認知症サプリメント 研究サイト(ハーブ・漢方)

アルツハイマー病予防・改善サプリメント(ハーブ・漢方)

※アーユルヴェーダ薬草、食品由来を除く

ハーブ

アストラガルス(オウギ)(A)

「astragalus」の画像検索結果

伝統的に中国で脾臓の病気に使われてきた。

腎臓の健康補助食品として信頼性の高い症例研究がある。

脳損傷の保護効果が知られている。

経口摂取による生体吸収率の低さ(アストラガロシドIV 1.5-2.2%)がネック。

CYP3A4を阻害。

アストラガロシドIVの標準用量 5-10mg

アストラガルスの効果

・ミトコンドリアの保護効果

・テロメア短縮率を低下させる。

・カスパーゼ3、カスパーゼ9による海馬神経細胞構造の悪化を低減

・脳虚血に関連するTNF-αおよび1L-1βの増加を抑制

・大動脈の弛緩作用、動脈の拡張 用量依存

・血圧低下

・慢性心不全による心臓収縮が改善

・末梢のグルコース代謝の増加による2型糖尿病への緩和

・PPARγ、PPARαアゴニスト

・アディポネクチン分泌の増加

・AMPK活性によるグルコース毒性の予防

・マクロファージの増強

・NF-κBの阻害、抗炎症効果

アルツハイマー関連研究

アストラガロシドIVはマウス脳のPPARγおよびBACE1発現を増加させ、神経性プラークの形成、アミロイドβ形成を低下させた。アストラガロシドIVは天然のPPARγアゴニスト

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27023226


ガストロジン、アストラガロシド、ペオニフロリンは、マウスの学習及び記憶能力をたかめ、脳ホモジネート、脳内のアミロイドβプラークおよびアミロイドβを減少させた。

用量依存効的であった。ガストロジンはベータセクレターゼを阻害することによってアミロイドβ産生および蓄積を減少させるが、アストラガロシドおよびペオニフロリンはベータセクレターゼに対しては明らかな効果を示さない。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28690138


アストラガロシドI 軸索、樹状突起伸展作用、アミロイドβ誘発性ニューロン細胞死を阻害

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1038/sj.bjp.0706865/abstract


アストラガロシドIVがミトコンドリアPTPの開口を阻害し、ミトコンドリア膜電位を回復し、ATP産生を増強し、シトクロムcオキシダーゼの活性を改善し、アミロイドβ42の多い環境でミトコンドリアからのシトクロムc放出を遮断した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24905226


アストラガルスとアンジェリカの相乗効果

1ヶ月毎に1週間のオフ期を設ける  オフ時はレスベラトロールを増量

<サプリメント>

ナウフーズ レンゲソウエキス 500mg 90カプセル

アンドログラフィス(穿心蓮)

「Andrographis examine」の画像検索結果

風邪予防に絶大な効果 60%→30%

NF-κB抑制、Nrf2活性 上気道感染症患者への抗炎症効果、抗腫瘍形成活性

アンドログラフォライドの薬理学 万病に効きそう。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3619690/

アンドログラフォライドが、海馬および皮質領域におけるHMGB1、TLR4、NFκB、COX-2、iNOSのリポ多糖(LPS)誘導過剰発現を阻害する。

プロアポトーシス遺伝子の発現を低下させ、抗アポトーシス遺伝子の発現を増強することで、神経変性を減少させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29146293

アンドログラフォライドをマウスへ投与後酸化ストレスおよびミトコンドリアの腫脹が減少した。ミトコンドリア保護によるアルツハイマー病治療剤としての可能性

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29136781

動物モデル(デグー)でのアンドログラフォライドの有益な効果

(1)空間記憶と学習能力の回復

(2)シナプス基底伝達の回復

(3)特定のシナプスタンパク質の部分的または完全な保護

(4)老化によるリン酸化タウタンパク質の脱落、アミロイドβ凝集体の減少など神経保護効果

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27505720

アンドログラフォライドはGSK-3βの競合阻害剤。

マウスの海馬における神経前駆細胞増殖および未成熟ニューロンの数を増加させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26798521

アンドログラフォライドは、海馬のCA1領域における興奮性シナプス後電位の後輩を増加させ、GSK-3βを阻害。マウスのAβレベルを低下させ、Aβオリゴマー種周辺のタウリン酸化を減少、空間記憶機能を回復させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25524173

