkgo biloba , Bacopa monnieri , Desmodium gangeticum and Emblica officinalis Gaerth

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5436367/

Translate »