アンドログラフォライドはBBBを破壊することで細胞周期を停止させ、脳内皮細胞アポトーシスを誘導することにより部分的にMCAO再灌流誘発脳障害を悪化させる可能性がある。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23930775

<サプリメント>
ネイチャーズウエイ アンドログラフィスエキス 60カプセル

イカリイン

天然のPDE5阻害剤

ナウフーズ ホーニーゴートウィード 750mg 90錠

ウルソル酸(ローズマリー、びわの葉)(A)

ガストロジン(L)

「Gastrodin」の画像検索結果

Gastrodin ランの根の抽出物 中国の伝統医学で用いられていた漢方

<効果・効能>

神経新生、血液循環、神経可塑性、抗アミロイド、グリア活性の抑制など、非常に広範囲の認知機能改善効果を有する。

神経伝達物質の再バランス、血流の改善、記憶喪失の減少、脳卒中患者の脳機能保護、アルツハイマー病およびパーキンソン病リスクの低減といった再生効果をもつ。

脳の可塑性、および再生増殖を制御する遺伝子の20%に有益な影響を与える。

GABA神経伝達物質濃度を34%増加

マウスの脳内アルミニウム蓄積を緩和

神経性不安を抱える患者の抗不安作用

http://www.lifeextension.com/magazine/2013/ss/broad-spectrum-protection-against-brain-aging/page-01

<研究>

ADマウスのアミロイドβプラークを60~70%減少 用量依存 βセクレターゼを阻害

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27821233

プロテインキナーゼ/真核生物開始因子-2α(PKR /eIF2α)経路を阻害することによりBACE1発現を抑制

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26987953

<サプリメント>

ライフイフエクステンション ガストロジン300mg(ブレインシールド)60カプセル

コスパ用量 1回50mg  一日1~2回(一回摂取なら夜)

最も効果を発揮する摂取量 1回300mg 一日2回

※MENDプログラム実行者は、コスパ用量でもいいかもしれない。

セージ サルビア(A)

「salvia」の画像検索結果

<研究>

サルビアノリック酸BはAPPプロセッシングを制御しアミロイドβ生成を阻害。酸化ストレスを減少させGSK3βを阻害する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4924174/

ドンキアイ(ガーデンアンゼリカ/セイヨウトウキ)

フェル◯ードに含まれる、フェルラ酸ともう一つの成分。

<サプリメント>

ネイチャーズウエイ ドン・クアイ 565mg 100カプセル

セントジョーンズワート(オトギリソウ)

「st john's wort」の画像検索結果

学名:Hypericum perforatum

ハイパーフォリンは、インビトロでアミロイドβ凝集を分解し、アストログリオーシスおよびミクログリアの活性化を低下させる、空間的記憶を改善、アルツハイマー病、神経変性疾患に対する神経保護効果を有することが示されている。
http://www.eurekaselect.com/70802/article

ビンポセチン(L)

「vinpocetine」の画像検索結果

<概要>

認知機能低下、脳卒中回復、てんかん治療での使用実績がヨーロッパである。

ツルニチニチソウ由来のアルカロイドで、現在は「ビンカミン」として化学合成されている。

ビンポセチンの作用機序は複数の経路がある。

<研究>

PDE1阻害剤、抗ドーパミン作動性、グルタミン作動性受容体の直接阻害、しかしいずれも高用量において阻害されるため、標準用量では関連しない可能性がある。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20436440

ランダム二重盲検クロスオーバー、12名の健康な女性被験者、40mgの摂取で反応時間が有意に短縮、主観的な作業メモリの増加。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3899677

初期段階の慢性脳虚血患者20人(50~78歳)へビンポセチンを30日間経口投与、MMSEスコアが平均1.9ポイント改善、タスクパフォーマンスの向上とエラーの減少、自己評価で50%の患者の感情状態が正常化。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21183904

ビンポセチンは、セカンドメッセンジャー、cAMP/ cGMPの、神経可塑性関連遺伝子、神経栄養因子、神経保護分子の発現を増強する。IκBキナーゼを阻害することで抗炎症作用をもつ。(PDE1阻害とは独立)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5345962/

<サプリメント>

オリンピアンラボ ビンポセチン 10mg 60カプセル

標準的な摂取量15~60mg 一日3回

標準的な低用量摂取 5mg 一日3回

食後に摂取すると吸収率が60~100%増加

フペリジンA Huperzine A (M・L)

「huperzine」の画像検索結果

天然のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤

フペリジン(ヒューペルジン)Aは、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用に加え、脳内の鉄含有量を減少させる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24332448


フペリジンAは他のアセチルコリンエステラーゼ阻害と比べて、脳関門をよりよく通過し高い生体吸収率をもち、長時間のAche阻害作用をもつ。

また、フペリジンはコリン作動薬としての作用だけでなく、NMDA受容体アンタゴニスト、アミロイドβ、フリーラジカル、低酸素虚血誘発性障害への対抗作用による神経保護作用等アルツハイマー病治療に有用な役割をもつ。

https://www.iupac.org/publications/pac/pdf/2007/pdf/7904×0469.pdf


フペリジンAはマウスモデルで海馬歯状回の細胞増殖を増強する。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23454433


フペルジンA抽出物は動物モデルのACheを阻害したが、BuChEは阻害しなかった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26059088


フペルジAンは四量体アセチルコリンエステラーゼ(G4型)を優先的に阻害、タクリンおよびリバスチグミンは単量体アセチルコリンエステラーゼ(G1型)を優先的に阻害する。

海馬では、フペルジンAおよびフィゾスチグミンがG4型の最も強力な阻害剤であり、ドネペジルおよびタクリンはG1型に対して最も強力であった。

線条体ではフペルジンAとドネペジルはG4型に対して最も強力に阻害したが、ドネペジルはG1型に対して最も強力に阻害した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12445575


半減期6時間、CYP1A2代謝、腎排出

モル比較でドネペジルの8倍、リバスチグミンの2倍の活性、他のAchE阻害剤と比べ持続的であった。

フペルジンはドーパミンを増やす作用がある。

http://dscm-ken.org/infomation/wp-content/uploads/2015/05/ヒューペルジンAを主成分とするサプリメント(ヒューペルミンE)の使用経過報告.pdf


「G1 G4 acetylcholine」の画像検索結果

https://www.researchgate.net/figure/49736785_Figure-1-Current-view-of-alternative-protein-forms-of-AChE-and-their-anchoring-to-the-membrane

<サプリメント>

ライフエクステンション フペルジンA 200 mcg 60 カプセル

一日200mcg 一錠 朝または昼

※アリセプトを使用せずMENDプログラムを3ヶ月実行して、記憶力が改善しない場合に摂取する。

※もし、他のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤を摂取している場合には、作用機序が類似するので用量に注意。

ペオニフロリン/シャクヤク(芍薬)(A)

「peony」の画像検索結果

日本の伝統的な抗痴呆薬

<研究>

カスパーゼ3活性を低下、Bcl2 / Bax比 およびpAkt発現レベルを増加させ、アルツハイマーマウスにおけるpp38 MAPK発現をダウンレギュレートする。

http://www.ingentaconnect.com/content/sp/mmr/2016/00000013/00000003/art00041

Aβ負荷、星状細胞およびミクログリアの活性化、炎症誘発性サイトカインのダウンレギュレーション、GSK-3βの阻害、NF-κBの活性化を逆転、NALP3インフラマソーム、カスパーゼ-1、およびIL-1βの阻害効果

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26068144

ペオニフロリンは強力に分子シャペロン−ユビキチンプロテアソーム機構 とオートファジーのタンパク質分解機構を活性化し、変異アンドロゲンレセプターの分解を促進。

球脊髄性筋萎縮症を含む異常タンパク質の蓄積によって引き起こされる神経変性疾患に有望な治療の可能性。

http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/bitstream/2237/20486/1/%EF%BC%93%EF%BC%8E%E7%94%B210652%E3%80%80%E8%97%A4%E5%86%85%E3%80%80%E7%8E%84%E8%A6%8F%E3%80%80%E4%B8%BB%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AE%E8%A6%81%E7%B4%84.pdf

<サプリメント>

ライフエクステンション ペオニー・イミューン 600mg 60カプセル

ヘリオケア(PLエキス)

「Polypodium leucotomos」の画像検索結果

https://examine.com/supplements/polypodium-leucotomos/

c
シダ植物ダイオウウラボシが抽出された成分
紫外線を防御する日焼け止め経口薬、乾癬治療薬などとして知られている。その他抗老化、抗酸化、光による老化の防止

<研究>

パイロット研究 プラセボ二重盲検 軽度から中度のアルツハイマー病患者 ADAScogで有意に改善 一日 360mg
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11196347

https://www.researchgate.net/publication/296777312_Study_about_the_Polypodium_Leucotomos_extract_in_the_treatment_of_the_Alzheimer_disease

理論上、紫外線B波治療を行う場合に併用すると、有益である可能性がある。

一日 360mg (アルツハイマー病患者)

ミルクシスル(まりあざみ)(A)

「milkthistle」の画像検索結果

<概要>

中東、ヨーロッパで長年使われてきた歴史をもつ伝統薬。
一般的には、肝炎、肝硬変、などの肝臓疾患に使われる。肝臓は解毒を担う臓器でもあることから、ミルクシスルはキノコ毒、ヘビ毒などの中毒症状の緩和としても使われてきた。

<ミルクシスルに含まれる認知機能改善成分>

シリマリン 1.5~3%

シリビニン

タキシフォリン(ジヒドロケルセチン)

アピゲニン

ルテオリン

<研究>

シリビニンがADマウスのアミロイドβ(25-35)により誘発される記憶障害を防ぎ、グルタチオンの枯渇を減弱させた。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19552690

シリビニンがAchEおよび、アミロイドβペプチド凝集を阻害する二重阻害作用をもる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25771396

シリマリンによるアミロイドオリゴマー産生の低下

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21071836

シリマリンがADラットのAPP発現を抑制

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24460990

タキシフォリンがNF-κB活性を阻害し、NOの過剰生産を抑制した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16283433

タキシフォリンが、マウスのアミロイドβオリゴマー形成を阻害し、認知機能、脳血管機能を完全に回復させた。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28376923

<サプリメント>

ジャロー ミルクシスル 150mg 200カプセル

リコリス(甘草・かんぞう)

「licorice」の画像検索結果

ルテイン(マリーゴールド)

「lutein」の画像検索結果

20mg単独投与では効果が見られない。

漢方

http://www.mdpi.com/1422-0067/18/2/272

加味温胆湯

「加味温胆湯」の画像検索結果

半夏5 竹茹3 枳実2 陳皮3 茯苓4 甘草2 生姜2 酸棗2 玄参2 遠志2 人参2 地黄2 大棗2

朝鮮人参 (A)

「ginseng」の画像検索結果

ジンセノサイドRb1(代謝物M1) ジンセノサイドRb3 軸索修復、ニューロン樹状突起の伸展作用

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjp/90/3/90_3_254/_article
https://www.nature.com/npp/journal/v29/n5/full/1300388a.html

人参養栄湯

「人参養栄湯」の画像検索結果

人参(にんじん)、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、地黄(じおう)、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、黄耆(おうぎ)、遠志(おんじ)、陳皮(ちんぴ)、五味子(ごみし)

抑肝散 (A)

「抑肝散」の画像検索結果

認知症の周辺症状対策として使われることで有名な漢方薬だが、薬物作用機序としてはアルツハイマー記憶障害への治療効果をもつ可能性がある。

in vivo研究では、アミロイドβの蓄積、凝集を防ぐことがわかっている。

<研究>

抑肝散のムスカリン受容体アンタゴニストであるスコポラミンによって、嗅球を除去されたマウスの空間作業記憶が改善。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21513784

ラット海馬のダイナミン1の発現を有意に増加 → シナプス機能の改善

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22888033

副作用による偽アルドステロン症に注意。(用量依存では発症しないため、少量でも起こる可能性あり)

※認知症ではないが、不眠症、神経症など多くの症状で保険適用となっているため、かかりつけのお医者さんに相談すれば処方してくれるかもしれない。

一元製薬 抑肝散(よくかんさん) 350錠 【第2類医薬品】

標準用量 大人 一回5錠 一日3回 食前または食間

母は夕食後 標準用量4分の1から2分の1量を摂取している。

遠志 (A)

「遠志」の画像検索結果

「キオグッド」 「ワスノン」 「アレデル」など

漢方薬 遠志(アルツハイマー・認知症)

バイカリン

「baicalin」の画像検索結果

アルツハイマー病のNotch経路仮説

notch経路またはCbf1に変異があるマウスは、空間学習および記憶の欠損が見られる。

baicalin と baicalein によってNotchシグナル経路が活性化される。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19160421

Translate »